私は今までプログラミング、テスティングといったソフトウエア開発に携わってきました。今までにそれなりの経験を積んできましたので、次なるステップアップとして、システムエンジニアを目指したいと考えています。ところが現在の会社ではいろいろ難しい面があるため、転職を考えているのですが、いくつか不安があります。
それは現在の主要な技術である DB, Web, Network に関して、アピールできる程の技術・知識・業務経験を持っていないということです。これまでの仕事はかなり特異的な仕事がメインだったのです(C, C++ を使ってエンジンを作ってました)。もちろん個人的に雑誌などで勉強はしていますが、これまで仕事で使う機会もなく、生半可な知識のみとなっています。
やはり業務を通して、最新の技術を身に付けたいので、転職を考えていますが、私の経験ではシステムエンジニアとしての転職は難しいでしょうか?
ちなみに年齢は 31 才です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

自分と近い年齢ですね。

自分もずーと、この業界です。
この業界、どの会社で働いてきたのかって事よりも、
何の仕事で、何が出来るかって事の方が、優先だとおもいます。
C/C++出来る?C++が出来る人って少ないですよ。
十分な武器になります。
そして、今流行のWeb開発。自分も昨年6月から始めてばかりです。
現在のプロジェクトの人間全員が、Web開発が始めてです。
C言語=Web系のCGIやパール言語に結びつきます。
転職には問題ないと思います。
    • good
    • 0

C/C++がきちんと使えればそれだけでも十分仕事はあると思いますが。


だいたい転職業界の場合、年齢の上限が35歳程度に置かれることが多いので、31歳なら問題になることは少ないでしょう。

リクルートの「リクナビCareer」なんかだと、自分の経歴を登録して企業からのアプローチを受ける、ということもできますから、とりあえずそういった人材紹介企業などに登録してみるというのも手ではないでしょうか。

参考URL:http://career.recruitnavi.com/
    • good
    • 0

SEと一口にっても、多種多様です。

まずあなた自身がどのようなSEになりたいのかの目標を持つべきではありませんか?単にSEになりたいといって企業のドアを叩いても多分門前払いを食らうだけです。

あなたの目標と企業が求めているスキルが一致すればそれなりに仕事があると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPM,SE,コンサルに、なぜ業務知識が必要か?

システムエンジニアとして仕事をするにあたり、
よく業務知識や業界知識を持つことがとても重要だと
耳にするとがあります。

顧客の業務知識を有することで、顧客のニーズがわかると
いったことがその意義でしょうが、それってそんなに重要ですか?

要件をきいて、業務的にわからないことがあれば、
顧客に質問し、イメージを明確にしていく。
そのうち経験によって、若干の業界知識も身につく。

これの繰り返しレベルでいいと思うのですよね。
これは、ユーザー系であっても若干の差こそあれ同じだと
思っています。
※ベンダー系の人がユーザー系に転職して成功するのは
 技術知識や管理能力、積極性が携わっているからであり、
 業務知識は、業務の中で都度覚えればよいかと思っています。


いやいや、何を言っているんだよ、といった意見。 または、
業界知識がとても重要になった。業務知識があったおかげで
プロジェクトが成功したといった体験談があれば教えてください。

Aベストアンサー

実は、ほぼ同意ですが...

金融などは特にそうかもしれません。
「SEには業務知識や業界知識が無いし、
システム構築上の必要最低限しか知る気も無い。
必要になるまで聞いてもこない」
ということで顧客側が外注さんの使い方を心得ていて、
そのように対応してくれることがよくあります。
また2次請け以降であれば、その辺は元請がやってくれるので、
「システムのことだけ考えてやればいい」 という場面もあるでしょうね。

その前提でいけば、
「SEやPMのミッションは納期と予算どおりにシステムを完成させることでしょう?
業務知識は顧客と業務用語で会話が成立する程度の最低限の知識でいいよね?
最大のパフォーマンスを出すためのシステムアーキテクチャ設計には
業務は関係ないよね?
その都度要望を的確に聞きだせるコミュニケーション能力こそ大事でしょ」
人によっては、
「それが業務上どう運用されるとか、顧客にどう役立ったかも興味ない」
でもSEやPM,PLとしてやっていける世界です。

おそらく貴方は成功しているわけですし、
特に問題を感じない以上、現状そのままでよいと思いますよ。
おそらく必要最低限以上ものはクリアしているものと推測しますので、
そういう方に「必要ですか?」と聞かれれば、「貴方にはこれ以上不要でしょ」
と回答することになります。
でも、入門レベルの人が業務知識を覚えることを怠けたり拒否したりしてたら
「それは違うだろ?」と思うかもしれません。

まあ、コンサルの場合は、お金の出所になる人(経営者等)に対して、
業務改善を提言、提案することがあります。その場合はやはり、
業務自体や業界動向、その分野の成功例、ベストプラクティス等
を知っている必要が出てくる場合があります。

とはいっても、「名乗ったもの勝ち」で、
「ITコンサルタント」なんて肩書きの方は、(仕事内容は別だが)いくらでもいるのが現状です。
多くの場合、実情は単に上級SEもしくはセールスエンジニアでしょうね。

実は、ほぼ同意ですが...

金融などは特にそうかもしれません。
「SEには業務知識や業界知識が無いし、
システム構築上の必要最低限しか知る気も無い。
必要になるまで聞いてもこない」
ということで顧客側が外注さんの使い方を心得ていて、
そのように対応してくれることがよくあります。
また2次請け以降であれば、その辺は元請がやってくれるので、
「システムのことだけ考えてやればいい」 という場面もあるでしょうね。

その前提でいけば、
「SEやPMのミッションは納期と予算どおりにシステ...続きを読む

Qシステムエンジニアとして知っておくべき業務知識

システムエンジニアとして仕事しています。

自分は、下請け常駐して仕事をするなど、いくつもの現場で経験を積んできました。

しかし、主に開発フェーズ寄りになってしまうため、いまいち業務に関して知識が養えていません。

珍しく、直請けで入った現場でも、やはり業務知識を身につけないといけないなと思う日々です。

見本となる先輩はいるのですが、経験してきた道はやはり違いがあるのでどうしても経験論が多いのが実状です。先輩も何か具体的な方法を教えてあげたいと思ってくれているようですが(^^;)

何か良い業務知識の本などありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

SEというのはその意味するところの範囲が広すぎて一般的には理解されていません。業務設計をするのはSEなのか、要件定義からなのか、あるいは開発に入ってからか?
通常業務設計をするのはビジネス側の人間。でもその人間でもある程度システムに詳しくないとできません。これはコンサルの仕事になります。
要件定義の基本はヒアリング、つまり業務に係る人から話を聞いてシステムに仕上げる仕事。通常の日本のSEはここからですね。ただここも業務側に人間がする事もあります。
つまりここからやる場合でも業務に精通している必要があるわけでそれは業種によってさまざまです。
上流になればなるほどシステムから離れていくというのは今までの手法。でも最近はクラウドの登場で、どこまでを社内で処理し、どこからを外で処理させるかなど、システムを業務に取り込むことが勝つ為の条件になっています。
業務を知るには直接その業界の知識を身に着けるしかありません。それは金融であったり製造業であったりその道のトレンドを把握します。
つまりこれが出来る人はコンサルとして独立出来るわけでコンサル系の勉強の仕方をするしかありません。
でも日本ではこの分野は非常に遅れてます。こういうのが得意なのは欧米です。つまり訴訟が多い国ではプロセスの作成が第一だから。
一番いい例がSAPの導入コンサル。導入コンサルだけで食って行けるのです。システムは一から作らない。既に確実に動くものを間違いなく導入し余計な感情を入れない。
試しにSAPの導入コンサルのやり方を勉強してみたらどうでしょう。
http://www.sap.com/japan/index.epx

SEというのはその意味するところの範囲が広すぎて一般的には理解されていません。業務設計をするのはSEなのか、要件定義からなのか、あるいは開発に入ってからか?
通常業務設計をするのはビジネス側の人間。でもその人間でもある程度システムに詳しくないとできません。これはコンサルの仕事になります。
要件定義の基本はヒアリング、つまり業務に係る人から話を聞いてシステムに仕上げる仕事。通常の日本のSEはここからですね。ただここも業務側に人間がする事もあります。
つまりここからやる場合でも業...続きを読む

Qエンジニアにとって必要なのは知識かそれとも考える力か?

エンジニアにとって必要なのは知識かそれとも考える力か?

どちらかと言えばどちらでしょうか?
私は知識だと思います。
皆さんはどう思いますか?

よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

まず知識があって、考える力が必要です。

しかし、これだけでは足りません。

経験から言うと、エンジニアをやっていく中でよく壁にぶつかる時があります。これを乗り越えるのは粘る力も必要です。これがないと、やっていけないですよ。

Q上流開発SEに必要な知識、経験、技術とは?

システム開発における上流工程担当のシステムエンジニア
への転職を志望している者です。

私が雑誌やネットの記事で調べた限りでは上流開発SEに必要なのは、
1.コミュニケーション能力(調整、折衝、統率)
2.業務知識(各業界のビジネスの仕組み)
3.会計、財務知識(日商簿記一級など)
4.広く浅い技術力
(情報工学、データベース、セキュリティ、ネットワークなど)

必ずしも必要とされないのは、
1.プログラミング能力(JAVA、C言語、SQLなど)
2.技術系の資格(Oracle Master、JAVA認定、CCNPなど)

現役の上流開発SEの方に質問ですが、
私の認識に間違いはないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の経験が参考となればと思い、発言します。
項目として、挙げられている内容は概ね間違いは無いと思います。
キャリアアップのために必要なポイントについて

>1.コミュニケーション能力(調整、折衝、統率)

実務を行ううえでは、「分析力」「企画立案力」が重要です。
RFPから顧客の目的を察して、計画立案、費用見積、危険予測を行う必要性があります。私の経験ではプロジェクトの成否の70%ぐらいはここで決まります。
その計画に基づいてプロジェクトを運営し、計画修正や新たな危険予測に必要な手法として「コミュニケーション能力」があります。
「コミュニケーション能力」は、判断基準が無いため経験より察するしかありませんが、実際に話をするとすぐに解るものでもあります。
まずは、経験を積むしかないというのが提案です。
この経験を積む為に重要なキーワードは、「議事録作成」だと思います。

>2.業務知識(各業界のビジネスの仕組み)
>3.会計、財務知識(日商簿記一級など)

上記2項目は必要です。加えて関連する法律についても学ぶ必要があります。
また、業務実態に関する知識も必要です。(繁忙期、日常業務等)

>4.広く浅い技術力

他の回答者様のご意見のとおり、元となる深い技術力があり、全般的に理解している必要があります。(その技術の目的、用途、問題点、実装方法等)

>1.プログラミング能力(JAVA、C言語、SQLなど)

言語系が1系統、加えてSQLが望ましいと思います。
ロジック図の作成、他のSEとの責任分解、検証ができる程度が望ましいと思います。

>2.技術系の資格(Oracle Master、JAVA認定、CCNPなど)

あれば転職には有利だと思いますが、実務では有効に使えなければ意味がありません。

全体を通して、上流工程のSEとなるためには、そのための勉強ももちろん必要ですが、経験も必要です。
まず経験を積むための努力をしたほうがいいと思います。

1.PMについて議事録作成をする。
 (報告者の欲しい観点で作成すること、事実は手を加えない)
2.顧客折衝の場に積極的に参加する。
3.現状プロジェクトに参加しているのであれば、現プロジェクトの資料の意味を理解して、自分なりに分析し、企画立案、危険分析を行う。
 (但し、行うだけです。実業務に反映できるのであれば意見するのもあり、だとは思いますが、プロジェクトが混乱するので自分の力量と相談してください。)

できるSEは、2日あればプロジェクトに参画できます。
(あらかじめ、RFP、顧客企業名があるとしてですが)
そのようになれるよう経験を積んでください。
がんばってください。

私の経験が参考となればと思い、発言します。
項目として、挙げられている内容は概ね間違いは無いと思います。
キャリアアップのために必要なポイントについて

>1.コミュニケーション能力(調整、折衝、統率)

実務を行ううえでは、「分析力」「企画立案力」が重要です。
RFPから顧客の目的を察して、計画立案、費用見積、危険予測を行う必要性があります。私の経験ではプロジェクトの成否の70%ぐらいはここで決まります。
その計画に基づいてプロジェクトを運営し、計画修正や新たな危険予測に必...続きを読む

Qシステムエンジニア,ソフトウェアエンジニアの違い

システムエンジニアとソフトウェアエンジニアで、大きく違う所はあるのでしょうか?
システムエンジニアは
"顧客の目的や要望を把握したうえで、それにふさわしいシステムを設計する仕事"
ですが、「システム」を「ソフトウェア」に置き換えた仕事が
ソフトウェアエンジニア なのでしょうか?

また、ソフトウェアエンジニアとプログラマーは全くの別物なのでしょうか?

Aベストアンサー

”システムエンジニア”という語は、ソフトウェアエンジニアが良く使います。このソフトエンジニアは中小企業に多く見られます。
小企業のプログラマは、ソフトウェアエンジニアの語を使います。では、大手のソフトエンジニアは、システムエンジニアとは
自ら言いません。システムエンジニアは、ハードウェア、ソフトウェアを含めたシステム構成にかかるコンセプト設計をします。
したがってソフトウェアをシステムと置き換えられませんが、占める割合(開発費が)が多いので、その一部であってもシステムと
やや聞こえよく言っているようでもあります。そもそもシステム自体の規模が、それを担う会社によって違うので一概に言いませんが
その分野のプロならどういうつもりでいっているが分かります。言い換えるとソフトウェアエンジニアとプログラマーには、大方呼称の
違いはあるものの実作業に大きな違いありません。プログラマであっても名詞の肩書きにはソフトウェア開発エンジニアだったりして。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報