昭和五十年代の小学生向けの本、ご存知のかた教えて下さい。
(1)小学生向け゛万葉集ものがたり”?日本画家のかたが描くようなさらりとした挿し絵がきれいでした。四六判フランス装?
(2)小学生向け日本文学のシリーズ。えんじ色の本で、出版社がわかりません。漱石、芥川、井上靖、下村湖人、獅子文六「悦っちゃん」などを読みました。
お心当たりのかた、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(2)に対する回答になりますが・・・・懐かしい!!


えんじ色の日本文学作品集、私も小学校の図書室でよく読んでいました。

たまたま数週間前に偶然に数冊みかけて、「ああ、これこれ!」と思わず同行者の友人に声をかけてしまったのですが、その時の記憶では偕成社だったような気がいたします。
検索してひっかかったのは「ジュニア版日本文学名作選」なのですがいかがでしょうか?
こちらに作品リストがございます↓
http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fT …
「母のない子と子のない母と」や「子供の四季」などはえんじ色の本で読んだような気がするのですが・・・・。

参考URL:http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fT …

この回答への補足

調査に必要な肝心な点、忘れていました。→゛函入りではなかった。”(すみません!)

補足日時:2010/05/12 14:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々調べていただき、ありがとうございます。偕成社の函入りですね?表紙が味わい深いです。…ただ残念ながら、これではありません。(涙…)
諸事情により現在パソコンが使用できず、自分でも調べてみたのですが、集英社の゛ジュニア版日本の文学”かもしれないと思いました。「路傍の石」や堀辰雄「風立ちぬ」が入っているので。画像が確認できないのですが…。
壺井栄「二十四の瞳」も読みました。坪田譲治は、私が読んだ出版社のに入っていたか記憶にないのですが、懐かしいです。大おじに、誕生日などに私がリクエストした作品を一冊ずつプレゼントしてもらったりしていたので、全て読んではいないのです。
偕成社のものも機会があったら図書館で見てみたいです。上野の子供図書館も行ってみたいと思いつつ、機会を逃しています。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/12 14:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアムールとアモーレどう違いますか?

アムールとアモーレはどう違いますか?

またアムール川は愛の川という意味でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アモル(Amor)というラテン語があります。「愛の神」を意味し、クピド(一般にはキューピッドとも)としても知られます。

フランス語のアムール(amour)、イタリア語のアモーレ(amore)は、ともに「愛」「愛情」を意味し、上述のラテン語に由来します。いずれも英語ではありません。

ロシア語にもアムール(amur。ラテン文字に転写)という単語があって、「情事」といった俗語として使われた歴史があり、これもラテン語のアモルに由来するものでしょう。

アムール(Amur。同じつづりです)川については、(私の手もとの資料では)語源が不明ですが、「黒い川」とする#1のご回答は正しいかと思われます。ロシアと中国の国境を流れるこの川は、中国語で、黒龍(竜)江あるいは黒河と呼ばれています。

Q読書感想文が書きやすい作品(芥川龍之介or夏目漱石)

読書感想文が書きやすい作品(芥川龍之介or夏目漱石)
芥川龍之介or夏目漱石の作品で読書感想文に適したものはなにかありますか?
(地獄変と杜子春と羅生門と蜘蛛の糸と鼻とこころと吾輩は猫である以外で)
あと長さは地獄変ぐらいのものがいいです。
ちなみに僕は中2です。
注文が多くて申し訳ないのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

このお二人の作であれば随筆でも良いのでしょうか?

夏目漱石に「硝子戸の中」(ガラスどのうち)と云うものがあります。岩波の全集には入っていますから図書館等で借りてくれば良いでしょう。岩波文庫や新潮文庫にも入っていますし、青空文庫でも読む事が出来ます。病後の自宅静養を余儀なくさせられた著者がその中で起こった色々の事を書いていったものですから、読書感想文としてはその中の著者の意見に共感するようの事や逆にこれは納得せないと云うものを挙げて自分意見を交えながら書いて行けば10枚や20枚位は書けると思います。
ただ、昔の生活を少しも知らないと全然わからない事も出てくるかと思います。御自身で御調べに成れば良いのですがどうしてもわからない場合はここで質問すれば良いかと思います。

芥川龍之介の「侏儒の言葉」も良いのですが、中二では少し難しいと思います。

ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/card760.html

Qシベリアアムール川流域から発見された土器

皆様、いつもお世話になっております。

シベリアアムール川流域から発見された土器(約13000年前のもの)は、ある文献によりますと中石器時代、他の文献によりますと新石器時代となっています。

以下は又聞きしたもので確信はありませんが。
ヨーロッパの考古学会: 土器が使用されていても、農耕牧畜が始まっていなければ中石器時代。
土器の使用、農耕牧畜が全て揃って新石器時代。(農耕牧畜が節目)
ロシア、ウクライナの考古学会: 土器が使用されていれば、農耕牧畜が始まっていなくても新石器時代。(土器の使用が節目)

となると、アムール川流域から発見された土器はどの時代区分に入るのでしょうか?
やはり学者によって意見が違うものでしょうか?
皆様のご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

アムール川って黒竜江だよ。

文化圏としては極東に属す目のだから、それにヨーロッパ、ロシアやウクライナの基準を適用すること自体、話にならないでしょ。
適用するなら、中国北方との関係です。
http://www.ne.jp/asahi/koiwa/hakkei/tyugogusi2.html

Q戦争を題材にしたお話(小学低学年向け)

小学3年生の息子が国語の授業で「ちいちゃんのかげおくり」という戦争を題材にした話を勉強しています。教科書に目を通すと最後に「ほかにも戦争を題材とした話を読んでみよう」とありました。
最近、日本が急激に有事(戦時)に近づいているようで怖いのです。どれだけ理解できるか分かりませんが、戦争が大好きな家族を奪い、全ての人間の幸せを壊すものであることを伝えるのが親の責任と思います。戦争の愚かさ、悲惨さ、国民が戦時にどのように洗脳されて(鈍化されて)いったかなど、子どもに分かりやすく書かれた短い作品があれば教えてください。
なお、「かわいそうなぞう」「一つの花」などの有名な作品以外で、あと、ファシズムを描いた「茶色の朝」も気になっていたので買っちゃいました(ああ、こんなふうに真綿で首を絞められるように巻き込まれていくのは嫌だなあと、ぞっとした)
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

被爆地に生まれたので小さい頃から戦争ものの話はいくつか読んできましたが、小学三年生ということであれば…(核・原爆に偏ってしまってすみません)

「ひろしまのピカ」(原爆について書いた絵本です、絵本ですので読みやすいですが、感受性の強いお子さんには挿絵が怖いかもしれません)

「はだしのゲン」(これも原爆を題材にした有名なマンガです。私の小学校の図書館では常に借りられっぱなしの人気図書でした。ただ、これもちょっと怖いところや生々しいところがあります。)

「折り鶴の少女」被爆して小学5年生で亡くなった佐々木貞子さんのお話です。

「風が吹くとき」レイモンド・ブリッグズ作。絵本のような、マンガのような作品。イギリスで核に無知な夫婦が被爆してだんだん体が蝕まれてゆく様子を淡々と描いています。ほのぼのとした絵のタッチが逆に憐れみを誘います。

「23分間の奇跡」洗脳についてこれほど分かりやすく書かれていて、かつ子どもでも読める本は他にないと思います。

Qアムールヒョウ(シベリアヒョウ)の毛皮について

アムールヒョウ(シベリアヒョウ)の毛皮について

現在では世界で30頭前後(日本の動物園にも数等います)しか生存しない絶滅危惧種だそうですが、
最高級の毛皮として珍重され、そのためシベリアでも数十年前までは乱獲されていたようです。
その頃限られたセレブリティ達が確かに所有していたようですが、
毛皮店やインターネットでも販売されていることもなく、
アムールヒョウの毛皮になった状態での写真や資料も見たことがありません。

毛皮を実際に扱われている方さえ見たことがないようなものらしく、
情報も極端に少ないため、もしご存知の方がいらっしゃいましたら、
それをどこで見ることができるのか、
またどれだけの価値があるものなのか等、
ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えいただけましたら幸いです。

毛皮については様々な立場があると思いますが、
純粋にアムールヒョウの毛皮についての情報をお教えいただけますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」
により、
第十二条  希少野生動植物種の個体等は、譲渡し若しくは譲受け又は引渡し若しくは引取り(以下「譲渡し等」という。)をしてはならない。

これは、個体、器官、加工品に適応されますので、取引をすることは禁じられています。 国内への持込も禁止されていますので、合法的に個人的に手に入れることはできません。 (ので値段的な価値はつけられません。)

