日本語として正しいのは
「間違えやすい」と「間違いやすい」
のどちらでしょうか?
なんだか、どちらも正しいような気がするのですが・・・

お分かりになる方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、教えて下さい。お願いします。

A 回答 (8件)

 まず、紛らわしいのですが、動詞に「間違う」という


五段活用の動詞と、「間違える」という
下一段活用の動詞があります。
そして『「~やすい」という(形式)形容詞は動詞の連用形につく』
という約束がありますから、
五段動詞の「間違う」の連用形「間違い」
について「間違いやすい」となり、
また下一段の「間違える」という動詞の連用形
「間違え」について「間違えやすい」となり、
askさんの「なんだか、どちらも正しいような気がするのですが」
という予感どおり、どちらも間違いではないと言えます。
同じ(ような)意味の言葉なのに、五段と下一段という
2種類の活用に分かれた動詞なものですから
つい戸惑ってしまいますよね。
    • good
    • 6

下の訂正。

最初の部分に大きな誤り。

  間違いやすい ・・・五段動詞「間違う」の連用形「間違い」と補助形容詞「易い」
  間違えやすい ・・・一段動詞「間違える」の連用形「間違え」と補助形容詞「易い」

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

皆様、ご回答ありがとうございました。
通常質問をした際にはお一方ずつお礼をさせていただいていたのですが、
今回に限り、まとめてお礼をさせていただきます。ご容赦下さいませ。

今回ご質問させていただいた理由は、社内で電話を転送する際に
同姓の別の方への転送を防ぐ為に「間違え(い)やすい名前一覧」という表を
作っておりまして、「あれ?間違いか?間違えか?」と悩んでしまった為です。

結局今回は「間違えやすい名前一覧」と、「間違え」の方を使いました。
「間違いやすい名前一覧」でも間違いでは(「間違えでは」かな?(笑))ないと、
ご回答を読ませていただくと思ったのですが、多くの方が「間違え」がいいと
おっしゃってますし、私自身もこちらの方がしっくりくるかなと思ったからです。

下一段活用や、五段活用。久々に勉強した感じです。
日本語ってやっぱり難しいですね。<他国語はもっとわからないけど(笑)

で、今回ポイントに関してすっごく悩んだんですが、masatoshi-mさんと、
「まちげえやすい」の一言がちょっとツボにはまったので(笑)searchingboyさんへ、進呈させていただきます。

皆様ほんとにありがとうございました。

お礼日時:2001/04/03 11:40

 結論としては何れも誤りではありません。



  間違いやすい ・・・五段動詞「間違う」の連用形「間違い」と補助形容詞「易い」
  間違えやすい ・・・五段動詞「間違える」の連用形「間違え」と補助形容詞「易い

 そして、原型である「間違う」と「間違える」に殆ど意味上の差がないため意味もほとんど同じです。
 日本語の五段動詞と一段動詞の対立(「育つ」と「育てる」、「書く」と「書ける」など)は様様なニュアンスを含んでいて一概に言えないのですが、この場合、「上がる」と「上げる」の対立と同様と考えてよいと思われます。
 すなわち、
  1a. 私は二階に上がった(<上がる)   ・・・上にあるのは「私」(主語)
  1b. 私は階段を上がった(<上がる)   ・・・上にあるのは「私」(主語)
  2 . 私は二階に本を上げた(<上げる)  ・・・上にあるのは「本」(目的語)
であり、これと対応して、
  1a. 私は間違った(<間違う)     ・・・間違っているのは「私」(主語)
  1b. 私は選択を間違った(<間違う)  ・・・間違っているのは「私」(主語)
  2 . 私は選択を間違えた(<間違える) ・・・間違っているのは「選択」(目的語)
となります。
 ところが、私が選択を間違えたとき、「間違」という性質が「私」に付与されるようが「選択」に付与されようが殆ど同じことです。そのため、「間違う」と「間違える」の意味は殆ど同じになります。また、2の動詞には主語が意思的な行為者であるというニュアンスがあるのですが、間違えるのに意思的も何もないのでこの点でも殆ど差はありません。

 ただし、間違っているのが主語である場合と目的語である場合で意味が異なる場合、一応は、区別できます。たとえば、絶対的ではありません何となく、
 私は道を間違った ・・・間違っているのは「私」 人生? 
 私は道を間違えた ・・・間違っているのは「道」 迷子?
というニュアンスがあり、
 ○ 間違った思想 ・・・間違っているのは「私」
 × 間違えた思想 ・・・?
は比較的わかりやすいでしょうか。だとすると、
 ○ 間違いやすい時期 ・・・間違いを犯しやすい思春期?
 × 間違えやすい時期 ・・・?
とかなるのかもしれません。でもやはり、「間違いやすい時期」なんて普通は言いませんね。他に良い例は無いでしょうか。
    • good
    • 0

「間違わない」「ひとつ間違えば」「間違ってる」というか,


「間違えない」「ひとつ間違えれば」「間違えてる」というか。

前者なら終止形は「間違う」で五段活用。「~やすい」がつけば「間違いやすい」。後者なら終止形は「間違える」で下一段活用。「~やすい」がつけば「間違えやすい」。どちらも現代日本語としては通用するものだと思います。基本的にはmasatoshi-mさんのご説明どおりでしょう。
    • good
    • 1

みなさんとは別の考え方もあると思います.


  「い」を「え」と,またはその逆の音の交換が起こる地方
    間違い‐‐‐間違え +やすい(「やすい」が「やすえ」となるかの
          問題がありますが,「まちげえやすい」を考えたら,
          おかしくないように思います.
   
  どちらもいいのではないでしょうか
    • good
    • 0

間違・う (自他五段)



    わ(お)い(っ)、う、う、え、え。

間違・える(他下一段)

   「え」、え、える、える、えれ、えよ。

未然形の「え」で、他動詞には「い」はありません・・・したがって「間違えやすい」です。
    • good
    • 0

「xxxやすい」の「xxx」の部分には、動詞の語幹(+α?)が入ると思いますので、ご質問のケースでは「間違える」の語幹「間違え」になり、「間違えやすい」が正しいと思います。

「間違い」は名詞ですね。
ただ、他の動詞で変化を見てみると、どうも活用型によって少しずつ違い有りそうなので、専門家の説明を待ちましょう。

以上。
    • good
    • 0

間違える(動詞)+易い(形容詞)=間違え易い


だと思うんですけど...間違いやすいはたぶん「言いやすい」からそういっているのだと思います。
間違いはちなみに名詞です。

では。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアニオタならこれを観ろ! という7本を教えてください

こんにちは、時々ここでアニメに関する質問をさせていただいています、ier135です。
今日は皆様に「アニメオタクならこれを観ろ! という7本」を教えていただこうと思います。
劇場版、テレビ版、OVAなどは問いません。ジャンルももちろん問いませんが、“なぜ、この作品をチョイスしたのか”という個人的熱意(笑)を必ず書いてください。
あ、あと「レンタルビデオ店で見られる」(新宿ツタヤに行けば見られる、クラスでもかまいません)ことも条件かな。

なお、「流行っていたから」「DVDが売れたから」などの、外因的理由は書かないでくださるとうれしいです。
もう一つ避けていただきたいのが、「面白かったから」みたいな馬鹿でも書けるような個人的熱意です。
「面白かった」というのは、作品のストーリーならストーリーのどういうところが、人物配置なら人物配置のどのようなところにピンとキたのか、それを熱意と共に書いてくれるととっても喜びます。

Aベストアンサー

「レンタルビデオ店で見られる」
という条件なので、TSUTAYA-DISCASで借りられる作品を選んでます。
■アクメッド王子の冒険 (1926年 / ドイツ/イギリス )
http://www.discas.net/netdvd/goodsDetail.do?pT=0&titleID=0087595567
大正15年に作られた世界初の長編アニメーション!影絵だけれど「絵が動く」というシンプルにして感動的な作品。

■王と鳥 (1952・1979年 / フランス )
http://www.discas.net/netdvd/goodsDetail.do?pT=0&titleID=0081446308
1952年に公開されたフランス初の長編アニメーション映画…を監督のポール・グリモーが1967年に作品の権利とネガを買い戻し、製作資金を10年がかりで集め、改作した作品。古さを感じさせないカメラアングルとカット割りが秀逸。

■雪の女王 (1957年 / ソ連 )
http://www.discas.net/netdvd/goodsDetail.do?pT=0&titleID=1024261715
共産党体制のソ連で制作された長編アニメ。雪と氷の描写は北国ならでは。女王の硬質な美しさは絶品。

■幻想の魔術師 カレル・ゼマン ホンジークとマジェンカ (1980年 / チェコスロバキア )
http://www.discas.net/netdvd/goodsDetail.do?pT=0&titleID=0081852758
カレル・ゼマン最後の長編。チェコの伝説を基にしている為、ストーリーはやや散漫というか冗長。しかし画面から漂う幻想的な雰囲気は必見。

■ファンタジア (1940年 / アメリカ )
http://www.discas.net/netdvd/goodsDetail.do?pT=0&titleID=0080537285
言わずと知れたディズニー不朽の名作。昭和15年(太平洋戦争より前!)制作。言葉では説明出来ない『映像美』の頂点のひとつ。

■ピンチクリフ グランプリ (1975年 / ノルウェー )
http://www.discas.net/netdvd/goodsDetailN.do?pT=0&titleID=0087920761
正統派人形アニメ。ノルウェー作品という事で敢えてランク入りさせました。

■こま撮りえいが こまねこ (2006年 / 日本 )
http://www.discas.net/netdvd/goodsDetail.do?pT=0&titleID=0087879887
「白蛇伝」とどちらを選ぼうか悩んで…こちらになりました。第一話「はじめのいっぽ」は、8ミリで自主制作を経験した人は絶対納得出来ます!

