ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

チューリップの球根を掘り起こすと、いつもこんなんです。

何年も前に子供が貰って来た球根を、捨てるのも何なんで・・・
私が植えているのですが、
毎年掘り起こすと小さい物が数個に増えています。
大きさは数mmから大きい物で3cm以下です。
すでに100個や200個は超えていると思います。
球根が小さいので、去年は2つ今年は1つ咲いてだけです。
あとは葉っぱが1~2枚出るだけです。

場所は岐阜県美濃地方で
肥料は化成を少し与えています。

なんとか大きくして咲かせてやりたいです。
何が悪いもでしょうか?

「チューリップの球根を掘り起こすと、いつも」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

いつ頃掘り上げていますか?



植える時に 植える深さ 間隔は?

雪解け時期に過湿になりませんか



写真を見る限り  植えるのがかなり浅いように感じました

地植えで有るなら 周りより かなり高い畝を作り水捌けを良くします
幅30~60  高さ20~30 cm

植える深さ 球根の高さの3倍  間隔 球根の幅の3倍
1cmくらいのは深さ5cm 間隔3cm
5mm以下 破棄をお薦めします  植えるなら深さ3cm 間隔2cm


地温の上昇を押さえるために敷き藁効果の有るものをしきます

速効性の化成は 花後くらいの時期に与えてください
遅効性の化成は 芽が出た頃(3~4月?)
有機質肥料は 畝を作る夏場に混ぜて 土と馴染ませます
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>植える深さ 間隔は?
深さも間隔もダメダメです。
以前に球根の3倍と聞いたことがありますが、
3cmの球根でも10cmほど土を被せる事になります。
少し深いかな?と思ってそんなに深くしていません。
間隔も球根が多いので、かなり窮屈だと思います。

>雪解け時期に過湿になりませんか
多分なってます。
鉢やプランターに植えつけて、そのまま外に置きっぱなしです。

球根は深い所だと鉢の底ぐらいに出来ています。
そのくらい深くても大丈夫なんですよね!
自分で深く潜って行くんですから、芽も出ると言う事で・・・・
来年用(今年)の植え付けは、深めにして見ます。
あとは間隔ですが、大きい物はいいとして・・・
いくら小さいからと言って、殺してしまうのは心が痛みます。
何とか考えて見ます。

お礼日時:2010/05/12 13:14

アマリリスは毎年大きくなりある程度の大きさに達すると分球します。

2-3球に分かれるので少なくとも1球は葉翌年花を咲かせる能力があります。

チュ-リップは小球に分かれることが多いようです。そのうち1球でも花を咲かせるほどに育ってほしい物です。下記URLを参考に球根の肥大に努めましょう。水遣り(特に重要)、施肥を適切に行うことが必要です。

参考URL:http://www.yasashi.info/ti_00001g.htm
    • good
    • 1

ぶら下がる球根  植えられた場所の居心地が悪いと移動しようとするんです


細い管の様な物をのばしてその尖端に新しい球根を形成し移動するんです

あまりに浅く植えられたため 温度変化に耐えられず 居心地の良いと思われる深い場所に逃げ出したのでしょう


地中は温度変化も少ないし涼しく安定した環境なのです
地表近くは温度変化が激しく 暑く 不安定な環境で  温度か20度近くになると 球根は生長を止め  休眠へ移行し始めます

深く植えろというのは 涼しくして 生育期間を出来るだけ長くし 大きくするためなのです
鉢植えでも 出来るだけ温度を上げない工夫が必要です
それと うえすぎも 大きくならない原因の一つです
    • good
    • 3
この回答へのお礼

今年植えつける時は
教えて頂いたことに気を付けて育てたいと思います。

お礼日時:2010/05/15 13:41

毎年チューリップを育てています。

植え付けは200球、開花株は100球以上です。
球根が太らない主な原因は花を摘まないことだと思います。開花後早く摘むほど球根は太ります。
(1)生産農家では始めから花を咲かせません。
(2)完全開花2日後花を摘む。
(3)花びらが1枚でも散ったり、萎れたりしたら摘む。
(4)花びらが完全に散ったら中心のめしべを折り取る。

上の順で遅くなればなるほど球根の肥育は遅れます。

昨年1球だけ花を摘むのを忘れていた球根は植えた大きさに比べ6割程度までしか育っていませんでした。

この回答への補足

写真の物は全て花が付きませんでした。

写真には写っていませんが、
開花した物(1つだけ)も球根が少し小さくはなりましたが、
3個になりました。
6~7割で3個にならずに、1個のままなら2倍ほどの大きさになってもいいと思うのですが・・・

写真の葉っぱの下に有る塊が古い球根です。
下にぶら下がった2~3個が新しい球根です。
古い球根は全くなくなったり、もしくは小さく米か大豆か?ぐらいになってしまいます。

アマリリスは古い球根は無くならず、そのまま太ります。
チューリップはどうなんでしょうか?
古い物は無くなって、新しくできるのですか?
ちゃんと育てれば、古い物が大きく育ちますか?

補足日時:2010/05/13 12:00
    • good
    • 2

ちょっと栄養が足りない状態なだけで病気等ではないです。

他にも言われている深さで充分に肥料のある、同じく他の方も言われている腐葉土や化成肥料をもらった土に植える、あるいは「プランターの土」などと出来上がりで売られている土に植えて茎が伸び始めの頃、次いで花の初めに化成肥料を与えるか効き目の遅い物を最初に与えるかしてください。60cmのプランターで大さじ2杯ほど、花壇なら1平方にひと握り。どちらも均一に蒔くか筋状に。
 花が終わったあとも球根は成長しますので葉が枯れ始める5月終わりまで水やりを。6月の晴れた日に掘り出してください。あとは乾燥した場所でいま恐らくされているであろう保存方法でいいはずです。要はほっといていいんです。

花を摘んでしまうはその通り。連休中チューリップフェアというイベントをしている地元ですが、会場の花は見るためなので咲いております。ところが生産農家の畑ではいい感じに開いたところで全部摘んじゃいます。もったいないないくらいに
これは球根を商品にするので太らせるためです。花を咲かせると養分を使ってしまうからで来年あえて1部だけこの方法という手もありかと思いましたが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

肥料は与えているんですが、
やはり混みこみなんですかね?
数ばかり増えちゃって・・・・

写真の葉っぱの下の塊が植えた球根で、
下に伸びた2~3個ぶら下がった物が新しい球根です。
深く植えると、増えずに一つが大きくなるんですか?

3~4年前も1~2個しか花が付かなかったので、
咲く前に積んでしまったのですが、
やはり、ぶら下がりの球根が2~3個でした。

お礼日時:2010/05/13 11:37

これは聞いた話です。

市販の大きな球根は球根を育てるために花は咲かせないそうです。家庭で花壇に植えるのは、花を咲かせるためなので、球根を大きく育てる事は難しいと言ってました。
でも花を咲かせるなら、球根は小さくてもよい訳なので、それなりの肥料を与えればきちんと花は咲くのではないかと思います。
なおチューリップは粘土質ではなく砂質の土壌の方が良いと聞いた事がありました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私も、花を咲かせない・・・って聞いたことがあります。

もらい物のアマリリスも育てているのですが、
花を摘んでしまうと、きゅうこんは大きく育ちます。

チューリップに関しては、小さい球根(3cm以下)だと
花も小さくてかわいい(貧弱?)物しか咲きません。

>粘土質ではなく砂質の土壌の方が・・・
やはり前出の「水はけの良い・・・」ですか・・・

お礼日時:2010/05/13 11:16

チューリップの球根は「ウイルス」に感染しやすく、地域によっては毎年新しい球根を購入するように勧める方もいますが、私は毎年咲かせています。


花後ちゃんと花を摘み取らないと、球根が大きく育ちません。
また花後に少し肥料をあげて、地上部が枯れるのを待って掘り上げるといいのですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「ウイルス」に感染しやすいとは・・・始めて知りました。

花は開花後に摘み取っています。(1~2個ですが・・・)
追肥もやっていますし、葉が枯れてから掘り起こしています。

やはり前出の回答の水・深さ・間隔でしょうか・・・・

お礼日時:2010/05/13 11:08

育て方が悪いと言う事はないとおもいますよ。

小さいものが何年かしてから花を付けますから急には無理です。化成肥料だけでなく腐葉土とか油かす、鶏糞などで土を栄養分のあるものに変えてあげたら良いでしょうね。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q咲き終わったチューリップの球根はどうすればいいの?

昨年の秋に鉢に植えたチューリップの球根。先週まで綺麗な花を咲かせていましたが、今週になって花は全て散りました。葉っぱはまだ元気ですが、この後どうしたらいいでしょうか?できればまた同じ球根で来年の春に花を咲かせたいと思っていますが、チューリップの球根というのは上手く保管していれば、毎年綺麗な花を咲かせるのですか?それとも一回花を咲かせた球根はそれで終わりで、そのまま捨てるものですか?もし来年も使えるのであれば、どのように保管したらいいでしょうか?

ガーデニングは全くの初心者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

花がらだけつんでそのまま育てます。
2ヶ月くらいはかかります、肥料はたっぷりあげます。
葉が枯れるまで育てたら水遣りをやめて保管します。
掘り出してもいいしそのままでもいいです。
秋になったら植えますがその時は新しい土に植えます。

Q花が咲かなかったチューリップの球根

昨年の秋にチューリップの球根を鉢植えしたのですが、葉と茎までは出てきたものの、とうとう花がひとつも咲きませんでした。このような球根は堀上げて今年の秋に植え直しても花は咲かないのでしょうか?条件が異なれば、咲くようになるのでしょうか?

花が咲かなかった原因も合わせて教えていただけると参考になります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>>とうとう花がひとつも咲きませんでした。
>>花が咲かなかった原因も合わせて・・

購入した球根が余程小さくなければ、まず花は咲くはずです。一般的な園芸種の場合、親指と人さし指で輪を作って、その輪を通らなければ十分開花が期待できます(実際はもっと小さくても咲きます)。原種系の場合、更に小さく、ラッキョウ位の大きさでも大抵開花します。

そのくらいのサイズでも開花しなかったとしたら、植えるのが早すぎたか遅すぎたか(寒くなってから~年内までが良い)、開花前に過度に乾燥させてしまったか、密植しすぎて十分根が張れなかったか、鉢に深く植えすぎて根の張るスペースが足りなかった(地植えなら、下にいくらでも土があるので深植えで良いが、鉢で深植えにすると結果的に球根下の土が少なくなってしまう)か、日当たりが極端に悪かったか、土が合っていなかった(酸性が強い土はあまり向かない)か・・などが考えられそうです。どれか一つが原因という訳ではなく、いろいろな要因が重なってそうなったのではないでしょうか。

もしかしたら、買った球根に花芽が出来ていなかったという可能性もあります。普通、球根には既に来年の花芽が出来ているのですが、育成の失敗でそれができていなければどうしようもありません。

>>今年の秋に植え直しても花は咲かないのでしょうか?条件が異なれば、咲くようになるのでしょうか?

今年花は咲かなくとも、自然に枯れるまでしっかり陽にあてて新しい球根に栄養を貯めれば、来年咲く可能性は十分あります。うちでは、掘り上げた球根で何年も咲いていますし、原種系といわれるチューリップ(レディジェーンやライラックワンダーなど)は庭に植えっぱなしでも、しぶとく花を咲かせます。

今回どういう植え方をしたのかわかりませんが、鉢植えにするなら、水捌けの良い土を使う、土に石灰(消石灰、苦土石灰など)を適量混ぜてみる、過度に密植しない(球根同士に2個分以上の間隔を空ける。他の植物と寄せ植えにする場合も同様)、11月~年内に植える、球根を植えたら、土を芯まで乾かさないように適度に水をやる(やりすぎは逆効果)、十分陽にあてる、などに注意すればきっと花は咲くはずです。

ちなみに、球根には開花までの養分は十分蓄えられているので肥料がなくても花は咲きます。来年も咲かせたい場合は、新しい球根を太らせるために花後に肥料をやります。植え付け時に肥料をやっても生長する頃には殆ど効果がなくなっていますから、花後に置き肥や液肥で与える方がベターです。もし植え付け時に肥料を混ぜたいなら、半年~1年効果が持続する肥料(マグァンプなど)を使用しましょう。

>>とうとう花がひとつも咲きませんでした。
>>花が咲かなかった原因も合わせて・・

購入した球根が余程小さくなければ、まず花は咲くはずです。一般的な園芸種の場合、親指と人さし指で輪を作って、その輪を通らなければ十分開花が期待できます(実際はもっと小さくても咲きます)。原種系の場合、更に小さく、ラッキョウ位の大きさでも大抵開花します。

そのくらいのサイズでも開花しなかったとしたら、植えるのが早すぎたか遅すぎたか(寒くなってから~年内までが良い)、開花前に過度に乾燥させてしまったか...続きを読む

Qチューリップが咲いていない時期の花壇について

今年初めてチューリップを花壇に植えています。
来年も球根を使うため、掘り上げようと思っています。
球根を掘り上げると花壇が丸坊主になります。
それはさみしいので、できれば初夏に植えて、秋に枯れるよう花を植えたいと思っています。
そういったことをしている方がいましたらおすすめの花を教えてください。
また、秋には同じ場所にまたチューリップの球根を植えたいと思っています。
土壌のことなど総合的に考慮し、中継ぎのような役割で花を植えることがいいのかどうかもアドバイスいただきたいです。

Aベストアンサー

今の花壇はチューリップのみでいっぱいにした花壇でしょうか?

チューリップばかりで…ということだと、他の方の言われるようにちょっと難しいですが
他の草花と混植するのであれば、できると思いますよ。

冬花壇:ビオラ・パンジーなどの間にチューリップを植える
(パンジー チューリップ パンジー チューリップ パンジー チューリップ パンジー)

パンジーが終わる頃、球根の掘り上げと草花の植え替えをする。

夏花壇:マリーゴールド、ペンタス、日々草、サフィニア など好みの花を植える

そして秋にパンジーを植え付ける時にまた球根を一緒に植えます。
冬の間はパンジーが幅を利かせて心配になりますが、春になるとパンジーの間からちゃんと
葉を伸ばし、チューリップが花をさかせます。
チューリップの隠し玉(混植)は寄せ鉢づくりでよく使われる方法です。
チューリップが咲いていない時期でも花を楽しむことができるのでおススメです。
私も一年草花壇に毎年違う種類のチューリップの隠し玉を入れて楽しんでいますよ^^

冬花壇と夏花壇の入れ替え時のポイントは堆肥をたくさん入れてあげることです。
腐葉土+堆肥をたっぷりまぜれば土を休ませなくてもちゃんと育ちます。
(私の場合は花壇の土2に対して、堆肥と腐葉土のミックス1ぐらいで混ぜます。
 あとはミミズまかせです^^)
本当はみなさんのように、石灰をまいて土を休ませるとよいのでしょうが
私は10年上の方法で植え替えをし、何の問題もなく花を咲かせています。
さすがに、この方法で野菜は無理ですので花のみですが^^;

球根の使いまわしについては、どうでしょうか…
しっかり花を咲かせた球根は養分を使い果たして小さくなっているので私は使いません。
毎年新しい球根を買います。(掘り上げた球根を植えたこともありますが、花が小さいlol)
チューリップは花を咲かせると球根が消耗するので、チューリップ農家では球根を太らせる
ために、花は首からちょんぎってしまうそうです。
掘り上げた球根を次の年はそういう風に育てればまた同じように大きな花を咲かせるのかも
しれませんね。

今の花壇はチューリップのみでいっぱいにした花壇でしょうか?

チューリップばかりで…ということだと、他の方の言われるようにちょっと難しいですが
他の草花と混植するのであれば、できると思いますよ。

冬花壇:ビオラ・パンジーなどの間にチューリップを植える
(パンジー チューリップ パンジー チューリップ パンジー チューリップ パンジー)

パンジーが終わる頃、球根の掘り上げと草花の植え替えをする。

夏花壇:マリーゴールド、ペンタス、日々草、サフィニア など好みの花を植える

そして秋...続きを読む

Qチューリップの球根を太らせるには

チューリップの球根を太らせて、次の年にも、大きく育てるには、どのようにしたらよいのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

チューリップの花が咲いたらいつまでも花を付けていないで切り花にした方が球根は太ります。
花に養分を与えずに済むからですが、球根が必要な栄養分は【カリ肥料】ですから、カリ分の多い化成肥料等を追肥で与えてやると球根は成長します。
6月頃になりますと葉が枯れてきますから、枯れたら球根を掘り出してください。
球根は幾つかに分割して育っているはずです。

Qチューリップの球根を大きくして保存するには

チューリップが咲き終わりました。
オランダから頂いて珍しい種類もあり、球根を保存して
来年も大きなお花を咲かせてほしいと思います。
球根を大きく育てて保存したいのですが、どうしたらいいでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

種を作らせないためにも花茎を摘み取りましょう。
その後は、球根を大きくするために追肥をして、葉が黄色くなったら掘りあげて乾燥、保存します。
「チューリップ 球根 保存」などで検索すればたくさんヒットしますが、詳細は下記などを参考にしてください。

http://homepage2.nifty.com/osiete/s601.htm

Qチューリップの球根はどうやって増やすんですか?

GWにバスの旅をしていて、窓から綺麗なチューリップを見て、ふと疑問に思いました。

チューリップは球根から咲いて、花が終わったらまた球根を回収しますが、普通に考えるとそれでは球根は減っていく一方だと思うのですが、市場に出回っている球根はどのように生産されているのでしょうか?


園芸を全くしたことのない、素人の素朴な疑問ですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本の、特に太平洋側の標準的な気候条件では、チューリップの球根は年を追うごとに痩せてしまい、特大球でさえ数年のうちには消えてなくなってしまいます。
チューリップは本来、もっと冷涼な地方に適した植物なので、温暖な地域では花期直後に気温が20度を超えてしまい球根が発育する前に植物としての休眠期に入ってしまいます。
日本では、チューリップの球根生産は主に富山県と新潟県で行われています。
これらの地方では冬の積雪により地中の温湿度が一定で安定することや、球根発育肥大期の4月から5月の日照時間が長いこと、砂礫質で水はけの良い土壌や灌水に雪解け水が豊富に得られることなどの条件が揃っているためです。
球根生産のためのチューリップ栽培では、花は開花直後に摘花してしまい、球根を肥やすことに特化しています。花は栄養を消費し球根に栄養が行かなくなるためです。
チューリップの球根は、古い球根が完全に消費されて消滅し、開花から葉が枯れるまでの期間に新しい球根がつくられるため、開花してから気温が20度を超えるまでの期間が長く日照時間が長ければよく肥えたよい球根が形成されます。
逆に言えば、花を楽しめば球根は消耗品となり、毎年新しい球根を買い求めて植え直すのが普通となります。

日本の、特に太平洋側の標準的な気候条件では、チューリップの球根は年を追うごとに痩せてしまい、特大球でさえ数年のうちには消えてなくなってしまいます。
チューリップは本来、もっと冷涼な地方に適した植物なので、温暖な地域では花期直後に気温が20度を超えてしまい球根が発育する前に植物としての休眠期に入ってしまいます。
日本では、チューリップの球根生産は主に富山県と新潟県で行われています。
これらの地方では冬の積雪により地中の温湿度が一定で安定することや、球根発育肥大期の4月から5月の日照...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qチューリップ、ムスカリの球根の堀上と消毒,保管について

20本ほどのチューリップもすっかり終り、葉が黄色く枯れてしまったので、球根を掘りあげました。
とりあえず、すぐに水で洗って泥を落とし、ネットに入れて風通りのよい場所につるしてあります。
ベンレート液とかいうもので消毒するといいと聞きましたが、それ以外に消毒の方法ってあるのでしょうか?
また、既に水洗いだけで乾燥してしまっているのですが、今から消毒を行っても問題ないでしょうか?
それと、球根は大きいものや小さいものがくっついて、塊になっていますが、それは離したほうがいいのでしょうか?
また、根っこがくっついているのは、根はそのままでいいのですか?

ムスカリについては、まだほりあげていませんが、
こちらについても、チューリップと同様のことが知りたいのです。

細かいことをたくさん聞いてすみません。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

通常消毒は球根の洗浄をした後にすぐします。
すでに乾燥されているのなら粉状のベンレートをまぶしておくと消毒ができます。
消毒は必ずやらないといけないものではありません。
この先梅雨になると球根が腐りやすいので、その原因になる雑菌を殺す意味で行います。
そのまま何もしなくても球根を保管することは可能ですよ。
高温多湿になりにくい日陰で吊るしておけば大丈夫と思います。
分球は大きい子球だけ残してバラバラにしておくのが基本のようです。
母球は花後子球を作るとなくなります。消耗した母球や古い皮を残しておくと腐りやすくなるのでバラしてしまったほうが無難ですよ。
小さい球根も植えると花は咲きませんが葉は出ます。
上手く太らせると2~3年後には花が付くので、スペースが許せば植えて育ててはどうでしょう。
根っこは乾燥できたら切り取ってしまっていいです。
古い皮などは取り除いたほうが腐りにくくなっていいですよ。

ムスカリもチューリップ同様乾燥させて保管します。
チューリップのように毎年堀上ないほうが株が詰まって花が密集しキレイ咲きそろいます。
ムスカリは母球がなくなることはないので堀上たら洗って乾燥(消毒はどちらでも)分球、根や皮の処理をチューリップと同じ要領でやればいいです。

きっとチューリップの球根は買った物のサイズよりかなり小さくなったんではないでしょうか?
このまま育てるとどんどん球根が小さくなっていずれ花が咲かなくなります。
上手く年を越して球根の再生ができるようになったら、球根を復活させるように花を咲かせない年を作るといいですよ。
蕾のうちに花を取ってしまい肥料を充分にあげて育てると球根が大きく育ち大きな花が付くようになりますよ。

通常消毒は球根の洗浄をした後にすぐします。
すでに乾燥されているのなら粉状のベンレートをまぶしておくと消毒ができます。
消毒は必ずやらないといけないものではありません。
この先梅雨になると球根が腐りやすいので、その原因になる雑菌を殺す意味で行います。
そのまま何もしなくても球根を保管することは可能ですよ。
高温多湿になりにくい日陰で吊るしておけば大丈夫と思います。
分球は大きい子球だけ残してバラバラにしておくのが基本のようです。
母球は花後子球を作るとなくなります。消耗し...続きを読む

Q寒冷地でも冬越し出来る花

冬は一番寒いときは-10℃から-15℃まで下がる所に住んでいます。家は狭くて、苗などを室内に入れて冬越しさせるのは無理なので野外で冬を越せるものを花壇に植えたいと思っています。
この寒さでも野外でも冬越しできる花にどんなものがありますか? 今まで植えて越せたのはなでしこ、ビオラ、パンジー、カスミソウ、ルピナスですが、これ以外のものでありましたら教えてください。

また寒冷地でのガーデニングについての情報が載っているサイトもしくは本があれば教えてください。大概の本やカタログはもっと温暖な気候を基準にして書いてあるので、耐寒性強と書いてあってもここでは無理だったりしてあまり参考になりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらは北海道の札幌です。雪がお布団の代わりをしてくれるので、かなりの種類が冬越可能です。
うちで長年過ごしている多年生植物はアカンサス・アガパンサス・アストランティア・アルストロメリア・アルメリア・アンテミス・いちげ・イベリス・いわからくさ・エンレイソウ・おだまき・翁草・オレガノ・キャットミント・ガウラ・カンパニュラ・ギボウシ・京鹿の子・シャスタ-デ-ジ-・クリスマスロ-ズ・クレマチス・けし・けまんそう・キンケイ菊・コレオプシス・桜草・シダルサス・石竹・秋明菊・ショウマ・芝桜・ジャ-マンアイリス・ジギタリス・しらねあおい・ストケシア・あ・から・わ・の忘れな草までまだまだたくさんありすぎて書ききれません。
お花の参考書では北海道新聞社から出ている、荒井道夫さんの書かれた「北海道の花づくり問答」「北海道四季の園芸なんでも相談」をお勧めします。
とても具体的に書かれているので、細かいところで迷わなくてすみます。
本州のカタログに載っている耐寒性強は、ひとつの目安になると思いますが、北海道の場合は寒冷地ではなく、厳寒地だそうでガッカリしました。後は育ててみるしかないんですよね。
その年の冬の様子でダメになったりうまくいったり、それもまた楽しいから続けているのかもしれませんが・・・。

こちらは北海道の札幌です。雪がお布団の代わりをしてくれるので、かなりの種類が冬越可能です。
うちで長年過ごしている多年生植物はアカンサス・アガパンサス・アストランティア・アルストロメリア・アルメリア・アンテミス・いちげ・イベリス・いわからくさ・エンレイソウ・おだまき・翁草・オレガノ・キャットミント・ガウラ・カンパニュラ・ギボウシ・京鹿の子・シャスタ-デ-ジ-・クリスマスロ-ズ・クレマチス・けし・けまんそう・キンケイ菊・コレオプシス・桜草・シダルサス・石竹・秋明菊・ショウマ...続きを読む

Qチューリップの茎がのびません

昨年、10~11月ごろに花壇に、チューリップの球根を植え、発芽したので成長を見守っていたのですが、茎が伸びず全長10センチ(地面から花の頭まで)ほどで花が咲いてしまいました。
私としては、良く見かける茎の長いチュ-リップを期待してたので少々がっかりです。
何がいけなかったのでしょうか?
ガーデニング初心者なので、球根植え付け時には、球根を購入したホーム用品店のガイドブックを見て植えました。
それと、20球以上植えたような記憶があるのですが、10球ほどしか、まだ発芽していません。
これからの発芽は、期待できるでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

矮性(背が低い)の品種もありますが、それではないですか?それから、原種系も小さいです。

ではないとしたら、はっきりわからないのですが、チューリップなど秋植え球根の大半が、低温と水分を必要とし、また植え替えができません。
お住まいがどこかわかりませんが、非常に温暖な地域でしたら、うまく行かない場合があります。
また、生育中に水切れがあるとこれもうまく行きません。
植え替えしてしまうと、これもよくありません。

これらについてお心あたりはありませんか?

芽が出ていないのは・・・残念ですがこれからの発芽はあまり期待できないと思います。
植えたあたりをそっと掘ってみて、球根があるようなら来年(というか、今年の秋ですね)出てくるかもしれません。
でも、たぶん溶けてなくなっているのでは??
溶けた原因は、病気、過湿(水はけが悪くて腐った)などでしょう。

来年もチャレンジして下さいね。今度はきっときれいに咲きますよ!^^


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング