こんにちは。何か笑えるエッセイなどはないでしょうか?
当方は「原田宗典」を愛読しています。
何かオススメのものはないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中11~16件)

今は亡き遠藤周作はどうでしょうか?


彼のエッセイはどれもユーモアとほのぼのとした気分になれるものですよ。
中でもおすすめなのが「落第坊主の履歴書」です。自身の子供の頃の話ですが、後の大作家とは思えないような(?)天然ボケぶりで私は電車の中で読んだのですが、思わず吹き出し、恥ずかしい思いをしました。秀才と言われた兄に対抗するためにえらいことをやらかしたり、かと思えば、えっ?ほんとに?と思うようなばかばかしいことを真剣にやってたりと、あっという間に退屈せずに読めます。原田宗典を愛読してらっしゃるなら、きっと気に入ると思います。
    • good
    • 0

つきなみですが、さくらももこはいかがでしょうか?。


ちなみに私も原田宗典にはまっていた時期がありましたよ!!
    • good
    • 0

“えのきどいちろう”は、いかがでしょうか?


私が読んだのは「妙な塩梅」です。
自らの脳腫瘍(良性でしたが)闘病記さえ笑いに変える氏の独特な視点が最高でした。

earlさんご推薦の椎名誠の本では、「あやしい探検隊シリーズ」も好きです。
個人的には、初期のエッセイが好みですね。
    • good
    • 0

椎名誠さんの「ひるめしのもんだい」「モンパの木の下で」等のシリーズは笑えますよ。

「哀愁の町に霧が降るのだ」は小説ですが、これもかなり笑えます。
意外に面白かったのが、三谷幸喜の「オンリー・ミー 私だけを」。コレ、すごいです!!絶対オススメです。もうあまりの馬鹿馬鹿しさに、涙出るほど笑いました。
    • good
    • 0

中島らも氏はいかがでしょう。


エッセイとは少し違うのですが、「明るい悩み相談室」シリーズは、薦めた方全員が「爆笑した」という感想でした(但し、良い意味でホントにくだらないです・笑)。
エッセイでしたら、「なにわのアホぢから」などがおすすめですね。
小説も素敵です。

ちなみに私も群ようこさん好きです!
    • good
    • 0

原田宗典さんをお勧めしようと思い開いたら愛読されてましたか。


私も原田さんの本は全部読んでいます。
さて、私は「群(むれ)ようこ」さんの海外旅行エッセイをお勧めします。
アジアやアメリカなど旅行先の違うエッセイが何冊か出ていますが確実に笑えます。
またたいていの書店は原田さんの近くにおいてあるので原田さんを愛読されているのであれば割と探しやすい場所にあります(~な~は~ま~だから)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

群さんでしたら、読んだ事あります♪
面白いですよね?

ハラムネの「スバラ式」世界シリーズ好きです。
エッセイではないけど、「十九 二十」も結構好きですかな?

お礼日時:2001/04/02 13:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語のエッセイの書き方がわからず困ってます

タイトルの通り、英語のエッセイの書き方がわからずに困っています。

私は指定校推薦で、とある大学の英文学部に進学することになりました。
そこで、大学から指定された4つの英語の本の中からひとつ選んで読み、
それについて600wordでエッセイを書け、という課題が出ました。
私は英作文が苦手で、600wordと聞いただけで圧倒されているのですが、
そもそもどういうふうな内容で書くべきなのかまったくわかりません。
私は「Frankenstein」を選んで読んだのですが、
これは読書感想文のようにかけばいいのでしょうか?
そうだとすれば、(1)自分が考える、この本のテーマ(2)この本のあらすじ(3)自分の実体験
などをかけばいいのかな...と考えているのですが。

エッセイと読書感想文は別物なのでしょうか?


また、英語のエッセイを書く上で役立つ本やサイト等あれば教えてください。

Aベストアンサー

★私は「Frankenstein」を選んで読んだのですが、
これは読書感想文のようにかけばいいのでしょうか?
→エッセイというのは、基本的に、日本語の「作文」と考えて下さい。

★そうだとすれば、(1)自分が考える、この本のテーマ(2)この本のあらすじ(3)自分の実体験
などをかけばいいのかな...と考えているのですが。
→本のあらすじを書いてもかなわないのですが、入学試験ですよね。
あなたが、Frankensteinについてどんな考えをもっているかが最大のポイントでしょうね。考え方、視点、そこを見るわけです。大学に入学して、大学の授業・講義で鋭く英文学を味わえる人を学生に迎えたいですよね。

たとえばーー
Frankensteinというのは、まず、本や映画になったーー
由来を知っていたらそれも書く。
時代背景がわかるとさらによい。
そして、こういう気持ち悪いような、人間でないようなモノを作品に入れて
人間とは何かを問うている、自分にはそのように読めるーー
なんて書いたら、きっと合格ですね。

★エッセイと読書感想文は別物なのでしょうか?
→読書感想文を含む、しかし、もっと広い意味での作文です。

★また、英語のエッセイを書く上で役立つ本やサイト等あれば教えてください。
 日本について(文化や歴史を含む)のエッセイがでる可能性があるのなら、
「英語で話す「日本」 Q&A」、Talking About Japan, 講談社インターナショナル編 
 が絶対おすすめ。
 この本は、短い英文で日本についてのさまざまなエッセイがつまっています。しかも対訳。入試に出そうな項目を探し、そのテーマについて自分で書いてから、英文を読むのも一つ。また、逆に英文を読んで、こうやってエッセイを書くのかというのも一つ。いろいろ勉強法があります。
 フランケンシュタインのような、文学作品を出されたら困りますね。
 Amazon.com(アメリカの方です)で知っているような作品を検索して、その書評なりコメントなりを読むのも手ですかね?

以上、ご参考になればと思います。

★私は「Frankenstein」を選んで読んだのですが、
これは読書感想文のようにかけばいいのでしょうか?
→エッセイというのは、基本的に、日本語の「作文」と考えて下さい。

★そうだとすれば、(1)自分が考える、この本のテーマ(2)この本のあらすじ(3)自分の実体験
などをかけばいいのかな...と考えているのですが。
→本のあらすじを書いてもかなわないのですが、入学試験ですよね。
あなたが、Frankensteinについてどんな考えをもっているかが最大のポイントでしょうね。考え方、視点、そこを見るわけです。大学に入...続きを読む

Qオススメの爆笑エッセイを教えてください

今まで随筆やエッセイはニガテ感があり避けていたのですが、菅野 彰さんの「海馬が耳から駆けてゆく」 を読んではまってしまいました。
「海馬が耳から駆けてゆく」のような爆笑エッセイでオススメのものがあれば教えて下さい。

さくらももこさんはちょっと私の感性とは合わなかったみたいなので、その他の人の作品でお願いします。
できたら文庫で出版されているものが手軽に読めそうなので嬉しいです。(でも面白ければ文庫化してなくても教えて下さい!)

参考までに好きな作家さんは
京極夏彦、森博嗣、星新一、新井素子、宮部みゆき
綾辻行人、小野不由美 等です。

Aベストアンサー

三浦しをんさんのエッセイは、読んでいてププッと吹き出してしまいますよ。
文庫化しているものもありますので、是非読んでみてください。

もし、三浦しをんさんが合うようでしたら、おおたうにさんのエッセイもいいですよ。
文庫化はしていないんですが、おしゃれが好きならきっと気に入ってもらえると思います。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=30979623,http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=30996845

Q英語のエッセイ、日本語で意見を考え、それを英語にする学習はやはり間違い

英語のエッセイ、日本語で意見を考え、それを英語にする学習はやはり間違いですか?


いつも回答に答えてくださり、ありがとうございます。


英検1級を目指しています。検索質問で知ったこととしては、TOFELのライティングの参考書が
役に立ったというのを聞きました。

英語のエッセイの形式、仕組みは一通り学習をしました。

自分で日本語で英文を書いて、それが文法的に、または適切な語句なのかわからないという問題なのです。
知っている単語を使って簡単な文章を書くことができます。日本語で自分の意見を考えて、それを英語に換えるという学習をやっているのですが、非効率的とも思います。エッセイを書くのが上手になった人は、どのような学習をしていったのでしょうか?


日本語で思い浮かんだ文を英語にしてもそれが果たして正しいのかもわからないので、結局は頭にその書いた内容が入ってこないという感じです。利用している本で「英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング 植田一三」がありますが、わたしには難しく感じます。
留学される方は、エッセイは必要だと思いますが、洋書などをやったのでしょうか?
やはり日本語の書籍ではライティングはうまくいかないのでしょうか?日ごろからNHKなどで時事問題に関心をもつようにしていますが、長く文章を書くのが苦手です。


それで、英語のエッセイに関するあなた様が学習をして使いやすい、効果的、合理的と思った書籍は
なんでしょうか?自分で勉強をしているもので、周りに英語の質問をできる先生や友人がいません。
ぜひ、お力をお貸しいただけたら幸いです。
補足があればおっしゃっていただいてけっこうです。
よろしくお願いします。

英語のエッセイ、日本語で意見を考え、それを英語にする学習はやはり間違いですか?


いつも回答に答えてくださり、ありがとうございます。


英検1級を目指しています。検索質問で知ったこととしては、TOFELのライティングの参考書が
役に立ったというのを聞きました。

英語のエッセイの形式、仕組みは一通り学習をしました。

自分で日本語で英文を書いて、それが文法的に、または適切な語句なのかわからないという問題なのです。
知っている単語を使って簡単な文章を書くことができます。日本語で自分の意見...続きを読む

Aベストアンサー

英語で考える事が出来る前は、どうしても日本語で思い浮かんだ文を英語にするしかないと思います。それを繰り返しする事で力が付いてくると思います。アメリカで修士まで取りましたが、私も最初はそうでした。力を付けるには日記でも何でも良いので兎に角、英文を書く様にして、英語を書く事に慣れるのが良いと思います。書くにおいて、構文や慣用句の知識が必要になるのでそれは覚えて置くべきです。日本の大学受験の英語の対策でやる構文や慣用句をマスターしておけば、ほぼ事足ります。大学入試用の物を一冊マスターすれば良いと思います。日本語を直訳すると、分かりにくい英語になりますが、初めはそれで良いと思います。話し言葉でも良いと思います。沢山書いている内に段々書ける様になります。それと平行して、英語の本を読んでいれば、そこから色々ヒントを得られると思います。英語の本は、出来ればアメリカの大学の1年の授業で使う教科書が一冊あれば良いとおもいます。科目は自分の興味のあるので良いと思います。経済でも、科学でも、歴史でも何でも良い。アメリカの大学で使う教科書は誰でも分かる様に平易に書いてあるので、良い教材です。英語の小説や新聞などよりはるかに読みやすいのでお勧めです。この様な文章が書ける様になれば良いと思います。小説は難しい場合も多いですし、新聞は他の知識がないと理解し難い場合が多いのでお勧めしません。

何も難しい文章を書く必要はないのです。日本語と違い、英語では誰でも読みやすい文章を書く事が良いとされます。1文1文が長文になるのは、悪い文章です。アメリカの大学の初期の英語授業(日本の国語にあたる)で、エッセイの書き方や論文の書き方などを習いますが、1文が長い文章は避けるようにいわれます。だったら、文を短く切って、短文を並べる様に言われます。その方が読み易く、分かり易いからです。私はこれを心がけていて、修士の時の教授にNativeでないのに、とても読みやすい良い論文を書くと何度も言われました。

出来れば、書いた文章を見てくれる人がいれば良いのですが、それが難しいのですね。学生でしたら、大学にいる留学生や会社だったら英語の出来る人とかなんとか探せないでしょうか。私は部下や後輩が書いた英文を良く見直しますが、最初はひどい物でも何度も何度も書かせていると段々良くなってきます。仕事上の文章ですので、私の方で直して(時には大幅に)出してしまうので、特に英語指導の様な事はしていませんが、大体皆次第に書ける様になるので、何度も書くという事が大事だと思っています。

頑張って下しさい。

英語で考える事が出来る前は、どうしても日本語で思い浮かんだ文を英語にするしかないと思います。それを繰り返しする事で力が付いてくると思います。アメリカで修士まで取りましたが、私も最初はそうでした。力を付けるには日記でも何でも良いので兎に角、英文を書く様にして、英語を書く事に慣れるのが良いと思います。書くにおいて、構文や慣用句の知識が必要になるのでそれは覚えて置くべきです。日本の大学受験の英語の対策でやる構文や慣用句をマスターしておけば、ほぼ事足ります。大学入試用の物を一冊マ...続きを読む

Q出典を教えてください。(村上春樹のエッセイか何か)

人から伝え聞いただけで、実際に読んだ記憶がないのですが(彼の著作はほとんど目を通していますが)、次のような内容の出典(書籍名、ページなど)を探しています。つぎの2点ですが、どちらか一つでも構いません。

1「美味しいものは、産地から離れれば離れるほど味が落ちる」
たとえば、本当に美味しい鮨が外国ではなかなか食べられないことなど。

2「旅行をしたときの実感は、現代では比例しない」
飛行機などの移動で「身体」は外国にいるが、「心」はその速度に着いて来ない、ということ。だから旅は体がその地に着いてから、実感が後からやってくる。

以上のものは伝え聞いたものなので村上春樹のものではないかもしれませんが、そうであれば異なる出典もご教授いただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1「美味しいものは、産地から離れれば離れるほど味が落ちる」
たとえば、本当に美味しい鮨が外国ではなかなか食べられないことなど。

『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』という本に、「酒はその産地で飲んだほうがうまい」というような話があったと思います。
ちょうど先日読み返したので、記憶違いでなければそうなんですけど。
スコットランドの島で買ったシングルモルトウィスキーを日本で飲むとたしかに美味しいけど産地で飲んだほうがずっと美味しいというような話。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582829414/249-4487887-1753954


>2「旅行をしたときの実感は、現代では比例しない」
飛行機などの移動で「身体」は外国にいるが、「心」はその速度に着いて来ない、ということ。だから旅は体がその地に着いてから、実感が後からやってくる。

こちらについては分かりませんが、『辺境・近境』という旅行記集の可能性はあるかも?

私が持っているのはハードカバー(単行本)なのですが。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103534087/qid=1145499170/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/249-4487887-1753954

こちらは文庫版紹介
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101001480/qid=1145499170/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-4487887-1753954

この本には旅についての感覚や考察がいろいろ書かれていることは書かれています。知りたい内容にあっているかは自信ありませんが。

>1「美味しいものは、産地から離れれば離れるほど味が落ちる」
たとえば、本当に美味しい鮨が外国ではなかなか食べられないことなど。

『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』という本に、「酒はその産地で飲んだほうがうまい」というような話があったと思います。
ちょうど先日読み返したので、記憶違いでなければそうなんですけど。
スコットランドの島で買ったシングルモルトウィスキーを日本で飲むとたしかに美味しいけど産地で飲んだほうがずっと美味しいというような話。
http://www.amazon....続きを読む

Q大学入試び英語でのエッセイの提出が・・・

大学の入試で「ホームステイ先の自分の家族や町について紹介する」といったような内容のエッセイの提出があります。エッセイはまず何から書き、どういった順に書くのかや、家族や町以外に日本のことについてかいてはダメなのか、その大学で英語を学びたいといった内容をなんとなくでも書いてはいけないのか・・・など、本当に困っています。どうぞよいアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

「ホームスティ先に自分の家族や町について紹介する」というテーマも、前回、回答した通りです。
Introduction(序論)で、このエッセイはどのようなことが述べられているかを書きます。その際「これから私の家族の紹介をします」とは書かないようにして下さい。あくまでも読み手に、内容をほのめかすように書くことが得点も高くなります。
Body(本文)は、幾つかのパラグラフから構成されているのがベストです。その本文で、テーマについて述べていきます。
Conclusion(結論)は、「まとめ」ですから、それまで述べたことを簡単にまとめればいいだけです。

私が質問者さんなら、住んでいる町の紹介を書くことにします。町の特徴、長所(好きな点)、短所(嫌いな点)などを述べます。
家族のことは実際書き易いですが、大学の入試なら控えますね。

頑張って下さいね。

Qオススメのユーモアエッセイ

こんにちは。
最近、ユーモアエッセイを読んでみたいなと思っております。
土屋賢二さんのエッセイは全部読みました。
そこで、他の方が執筆なさったユーモアエッセイを読んでみたいなと思っています。

そこで、皆さんがオススメのユーモアエッセイを教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も、大のツチヤファンです。
もし、ツチヤ先生のエッセイが面白いなら、下記のエッセイあたりは、笑いの質が似ていて、面白く読めると思います。

臨機応答・変問自在 森助教授VS理系大学生
森博嗣/著 講談社新書 680円
こちらは、名大の建築家の助教授。エッセイではありませんが、学生の珍問奇問に対する回答が爆笑物です。

延長戦に入りました
奥田英朗/著 幻冬舎文庫 495円
スポーツを扱ったエッセイなのですが、スポーツが好きでなくても、いやスポーツが嫌いな方ほど笑えるかもしれません。ユニークな視点が光ります。

どくとるマンボウ航海記
北杜夫 新潮文庫 400円
ある意味古典ですので、「そんなもの知ってる!」というのでしたら御免なさい。でも、今読んでも面白いです

Qいま、課題で英語でエッセイを書いています。「ホームステイ先のシスター」

いま、課題で英語でエッセイを書いています。「ホームステイ先のシスター」という表現がよく分からないのですが、英訳するとどうなるのでしょうか。教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

 #1です。

 host sister という表現は日本でしか聞いたことがないので.ちょっと調べました、イギリス英語のロングマンには、離してhost sister、ハイフェンで host-sister、ほかの mother、father、 brother なども入れてみましたが、いずれも「この辞書にはない」と私の予想した答えが出ました。

 アメリカ英語の、ウェブスターでも、結果は同じでした。

 英辞郎でも、出ている用例は、オーストラリアに居た日本人の話でした。まあ日本の学校に出して日本の人が読む英語のエッセイなら別に、何ってことはない訳ですが、host sister は、まだ和製英語かもしれないですね。

Q有名人のオススメ自伝?エッセイ?

モチベーションが上がるような誰か有名人のエッセイ?自伝?はないでしょうか?(例:乙武さんの『五体不満足』)

抽象的で申し訳ないのですが、『ここまで有名になるまでには、こんな道を歩んできたんだ‥』、『この人に比べれば、自分はまだまだだな』って思えるような本を探してます。よろしくおねがいします☆

Aベストアンサー

二冊紹介します。
いかりや長介『だめだこりゃ』(新潮文庫)は、ドリフターズとしてブレイクするまでのいきさつや、俳優に転進してからの苦労話など、自分の生涯を時にユーモアを交えながらまとめています。
本当に自分で書いたのかと疑いたくなるほど文章がうまく、味わい深い一冊です。
もう一冊は自伝ではなく伝記なのですが、大崎善生『聖の青春』(講談社文庫)です。
病気のため夭折した棋士の一生を、感動的に綴っています。
将棋の世界の話ですが、将棋のルールを知らなくても、本筋にはほとんど関係ないので、安心して読み進めることができます。
いずれも少し大きめの書店に行けば、手にすることができるはずですので、まずは立ち読みされてみてはいかがでしょうか。

Q英語エッセイを書いています。

英語エッセイを書いています。
宿題で
英語で人を紹介するときに

First is OO. OO is ~ . Second is OO. ~

という風に紹介していくのってへんですか?

もし変でしたらどうすれば良くなるか教えてください。
5人紹介します。
お願いします。

Aベストアンサー

>エッセイでゲームのキャラクターを紹介するときです

こんなのがありました。
The story revolves around three main characters: Tatsuya Uesugi, his twin brother Kazuya and Minami Asakura, a girl who is their childhood friend.
http://eow.alc.co.jp/the+characters/UTF-8/
マンガの『タッチ』ですねぇ。

というのをちょっといただいて、

This game has five characters: Taro, Hanako, Jiro, Kazuo and Yoko. Taro is ....... Hanako is......

というのは、どうでしょうか。良く見えないかもしれませんが、charactersの後はコロン(:)です。
また、あまり良い英文ではないかもしれませんけど、自分だったら

This game has five characters. The characters are Taro, Hanako, Jiro, Kazuo and Yoko.

とか書くかもしれません。
こちらのほうが洗練されていなくて自作っぽいかも(^^;;;
コロンを使うほうが上級です。

main character などという言い方もあります。
http://eow.alc.co.jp/main+character+is/UTF-8/
http://eow.alc.co.jp/main+characters/UTF-8/

自信はありません。
合ってるかどうかは分かりませんが、もし書き始めに困って書き進めないなら、とりあえず。

>エッセイでゲームのキャラクターを紹介するときです

こんなのがありました。
The story revolves around three main characters: Tatsuya Uesugi, his twin brother Kazuya and Minami Asakura, a girl who is their childhood friend.
http://eow.alc.co.jp/the+characters/UTF-8/
マンガの『タッチ』ですねぇ。

というのをちょっといただいて、

This game has five characters: Taro, Hanako, Jiro, Kazuo and Yoko. Taro is ....... Hanako is......

というのは、どうでしょうか。良く見えな...続きを読む

Qおすすめの本教えてください。エッセイなど

本を読むのが好きです。
昔はSFものが好きでしたが、今はあまり小説は読まず、もっぱらエッセイなど「実話」が好きです。
群ようこさん、原田宗典さん、谷崎光さん、柴門ふみさんなどのエッセイは好んで読みました。新井素子さんのエッセイも好きです。
たまによむ小説は恋愛物は好きではないので、推理ものなどです。
外国の小説は名前を把握するだけで大変で疲れてしまい、たいてい挫折しますが、スティーブンキングは何作か読みました。
こんな私にこれは面白いよ~という本がありましたら
教えていただきたいです。

Aベストアンサー

 遠藤周作さんの狐狸庵閑話シリーズはどうでしょうか。
遠藤周作さんは純文学を書かせるととても真面目なものを書きますが、このシリーズは、生の遠藤さんの姿がうかがえてとてもおもしろいです。
 例えば、幽霊が出るホテルが東にあると聞けば東へ行き、(実際に出るのかどうか)百発百中の占師が西にあると聞けば西に行き(行って正体を暴く)と言う風に好奇心旺盛で飽きさせず笑わせてくれます。
 遠藤ファンならみんな知っているシリーズです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報