親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

C言語の偏差値とかのプログラミングはどうやるのでしょうか?
できなさ過ぎて困っています
#include <stdio.h>
しか、わかりません

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

うんw他の方の意見強く同意


ってか、#include <stdio.h>がわかるなどとwこれが一番奥が深いのに

まず、プログラムはあきらめるべきでしょうね
プログラマの精神構造ではこの質問は元からしないでしょうから
    • good
    • 1

偏差でしょ?分布でしょ?



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

例えばですが。

つーか、調べないのね。質問する前って。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q標準偏差・分散

標準偏差と分散を求めるプログラムで

#include <stdio.h>
#include <math.h>

int main(void){
int i;
double data[10];
double heikin, total = 0.0, variance = 0.0, deviation = 0.0;

for ( i = 0; i < 10; i++ ){

printf("%d番目の値を入力:",i + 1);
scanf( "%lf",&data[i] );
total += data[i];
}

heikin = total / 10.0;

for(i = 0; i < 10; i++ ){

variance += ((data[i]-heikin)*(data[i] - heikin))/10.0;
}
deviation += sqrt(variance); printf("平均値は%f\n" , heikin );
printf("分散は%fです。\n",variance);
printf("標準偏差は%fです\n",deviation);


getchar();
getchar();
return(0);
}
という感じでいいのでしょうか?
分散と標準偏差の式はこれであっているとおもうのですが・・・・。

標準偏差と分散を求めるプログラムで

#include <stdio.h>
#include <math.h>

int main(void){
int i;
double data[10];
double heikin, total = 0.0, variance = 0.0, deviation = 0.0;

for ( i = 0; i < 10; i++ ){

printf("%d番目の値を入力:",i + 1);
scanf( "%lf",&data[i] );
total += data[i];
}

heikin = total / 10.0;

for(i = 0; i < 10; i++ ){

variance += ((data[i]-heikin)*(data[i] - heikin))/10.0;
}
deviation += sqrt(variance); printf("平均値は%f\n"...続きを読む

Aベストアンサー

ん, そんなところ.
あとは気分の問題ですが, 「無駄だ」と思っても, variance を 0 クリアするコードを (variance を積算する) for の前に入れた方がよいかも.

QC言語についてです 5人のテストの点数を入力すると 合計点、平均点、最高点、最低点を 出力するプログ

C言語についてです
5人のテストの点数を入力すると
合計点、平均点、最高点、最低点を
出力するプログラムを作成したいのですが
うまくできませんでした
なぜでしょうか?

Aベストアンサー

> int score[5], goukei,max,min = 0, i;
→ int score, goukei = 0, max = 0, min = 100, i;

> if (max < score[i])
> {
> max = score[i];
> }
→ if (max < score)
→ {
→  max = score;
→ }

> if (min > score[i])
> {
> min = score[i];
> }
→ if (min > score)
→ {
→  min = score;
→ }

Qセグメントエラー

Cプログラムを実行した時に発生する、セグメントエラー
は何が原因なのでしょうか?
コンパイルはちゃんとととっているのに、
なぜエラーがでるのでしょうか?
C言語の本を見たのですが、
のってません。
お願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。

「セグメントエラー」ってSegmentation Fault の事ですよね。
そうであれば、メモリのアクセス侵害です。
原因としては、
・アクセスできない筈のアドレス (NULL アドレスとか) にアクセスした
・獲得したアドレスを越えてアクセスした。
・初期化していないポインタ変数を使ってアクセスした。
と言う感じです。

ケースとしては少ないと思いますが、1つの変数 (領域) を複数の
データ型でアクセスした場合に、起きる事があります。

Qscanf("%s", buf);でスペースを含んだ文字

コンソールプログラムで
scanf("%s", buf);
を使用してユーザに入力された文字によって処理を行いたいのですが、このままではスペースを含む文字列がスペースの手前で切られてしまいます。
C:\Program Filesなどを入力可能にさせたい場合にはどのようにするのがベターですか?

Aベストアンサー

お任せください!
そもそもscanfを使うというのはお勧めでは
ありません。scanfは文字+改行文字が入力
されないと完了しないためです。
が、それは良しとしましょう。
scanfの書式ですが、

int n = scanf("%[^\r\n]",buf);

という便利な書式があります。
perlでもおなじみの書式ですね。
上記の山文字"^"より前が読み込ませたい文字の集まりで、ハイフン指定が出来ます。
"^"より後ろが読込みを停止させたい文字の集まりです。上記の指定は復帰改行以外の文字が現れるまで読み込みます、という書式です。
下記のような指定も出来ます。

int n = scanf("%[a-zA-Z0-9\\: \t^\r\n]",buf);

なお、戻り値は読み込んだ項目数ですので、
if(n >= 1)
{
}
で判断できますね。

QC言語で、入力された、文字列を逆に並べるプログラム。

タイトルのとおりのプログラムをつくりたいんです。
例えば、abcと入力したら、cbaと返してくれるものです。
条件として、ポインタを使えと言われています。
自分で書いたソースは、

0: #include<stdio.h>
1: char re(char *s);
2: main()
3: {
4:char s[10];
5:gets(s);
6:re(s);
7:printf("%s\n",s);
8: }
9:
10: char re(char *s){
11:char c[10];
12:
13:c[9]=s[0];
14:c[8]=s[1];
15:c[7]=s[2];
16:c[6]=s[3];
17:c[5]=s[4];
18:c[4]=s[5];
19:c[3]=s[6];
20:c[2]=s[7];
21:c[1]=s[8];
22:c[0]=s[9];
23:
24:return c[10];
}

C言語を勉強し始めたばかりで、なかなか思うようにかけないでいます。
文字列を入力するのは、4行目~7行目で大丈夫だと思うんですよ。
文字列を逆に並べる、関数 re(char *s)を作れずにいます。
配列s[10]に入っている、文字を最後から取り出して、c[10]にいれていけば、ひっくり返ると思っているんですが、作れません。
13行~21行目の作業も、whileかforでループさせるべきなのもわかってるんですが、条件をどうしたらいいか分からずに作れずにいます。今のソースのまま実行しても、入力したまま出力してしまいます。
さらに、ポインタも今日はじめて勉強して、うっすらと知ってるくらいなので、アドレスとかが、イメージできないでいます。
ながくなってすいません。アドバイスいただきたいです。よろしくおねがいします。

タイトルのとおりのプログラムをつくりたいんです。
例えば、abcと入力したら、cbaと返してくれるものです。
条件として、ポインタを使えと言われています。
自分で書いたソースは、

0: #include<stdio.h>
1: char re(char *s);
2: main()
3: {
4:char s[10];
5:gets(s);
6:re(s);
7:printf("%s\n",s);
8: }
9:
10: char re(char *s){
11:char c[10];
12:
13:c[9]=s[0];
14:c[8]=s[1];
15:c[7]=s[2];
16:c[6]=s[3];
17:c[5]=s[4];
18:c[4]=s[5];
19:c[3]=s[6];
20:c[2]=s[7];...続きを読む

Aベストアンサー

char re(char *s) → void re(char *s)に変更して。

void re(char *s)
{
 char *p;
 p=s+strlen(s)-1;
 while(s<p){
  c=*s;
  *s=*p;
  *p=c;
  s++;
  p--;
 }
}

これでどうでしょうか? pの初期値は末尾の文字の位置です。
先頭と末尾の文字を順番に入れ替えながら内側に進めます。

QC言語 exitの使い方

exit(0)とexit(1)の使い分けが理解できなくて困っています。
1と0では真・偽正反対の意味だと思ってしまいます。
return 0 は正常終了。return -1は異常終了と覚えているのですが、exitの場合はどう使い分けているのでしょうか?なにか決まりがあるのでしょうか?
すみませんが、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

慣用的に、
正常終了ならexit(0);
異常終了ならexit(1);
としています。

exit(x);とreturn x;
は、同じ意味となります。
(C言語の規格で、main()からreturnする終了は、
exitの終了と同等となっている)

正常終了ならexit(0);もしくはreturn 0;は意見が分かれないと思います。
問題は、異常終了の時1とするか-1とするかですが、
これはどっちでもいいです。
気になるなら、stdlib.hで定義されているEXIT_FAILUREマクロを使って、
exit(EXIT_FAILURE);
とすればいいでしょう。
エラーの種類によって値を変えてもいいし。

ところで、exit(0);とexit(1);の違いですが、
Windowsの場合、実はあまり意味がありません。
この値は、バッチファイルの中でエラーレベルとして
取得されます(詳細は略)。
昔のプログラムの中には、
エラーレベルの値によってバッチファイルに情報を伝えるというものがありました。
しかし現在はバッチファイルの使用は少なくなってきており、
終了時に0を指定使用が1を指定しようが、
その値を利用されることがほとんどありません。
ただ、なんとなく、正常終了ならエラーレベル0、以上ならそれ以外、としています。

UNIXやLinuxで、コンソールで動くツールならば、
利用される場面はあります。
(「終了ステータス」として、シェル(.shや.csh)の中で使えます)

慣用的に、
正常終了ならexit(0);
異常終了ならexit(1);
としています。

exit(x);とreturn x;
は、同じ意味となります。
(C言語の規格で、main()からreturnする終了は、
exitの終了と同等となっている)

正常終了ならexit(0);もしくはreturn 0;は意見が分かれないと思います。
問題は、異常終了の時1とするか-1とするかですが、
これはどっちでもいいです。
気になるなら、stdlib.hで定義されているEXIT_FAILUREマクロを使って、
exit(EXIT_FAILURE);
とすればいいでしょう。
エラーの種類によっ...続きを読む

Q三角関数の記述の仕方

タイトルそのまんまなんですが、三角関数はC言語ではどのように記述すればいいでしょうか?
角度にラジアン表記でπ(パイ)を使いたいんですが、その表記方法もわかりません。
僕の持っている本に載ってなかったので質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

C言語で三角関数を使うためには、math.h をインクルードする必要があります。使い方は例えば、こんな感じです。

#define M_PI 3.14159265358979 /* 円周率 */

double x, y, theta;

theta = M_PI / 4.0;
x = cos(theta); /* sin,cos,tanの引数は弧度法の角度です。*/
y = sin(theta);

πは上記の例のように自分で定義して使ってください。

Q戻り値の意味がわかりません…

戻り値とはどういう値なのか簡単な例文で教えて頂けますか?

Aベストアンサー

バカくさいかもしれませんが簡単な例えをだしてみます。
2人の子供がいて、名前をそれぞれ太郎・花子にしましょう。この2人の子にある役割を決めます。
・花子は飴をもらうと、それをチョコにする役割。(できるかは別として)
・太郎は花子を呼んで飴をあげる役割。

さてこの例では太郎の飴が引数(ひきすう)になり
花子のチョコが戻り値になります。

このイメージを元に次の文を読んでみてください。

「プログラム中の関数やサブルーチンが処理を終了し
呼び出し元に処理の結果として返す値。」

これが戻り値の正しい定義です。
そのほかにはNo1さんのような役割指すときも、それを「戻り値」と呼んだりします。

Q統計量の意味と例って??

統計学の授業でタイトルの問題を200字程度でまとめろと問題でたんですが、統計量の意味はなんとなくわかるんですが、例をあげると言うのがよく意味がわかりません。。。例を聞く用語じゃない気がするんですが。。。どうしたらいいかわかりません。。。

例わかるかた回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

統計量とは標本(データ)の関数で未知母数(パラメータ)を含まないもの全てを指します。これらのうち、ある帰無仮説の下での分布が判るものを検定統計量と言い、帰無仮説を統計的に仮説検定する際に用いられます。すなわち、帰無仮説の下での検定統計量の期待値からのズレが帰無仮説と標本との乖離の程度を示していると言えます。

標本そのものも統計量ですし、標本和や標本の二乗和、同じことですが標本平均、標本分散、標本の最大値や最小値、t検定に用いられるt統計量やχ2乗検定に用いられるχ2乗統計量など例を挙げればきりがありません。

蛇足ですが、標本に仮定した分布の母数の推定に関して、全ての標本と比較してその情報量が変わらない統計量を十分統計量と言います。即ちある母数を推定するのに、全ての標本の値が揃わなくても、その統計量の値があれば推定に支障がないようなものです。逆に言えば全ての標本から、母数の推定に関して余分な情報を落としたものが十分統計量であるとも言えます。
例えば母平均と母分散が共に未知の正規分布では標本和と標本の二乗和(もしくは標本平均と標本分散)が、2項分布では標本和が、一様分布では標本の最小値と最大値が十分統計量になります。

統計量とは標本(データ)の関数で未知母数(パラメータ)を含まないもの全てを指します。これらのうち、ある帰無仮説の下での分布が判るものを検定統計量と言い、帰無仮説を統計的に仮説検定する際に用いられます。すなわち、帰無仮説の下での検定統計量の期待値からのズレが帰無仮説と標本との乖離の程度を示していると言えます。

標本そのものも統計量ですし、標本和や標本の二乗和、同じことですが標本平均、標本分散、標本の最大値や最小値、t検定に用いられるt統計量やχ2乗検定に用いられるχ2乗統計量な...続きを読む

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。


人気Q&Aランキング