「レンタルビデオ店で見られる」
という条件なので、TSUTAYA-DISCASで借りられる作品を選んでます。
■アクメッド王子の冒険 (1926年 / ドイツ/イギリス )
http://www.discas.net/netdvd/goodsDetail.do?pT=0&titleID=0087595567
大正15年に作られた世界初の長編アニメーション!影絵だけれど「絵が動く」というシンプルにして感動的な作品。

■王と鳥 (1952・1979年 / フランス )
http://www.discas.net/netdvd/goodsDetail.do?pT=0&titleID=0081446308
1952年に公開されたフランス初の長編アニ...続きを読む

Q「 間違えやすい 」「 間違えてしまう 」 言葉ありますか?

いつもお世話になっております。

  「 エリック・クラプトン 」 を 「 エリック・プランクトン 」
  「 シンディ・ローパー 」 を 「 ウーパールーパー 」
  「 オーストリア 」 を 「 オーストラリア 」

みたいに、言葉が似ていて間違えやすい、または間違えてしまった事が有る言葉が、ございましたら、
皆様どうぞ御紹介よろしくお願いいたします。     ( 文中敬称略 )

Aベストアンサー

#18、#25の者です。
またまた失礼いたします。

企業ネタです。
SSK(佐世保重工業)とSSK(スポーツ用品メーカー)とSNK(ゲームソフトメーカー)

また、鉛筆の「三菱」といわゆる「三菱グループ」は全く違う企業のようです。
紛らわしい!!ですね。

鉄道ネタです。
特急「みどり」と特急「みのり」

快速「マリンライナー」と快速「アクアライナー」

なんていうのも間違えやすそうですね。(運行区間がぜんぜん違うので乗り間違いはないと思いますが)

Q「間違えました。」 「間違いました。」

よろしくお願いします。

「間違えました。」 「間違いました。」 について、
どちらが正しいのでしょうか。

私は、「間違えました。」 だと思います。
理由は、「間違い」 は名詞だから、なんとなくです。

Web上を検索すると、「間違えました。」 のほうが多く、
「間違いました。」 のほうも少ないながら確かに使う人はいるようです。

このことについて、なんらかの情報・アドバイスがあれば、
ご教授ください。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

お邪魔します。屋上に屋を重ねに来ました。

漢文教師ですので、専門家(端くれであっても)のつもりです。

7番さんが(つまりは4番さんが)正しいです。

質問者さんは「間違いは名詞だから」と仰有ってます。その通りですが、動詞の連用形は名詞を作ることがあります。「喜ぶ」の連用形は「喜び(ます)」、ここから「喜び」という名詞が作られます。同様に「話す」から「話」、「違う」から「違い」が作られます。

「イ」音で終われば形容詞、という考えに取り憑かれて、「違い」から「違かった」なんて変な日本語を作る人が最近あるそうですが、「違い」は形容詞ではなく(活用しませんから)、動詞から作られた名詞です。

という訳で、「間違い」は名詞ですが、もともと「間違う」という動詞から作られていますので、「間違いました」と言えない証拠にはなりません。

7番さんの引かれた国語辞典は『日本国語大辞典』のようですが、この辞書には「間違え」という名詞も載っています。

Qflash flush どちらが正しい?

コンピュータのメモリにフラッシュメモリというものがあります。
英語で書くと flush memory もしくは flash memory どちらもあるようです。どちらが正しいのでしょうか。
またそれぞれの由来などわかれば教えて下さい。

Aベストアンサー

コンピュータ用語としてはflash memoryの方が正式です。
フラッシュメモリを使用した製品の商標でも、flashが用いられています。
さてflashとflushの違いですが、元来はflashで、flushはgush(噴出する)やblush(ぱっと頬が赤らむ)等と混成して生まれた語です。
flushの用法は現在でも、gushやblushと同義で使われる場合がほとんどで、「閃光を放つ」「瞬時に伝わる」(←フラッシュメモリはこの用法)等の意味にはflashが用いられます。

Q謝意を表す言葉はどちらが正しい?

基本的な質問で恐縮なのです。

謝意を表す言葉として
『すみません』
『すいません』
の何れが正しいのでしょうか?

私は『すみません』を使用しているのですが
『すいません』も良く見かけます。
実は、どちらも通用する言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

 yohsshiさん、こんにちは。
 「済まない」の丁寧な言い方なので「済みません」の方が正しいとは思います。
 「すいません」は「済みません」のイ音便化したものかな~、と考えたこともありましたが、よくよく考えると違うようで……(苦笑)。

 あ、えーと、老婆心ながら説明しますと、「イ音便」とは、発音がし易いように「き」「ぎ」「し」「り」の音が「い」に変わってしまう現象を指します。
 例としては、「磨きて → 磨いて」・「剥ぎて → 剥いで」・「白き → 白い」・「なさります → なさいます」……があります。
 これは、探せば、例が沢山出てきます。
 ところが、「み」は、ちょっと考えても、「すいません」以外に「み → い」に変化している用言が思い付けないのですね(^_^;;
 ので、恐らく「み」はイ音便化する語ではないのでしょう。

 もっとも、言い易いように変化して(訛って?)いるのだ、という見方も出来ないではない?

 ただ、言葉に厳格な人は「すいません」を嫌うので、使わない方が無難かな、とは思います。
 私の場合、自分では使わないようにしていますが、他人から言われても目くじらを立てないようにはしております(笑)。

 yohsshiさん、こんにちは。
 「済まない」の丁寧な言い方なので「済みません」の方が正しいとは思います。
 「すいません」は「済みません」のイ音便化したものかな~、と考えたこともありましたが、よくよく考えると違うようで……(苦笑)。

 あ、えーと、老婆心ながら説明しますと、「イ音便」とは、発音がし易いように「き」「ぎ」「し」「り」の音が「い」に変わってしまう現象を指します。
 例としては、「磨きて → 磨いて」・「剥ぎて → 剥いで」・「白き → 白い」・「なさります → なさいます」……...続きを読む

Q「こんにちは」 「こんにちわ」どちらが正しいの

「こんにちは」 「こんにちわ」どちらが正しいのですか。
どちらが正しいのですか 疑問に思ったので。

Aベストアンサー

過去にも同様の質問があったようでこちらによるとどちらも正しいそうです。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=335337

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=335337

Q「出る杭」「出る釘」どちらも正しいの?

ことわざで「出る杭は打たれる」というのがあります。
これを間違って「出る釘は打たれる」と言った人に間違いを
指摘すると、これで正しいんだと反論されました。
インターネットで調べてみると、確かに両方OKみたいに
書かれていました。
私の認識では元々は「出る杭」で、誰かが誤って「出る釘」
と言ったのだが、杭より釘の方が身近なので「釘」の方が
結構広まってしまった。でも正しいのは「杭」。
これは間違いでしょうか?

Aベストアンサー

 現在はどっちでも正しいですが、本来は「杭」です。
 フォーマルな場所だと恥かくので気をつけましょう

参考URL:http://www.cyber-nt.co.jp/07_tpcs/01bus/bwin_6.html

Q小学生~中学生、献血と骨髄バンクどちらが理解しやすい?

得意のイラストを用いて、献血と骨髄バンクについてサイトで説明していこうと思っています。
小学生高学年くらいから説明していきたいと思いつつ、イラストを使って説明していきたいのですが、献血と骨髄バンク、どちらが理解し興味を持ちやすいでしょうか?
(文章はわかりやすくする予定です)

小学生~中学生の子供を持つお子さま、または教育者様のご意見をお聞かせ下さい。
ちなみに資料は献血ルームからいただいています。
(許可ももらっています)

追伸・小学校時代の担任に聞いたら献血がいいのでは?といわれました。

Aベストアンサー

ずばり、献血でしょう!
一人の人間に絶対数必要な量が決まっているものですからね!

骨髄バンクは、より人間について知識が芽生える思春期において、
お知り合いの経験等に沿いながら、第三者的な話され方でしてみれば道でしょうか?

頑張ってくださいね!

Q中学浪人と高校浪人、どちらが正しい言い方ですか?

中学を卒業して、高校に入るために浪人している人を、中学浪人と呼びますが、
高校浪人という呼び方をされることもあるようです。

どちらが正しい呼称なのでしょうか?

Aベストアンサー

 理屈的には高校浪人なんですが、中学浪人という言い方の方が先にあったようです。高校に行くために浪人するという現象がでてきた当初、何故だか知りませんが、そういう言い方が広まったのですね。
 で、当時、大学浪人に対して、中学浪人という言い方は侮蔑的だというような、指摘もあったように思います。それで文法的?にも正しい高校浪人の方が次第に広まったのでは無いでしょうか。

Q「すいません」と「すみません」は、どちらが正しいの?

文章にした場合には、どちらが正確な日本語なのでしょうか?
ちなみに、息子の小学校のお便りでは、「すいません」と使っていたので、気になりました。

Aベストアンサー

漢字で書くと「済みません」だから「すみません」が正しいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング