大変お恥ずかしい話なのですが、私の兄はお金に対してとてもルーズですぐサラ金に手を出してしまい、家族ともども大変苦労しております。 またいつ我々家族の知らないところで借金を膨らませているかと思うと生きた心地がしません。 

「カバチタレ」と言うマンガの中で、『信用情報機関』で借金癖があることを自ら登録する『本人申告制度』というのがあるのを知ったのですが、その『信用情報機関』というのはどこにあるのでしょうか? こういった問題に詳しい方は是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

管理者より:


同等の質問があるのでそちらをご参照下さい

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=58692
    • good
    • 0
この回答へのお礼

申し訳ありませんでした。
後でカテゴリを見直したところ、こちらの方が質問の内容に合っていると思い、同じ内容を登録してしまいました。
以後、気をつけます。

お礼日時:2001/04/04 00:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q信用情報機関

過去の失敗で信用情報機関で事故しています。

事故歴がなくなるまで住宅ローンは組めないので使用か?

どこか組める所は存在するのでしょうか?

Aベストアンサー

事故起こしたのはどちらかの金融機関かにもよりますね

Q信用情報機関の登録内容

信用情報機関の登録内容について

どなたか教えてください。

融資をうける際借入れ状況等調べられるとおもいますが

信用情報機関にはどのような情報が登録されているのでしょうか?

いろいろ検索してみたのですが・・・

機関によっては、所得金額(月給・年収)なども登録されているのでしようか?

Aベストアンサー

> (所得金額は、)希望すればどの機関でも載るという事でよろしいですか?
> 希望して載せる場合はどのような時でしょうか?
> 又、希望していないのに載ってる場合金融屋さんにメリットはありますか?
希望される方は殆どいらっしゃらないと思いますし、希望していないのに載っていることはないと思います。
仮に載っていても、金融機関ではそれを見て判断することはありません。
また、それによるトラブルも発生しないとは思いますが…。

私が知っているのは、銀行等金融機関(私の勤務先は「銀行」ではないのでこのような書き方をさせていただきます)における「融資審査」と銀行等金融機関の関連の保証機関の「保証審査」の実態だけですが、それに基づいて少しお話をさせていただきます。

ご質問者さま「個人」が、銀行へ「個人融資」(住宅ローン、自動車ローン、フリーローン、カードローンなどなど)を申し込まれるとします。
その際には、申込書以外にもいくつかの書類を提出していただくことになります。
多くの金融機関では、提出書類の中に「前年の」「年収を証明できる書類」があります。
「前年の」「年収を証明できる書類」としては、勤務先が発行する源泉徴収票、確定申告書の控(税務署の検印を受けたもの)、所得証明書、納税証明書などが有効です。
これによって、収入に対する借入割合を算出して、「融資審査」や「保証審査」の判断材料の1つにします。
個人信用情報機関への個人信用情報の照会も、この融資審査や保証審査の際の判断材料の1つです。
これらも考慮して「保証可・不可」、「融資可・不可」を決めますが、その際、個人信用情報機関への個人信用情報を照会したところ、収入に関する情報が登録されていたとしても、それは「公的証明」ではないので、判断に影響は与えないのです。
ですから、登録してあっても何も影響しません。
例えば、前年までと比較して今年の年収は、格段に多いものになるからそれをアピールしたい…と思って登録されても、全く考慮されません。

#3さまへのお礼の
> >覚えのないカード情報が載っている事もあるので
> 借りてもない情報がのる場合はどのような場合でしょうか?
についててですが、可能性はいくつか考えられますが、「カード情報」に限定するならば、多いのは
・ご本人には覚えがなくても家族が(勝手に)利用した場合
・スキミング等による被害
ですね。
・同姓同名の別人の情報が入り込むこと
もありますが、カードに限ればこれは少ないです。

> (所得金額は、)希望すればどの機関でも載るという事でよろしいですか?
> 希望して載せる場合はどのような時でしょうか?
> 又、希望していないのに載ってる場合金融屋さんにメリットはありますか?
希望される方は殆どいらっしゃらないと思いますし、希望していないのに載っていることはないと思います。
仮に載っていても、金融機関ではそれを見て判断することはありません。
また、それによるトラブルも発生しないとは思いますが…。

私が知っているのは、銀行等金融機関(私の勤務先は「銀行」では...続きを読む

Q信用情報機関について。

債務整理で信用情報機関に載るということは同居の家族も借り入れが出来なくなるということでしょうか。もしそうなら別居すれば、そうではなくなるのでしょうか?

Aベストアンサー

信用情報機関の登録情報は家族単位ではなく、個人の情報が載っているだけです。

ですから、たとえば、親が債務整理をして、その子供が借り入れ申込をしたときに、審査で使う信用情報はその子供の分だけですので、親が債務整理をしたという事実は分からず、影響ありません。
しかし、親が債務整理をした会社に子供が申し込んだ場合は、その会社内部の情報で、親と子供の情報が結びつけられるかもしれません。そうなると、親が債務整理をするなら子供も、という判断となって、借りられないという可能性はあります。

Q個人信用情報機関の記録について

いつも、ありがとうございます。
皆様からの回答で助かっています。
今回も、どうぞ宜しくお願い致します。


4年前に1度だけ当日の楽天クレジットカードの引き落としに間に合わず、慌てて翌日に此方から楽天クレジットカード会社に電話連絡し振込をした事が御座います。

この情報は個人信用情報機関のクレジットカードの支払い記録にA(延滞=事故)と付くのでしょうか?

また、記録は最長で5年間残っているのでしょうか?

その後は、支払い遅れは無く楽天カードを使用しています。

この度、住宅ローンの審査を受けるにあたり審査の影響を恐れております。

皆様のお力をお借りしたいと存じますわ
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> A(延滞=事故)と付くのでしょうか?
付きますね。
ただ、入金履歴の事であり、「延滞=事故」と言う意味ではないですけどね。

> 記録は最長で5年間残っているのでしょうか?
そうなりますね。
ただ、入金履歴は、前24回の履歴ですので、その後もカードを使っていれば、最短2年で自動消去です。
また、住宅ローンなどの高額なものの審査であっても、前24回の中の1回程度は、問題ないとして無視されます。
複数回ある状態なら審査に影響してきますが。

> 住宅ローンの審査を受けるにあたり審査の影響を恐れております
その後も使い続けているのですから、審査時にその事を知る可能性は無いので、問題ないと思われます。

Q全国銀行個人信用情報センターと提携する個人信用情報機関とは?

住宅ローンの審査の際、それぞれの銀行が利用している
個人信用情報機関は異なると思うのですが、見方がよく
わからないものがあります。


例えば、中央三井信託銀行の場合、


<銀行もしくは保証会社が加盟する個人信用情報機関>

として、
(1)全国銀行個人信用情報センター
(2)株式会社シーシービー


更に、

<全国銀行個人信用情報センターと提携する個人信用情報機関>

として、
(1)全国信用情報センター連合会(全情連)加盟の個人信用情報機関
(2)株式会社シー・アイ・シー


となっています。

<全国銀行個人信用情報センターと提携する個人信用情報機関>
とは、どういうことなのでしょうか・・・・(CRIN情報のことでしょうか?)

詰まるところ、どちらの信用情報を参考にしていると
考えればよいものなのでしょうか。

どうぞ宜しくお願い致します。


https://sd-1.chuomitsui.co.jp/loan/LNKojinHogo.html

Aベストアンサー

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローンを担当したこともあり、一時期、保証機関に出向して保証審査を担当していたこともある者です。
その関係で、一応CIC認定の個人信用情報取扱主任者の資格も取得しました。

> <全国銀行個人信用情報センターと提携する個人信用情報機関>
とは、どういうことなのでしょうか・・・・(CRIN情報のことでしょうか?)
はい。そうです。CRINのことです。
個人情報の「共同利用」の関係で、その旨の記載をしなければならず、中央三井信託銀行では直接加盟している「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」からCRINを通じて、「全国信用情報センター連合会(全情連)加盟の個人信用情報機関」と「株式会社シー・アイ・シー」にも一部の情報が交流情報として利用されるため、<全国銀行個人信用情報センターと提携する個人信用情報機関> という書き方がされます。

> 出来るなら、CICを直接利用しない銀行を探していました。
CICは、信販・クレジット系の個人信用情報機関なので、銀行等金融機関では直製加盟していないところも多いです。
ですが、住宅ローンの利用にあたって「保証会社(機関)保証」を利用されるのならば、保証会社(機関)の多くはCICに加盟しているので、結果としては同じになります。
ご参考までに、私の勤務先はKSCにしか加盟していませんが、利用する保証機関がCICに加盟しています。
こういうパターンが多いです。

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローンを担当したこともあり、一時期、保証機関に出向して保証審査を担当していたこともある者です。
その関係で、一応CIC認定の個人信用情報取扱主任者の資格も取得しました。

> <全国銀行個人信用情報センターと提携する個人信用情報機関>
とは、どういうことなのでしょうか・・・・(CRIN情報のことでしょうか?)
はい。そうです。CRINのことです。
個人情報の「共同利用」の関係で、その旨の記載をしなければならず、中央三井信託銀行では直接加盟している「全...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報