賢いポイント生活をはじめよう >>

診療明細書の点数に就いて

後期高齢者78歳です、2~3ヶ月前より、右肩の痛みで
通院中です、最近「診療明細書」を戴く様に成りました。
下記の点数は適正かどうか、ご助言お願い致します

[関節腔内注射]
アルツディスポ関節注25Mg 1%2.5mL  1筒  点数244
類似の参考URL
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

関節腔内注射の手技料が80点


アルツディスポ関節注25mg1%2.5mL 1筒が1637円(164点)
合計244点
何も問題ないように思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答感謝いたします、有り難う御座いました。

お礼日時:2010/05/18 17:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルツ・猫魔 スキー場

アルツ磐梯と猫魔が連結し、東北最大級のスキー場になったとのこと。

アルツ磐梯と猫魔は、簡単に往きかうことができるのでしょうか。
多少、歩いて峠越えの必要があるのでしょうか。

コース案内では、上部が山の裏表になっています。
初心者の私は、アルツ磐梯側におりるのは、上級コースしかなさそうなので難しそうですけど、もし、頂上でつながっているのでしたら、無理をしてでも、一度はいってみたいです。

Aベストアンサー

無理はお止め下さい。


え~と、連結と言っても運営主体が同じになっただけで、物理的には連結していません。
将来的には、連結も視野に入れているのでしょうが国立公園内ですので
簡単ではないでしょう。


ちなみに、アルツ磐梯のサイトには

以下引用

「アルツスノーアカデミー」で開催予定の「峠超えレッスン」を、諸事情により中止させていただきます。
皆様方には、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

また、アルツ磐梯と裏磐梯猫魔スキー場間の猫魔ヶ岳を越えての往来はできませんので、ご注意ください。

ここまで。

との発表文がありますね。

Q治療費(診療明細書の点数)について

身内が自殺して亡くなりました。
病院から治療費の請求を受けました。
診療明細書で救命救急入院料4・救命救急入院料(3日以内) 点数11211とありました。つまり、金額112,110円です。
病院で治療行為~死亡確認まで2時間くらい、死体安置で2時間くらい病院に遺体がありました。
半日も病院にいませんでした。
それなのに、112,110円というのは、おかしくないでしょうか?
どうして、そんなに高い金額を請求されなくてはいけないんでしょうか?
どなたか、わかる方がいたら教えて下さい。

*一応、保険適応だと言っていたので、10割ではなく、3割負担分請求されています。

Aベストアンサー

「救命救急入院料4・救命救急入院料(3日以内)11,211点」保険診療で定められた点数です、間違いありません。
1日単位での計算になります、時間単位ではありません。

健康保険のルールが不満なら、自費診療を受けるしかありませんね。
自費診療なら交渉次第でしょうが、まあ、医療機関側は応じないでしょう。

保険のルールと言えば、本来、自殺など自傷行為は本来保険適用外です。
精神疾患などが理由の場合にのみ保険適用となります。

Q医薬品インタビューフォーム

ビタミンB1関係の製剤について調べています。
製薬会社などの製品情報をみると「医薬品インタビューフォーム」という、その製剤について詳しくかかれた文書がたくさんありました。

この「医薬品インタビューフォーム」というものは、そもそも何のために作成されたどういう利用がされるものなのでしょうか
日本病院薬剤師会の規定に従って書かれたものみたいですが、その薬剤師会のホームページでもよくわかりませんでした。

ご存知の方いらっしゃいましたら教えていただけますと幸いです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

薬剤師が、有る薬品を評価する時、以前よりメーカーの医療情報担当者にインタビューして収集していた情報を「医薬品インタビューフォーム」として位置づけを明確化し、その記載様式を策定(1998年)したのものです。
つまり、同じような作用を持つ薬品はたくさんあり、全ての薬品が、各々の医療機関に採用される訳では有りませんので、どの薬品を採用するかなどを決定するため等の基礎となる資料です。
その他、製剤の安定性などの情報もあり、実際に臨床の場で使用される時の参考データとして使用することもあります。
もちろん、発売時(平成11年1月新発売の薬品から)に最初に作成されますが、臨床の場で使用されると随時、情報は新しくなりますので、加筆、改定していく必要があります。
入手されたインタビューフォームが最新のものであるかどうかにご留意され、ご利用下さい。

Q後期高齢者診療料

こんばんは。
後期高齢者診療料について教えて下さい。

後期高齢者医療制度へは75歳以上と65歳以上で広域連合から障害認定を受けた人も対象となりますが、
その一定の障害がある65歳以上の人も、後期高齢者診療料600点を算定できるのですか??
後期高齢者診療料の対象となるのは75歳以上だけですか??

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして。 後期高齢者医療制度の対象者は、75歳以上の方と一定の障害があると認定された65歳以上の方です。どちらも後期高齢者診療料の算定ができるはずですが、受診されてる医療機関が、厚労相が定める施設基準を満たしている(適合している)として地方社会保険事務局長に届け出した場合に算定できる医学管理料です。

また、外来患者に適用され、入院患者では算定できない、厚労相が定める疾患を主病にし、後期高齢者の特性をふまえ、患者の同意を得た上で診療計画を定期的に作り、その管理の下に、栄養・安静・運動・
日常生活に関する指導そのほか療養上必要な指導・診療(後期高齢者診療)をおこなった場合に、患者一人につき、月1回算定できます。
ただ、初診料算定の月と同一月に入院日や退院日がある月は、算定できません。

参考になれば幸いです。

Qアルツ磐梯近辺の宿

教えてください。
今冬にアルツ磐梯に10人ぐらいで滑りに行こうと考えています。
そこで、10人ぐらいがまとめて泊まれるようなロッジを教えて
くれないでしょうか?リゾート・イン・アルツに5~6人が一度に
とまれるような部屋があることは知っているのですが、できれ
ば、ロッジのようなところのほうが良いのです。

情報をお待ちしています。

Aベストアンサー

地元出身者です。
10人ぐらいということなら、貸し別荘はいかがでしょうか?
旅館や、ホテルと違って、建物同士が離れて建っているため
大勢で行っても多少はバカ騒ぎできるし(^^ゞ
ナイターなど滑っても、宿の夕食時間など気にせずに
すべりも満喫できますよ。
私は地元出身なので福島方面に滑りに行くときは実家に泊まりますが
関越、上越方面にみんなで行くときは貸し別荘を結構良く使いますよ。
クルマじゃないと、ホテルのように送迎がないので、厳しいかもしれませんが…

猪苗代周辺には「しゃくなげ平」という貸し別荘群があり、
第1は猪苗代スキー場、ミネロなどの猪苗代町近辺や
猫魔などの裏磐梯方面に便利です。
第2は箕輪や沼尻が便利です。
第3はアルツやリゾートスキー場が便利です。

ただ、第2は、猪苗代の町の中心部から離れるため
第1や第3と違って、貸し別荘を借りた場合、
スーパーなどに遠く、近くの商店は早めに閉まるため
食材の買出しに不便かもしれません。
参考URLで大体の見当はつかめるとおもいます。
またYahooやGoogleなどで「しゃくなげ平」と打てば
結構HITします。
ただ、貸し別荘経験者として、一言付け加えますと
同じ貸し別荘集落でも、建物が新しいものもあれば
古いものがあったりということあるので
その辺もCHECK忘れずに。

長々と書いてしまいましたが、参考までに(^.^)
それでは、楽しいスキー&スノボを(^.^)/~~~

参考URL:http://www.icu-net.com/cottage02.html

地元出身者です。
10人ぐらいということなら、貸し別荘はいかがでしょうか?
旅館や、ホテルと違って、建物同士が離れて建っているため
大勢で行っても多少はバカ騒ぎできるし(^^ゞ
ナイターなど滑っても、宿の夕食時間など気にせずに
すべりも満喫できますよ。
私は地元出身なので福島方面に滑りに行くときは実家に泊まりますが
関越、上越方面にみんなで行くときは貸し別荘を結構良く使いますよ。
クルマじゃないと、ホテルのように送迎がないので、厳しいかもしれませんが…

猪苗代周辺には「しゃ...続きを読む

Q後期高齢者制度が導入されてからの診療報酬について

 病院の診療報酬について質問します。

(1)後期高齢者制度が導入されてから、後期高齢者とそれ以下の世代がそれぞれ病院で診察を受けた時、国がその病院に支払う診療報酬(医療の値段)は、後期高齢者の方がそれ以下の世代よりも安いというお話を聞いたのですがそれは本当でしょうか?

(2)もし(1)が本当ならば、後期高齢者制度が導入される前は、後期高齢者もそれ以下の世代も国が病院に支払っていた診療報酬は(医療の値段)は同じだったということなのでしょうか?

 ちなみにですが、後期高齢者制度が導入される前も後も、後期高齢者の患者自身が支払う医療費の窓口負担は「原則1割」で変わっていないそうです。

 分かりにくい文章ですみませんが、分かる方がいらしたらぜひ回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答がついていないので、回答します。
誤った部分もあるかもしれないので、参考程度に読んでください。

まず診療報酬は国が病院に支払うものではありません。
保険者が病院に支払うものです。

これを大前提として、診療報酬の高さ、低さについて考えた場合は、

(1)は「ちがいます。」例えば、後期高齢者とそれ以下の世代が病院で例えば同じ程度の風邪で診察を受けた場合、診療報酬は基本的に同じです。(病院の設備、医師の検査や投薬などが同じだとして)

(2)は(1)がすでに間違っていますが、後期高齢者制度が導入される前も後も診療報酬は、後期高齢者とそれ以下の世代で同じです。



以下は国が支払う金額という視点で考えた場合です。

(1)について。
「それ以下の世代よりも安い」これは一概にはいえません。

http://www.kenporen.com/m_knowledge/01.html#4

上記を見ていただくと「それ以下の世代」が加入している医療保険制度がいくつかあることがわかると思います。書かれているように一般的なサラリーマンが加入している、組合管掌健康保険の場合、

http://www.kenporen.com/m_knowledge/02.html#2

のように被保険者が健保組合に払った保険料で7割を、患者が窓口で3割を払います。ということはこの場合、国はまったく病院に支払っていませんね。

国民健康保険や、政府管掌健康保険などでも基本的には被保険者からあらかじめ徴収した保険料と、患者の窓口負担で10割という構造は変わらないと思われます。基本的には国が病院に支払うのではなくて、保険者が集めた保険料で支払っていることになります。

上記で「それ以下の世代」の時、ほぼ国は病院に支払わないということになります。

では「後期高齢者の方」はどうか?

http://www.kouiki-hyogo.jp/2-1summary.html

の【厚生労働省資料】新たな高齢者医療制度の創設(平成20年4月)

を見ればわかるかと思いますが、患者の窓口負担1割と後期高齢者から徴収した保険料+前述の「それ以下の世代」から集めた保険料の一部+公費となります。

ここでいう公費は国の支払+都道府県の支払+市町村の支払ですから、ここには国が病院に支払う金額が発生します。

したがって後期高齢者の方のほうが、それ以下の世代よりも国がその病院に支払う額が通常多いということになり、(1)は誤りだということになります。

(2)について。
(1)はすでに誤りなのですが、後期高齢者制度の導入前は患者の窓口負担1割と前述の「それ以下の世代」から集めた保険料の一部+公費でした。厳密に言うと窓口負担は金持ちは3割、一般人は1割、貧乏人はそれ以下でした。

前の後期高齢者制度の導入後となにが違うかというと、後期高齢者から徴収する保険料がないということになります。公費については変わりありませんので、国が病院に支払う金額が発生します。

したがってこの場合も後期高齢者の方のほうが、それ以下の世代よりも国がその病院に支払う額が通常多いということになり、(2)も誤りだということになります。


まとめると
・診療報酬自体は、導入前後で変わっていない。
・後期高齢者もそれ以下の世代も診療報酬は同じ。
・変わったのは後期高齢者から保険料を徴収するようになった。
・この為、国・都道府県・市町村の負担が減った。

回答がついていないので、回答します。
誤った部分もあるかもしれないので、参考程度に読んでください。

まず診療報酬は国が病院に支払うものではありません。
保険者が病院に支払うものです。

これを大前提として、診療報酬の高さ、低さについて考えた場合は、

(1)は「ちがいます。」例えば、後期高齢者とそれ以下の世代が病院で例えば同じ程度の風邪で診察を受けた場合、診療報酬は基本的に同じです。(病院の設備、医師の検査や投薬などが同じだとして)

(2)は(1)がすでに間違っていますが、後期高...続きを読む

Qアルツと羽鳥湖 子供と一緒に行くのにお勧めはどっち?

週末に東京都区内から朝発車で家族スキーを計画中です。
アルツ磐梯か羽鳥湖かで迷っています。
子供は2歳と小学生です。
アルツは楽しそうだけどまでは朝発では遠いかとも思いまして・・・。
せっかく行くので自分も多少は滑りたいのですが、羽鳥湖は初級者用なんでしょうか?
今まではパルコールや焼額などが斜度的には好きでした。
妻は初級レベルです。
家族も楽しめて、自分も楽しめるのってどっちなんでしょうか?

Aベストアンサー

パルコールと焼額山というと性格が異なりますが……

パルコール:初級~初中級
焼額山:初中級~中級

という印象があります。

パルコールが好きだとすると羽鳥湖になりますが、
焼額山が好きだとするとアルツもアリですね。
焼額山のジャイアントスラロームがストレスなく滑れるレベルなら
アルツもいいのでは。
初級レベルなら羽鳥湖でしょう。

Q歯科診療録と診療報酬明細書について

医療関係の書類に関して素人ですので、教えて下さい。

1、歯科診療録の表紙の傷病名と診療報酬明細書の傷病名は、一致していることが法的に義務付けられていますか?その場合、どのような法律によって義務付けられているのでしょうか?(健康保険?条など具体的に教えて頂けると助かります。)

2、歯科診療録の表紙には、日々の診療録に記載がある傷病名は必ず記載する事が法的に義務付けられていますか?健康保険?条など具体的に教えて頂けると助かります。)

3、2の逆ですが、日々の診療録にまったく記載がない傷病名が、歯科診療録の表紙に記載されているということは通常よくあることなのでしょうか?またその理由にはどういったものが考えられるのでしょうか?(私自身の経験ですが、そのような事がございましたので、お伺い申し上げます)

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

補足だと気付かなかったもので。

http://health.goo.ne.jp/medicine/search/288_1/ro/0/indexdetail.html

このサイトだと処方目的・適応の欄がそうです。
最終的にはレセプト審査する機関が決めるので,必ずしも一致した病名である必要はないですが。

Qよく効く非ステロイド系消炎鎮痛剤及びヒアルロン酸注射

変形性膝関節症を患っています。症状の程度は一番軽いのがステージ1、重いのがステージ5とすると、私のはステージ4だそうです。

関節鏡での手術後は、筋力強化やストレッチなど、色々な努力をしていますが、時に強い痛みが起こることがあります。そういう時は一時的にでも薬の力に頼りたいと思います。

血圧降下剤(ノルバスク2.5mgとケルロング5mg)も飲んでいて、あまり肝臓に負担をかけたくありません。先日の肝機能検査ではGPTが49でした。この数値はたいしたことはないようですが、今までで最高値です。

このサイトではおすすめの薬を教えて頂くことはできないので、回答者様が経験的に良かった薬ということで教えて頂きたく思います。

非ステロイド系鎮痛消炎剤で、効きが強く、副作用が少ないもので良かったものはありましたでしょうか。
また膝へのヒアルロン酸注射(スベニールまたはアルツ)の経験がある方にもその効果をお聞きしたいです。

Aベストアンサー

整形外科にいたことがあります。

>非ステロイド系鎮痛消炎剤で、効きが強く、副作用が少ないもの
整形で良く使われるモービックは比較的効果は弱く、ロキソニンは効き目が良かったと思いました。
副作用も長期にならなければ問題はありません。

>ヒアルロン酸注射(スベニールまたはアルツ)
痛みの酷いときにはステロイドが良いと思います。
痛み、腫れが退いたところで、ヒアルロン酸の関節内注射を週に1回、コンスタントに続けてみては如何でしょうか?
痛み等がなければ間隔を空けても良いでしょうが
担当医と良く相談されてください。

お大事にしてください。

Q診療費の明細

先日 4歳の子供の嘔吐と腹痛が気になったので近所の総合病院の小児科を受診しました。問診・聴診・触診をし、
投薬や治療は行わず、食事について少し説明がありました。ノロウィルスと同じ類の胃腸炎とのことで、時々機嫌が、悪いぐらいで元気な方だったのでそのまま様子を見るように言われました。会計の請求明細が、診療点数327点
3割負担。診察料981 特定医療費1000 +税で 合計で2030円の支払いでした。こちらの病院への最終受診は昨年の10月末でした(皮膚科)小児科には一年前になります。家で「ただ見ただけで2000円??高いね・・」と言われて・・う~ん^^;そうなのかな? この場合特定医療の対象というのは、小児科にかかったのが一年前だから新患扱いという意味なのでしょうか?なんだか病院に聞きにくくてこちらに来てしまいました^^;無知ですみません(恥)

Aベストアンサー

 概ねこれまでの回答で概要は示されていますので、若干の補足を。

 まず初診料について。病院の初診料が通常255点、6歳未満の場合はこれに乳幼児加算72点を足して327点になります。初診料以外には点数算定がされていませんから、診療内容に比して妥当なものです。

 次に特定療養費について。皆さんのおっしゃるように紹介状なしに200床以上の大病院を受診する時には特別な費用(自由に定めることができるが、金額は地方社会保険事務局に報告する必要がある)を取ることができます。けれどもこれを取るための要件として、「患者への情報提供を前提とし、患者の自由な選択と同意がなされたものに限られるとする」と定められています。tasukudon2000さんは、こうした特別な費用が取られるということを事前に認識しておられなかったのですよね? そこがいささか気になります。

 病院窓口で受付をする際に事務員から「紹介状はありませんか?」などと聞かれませんでした? 普通はそれを確認して、紹介状がなければ「特別な料金がかかります」と伝えるものです。けれど、それを省略して窓口付近にそうした内容の張り紙をして済ます病院も少なくありません。困ったものです。

 といって「同意をしていないから1,050円返せ」とゴネることはお勧めできません。料金設定そのものは保険診療のルールに則ったものの筈ですから。その一方、このまま黙っていると同じような不満を抱く患者さんが跡を絶ちません。機会があれば病院窓口に一言注意してあげてください。

 アカウンタビリティ(説明責任)の問題を、もっと医療関係者(医療職も事務職も)は意識する必要がありますね。

 概ねこれまでの回答で概要は示されていますので、若干の補足を。

 まず初診料について。病院の初診料が通常255点、6歳未満の場合はこれに乳幼児加算72点を足して327点になります。初診料以外には点数算定がされていませんから、診療内容に比して妥当なものです。

 次に特定療養費について。皆さんのおっしゃるように紹介状なしに200床以上の大病院を受診する時には特別な費用(自由に定めることができるが、金額は地方社会保険事務局に報告する必要がある)を取ることができます。けれども...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報