音楽が最高な映画をART-SCHOOLの木下理樹が紹介!!

工場排水試験方法JIS K 0102 と浄水試験方法の違い
を知りたいです。もちろん、対象とする水が工場排水と浄水という違いがあるのはわかりますが、
実際にどのような違いがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

浄水試験方法はありません。



質問者が、どのような回答をお望みなのかわかりかねますが、本質的には以前「下水試験方法」と「上水試験法」の違いと、大差ありません。

上水試験法では、人間が長期間飲用に用いて大丈夫かどうかを調べるための試験法で、水道水―地下水に含まれる可能性がある有害物質を高感度で検出するためのやり方を集めたものです。そのため、重金属類(Cd、Pb、Hg)、消毒副生成物質(トリハロメタン、ホルムアルデヒド、ハロ酢酸など)や、環境ホルモン(基準項目ではないが;エストラジオール、MX、ビスフェノールなど)、農薬類、微生物など内容は豊富です。

JIS K 0102は、工場排水試験方法であり、想定濃度も比較的高めです。検査項目もBOD、n―ヘキサン抽出物、DOなど排水特有の(飲料水ではありえない)項目となっております。

試験方法の違いですが、上水試験法は固相抽出 GC/MS法などクロマト分析が多用されており、 JIS K 0102は、蒸留-比色分析が今なお特徴的です。また、今は双方認められていますが、金属類の分析では上水試験法がICP-MS、0102はICP発光など、差別化されておりました。

それから、同じ項目でも、定義が異なり、混乱の原因を作っている項目もあります。
フェノール、陰イオン界面活性剤、シアンなどです。

詳しく説明すると大変なので、この辺で。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上水試験方法と下水試験方法の違い

水質を測定するのにどのような方法を使うのかを調べていたら
上水試験方法と下水試験方法があることがわかりました。
上水試験方法は上水を分析するため、下水試験法は下水を分析するためということはわかるのですが、アンモニアの測定など、両方に載っている水質項目などは上水試験方法と下水試験方法で測定方法に違いがあるのでしょうか?もし、違いがある場合は私の分析水がどちらに近いのかということを判断してどちらを使うかを決めたいと思います。
また、これらの本はどこで購入できるのでしょうか?詳しい方、情報をお願いします。

Aベストアンサー

上水試験法と下水試験法では、測定物質の定義、測定範囲(検量線範囲)使用する溶液の濃度、前処理法などが違います。

たとえば、上水試験方法では過マンガン酸カリウム消費量、下水試験方法ではCODと定義が異なるものがありますし、前処理法?として、CODでは相当量の硝酸銀を加えます。これはマトリクスの違いによるものです。

さらに滴定する溶液の濃度も違いますし(当然、上水の方が低濃度)反応時間も違います。
アンモニアの場合、測定範囲が違ったと思います。(比色の場合、使用するセルの光路長も違うものもある)
要するに、
きれいな水で、妨害の少ない、低濃度試料の場合は、上水試験法。
汚い、高濃度試料の場合は、下水試験法となるのが一般的ですが、使い分けは、まず第一に該当する関係法令です。

分析法は、この2法だけでなく、有名なところでは、JIS K0102やK0101、鉱泉分析法指針、衛生試験法などいろいろあります。

購入方法は、検索すれば、すぐに出ます。

Q熱灼減量について教えてください

廃棄物(ごみ)の燃焼、焼却に関する文章に「熱灼減量」という用語が出てくるのですが、具体的な意味が分かりません。
「熱灼減量」について、お教えください。

あるサイトには、
廃棄物を燃焼炉で燃焼させた場合のこととして、以下のような主旨の文があります。
「主灰の性質」
主灰の熱灼減量は、酸素富化運転の場合、熱灼減量は1/3
程度に減少しており・・・・・・
(通常3%が酸素富化運転では1%になっています)

因みに、「熱灼」は広辞苑、家にある漢和辞典にも見当たりません。「熱灼」は「燃焼」とは何か違うことなのでしょうか?
また、ゴミの燃焼について書いてある私有の本には「熱灼残留物」は「ゴミ」を燃やして残るもの:灰分とあります。これはこれで納得しています。

Aベストアンサー

減量というと減った量のことを示します。
熱灼という言葉の語源はわかりませんが、たぶん強熱するという意味だと思います。(高温に加熱する)
普通、焼却炉での燃焼では、完全に可燃物を焼却できることはないので、必ず、未燃焼成分が残ることになります。この未燃焼成分を完全に焼却するために、熱灼する必要があるのでしょう。

以上から、焼却灰を強熱したときに減る量のことを示していると思います。
このとき減る量として考えられるのは、可燃物しかないので、
>水分を含むかどうかは別にして、要は焼却灰中の可燃分と考えれば良いのでしょうか。
ということで良いと思います。

その測定法は、旧厚生省からの通知で説明されているらしいです。(原文を見つけることができませんでした。)しかも、何度か改正されているようです。

ただ、下に示したURLのA-5では
"105±5度乾燥(恒量まで)~10mmふるいで不燃物除去~600±25度3時間強熱"
となっているようです。

参考URL:http://www.eic.or.jp/QA/bbs02.php3?serial=1584

減量というと減った量のことを示します。
熱灼という言葉の語源はわかりませんが、たぶん強熱するという意味だと思います。(高温に加熱する)
普通、焼却炉での燃焼では、完全に可燃物を焼却できることはないので、必ず、未燃焼成分が残ることになります。この未燃焼成分を完全に焼却するために、熱灼する必要があるのでしょう。

以上から、焼却灰を強熱したときに減る量のことを示していると思います。
このとき減る量として考えられるのは、可燃物しかないので、
>水分を含むかどうかは別にして、要は焼...続きを読む

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。


人気Q&Aランキング