ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

私が思うマスコミの使命は、政府、内閣府、警察、検察、法務省、防衛省(自衛隊)、財務省、外務省、総務省、厚生労働省、国土交通省、農林水産省、文部科学省、会計検査院、人事院、裁判所、国会議員、公益法人、大企業、経済団体、宗教団体、弁護士会、原発などを厳重に監視し、

社会で一番重要な問題、事件、事故などの真実、実態を報道して、国民に知らしめ、

日本社会をより良い方向に導くことだと思いますが、

皆さんは、マスコミの使命はなんで、マスコミはその使命を果たしていると思いますか。

逆に悪影響を与えていると思いますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

非常に間違った歪んだ部分があると私も思います。


筑紫哲也氏の「TBSは死んだ」ではないですが、ジャーナリズムという言葉に責任を持ってもらいたいものですよね。
以前読んだ本ですが、おっしゃている内容に一致する部分がありましたので紹介いたします。

 放送法三条の二では、「放送の内容に関して公安及び善良な風俗を害しない」「政治的に公平である」「報道は事実をまげないでする」「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにする」といったことを求めています。
 放送内容がこれらの制約に反していないことを、国家の介入によることなく、放送事業者自らが番組基準を作成し、それに反するものは制作しないという形で、まず放送事業者の自主的な対応によって番組の編集を行う(三条の三)、そして、それを放送番組審議機関という第三者的側面を持った機関のチェックを受けることで担保する(三条の四)というのが放送法の枠組みです。
 つまり、国家や行政の介入をできるだけ排することで表現の自由や報道の自由を守り、公平性や真実性など社会が報道に求めている様々な要請に対しては、放送事業者が自主的に実現していくというのが放送法の趣旨なのです。
 放送事業者は、このような趣旨を尊重し、その枠組みが十分に機能するように努めなければなりません。放送法の具体的な規定に反しない範囲で自由競争を行っていけばよいということでは決してないのです。
(郷原信郎著 「思考停止社会」より)

更に言えば小泉純一郎氏の応援団長であった元経団連会長奥田 碩(おくだ ひろし)氏の発言は今をもってしても許されるものではありません。 
「(マスコミの)編集権に経営者は介入できないといわれるが、本当はやり方がある」
「朝から晩まで厚労省を批判している。あれだけ厚労省がたたかれるのはちょっと異常。何か報復でもしてやろうか。例えばスポンサーにならないとかね」
マスコミに対する圧力を実践してきた奥田氏ならではの発言でしたよね。
    • good
    • 0

TV局は各社新聞社も持っています。


かつて新聞社は提言の様な使命?をしていました。

今はTV重視になり使命を放棄してしまいました。

今のTVは百貨店(敢えて)、スーパーとなっています。
今日百貨店、スーパーも陰りがでています。TVも今の
儘では同様な道?を歩くでしょう。

TVの使命は娯楽一本に徹するべきです。
また新聞は本来の使命を全うすべきです。
    • good
    • 0

所詮は営利団体であるマスコミにそこまで求めるほうがどうかしている。


理想はどうであれ、情報を受け取る側が求める情報をマスコミはどうしても出すようになる(相しないと儲からないから)ので、マスコミの質が低いのは国民の質が低いからってことでしょう。
    • good
    • 0

マスコミは公正な目で、事実を追求し、そしてそれを世間に正しく伝える事です。


その善悪や正誤、真偽などの判断はその情報を得た世間が判断することです。
余計な主観は必要ありません。
今のマスコミ報道は主観を入れ過ぎて、情報を歪め脚色して伝えています。
結果信用できる情報は皆無な現状を生んでいると思います。

重要なのは事実をありのまま伝えるということです。

真実と事実は違いますから事実を伝えてもらえば充分です。
真実と銘打って報道される内容でこれまで脚色されなかった報道は皆無です。
ドキュメンタリーにも脚色されていないものはタダの一つもありません。
ネットの噂は必要ありませんしコメンテーターも判断を偏らせる元凶です。
頭の悪い、世間知らずなタレントも必要ありませんし、変な思想宗教を持った人間も必要ありません。

とにかく何処でいつ何が起き、誰が関係し、何があったか
それを伝える事それがマスコミの仕事です。
    • good
    • 0

安易に大仰な使命なんてもたせようとすから、


暴走するし、意にそぐわないと、ただ否定し怒るだけに陥るのです。
マスコミの出す情報を吟味する目を持てばいいのす。
情報を得るにはマスコミが重要なのですから。
    • good
    • 0

事実のみを伝える これでおk



日本をより良い方向に導くなんて要りません。

現状で満足してる人だっているのですから、何がどう良い方向なのかなんて人それぞれ。
特に多くの方に一方的に意見を押し付けられるテレビやラジオや新聞なんかは、
それだけで民意を変えてしまう恐れがある。そしてそれを悪用している節がある。
いちいち記者の感想まで伝えんでよろしい。

いつどこで誰が何をした

これだけを報道してくれればいいんです。
    • good
    • 0

マスコミは世論や人心を操作するために存在しているのです


その意味で十分使命を果たしています

郵政選挙、政権交代選挙の両方でマスコミの事前報道の通りになったことでも明らかです
もちろんはっきりにそのように報道したのではありません
そういうムードを作ったのです
国民が自分の目で見るようにしなければいけないと思います
    • good
    • 0

確かに日本社会をより良い方向に導くことがマスコミの使命だとは思いますが、良い方向が間違っていないとは限りません。


今の普天間の問題にしても、冷静に経済的判断をしている人のコメントは取り上げないですよね。
反対派からケチを付けられて新聞の部数や視聴率が落ちるのを嫌うからでしょうね。
過去の冤罪でもマスコミの決め付けた報道で警察が動いた例があります。
沖縄返還の密約約は無かったなどと、日本国政府、総理大臣までが嘘をつくのですから、マスコミなんてのも信用できません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング