プロが教えるわが家の防犯対策術!

単相200Vの電子レンジの高周波出力1000W

単相100Vの電子レンジの高周波出力1000W
では、
電気の引き込みはもちろん違うとしても、機能的には全く同じと考えていいですか。
つまり調理時間など。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

完全に同じです。



解凍モードや自動調理モードなどの高周波の可変出力などでは、単相100Vの多機能電子レンジの方が木目細やかな調理管理が可能だったりします。
単相200Vの電子レンジは、業務用機器のためマイコン&センサーによる管理機能は単相100V機器に劣ることが多い。

一般に単相100Vで高周波出力1000Wクラスの場合。
消費電力は100Vコンセントから給電できる家電機器の限界値に近い1500Wを少し切るくらいになります。
だから、単相100Vで駆動できる電子レンジの高周波出力は1000Wで頭打ち。
コンビニなどで使われている高周波出力1500Wの電子レンジは単相200Vが必要になります。
    • good
    • 0

W数は車で言う馬力みたいなもんで効果はどちらも変わることは無いはずです。


200Vのほうが電力会社の設定単価が安いので電気代が安いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング