小学6年の子供に<父は子の体重の1.6倍で父と子の合計体重は126.1kgの場合父と子の体重はそれぞれ
何kgですか?>の問題を質問され教えることが出来ません・・・。
どなたか助けて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 子どもの体重を□(Kg)とする。


親は子どもの1.6倍の体重であるから、□x1.6と表せる。
□x1.6+□ = □x2.6 = 126.1
□ = 126.1÷2.6 = 48.5
子どもは48.5(Kg)
親は48.5x1.6 = 77.6(Kg)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

グレイト!

お礼日時:2010/05/19 21:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学6年?の算数問題で<父の体重は子の体重の1.6倍で父と子の体重の合

小学6年?の算数問題で<父の体重は子の体重の1.6倍で父と子の体重の合計は126.1kgである時の父と子の体重はそれぞれ何kgですか>を子供に教える方法が解りません!
どなたかご協力お願いします。

Aベストアンサー

子供の体重を1,父の体重を1.6とすると合計で2.6になります。126.1÷2.6=48.5で1(子供の体重)が出ます。後は126.1-48.5でもいいですし,48.5×1.6でも父の体重が出ます。

Q平面図形を横(縦)にk倍したら面積もk倍?

今やってた高校数学の問題集に

「平面図形ならどんな図形だろうと縦(横)にk倍した時に面積もk倍される」

みたいな事が解答の経過で平然と書かれてるのですが、どなたか証明を教えて頂けないでしょうか?
高校数学の範囲でお願い致します。

Aベストアンサー

面積の素朴な定義はこうです。

ある単位(1cm×1cm なら、1ヘーホーセンチ)の升が、その図形の中に何個(場合によっては小数点を含む)入っているか。

つまり、10ヘーホーセンチの図形の中には、1cm×1cm の升が10個入っているのが見えるわけです。
これを縦にk倍します。
中に入っている升目も一緒に縦に伸びます。ただし、数は変わりません。

縦に3倍したとすると、もとも、1cm×1cm の升目が10個入っていたのが、3cm×1cm の升目10個に変わるわけです。

つまり、面積は、3倍になります。

Q集合Hom_k(V,M)の元f,g f+g∈Hom_k(V,M)

V,Wを体K上の線形空間とし、集合Hom_k(V,M)を
Hom_k(V,W)={f|f:V→W,線形写像}として定めて

Hom_k(V,W)上の和f+gを (f+g)(x)=f(x)+g(x) (x∈V)
と定めるとき、f+g∈Hom_k(V,M)になることを示したいのですが

当たり前すぎて証明するのが難しくてできません。
どのようにまとめればいいでしょうか?

Aベストアンサー

(f+g)(ax+by)=f(ax+by)+g(ax+by)=af(x)+bf(y)+ag(x)+bg(y)
=a(f(x)+g(x))+b(f(y)+g(y))=a(f+g)(x)+b(f+g)(y)
よりf+gは線形写像

QΣ[k=1→n]k(k+1)(k+2)・・・(k+(m-1))を積の形にしたい。

皆様、こんにちは。

表題の通りなのですが、
Σ[k=1→n]k(k+1)(k+2)・・・(k+(m-1))を積の形にしたいのですが、
やり方が分かりません。
一応答えは分かっているのですが、導き方が分からないのです。
証明は帰納法でできると思います。

Σ[k=1→n]k(k+1)(k+2)・・・(k+(m-1))を積の形に簡単に直せる方がいましたらそのやり方を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「積の形」というのがよく分かりませんが、Π[k=1→n]・・・みたいな形にするということなら私にはお手上げです。
でも「単に和を求めろ」ということでしたら、ヒントを。

簡単のためにm=3で考えると、
1・2・3=1・2・3・4/4
2・3・4=(2・3・4・5-1・2・3・4)/4
3・4・5=(3・4・5・6-2・3・4・5)/4


n・(n+1)・(n+2)=(・・・・)/4
ですよね。
両辺をザザーっと加えると左辺がΣ[k=1→n]k(k+1)(k+2)、右辺がいちおう「積の形」になります・・・

Q小学校における倍概念って何?算数や数学で「倍概念」がありますが、小学校における倍概念ってどんな内容

小学校における倍概念って何?
算数や数学で「倍概念」がありますが、小学校における倍概念ってどんな内容ですか?

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。
倍概念については、かけ算の逆操作として割り算も関連します。
割り算で、何倍かを求める必要があるからです。
ただ、かけ算の逆操作と考えれば、倍概念と直結するのは、かけ算と言って良いでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報