人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

「自立支援医療受給者証」がもうじき期限切れです。更新するにはどうしたらいいのでしょうか?また、どれくらいの期間がかかるのでしょうか?そもそも障害者手帳3級で障害年金2級の私に受ける資格はあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

自立支援医療制度とは、治療費などの自己負担額を軽減する制度みたいですね。


精神通院医療、更生医療、育成医療と対象者が分かれているみたいです。

【自立支援医療制度の概要 |厚生労働省】
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/ …

A 回答 (2件)

自立支援医療(精神通院)の更新においては、以下の書類を市区町村の窓口に提出してください。


(1)自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書<市区町村の窓口にあります>
(2)自立支援医療(精神通院)診断書<都道府県指定の様式。市区町村の窓口にあります>
 精神保健福祉法指定医または精神科医である主治医に書いてもらってください。
(3)世帯を証明することのできる書類<同一の医療保険に入る人たちが1つの「世帯」です>
 ・医療保険の被保険者証の写し(健康保険証など)
(4)世帯の所得が確認できる書類<自己負担区分を決めるための所得区分の確認に使われます>
 ・生活保護などを受けているとき‥‥福祉事務所の証明書・保護決定通知書の写しなど
 ・市民税非課税世帯のとき‥‥非課税証明書・標準負担額減額認定書など
 ・その他一般のとき‥‥市民税の課税証明書

自立支援医療(精神通院)の受給者証の有効期限開始日が平成22年4月1日よりも後となっている更新申請のときは、診断書の提出が「2年に1度」となった(平成22年4月1日から改正して適用)ので、今回の診断書の提出は、原則として不要です(次回の更新のときは、提出が必要です)。
有効期限を過ぎてしまってから手続きをすると、診断書が必要となります。
更新手続は、有効期限の切れる3か月前から行うことができます。
なお、自立支援医療(精神通院)の受給者証の有効期限は1年間なので、更新手続そのものは毎年必要です。

そのほか、自立支援医療(精神通院)受給者証と精神障害者保健福祉手帳の有効期限の終了日を合わせることもできるようになりました。
精神障害者保健福祉手帳(有効期限は2年)の有効期限の残りが1年未満であるときに限って、本人が承諾書を出すことによって、自立支援医療(精神通院)受給者証の有効期間(1年)を短くして、手帳の有効期限の終了日と合わせるようにできます。
これにより、次回以降、自立支援医療(精神通院)と手帳とを同時申請できます。

申請手続後、概ね、遅くとも1か月以内には受給者証が手渡されます。
なお、自立支援医療(精神通院)と精神障害者保健福祉手帳、障害年金(精神の障害)それぞれには、相互の連繋関係はありません(障害認定基準が違うからです)。
但し、障害年金(精神の障害)の級が明らかになっているとき、手帳の級のほうが下のときは、手帳の級を障害年金の級に合わせて上げることができるので、手帳の級を上げてもらう手続きを行なって下さい。

<参考>
年金証書等の写しによる精神障害者保健福祉手帳の障害等級の認定事務について
(平成7年9月28日 健医精発第59号通知・厚生省保健医療局精神保健課長)
精神障害者保健福祉手帳の交付又は更新の認定に当たり、精神障害を支給事由とする年金たる給付を受けている者が年金証書等の写しを添付して申請を行う場合の障害等級の認定事務については、(中略)年金1級であれば手帳1級、年金2級であれば手帳2級、年金3級であれば手帳3級とする。

参考URL:http://maroon.typepad.com/my_blog/
    • good
    • 11

役場で障害者の相談を担当する人に質問すれば詳しく教えてくれるはずです。

明日の朝にでも役場に行って相談しましょう。
    • good
    • 8

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q障害年金の更新は何年置きですか?

うつ病で障害年金2級を受けて6年になります。
2年に1回診断書を提出して更新していますが、
5年に1回という人もいます。この違いは
どのような理由から来る物なのですか?

Aベストアンサー

遅くなりましてもうしわけありません。
友人がつかまったので、話を詳しく聞いてみました。
1つに、地方自治体の問題があります。
地方自治体によって多少の差があるのだそうです。
例えば、高知県では更新の際に所得証明書は必要ありません。しかし私のいる北海道では所得証明書の提出を求められます。それと同じで、更新期間にもばらつきがあります。
補足説明を求める時間がなかったのですが、その5年に一回の提出で済んでいる人というのは同じ都道府県の人でしょうか?
2つ目はNO2の方と同じでした。
つまりその病気と程度によるということです。
この二つが主な原因として考えられるとの話だったのですが。

鬱病だとして5年に一回の更新は現実的にあったとしたらかなりずさんなんだそうです。
ここら辺をここに書くべきかどうか迷いました。
というのも、医者との信頼関係や、治療の妨げになる可能性があるからなんですけど。
三つ目の可能性です。
つまり彼女の話では、5年に一度の申請で済んでいる人は、医者の治療方針で鬱病と説明しているが、実際には別の病気なのではないかと思われる。という話でした。
例えば鬱病でも株で大もうけすることは現実的にできなくもない話です。
5年というスパンだと長すぎるので、その間に株で大もうけして長者番付に載ったとしましょう。
そうしたら年金は不正受給にあたります。
あくまで障害者年金は障害が理由で健常者のように働けない人を助けるものですし、来年から若干法律が変わるのですが、(障害者自立支援法というものです)障害者の自立支援には繋がらないからです。
5年のスパンだということは例えば(あくまで例えばですが)重度の統合失調症で予後は悪化もしくは現状維持と診断書に書かれているような場合はありえない話ではない。とのことでした。
この三つ目に関してですが、社会福祉士を目指している友人からお願いがあるそうです。
治療の妨げになる場合があるので、絶対にその5年に一回の更新者にはこのことを黙っていて欲しいということでした。
騙されていると知れば、当然医者との信頼関係は悪くなり、よくなるものもよくならない可能性が高いからです。
私からもどうぞ宜しくお願いいたします。

それではお互い寛解状態に入ることができますように。ご回復を祈って・・・・。

遅くなりましてもうしわけありません。
友人がつかまったので、話を詳しく聞いてみました。
1つに、地方自治体の問題があります。
地方自治体によって多少の差があるのだそうです。
例えば、高知県では更新の際に所得証明書は必要ありません。しかし私のいる北海道では所得証明書の提出を求められます。それと同じで、更新期間にもばらつきがあります。
補足説明を求める時間がなかったのですが、その5年に一回の提出で済んでいる人というのは同じ都道府県の人でしょうか?
2つ目はNO2の方と同じでした。...続きを読む

Q自立支援医療と手帳の更新日付

新規で自立支援医療 平成25年2月

新規で障害手帳 平成25年7月

手帳を申請の際、保健福祉センターの職員より更新日が別々だと
大変だから同時に合わせる事が可能だからそうしようかという話があり
お願いしたつもりでした。

手帳と同じで7月に自立支援の更新に行けばいいと軽く思っていまして
本日確認したら1月で失効していました。

本日、保健福祉センターへ確認にいったところ手続きが完了していないのは
私のせいだぐらいに言われ納得がいく説明はありませんでした。

素人が自立支援と手帳の日付と同じくし、簡素化できる話を聞いたことを
覚えている時点で依頼したバズだと思います。

7月の手帳申請の段階で自立支援をどう手続きをしていれば更新日が
同じになっていたのでしょうか?

Aベストアンサー

自立支援医療(精神通院)の受給者証の有効期限は、1年です。
あなたの場合には、平成25年2月から平成26年1月までが有効です。

一方、精神障害者保健福祉手帳の有効期限は、2年です。
あなたの場合には、平成25年7月から平成27年6月までが有効です。

精神障害者保健福祉手帳の有効期限の残りが1年未満であるときに限って、
本人が承諾書を出すことによって、
自立支援医療(精神通院)受給者証の有効期間(1年)を短くして、
手帳の有効期限の終了日と合わせるようにできます。
これによって、次回以降、自立支援医療(精神通院)と手帳とを、
同時に申請することができるようになります。

早い話が、その有効期限の終期をみたときに、
手帳の有効期限のほうが先に来る場合にのみ、短縮ができます。
つまり、終期があとに来る自立支援医療のほうを短縮して、
先に終期が来てしまう手帳のほうに合わせるわけです。

有効期限を短縮できるのは、自立支援医療(精神通院)の受給者証だけです。
手帳の有効期限を短縮することはできません。

参考 ‥‥ http://goo.gl/o2Yh6T

以上のことから、平成25年7月の手帳申請の時点では、
有効期限の残りが1年以上あるのですから、当然、短縮の対象とはならず、
自立支援医療(精神通院)も、精神障害者保健福祉手帳も、
有効期限はそのままです。

要は、短縮の手続きの対象とはならないので、センター職員の説明は誤りでした。
つまり、平成25年7月の時点では、短縮の手続きなどは何らできず、
通常の有効期限のままとなっているに過ぎません。
(要は、何1つできることはありませんでした。)

今回は、早急に、自立支援医療(精神通院)の受給者証を更新すべきです。
自立支援医療用の所定の診断書の提出を要します。
すると、仮に平成26年3月から有効になるとして、
有効期限は、平成27年2月までとなります。

手帳のほうの有効期限は、既に申し上げたとおり、平成27年6月です。
手帳の有効期限が、自立支援医療の有効期限よりもあとになってしまうので、
まだこの時点では、2つの更新の時期を合わせることができません。

したがって、さらにもう1度、自立支援医療(精神通院)の更新を行ない、
有効期限が平成27年3月から平成28年2月となったときに、
初めて、その有効期限を手帳と合わせることができるようになります。
このとき、平成28年2月⇒平成27年6月へと、
自立支援医療(精神通院)の受給者証の有効期限を短縮してもらうと、
以降、自立支援医療も手帳も、7月更新になります。
(このようなしくみ・カラクリは、意外なほど知られていません。)

短縮を申請するときには、有効期限が1年未満である手帳と、
「認定期間短縮にかかる承諾書(次回同時申請設定用)」を提出します。
この用紙は、お住まいの区市町村の担当課窓口にあります。
 

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5888403.html

自立支援医療(精神通院)の受給者証の有効期限は、1年です。
あなたの場合には、平成25年2月から平成26年1月までが有効です。

一方、精神障害者保健福祉手帳の有効期限は、2年です。
あなたの場合には、平成25年7月から平成27年6月までが有効です。

精神障害者保健福祉手帳の有効期限の残りが1年未満であるときに限って、
本人が承諾書を出すことによって、
自立支援医療(精神通院)受給者証の有効期間(1年)を短くして、
手帳の有効期限の終了日と合わせるようにできます。
これによって、...続きを読む

Q障害年金で無職なのに国民健康保険を支払うこと。

私は現在、精神障害者2級で無職で自立支援で病院に2500円を基本として支払っています。

無職で年金額は年間79万円ぐらいです。

でも区役所の調査書類に、昨年、「家族に食べさせてもらっていた」と書類に書いたところ、
毎月、国民健康保険料が、2300円か2800円引かれています。
びっくりします。医療費は3割負担で、ほかの病院にも通院しているので、年金だけでは赤字で苦しいです。

ときどき、母親が70歳で年金を受給していますが、私の医療費が足りないので、私のために借金をして、それが膨らんでいっています。とても不安です。

なぜ収入がないのに、障害年金から、国民健康保険料が、月に2300円か2800円も引かれなければならないのですか。区役所に抗議したほうがいいですか。

こんなに夜遅くなっても、将来が不安で眠くなりません。

ご存知の方、教えていただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

少なくとも、障害基礎年金2級を受給していて無職なら、国民年金保険料は無条件(所得と関係なし)で全額納付免除(法定免除)ですよ。
法定免除っていうのは、回答1の申請免除とは違います。
回答1は、これをごっちゃにして説明してますけれど、違った説明になっちゃってます。
法定免除を受けられるときはそっちのほうが優先されるので、わざわざ申請免除(こっちは所得によって、受けられる・受けられないが決まる)をする必要はないんです。

障害基礎年金1級か2級を受けてて、無職(厚生年金に入ってないということ)の人だったら、障害年金をもらえるようになったときから、障害年金を受けられることを役所に届けるだけで、免除されます。
質問者さんは、そうやって法定免除になってはいませんか?

一方、国民年金保険料というのは、質問者さんの所得だけじゃなくて、家族全体(世帯)の所得を見て決まります。
市区町村によって計算式は違うものの、ざっくり言って、(1)所得割(世帯の所得に応じて計算する)、(2)資産割(世帯の資産[持ち家とか土地とか]に応じて計算する)、(3)均等割(その国民健康保険に入っている人1人あたりいくら、として平等に負担する額)、(4)平等割(1世帯あたりいくら、として平等に負担する額)という4つの部分の合計で成ってます。
要は、質問者さんの障害年金は非課税所得だけれども、ほかの家族の課税所得とか資産があったりすれば国民健康保険料は生じるし、みんなで平等に負担するしくみだからやっぱり国民健康保険料はどうしても生じてしまう、っていうしくみになっています。

こういうしくみになってますけれど、でも、質問者さんが障害年金を受けてて無職なんだ、っていうことはちゃんと反映して、その結果で国民健康保険料を計算してますよ。
なので、正直、障害年金を受けてない人なんかとくらべたら、ずっと保険料は低くなってます。
均等割と平等割の部分を「減額」する、っていうしくみで、全国共通のしくみ。国民年金保険料でいう法定免除に相当するものです。
なお、それでも生活がしんどい、というときは、市区町村によって基準がばらばらなんですけれど、さらに減らしてもらえることもあります。こっちは「減免」といいます。
いろいろ心配なら、「減額」や「減免」のことを市区町村に確認したほうがいいでしょう。
ただ、どっちにしても、ちゃんとしくみを理解しないでぎゃあぎゃあ抗議しても、はっきり言ってお門違いになってくるので、そこは勘違いしないでくださいね。

そのほか、市区町村に重度障害者の医療費減免制度はないですか?
自立支援医療(精神通院)とはまた別で、障害者手帳(身体、精神、知的のどれか)を持ってれば、どの科・病院でも医療費自己負担分が軽減される、っていうしくみです。
もしこれが利用できれば、精神科以外の通院の医療費が軽くなると思います。
これまた市区町村によって基準はばらばらですけれど、精神の人も利用できることが多いので、ちゃんと問い合わせて説明をしてもらって、もし利用できるなら利用したほうがいいと思います。

少なくとも、障害基礎年金2級を受給していて無職なら、国民年金保険料は無条件(所得と関係なし)で全額納付免除(法定免除)ですよ。
法定免除っていうのは、回答1の申請免除とは違います。
回答1は、これをごっちゃにして説明してますけれど、違った説明になっちゃってます。
法定免除を受けられるときはそっちのほうが優先されるので、わざわざ申請免除(こっちは所得によって、受けられる・受けられないが決まる)をする必要はないんです。

障害基礎年金1級か2級を受けてて、無職(厚生年金に入ってない...続きを読む

Q自立支援医療 転院したときについて教えてください

以前の病院で自立支援医療を受けてましたが担当の先生が他県に開業したため転院しましたが やはり金銭的につらくて
その病院で自立支援医療を受けたいのですが県が変わると
移動もしくは新規に申請できないのでしょうか?
あと 新たに開業した病院では申請は無理なのでしょうか?
一度自立支援医療申請すると一年は移動できないのでしょうか?
いろいろほかの質問を読みましたがよくわからなかったので
詳しい方 同じような思いしたかた
教えてくれるとありがたいのですが
よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは、精神科診療所の医事の者です。
転院先が保険医療機関なら使えますよ。
一度認定されているのですから新規に申請する必要は
ありません。担当医療機関の変更手続だけです。
受給者証と印鑑を持って区市町村の窓口となっているところ
(役所や保健所)へ行けば大丈夫です。
他県の医療機関であっても全く問題ありません。
ただし、もしお住まいの区市町村で独自の給付(1割の自己負担を
市が給付してくれる、など)がある場合は他県の医療機関だと
一旦会計で支払って、後で自分で市に請求して払戻し、となることも
あります。