Q小学2年生向けのお薦めの童話集などありましたら宜しくお願いします。

子供の頃、姉からよく童話を呼んで貰いながら夜、寝ていました。とても寝つきがよくなり、今となっては懐かしい思い出です。

その本をずっと探しているんですけども、全く見つかりません。本のタイトルは「二年生の童話」だったと思います。どこの出版社かもわかりません。単行本で、表紙カバーは無く、単行本の表紙には6マスにそれぞれ絵がついていて、月と女の子の絵や老眼鏡のおばあさんが針仕事をしてる絵でした。その本には、数々の有名作家の童話が収録されていて、新美南吉「ひとつの火」おきのいわさぶろう「カラスと水車」はまだひろすけ「ねつのでたばん」…など、巻末には全国の小学生の読書感想文が掲載されていました。どれも明治か大正時代の古いお話でした。

これと同じ本はもう見つからないとしても、明治・大正・昭和初期の時代設定の古い小学2年生向けの童話集で何か良い物があれば教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

こんにちは。

私も子供のころ「はまだひろすけ童話集」を読んでいたので、懐かしく思い、調べてみました。「二年生の童話」は、金の星社から昭和34年に出た本で、内容は以下の通りです。

からすとみずぐるま(沖野岩三郎)/ぶらんこはゆれる(徳永寿美子)/ねつのでたばん(浜田廣介)/あたらしいつくえ(槇本楠郎)/ちょうちょと牛のはなし(武田雪夫)/まいごの子ぶた(奈街三郎)/花ばたけ(水谷まさる)/しろい花とあかい花(岡本良雄)/においのくにへ ひかりのくにへ(島崎藤村)/ひとつのひ(新美南吉)/つきよのきつね(二反長半)/青いさかな(柴野民三)/かにとごむにんぎょう(茶木滋)/お日さまのことば(松原至大)/ころげたやしのみ(加藤てる緒)/とうだいのおじいさん(宮脇紀雄)/にじとかに(坪田譲治)/男のおかあさん(相馬御風)/善吉くんのおつかい(渋沢青花)/なきむしうさぎ(大木雄二)/とけいの中(平塚武二)/きりぎりすと足(北村寿夫)/ゆうやけぞらのがん(酒井朝彦)/かみどこやのだいこんさん(村山籌子)/月とのりもの(塚原健二郎)/とばしたたこ(土家由岐雄)/三ちゃんのぼうえんきょう(武内俊子)/ゆきにんぎょう(西山敏夫)/花をうる子(川崎大治)/きたかぜはさむくない(佐藤義美)/とけい(細川武子)/春よこいこい(北川千代)/きくの花としゃぼんだま(小川未明)

書籍としてはさすがに入手不可能なようです。古書で同じ出版社の同名の本が出ていましたが、出版年と内容が違いました。ただこの本は、国立国会図書館がすでにデジタル化しています。地元の図書館で複写が可能なはずです。一冊丸ごとの複写が可能かどうかはわかりませんが、お問い合わせになってみたらいかがでしょうか。

「二年生の童話」
国立国会図書館 書誌情報(「目次・巻号」をクリックすると、内容が確認できます)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1638694

複写可能な図書館
http://dl.ndl.go.jp/ja/soshin_librarylist.html

また、国立国会図書館のホームページには、パソコンで直接閲覧できるデジタルコレクションもありますが、そこで「金の星社」の書籍を検索すると、当時の児童書がたくさん出てくるので、読むことも印刷することもできます(ここに出ている「二年生の童話」は、お探しのものとはちがう書籍で、昭和5年刊のものです)。

http://dl.ndl.go.jp/search/searchResult?reshowFlg=1&viewRestrictedList=0&detailSearchTypeNo=T0&publisher=%E9%87%91%E3%81%AE%E6%98%9F%E7%A4%BE&rows=20

このころの児童文学作家と言えば、浜田広助、小川未明、坪田譲二、新見南吉、鈴木三重吉などが特に有名だと思います。ほかの作者のものは、国立国会図書館以外での入手は難しいと思いますが、この作家たちの作品なら、今でも書籍として入手できます。手軽なところでは、文庫版でだいたい出ており、「小川未明童話集」は私も持っています。

小川未明童話集 新潮文庫
鈴木三重吉童話集 岩波文庫
新見南吉童話集 岩波文庫
浜田廣介童話集 ハルキ文庫

文庫以外では、たとえば、

風の中の子供(坪田譲治名作選)小峰書店
赤いろうそくと人魚(21世紀版・少年少女日本文学館)講談社(浜田広助、小川未明、坪田譲二の代表作)
http://www.ehonnavi.net/ehon/37955/%E8%B5%A4%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%86%E3%81%9D%E3%81%8F%E3%81%A8%E4%BA%BA%E9%AD%9A/

など。

あとは、それぞれの作家名をアマゾンの検索に掛けると、絵入りの児童書などがたくさんあります。

なお、「二年生の童話」に収録されている作家のうち、著作権の切れている人の作品は、「青空文庫」でも読むことができます。

小川未明
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1475.html#sakuhin_list_1

新見南吉
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person121.html#sakuhin_list_1

鈴木三重吉
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person107.html#sakuhin_list_1

沖野岩三郎
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1180.html#sakuhin_list_1

槇本楠郎
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1175.html#sakuhin_list_1

村山籌子
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1172.html#sakuhin_list_1

以上、御参考まで。

こんにちは。

私も子供のころ「はまだひろすけ童話集」を読んでいたので、懐かしく思い、調べてみました。「二年生の童話」は、金の星社から昭和34年に出た本で、内容は以下の通りです。

からすとみずぐるま(沖野岩三郎)/ぶらんこはゆれる(徳永寿美子)/ねつのでたばん(浜田廣介)/あたらしいつくえ(槇本楠郎)/ちょうちょと牛のはなし(武田雪夫)/まいごの子ぶた(奈街三郎)/花ばたけ(水谷まさる)/しろい花とあかい花(岡本良雄)/においのくにへ ひかりのくにへ(島崎藤村)/ひとつの...続きを読む

Q「マイ・シェリー・アムール」を歌う女性歌手を教えてください

マイ・シェリー・アムールという曲を歌っている女性歌手を探しております。

スティービー・ワンダーのものしか見つけられず(コレはコレでよかったです)女性が歌っているものが知りたいなと思っております。海外サイトでも検索したのですが、見つけることができませんでした。

可愛らしく、フランス語っぽいボサノバ調で歌っております。
女性歌手です。

これだけしかわかりませんが、歌手名、及び収録されているCDなどが分かる方いらっしゃれば教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

クレモンティーヌではないでしょうか?

『a suivre-The very best of Clementine』 (1996/11/11)に「マイ・シェリー・アムール」が収録されています。

http://www.inter-record.com/personal/pickup05.html

Q小学5年の男子向けの本

ゲームばかりの息子に海底二万里を読ませたところ、とても喜んで読んでくれています。
そろそろ読み終わりそうなので、次に読ませる本を探しています。
どうやら冒険小説がよさそうです、または宇宙もの。
どなたかお勧めの本を教えてください。

Aベストアンサー

エミリー・ロッダの『デルトラ・クエスト』(岩崎書店)がおすすめです。
ほかにも、岩崎書店のSF名作コレクションなどいかがでしょうか。
Amazonで、絵本・児童書のジャンルで、子供向けの書店名(岩崎書店、ポプラ社、講談社、金の星社など)で検索すると、学年別で該当学年向けの本が数多く紹介されています。

Qイマージュ アムールの曲について<どうしても知りたいです!!>

image d'amour(イマージュ アムール)のトラック17で、羽毛田丈史with木村 大、小松亮太、ゴンチチ、葉加瀬太郎、宮本文昭&ヤドランカさんらが演奏されている曲が、とても気に入っています。
これは、マスカーニのオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」の交響的間奏曲を羽毛田丈史がこのアルバム用にアレンジしたヴァージョンだそうですが、どこかでこの曲を歌詞付きでカバー(確か日本語:英語のポップスとかでも可)しているのを聴いたことがあるのです。
しっている方がいらっしゃれば、ぜひお教え下さい。

Aベストアンサー

増田いずみさんという方が歌っていらっしゃるのがありますよ。

『ヒール・マイ・ハート』という曲です。

参考URL:http://www.jvcmusic.co.jp/masuda/

Q万葉集について

次の万葉集の口語訳をお願いします

命をし 幸くよけむと 石ばしる 垂水の水を むすびて飲みつ

お願いします

Aベストアンサー

巻7の1142番ですね。

「命が末永く幸せであれと願って、滝の水を手にすくって飲みました」

手にすくって飲むというのは長寿を祈るおまじないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報