池波正太郎の作品の中で幕末・新撰組がテーマの作品を探してます。特に下記の作品を読みたいのですがなかなか見つかりません。
    
・『色』/『龍尾の剣』(短編小説)
・『剣士伊庭八郎』(短編か長編かわかりません)

これらの作品は文庫本などに収録されていないのでしょうか?何かご存知の方教えてください。

  

A 回答 (3件)

『色』/『龍尾の剣』(短編小説)は、新潮文庫の「上意討ち」に収録されています。

    • good
    • 0

『色』/『龍尾の剣』(短編小説)は、下記の小説集に


入っています。

【完本 池波正太郎大成 24 時代小説 短編 一】
amazonで調べますと、定価は7800円で入手可能です。

『剣士伊庭八郎』は
【幕末遊撃隊】集英社文庫にはいっていますね。
amazonで486円で入手可能です。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/gorozo/ikenami/books/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chihiro0304サン、jakyyサン情報ありがとうございました。早速『幕末遊撃隊』を購入しました。池波正太郎の新撰組隊士以外の幕末物は初めてなので楽しみです。

お礼日時:2003/07/02 23:15

『色』は「池波正太郎作品集8」に入っているようです。


http://www.easyseek.net/item/9982202/
↑EASYSEEKでの検索結果です。amazonでは見つかりませんでした。yahoo!ブックスで調べたところ絶版になっているようです。

『龍尾の剣』についてはどうしてもわかりませんでした。お力になれずすみません…。

『剣士伊庭八郎』の方は「幕末遊撃隊」という本で読めるみたいですよ。一番安いのは集英社文庫のやつですね。
http://search.easyseek.net/search/index.php3?_dm …
↑EASYSEEKでの検索結果です。中古本が出品されています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …
↑amazonでの検索結果です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文庫本小説 短編集と長編のみわけかた

文庫本の短編集と長編小説の簡単な手っ取り早い見分けかたを教えてください。

長編かと思って読んでたら短編だったり(>_<)慌てて買うからいけないんだと思いますが。

Aベストアンサー

多分画一的な方法はないと思います。

大まかには目次を見て1話、2話(章)……などとなっていれば長編、番号がなくただタイトルだけが並んでいれば短編が多いとは思います。

ただ登場人物が同じで1話完結の短編集などだと1話、2話……となっていたりするので一概には言えないですね。

Q最初短編で発表されて後に長編に書きなおされた小説を教えてください

エンターティンメントの小説がよいです。
そのようなものでお勧めがありましたらお教えください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

レイモンド・チャンドラーはどうでしょう?

◎「長いお別れ」
   元は「カーテン」という短編。
◎「大いなる眠り」
   元は「雨の殺人者」という短編。

チャンドラーは短編→長編という手法や短編(習作)同士を組み合わせて一編の長編に仕上げたりすることがよくあります。

Q長編・短編の定義と新書について

よく、「長編」「短編」って聞きますが、具体的に何ページ以上は長編で何ページ以下は短編っていう基準はあるのですか?

あと、「新書」はなんで(古くなっても)新書という呼び方をするのかご存知の方教えてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

以前にも新書についての質問に回答として書いたことなんですが、
昭和10年代に岩波書店が風雲急を告げる時局について考え、解説する、コンテポラリな話題を取り上げるシリーズを発刊することにしました。そして内容・サイズ・体裁など英国のペリカンブックスというシリーズに範を取ったのですが、その際岩波文庫が古典を主としているのに対して、こちらは時代に副った新しい話題をとりあげるシリーズという意味で「岩波新書」と名付けたわけです。
戦後各社が同様のサイズのシリーズを発刊するようになり、内容の如何に関わらず「新書」という名前を踏襲したわけです。
しかし現在でも「新」しい話題を取り上げた「書」き下ろし(小説でも)という色合いは残っていますね。

Qライトノベルのお勧め長編作品を教えてください。

ライトノベルのお勧め長編作品を教えてください。

・8冊ぐらい、もしくはそれ以上の巻数がでている、3冊ぐらいでもOK
・ファンタジー、SF風な世界観の冒険もの
・でも現代ものでも学園ものでもイケます
・ラブコメの要素がある
・女の子が可愛い
・男の子が可愛くてOK
・文章があまり癖がなく、読みやすい
・展開が上手くて、とにかく続きが気になり、途中でやめられない
・できれば既に完結しているシリーズ

上記のいい加減な条件にあてはまってても、あてはまってなくても構いません
ライトノベルでなくても構いません
とにかく面白くてがっつり読める長編シリーズを教えてください

Aベストアンサー

自分も川上稔先生の「終わりのクロニクル」全14冊を超お勧めします

正直これ以上に質問者様の希望に合致したラノベを上げるのが難しいです

ファンタジーかつSFかつ現代学園ものかつラブコメあり女の子も男の子も可愛く
展開が素晴らしく続きが気になり途中でやめられなく、完結している
唯一の難点は一冊一冊が分厚すぎて読んでいて手が疲れる位でしょうか

伏線の張り方が上手すぎて感動を覚えるくらいです1巻から匂わされていた伏線が13巻で
見事に(本当に見事すぎて、今までヒントがあったのに気づかなかった自分に唖然としました)
回収される様はそれだけで一読の価値ありです。

今は境界線上のホライゾンを書かれていますが、こちらもお勧めです
現在6冊まで発売中で9月に7冊目(正式な巻数表記では3の下ですが)が発売予定で
自分は楽しみで楽しみでしょうがありません

是非是非お勧めしますので、一読をお願い致します

あとは「デルフィニア戦記」と「卵王子カイルロッドの苦難」もお勧めします。
両方とも完結済みのラノベで傑作ですのでラノベ好きなら躊躇無くお勧め出来る作品です

以上です

自分も川上稔先生の「終わりのクロニクル」全14冊を超お勧めします

正直これ以上に質問者様の希望に合致したラノベを上げるのが難しいです

ファンタジーかつSFかつ現代学園ものかつラブコメあり女の子も男の子も可愛く
展開が素晴らしく続きが気になり途中でやめられなく、完結している
唯一の難点は一冊一冊が分厚すぎて読んでいて手が疲れる位でしょうか

伏線の張り方が上手すぎて感動を覚えるくらいです1巻から匂わされていた伏線が13巻で
見事に(本当に見事すぎて、今までヒントがあったのに気づかなかった...続きを読む

Qラノベのおすすめの短編作品はありますか?

電撃大賞 短編に応募しようかと思っています。
ただよく考えたらラノベで短編作品ってあんまり読んだことないんですよね。
短編作品で名作って呼ばれるようなものやおすすめのものがあったら教えてください。

ここで僕が言っている短編作品というのは文庫本で30~60ページくらいの作品で、長編作品の本編からのスピンアウト作品でないものです。30~60ページのうちで独立&完結している作品ですね。

Aベストアンサー

『ある日、爆弾が落ちてきて』(古橋秀之著 2005年 電撃文庫)
全7編を収録した作品で、それぞれの話にもつながりの無い完全な短編集です。評判もかなりよいと思います。

『隙間女(幅広)』(丸山英人著 2010年 電撃文庫)
全5編を収録した短編集で、それぞれ、都市伝説をモチーフとしている、というところと、一部に共通する人物は登場するものの、各編のつながりはない、という短編集です。


『独創短編 野崎まど劇場』(野崎まど著 2012年 電撃文庫)
最早、小説と言ってよいかどうかもわからないものも多いのですが……。各編10頁程度のショートショート集です。
……かなりクセの強い作品集ですが。


個人的に、同じキャラクターが登場する「連作短編」の形になっているものは知っていますが(前の回答者様が仰っている『しにがみのバラッド。』など)、各編が独立した、文字通りの短編として刊行されているものは、私が知る限りでは、このくらいですね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報