それと、医療機関の変更手続をすると、新しい証がすぐにもらえない
ことがあります。この場合、診察に行くときに変更届の控(できれば
旧証のコピーも)を持っていって下さい。医療機関によっては控があれば
すぐ公費を適用してくれたり、後日返金したりしてくれます。
事前に医療機関に確認しておくといいですね。

後は、転院に伴い薬局も変更されるのであれば、そちらも一緒に
変更届に記入してください。

Q精神障害者手帳2級とはどのレベルのなのでしょうか

最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。

普通に遊んでいますし、喋れます。料理もしているし、ゲームもしています。
普通の生活はできていると思います。

仕事はできないそうです。
たまに頭が痛くなるとか。

なぜこのような質問をしているかと申しますと
子作りをしていると聞いたからです。

薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。
私にも子供がいますが、やはり大変でした。
普通の人でも精神的に不安定になると思います。
ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。
友人だったら応援するかもしれません。
しかし、身内となると、そうは言っていられません。
何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。

※鬱病の方を批判しているわけではありません。

中立なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。
理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。
そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね

2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。
自己の判断もできない状況が多々あると思われます。
そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。
私もそんな状況で子育てには賛成できません

ですががやはり決めるのは本人です
あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。
強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。

Q自立支援医療受給者証の有効期限がきれていた場合

タイトルの通りなのですが・・・

自立支援医療受給者の認定を受けて通院していたのですが、
その期限が去年の11月に切れていたのが5月に分かりました。
病院では「こちらも気づかなくて申し訳なかったですが・・この頃に通知が送付されているはず」と言われました。
そのような通知が来た覚えは全くないのですが・・・。

すぐに再申請はしようと思うのですが、有効期限が切れてから申請が認められるまでの通院費の差額を支払わなければならないのでしょうか?
(病院では「まだ分からない」と言われました)

差額を計算すると1万や2万円程度では済まなそうです。かなり大きな額になるのではとびくびくしています。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

保健所に申請なのですが、病院から封書で書類を送るだけでもいいので、受付で書類を書いて判子をついて、出してもらっていたと思います。
お願いすれば、やってもらえますよ。病院の経理と言うのは、一ヶ月すると確定してしまうので、おそらく、おそらくですが、遡って払えとは言われないでしょう。
健保の支払いでもそうなので、領収した額を一ヵ月後に訂正することは出来なかったと思います。
受付が言うなら、その日のうち、遅くても月内に言わなければ無理ですね。
申請だけ早くして、差額の分は言われるまで黙ってていいと思います。
どうしても支払うなら、役所の方になにか申請すれば、救済措置があるのではないかと思いますが・・。
うっかりということは人間誰しもありますよ。
普通は外来の受付が、親切に申請時期を教えてくれます。

Q転院した場合の「自立支援医療」について教えてください。

転院した場合の「自立支援医療」について教えてください。

今の病院に通院してもう少しで1年になります。
前回の診察で、ちょっとだけ医師に対する「信頼」をなくしてしまいました。
転院の前にセカンドオピニオンも考えてはいるのですが
その場合はもちろん支払いは3割ですよね・・・?
そして、転院するとなると、「診断書」を
書いてもらう事になるのでしょうか?
それを無しに転院はできないのでしょうか?
何だか今の先生に悪いというか言いづらいというか。。

そして転院先で自立支援の申請などはできないのでしょうか?
二重になってしまうのでしょうか?
質問だらけですみません。
詳しく教えていただけたらありがたいです
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

『自立支援医療』の有効期間は1年で、継続する場合は毎年更新手続きが必要です。
但し、診断書の提出については2年ごとになっている地域が多いと思います。

ご質問についてですが、原則として有効期間内の「転院」については、役所(保健センターなど)で申請手続きをするだけで済みます。
もちろん、「転院」の手続をしなくても、他の医療機関で診察してもらうことは可能ですが(セカンドオピニオンなど)、その際の医療費は3割負担になります。

実際、「転院」となると『診断書』ではなく、転院先への『紹介状』が必要になります(「紹介状」がなければ転院出来ないという決まりはありませんが、一般的には「紹介状を持ってきてください」と言われるケースが多いです)。
自立支援医療の通院先は、1箇所しか登録できないので、分かりやすく言うと「登録した医療機関以外での受診は、「自立支援医療」とは関係なく、自由にどの医療機関でも診てもらえる代わりに、3割負担になる」ということになります。

納得のいく治療をしてもらえる医療機関が見つかるといいですね。

Q精神障害者手帳3級:住民税・所得税の減額について

はじめまして。
私は、23年6月に障害者手帳3級の交付を受けた者です。
 私のケースで、住民税・所得税の減額が受けることができるのか、ご教授いただければと思いまして質問をさせていただきました。
 私は、大阪府に在住しております。
 各市町村によって、差異があるのかはわかりませんが、交付時に渡された「福祉のあらまし」という障害者手帳全般についての、サービス内容が書かれている冊子があるのですが、抜粋して下記のように記載されていました。

【所得税の控除】
●障害者控除:本人・控除対象配偶者・扶養親族が障害者・児
 [所得控除額]1人につき27万円

【住民税の控除等】
●障害者控除:所得税と同じ
 [所得税控除額]1人につき26万円
●医療費控除:所得税と同じ
 [所得控除額]所得税と同じ
※本人が障害者で前年の合計所得が125万以下の方→非課税
 本人が障害者で前年の合計所得が150万以下の方→減額・免除の制度があります

と記載がありました。

1.現在私は就業をしております。
2.就業時に書類を提出するときに「扶養控除等申告書」には、障害者控除の個所はなにも書かずに提出しています。(交付前でもあり、会社には障害者であることを隠して就業しているため)
3.現在の額面としての収入額は20万です。ですので、単純計算で20万×12ヶ月で240万の収入があることになります。
4.前年度所得としても、18万×12ヶ月で216万はあります。
5.23年6月現在、前年度所得に応じた住民税の納付書が普通徴収として送られてきています。

この現状で、精神障害者3級としてのなんらかの控除を受けることはできるのでしょうか。
もしできるとするならば、どのような方法、手続きの流れになるのでしょうか。

私が、判断するに住民税の減額・免除は受けることができないと判断しています。
収入がある為、申し出ても減額対象にはならないと思っています。

気になっているのが、所得税の控除なのですが、「会社にばれず控除が適応させることができるのか」という点です。現状のまま(会社に障害者であることを明かさず)で就業をし、年末調整が会社から入ります。その後、確定申告時に自ら出向き、障害者控除適応をさせる手続きをしたいと申し出て、修正申告をするという方法が可能なのか。と悩んでいます。
 しかし、修正申告をする=会社に内容が通達されるとなるのであれば、所得税の控除もできないということになるのではないかと考えています。

 あと、最後の質問ですが、もし住民税や所得税控除が適応できるのであれば、適応タイミングとしてはいつからになるでしょうか。現在既に届いている、前年度の所得を元に算出された住民税は、今申請しても適応にはならないですよね。交付日が6月であるということから、どのタイミングになるのか。気になっています。

長文になってしまい、申し訳ございません。
要約しますと、
1.所得税・住民税の控除を受けることができるのか。
2.もし、適応が可能なのであれば、いつからになるのか(現在来ている住民税の減額は可能か)
3.修正申告で、所得税の控除を受けることができるか、また、会社にばれることはないか
4.処理の手続き、流れはどのようになるのか

税金・福祉関係にお詳しい方いらっしゃいましたら、ご教授ください。
よろしくお願いいたします。

はじめまして。
私は、23年6月に障害者手帳3級の交付を受けた者です。
 私のケースで、住民税・所得税の減額が受けることができるのか、ご教授いただければと思いまして質問をさせていただきました。
 私は、大阪府に在住しております。
 各市町村によって、差異があるのかはわかりませんが、交付時に渡された「福祉のあらまし」という障害者手帳全般についての、サービス内容が書かれている冊子があるのですが、抜粋して下記のように記載されていました。

【所得税の控除】
●障害者控除:本人・控除対象配偶...続きを読む

Aベストアンサー

私も全く同じケースでした。

1、所得税・住民税の控除は受けられます。
2、今年度分から適応されます。
3、修正申告(確定申告)で控除を受けることもできます。ただし、会社にばれます。
4、確定申告に手帳を持って行って、精神障害者控除を受けると言えばよいです。

私も、控除を受けたいけれど、会社にはバレたくなかったので、色々と考えました(役所に相談にのってもらいました)。区役所(東京なので)に3回。税務署に3回相談に行きました。
「今年度分ではなく、2年たってから、2年前の分として控除してもらう。2年後の6月以降に控除申請をすればよいのではないか」みたいな裏ワザ的なアイデアも、某役所からでました。ところが、税務署によると控除申請は2年後の3月末までにしなくてはならないので、そのアイデアは現実的に無理だと言われました。
結局、どんな方法を使ったとしても、会社には「精神障害者控除がなされた」という連絡(?)が行ってしまうようです。

ただ、所得控除が27万円。住民税控除が27万円。
仮に、それぞれ10%ずつ返ってきたとしても、両方で5万4千円にしかなりません。(←これも役所の人に言われた)
5万円をもらうために、会社に精神障害者手帳を持っている者だとばれるのは嫌なので、私は控除を受けるのをやめました。

私も全く同じケースでした。

1、所得税・住民税の控除は受けられます。
2、今年度分から適応されます。
3、修正申告(確定申告)で控除を受けることもできます。ただし、会社にばれます。
4、確定申告に手帳を持って行って、精神障害者控除を受けると言えばよいです。

私も、控除を受けたいけれど、会社にはバレたくなかったので、色々と考えました(役所に相談にのってもらいました)。区役所(東京なので)に3回。税務署に3回相談に行きました。
「今年度分ではなく、2年たってから、2年前の分として控除...続きを読む

Q障害年金の更新の必要書類

障害年金の更新に必要な書類は何ですか?
また初回に書いた自己申告書や病歴・就労状況等申立書という書類も要るのでしょうか?
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

回答1のとおり、送付されてくる「障害状態確認届」(更新用診断書)だけです(指定された年の誕生月末日が提出期限)。
つまり、初回請求のときに添えた「病歴・就労状況等申立書」に相当する書類がありませんから、それだけ「診断書の中でしっかり病歴を書いてもらう」ことができないと、級下げや支給停止(特に精神の障害のとき)につながりやすくなる、という盲点があります。十分に気をつけて下さい。
なお、提出先は、障害厚生年金が伴っている場合(年金証書のコード番号が「1350」)のみ、日本年金機構(直接郵送)です。
それ以外のとき(障害基礎年金のみのとき。年金証書のコード番号が「5350」か「6350」のとき)は、市区町村に提出して下さい。また、「20歳前初診による障害基礎年金」(年金証書のコード番号が「6350」のとき)は、誕生月とは関係なく、提出期限は必ず7月末日になります。

Qハローワークの精神障害者枠で働きたいのですが

重度の境界性人格障害で、現在医師に精神障害者手帳の診断書を書いてもらっています。
提出したら、ハローワークで精神障害者枠で働きたいのですが、どんな仕事があるでしょうか?
・境界性人格障害である
・対人関係が非常に苦手で今まで仕事が続いたことがない(いつも4日くらい)
・極度の不安障害がある

こんな私に障害者枠でも仕事あるでしょうか?また、ハローワークにこのような症状を言って採用してもらえるでしょうか?

Aベストアンサー

現在精神障害者手帳3級で、一昨年の障害者面接会にて応募した地元の会社にて、障害者枠で事務(社会保険加入のパート社員)として働いている者です。ちなみに、運良く初診時に社会保険付のバイトをしていたので、障害厚生年金も3級です。
8年前に長時間労働を禁止された際に、障害者手帳を取得いたしました。
病名はいまだ確定していないのですが、診断書によって「抑うつ不安障害」や「統合失調症」などになり「自身に自信がなく人と接するのが困難」と書かれているので、症状的には質問者様と似てると思います。

運良く市内に実績の高い障害者就労生活支援センターがあったので、市の障害福祉課とハローワーク(前職にて失業手当受給資格があったため)の勧めで登録、私の場合逆に未就労期間が短いため、就職活動のための履歴書作りや面接、あと基本カナ入力なのでローマ字入力の矯正をしました(今では両方打てます)。独学で10年パソコン使ってたことが買われて採用されたようです。
あと障害者枠で同じく精神障害で入社した同僚(当時23歳、ほとんど社会人経験なし、作業所出身、パニック障害)がいます。
話によると、直属の上司はたまたま別の会社で若手社員のメンタル面でも面倒を見ていた経験があり、一生懸命勉強してくれたそうです。センターの方も「知らせてくれた方が良いという会社もあるから言った方が良い」と言ってます。

ただ、先に「未就労期間が短かった」と書いた通り、無理に仕事してました。等級2級になるとハローワークで仕事紹介してくれないと聞いていたので、初めの診断書は主治医に「それは困るから軽く書いて下さい」と頼んだ記憶があります。理由はうつ病の母がいて、私は仮病だとずっと思われていたので自宅療養ができなかったからです。
学生時代の経験を活かしスーパーのレジ係を、1社目は障害承知で、2社目は隠して働いてましたが、やはり会社の理解を得られなくて退職勧告されたので、本腰を入れて就職活動して今に至る、という感じです。

で、他の方へのお礼を拝見したら、どうやら難しい状態のようですね…。今は治療に専念されてはどうでしょうか。
そのくらいのレベルなら、もしかしたら障害基礎年金が支給されるかもしれません。質問者さまが20歳を超えていてあまり実家に金銭的に迷惑をかけたくない、というなら申請されてみてはどうでしょうか。もっとも、滞納がほとんどないことが条件ですけど。
それで、症状が軽減されてから、就業訓練なり就職支援されても遅くないと思います。実際、一般の方でもすぐ決まるって方もそういないでしょうし。
デイケアなどは向き不向きがあるので、これも主治医に相談された方が良いと思います。私は受けたことないですけど、当然外に出るきっかけもできるし、対人能力も上がるでしょうから私は良いと思いますけどね。

少なくとも、私は精神障害者として障害者枠で仕事していますからゼロではありません(ちなみに東京多摩部です)。ただ思ったのは、何事も自分で行動しないと誰も助けてくれません。私は8年前にもハローワークに障害のことを告げました。地方だとわからないですけど、今は精神障害も障害者枠にカウントされます。ちゃんと相談されて就職活動するべきだと思います。
今は無理でも諦めたら終わりですよ。あせらずゆっくりいかれることをおススメします(^^)

良い方向に向かわれると良いですね。

現在精神障害者手帳3級で、一昨年の障害者面接会にて応募した地元の会社にて、障害者枠で事務(社会保険加入のパート社員)として働いている者です。ちなみに、運良く初診時に社会保険付のバイトをしていたので、障害厚生年金も3級です。
8年前に長時間労働を禁止された際に、障害者手帳を取得いたしました。
病名はいまだ確定していないのですが、診断書によって「抑うつ不安障害」や「統合失調症」などになり「自身に自信がなく人と接するのが困難」と書かれているので、症状的には質問者様と似てると思い...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング