NTT-X Store d払いご利用でdポイントが貯まる使える!

成田空港内の免税店というものは、どの程度安いのでしょうか?

世の中様々なファッションブランドがありますが、正規ブランド物を安く買おうと思うと免税店がいいのかなと思いまして、
そのようなお店がどこにあるのかネットで検索致しましたところ、
日本国内では成田出国エリア(改札内)と、沖縄に、免税エリアがあると書いてありました。

そこで質問です。
成田空港内の免税エリアにて販売されているブランド物は、普通の直営店などに比べて、どのくらい安いのでしょうか?
だいたい何%引きくらいですよ~~という感覚でお教えいただけると幸いです。

成田に行く機会はなかなかありませんので、海外へよく行かれる方、ぜひ教えて頂けると幸いです!


(※ややマルチポスト気味ですが、沖縄エリアの免税品店をご存知の方、ぜひそちらも教えて頂けると嬉しいですhttp://oshiete.goo.ne.jp/qa/5907274.html

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

正直、洋服やバッグが目的なら成田や沖縄ではなく海外にいってしまったほうが選択枝も多いし、円高の今であれば断然安いでしょう。

空港のDFS(沖縄も含め)各ショップは意外と小さく品揃えは決してよいとはいえません。

とはいえ、国内、海外問わず絶対欲しい目当ての品があれば見つけたじてんで即買いが鉄則。よく、成田と海外でどちらが安いですか?という質問があるのですが、両方で同じ商品が必ずしもあるとは限りません。なので、手に入らないリスクと少しくらい高いかもしれないリスクを天秤にかける必要があります。

また、DFSといってもどんなブランドでもあるわけではありません。ヴィトンなどそもそも免税店にない店もあります(沖縄DFSにはありますが免税にはなっていません)。ですが、海外ではDFSを利用しなくてもTAXフリー制度、為替差益をうまく利用して国内より安く手に入れられることが多いです。
ブランドの生産国が一番安く手に入れられる傾向がある反面、同じ海外でも東南アジアなどで買うヨーロッパ製品などはさほど値ごろ感なかったりします。ただ、シンガポールのようにブランドショップがしのぎを削るような国では、街中のブランドショップが日本では考えられないようなセールをしますので、そう言う時期にあたればDFSなんかよりはるかに広い選択枝のなかから安く、手に入れる事ができます(もちろんDFSでもセールありますが)

国内で正規品を手に入れるには、やはりアウトレットか直営店のセールでしょう。ただ、あくまでもシーズン落ちや、わけあり品になりますが。
以下参考に
プレミアムアウトレット http://www.premiumoutlets.co.jp/
サンフェア http://sunmotoyama.co.jp/sun_fair/index.html(以前はエトロなどあったんですが、最近はどうだろう)
http://luxeyfashion.jp/special/
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます^^
そうなんです
直営旗艦店に比べると、そういうショップは品揃えが悪いんじゃないかという
懸念がありまして・・
ですので、十分下調べをしたり、先に取り寄せしたりという必要があるかなぁと
色々悩んでいました

シンガポールは、なんだかすごそうですね
特に異文化感のある街でもないので、観光には行かないと思いますが、
ブランド物漁りだけでも行ってみたいです!!

まだまだ興味を持ち始めたばかりですので、まずは偽者だけは掴まされたくありません><
URLは参考にさせていただきます
ありがとうございます^^

お礼日時:2010/05/22 21:48

補足情報ありましたので追加です。



服やバッグであれば(ブランドにもよりますが)品揃えやも価格も、やはり海外が良いと思います。
日本限定品は海外では買えませんが、逆に日本未入荷品に出会えることも。
例えば。
・コーチはアメリカやハワイでは(アウトレットも含め)かなり安いです。GAPやラルフローレンも。
・イタリアのPRADAも日本の価格は嘘みたいでした。マレーシアのPRADAは10~15%オフでしたが、
 イタリアのプラダでは(モノにもよりますが)お財布が45%オフくらいと、即決できるくらい
 安かったです。
・エルメスやヴィトン、グッチなどは世界的に価格をあわせていく方向のようではありますが、
 やはり本国フランス、イタリアでの購入が安くなる場合が多いです。

海外へ行くチャンスがないのであれば、御殿場アウトレットは東京駅からもバスでいけるようですので、是非行って見てください。都内近郊にはいくつかアウトレットがあり、ほぼ制覇しましたが、ほしいブランドさえ入っていれば断然御殿場がオススメです。(「羽田には~」と書いてあったので、都内近郊にお住いだと推測しました)

羽田空港にも免税店がありますが、成田と同じく、海外へ行く方(出国手続きの後)しか利用できません。前回お伝えしたURLも、もちろん出国前提です。

近場の海外へブランド物を買いに行くなら、各国のSALEシーズンをチェックしたり、為替相場を見たり、こういったサイトで質問して決めるのが良いと思いますよ。香港、ハワイ、サイパン、韓国など買い物しやすいですが、ほしいブランドや品物によって安く買える国、日本とさほど変わらない国がありますのでご注意を。EUブランドはEU圏で買われるのが一番だと思います。
直近で海外へ行かれる予定がなくても、今は円高ですので、為替のタイミングを見て行きたい国の通貨に少しづつ両替し、夢をふくらませながらそれをタンス貯金してみるのもいいと思います。万が一なかなか海外へ行けなくても、円安になった時に売れば、手数料分くらいでもプラスになるかもしれません。

この回答への補足

寝上がるではなく、値上がるです
数年前の情報なので今はどうなっているのか・・(笑

補足日時:2010/05/22 21:42
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます^^
産地へ直接赴くのが最上のようですね!
総本店の見学もできますものね
あわよくば資料館なんかも・・・いいなぁぁ

はい!
川崎在住なので、御殿場はもっと調べてみようと思います!

一昔前は、ブランド漁りは香港や韓国だよ~ってイメージがありましたけど、
最近はどうかわからないです。
EUのもEUで買うのがよいのですね。
ユーロは寝上がっていると聞きましたが・・円高も今すごいですものね。
うーん
ヨーロッパが小田原くらい近ければなぁ(笑

外貨は・・ちょびっとだけドルを持ってます。
アメリカのブランドも、トラッドを意識してるのはかっこよく見えます。
ラルフはいいですよね。
興味あります~。

お礼日時:2010/05/22 21:40

免税店ですから「税金がかかっていない」だけで、値引きをしているわけではありません。

製品によって税金が異なりますから「だいたい何%引きくらいですよ~~」とはいえませんが、モノによっては国内のアウトレットよりも安く買えますね。
免税のうえに特別セール価格のときがあります。これは安いです。このチャンスはHPで調べるとわかることがあります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます^^
「アウトレットモール」という言葉と、「招待券」という言葉を、皆々様に教えて頂きました!

選択肢が増えたので、もうちょっと色々調べてみようと思います!

お礼日時:2010/05/21 00:02

国内で正規にブランド品を安く買うなら、免税店かそのブランドのセール(主に招待制←ヤフオクでよく招待状が出回っています)、アウトレット(個人的には御殿場が一番良いと思う)での購入しかないですね。


ちなみに免税店は海外旅行者に対して、品物かかる税金(消費税、酒税、タバコ税、関税etc)を免除して売っているお店ですので、成田の場合は海外に行く方しか利用できません。沖縄は行ったことがありませんが、沖縄空港を利用する本土からの観光客は使えるようです。

何がほしいのかわかりませんが、成田の免税店は国内化粧品などは消費税なしの価格、海外化粧品は5~10%程度です。タバコは頼まれて買うだけですが、他の物と比べるとかなり安いような感じがします。
フェラガモやコーチなどのショップも空港には入っていますが、だいたいは海外で購入した方がやすいため、値段はきちんと見たことがありません。

以下の免税店は化粧品以外に、ブランド小物など扱っている場合もありますので、参考にされてはいかがでしょうか?
※通販はできず、成田を利用する前の予約のみ可能です。
http://www.jaldfs.co.jp/
https://www.anahouse.com/adfyoyaku/NRT/Index.asp
https://duty-free-japan.jp/narita/jp/index.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます^^
やはり海外で買い物した方が安いですか><
今円高ですし、特にそうなんでしょうね
香港とかがいいのかなぁ~~

お酒・煙草類は必要なく、服やバッグが欲しいなと思っています^^

URLのは、出国前提のdutyfree shopでしょうか?
うーん
海外旅行、行きたいです(笑
パスポートはあるのにぃ~~~

お礼日時:2010/05/21 00:00

免税店で買い物できるのは、これから海外に行く人だけです。


買ってそのまま家に帰れるなら、みんな免税店で買い物しますよ。

沖縄は本土からの観光客は免税店で買い物できるそうです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます^^
その通りなんです
海外に行くときにしか、出国エリアには行けないですものね(笑

機会があれば訪れてみるつもりです
今度から羽田にもそういうところができるのかな・・できたらいいな

お礼日時:2010/05/20 23:57

日本の税金ってなんでも5%では。

昔はぜいたく品の税率は高かったですが。
今は、タバコにお酒の税率の高さが目立ちます。
タバコにお酒が好きな方ないしは、そのような方にお願いされる方は
限度いっぱい(自己消費分と偽って)買っていきますが、なんともって感じですね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます^^
輸入に対しての関税はかからないのでしょうか?
あと、消費税もかからないのですか?

煙草とお酒よりも、洋服やバッグ、アクセサリーを見てみたいなと思っています^^

お礼日時:2010/05/20 23:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外からの帰国時に日本の空港内の免税店へ行けますか?

出国の時は成田や関空などで免税店で買物をしますが、帰国の時って免税店に行けますか?もし、帰国時も国内の空港の免税店使えるととても便利だと思うのですが、、関空と成田で教えて下さい。

Aベストアンサー

帰国時に免税店には行けません.免税で購入する最終は,帰りの機内販売です.もしくは,帰りの飛行機に乗る前に向こうの空港の免税店.どこの国に行かれるかわかりませんが,成田や関空の免税店の品揃えは世界トップクラスなので,ほしいものがあればやはり日本出国時に買い物することをおススメします.

Q免税店は本当に安い?

免税店は税金分が差し引かれ安いと聞きますが、本当に安いのですか?私自身は比べたことがありません。税金無くとも価格が高かったら同じですよね?自由経済ですから。日本ならともかく他国ではありそうな気がします。

実際どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

それは商品により異なります。免税店では通常その商品のメーカーが推奨する小売価格で売っています。ですので、町で売っている価格が同じなら、消費税がかからない免税店のが得ということになります。ブランドもののバッグや化粧品などは町の商店でもメーカーとの関わり合いが強く、正価をきちんと守っているので、安くは売れません。しかし高級酒の種類によっては町の商店の価格がかなり低い場合があり、消費税を払っても免税店よりずっと安い時もあります。

上の話は一般的なもので、我が町、ロサンジェルスの郊外ですが、大きなショッピングモールがあり、例えば Coach のバッグに関しては直営店とは別にデパートでも販売していて、デパートの方は種類が少ないですが、直営店より安いものもあります。また LAX の Duty Free Store では正価一辺倒ではなく、たまにセール期間があり、その時はただでさえ高い日本の価格よりかなり安く買うことができます。

Qバンコクはブランド品安いですか?

年明けにバンコクに行きます。
ルイ・ヴィトンのバックとカルティエのジュエリーを購入する予定です。
私は、ヨーロッパよりは安くないと思うのですが、最近は
ユーロの高騰ということもあり、一概にどちらが安いとは言えない
ような気もします。
海外には数えるほどしか行ったことがないのでなんとも言えませんが、
一応私の考えも載せておきました。
そもそも、バンコクはどこのブランドがお安いのでしょうか。

バンコクでのブランドショッピングについて、詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。

LVやカルティエは、成田で買った方が安いのでしょうか。

Aベストアンサー

 すでにみなさんの回答にあるように、タイではブランド品は安くありません。
免税品店以外にも、エンポリアムやセントラルといった高級デパートや、ゲイ
ソンプラザやサイアムパラゴンと言った高級モールには、高級ブランドがたく
さん入っています。ここでの売価ですが、高級に限らずケイトスペードなどの
中級ブランドでも、明らかに日本より高いです。

 実は、タイにはけっこう富裕層がいます。おもに商売で成功している華僑が
多いのですが、彼らは日本の倍の値段がする高級車をバンバン乗り回すなど、
かなりの購買力を持っています。よってバンコクでは高級デパートが成り立ち
ますし、安さを打ち出す必要がありません。日本と違って、庶民は絶対にブラ
ンド品など買いませんので。

> LVやカルティエは、成田で買った方が安いのでしょうか。

 間違いなく、絶対に安いです。唯一タイで買うメリットを挙げれば、
日本では品切れの商品が見つかる可能性の高さでしょう。ソウルや
グアムほど荒らされていないのもメリットです。

Q各国の免税店。違いはあるのでしょうか?またお買い得なのは?

今度のGWに海外へ行こうと考えています。
せっかく海外へいくのだから、ヴィトンの財布を
ついでに買ってこようかなと考えているのですが、
渡航先の免税店によって、
同じ製品でも売値が違ったりするものなのでしょうか?

今考えている旅行先候補は以下の通りです。
・グアム
・サイパン
・ハワイ
・ベトナム
・タイ

ここと比べてこの国の免税店が安いよ
等の情報がありましたら、お教えいただけないでしょうか?
また、旅行先候補になくても、お薦めがありましたら
ご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

はじめまして!
DFSのある国に関しては下記の通りになります。

もちろんDFSと言っても、買う国と買うブランドにより値段は異なります。
例えば、ティファニーの商品を香港とグアムで買うのとでは、もちろん原産国(?)のアメリカの方が安くなりますよね!?

特にヴィトンに関しては、本国フランスでは30%OFF(免税店という考えではなく、免税手続きを自分でした後の値段です)くらいになりますが、香港・グアムでは10%OFFになるかならないか…程度で、世界的に安く販売されないことで有名のようです。

質問にはヴィトンのお財布という事なので、フランス以外で買うのならばどの国のDFSでも大した金額格差はナイと思います。
それに、DFSは品数が少ないので、行っても欲しい物が置いてあるとは限らない場合があります。

なので、金額格差よりもDFSの規模が大きく、扱ってるアイテムが多そうな所にする!という判断基準で検討されてみてはどうでしょう??
(例えばアメリカ圏では、ハリウッド(本土の方がブランド物は高い為)<サイパン<グアム<ハワイという図かな…)

もし今回の旅行がお買い物メインならば、香港もイイかもしれませんね!
(料理が美味しい・地下鉄など交通が発達している・DFS以外にも大きいショッピングセンターがイッパイあるので)

参考URL:http://www.dfsgalleria.com/Galleria/Japanese/Hong_Kong/Hong_Kong_Brand_Boutiques_540_13.html

はじめまして!
DFSのある国に関しては下記の通りになります。

もちろんDFSと言っても、買う国と買うブランドにより値段は異なります。
例えば、ティファニーの商品を香港とグアムで買うのとでは、もちろん原産国(?)のアメリカの方が安くなりますよね!?

特にヴィトンに関しては、本国フランスでは30%OFF(免税店という考えではなく、免税手続きを自分でした後の値段です)くらいになりますが、香港・グアムでは10%OFFになるかならないか…程度で、世界的に安く販売されないことで有名のようです。
...続きを読む

Q免税店(韓国)での買い物~初のブランド品を買いたいのですが~

今度韓国旅行を予定しております。その際、免税店を利用しプラダのバッグを買いたいな・・・と思っております。
本来ブランドのバッグこだわりがないのですが、、某百貨店に入っているプラダに友人の付き添いで立ち寄った際に手に取り、気に入ってしまいました。
日本だと約9万円の品ですが、免税店だとどの程度お安く買えるものなのでしょうか。もしくは、楽天のショップ等で購入した方がお安いのでしょうか。
もちろん、同じものが販売されているとは限らないと思いますので、あるといいな・・・との期待を込めて、お詳しい方にお知恵をいただきたいなと思い、質問いたしました。
海外に行って、ブランドを買う!ということを今までしてこなかったため、無知な質問でしたらすみません。
お詳しい方がおられましたら、お教えくださると幸いです!

Aベストアンサー

たびたびです。
http://www.konest.com/data/home.html
http://www.seoulnavi.com/
http://www.visitseoul.net/visit2008jp/
など、口コミや割引クーポンがあったりしますので、プリントアウトしてもていくといいです。ただ、こういうところに載っている飲食店などは一般的に高めのことが多いので、その辺は上手に見極めて。

また、おもちのクレジットカードもほとんどのところでソウルなら無料ガイドブックをだしていていて割引情報がのっています(カード会社のHPより送ってもらえます)。特にDFSなどによっては一律○%割引などがあることがあるので、何枚か種類があるなら一通りもっていくといいです。ちなみにJCBだと成田の割引があります。
http://www.jcb.co.jp/travel/dutyfree/index.html

あと、ソウルだとマッサージやエステなど実はそんなに安くないです。やったことないならドクターフィッシュがおすすめ。日本でもちょくちょくみかけますがかなり安くできます。手軽なのでぜひ。
http://konest.com/data/gourmet_mise_detail.html?no=1912

それから、ソウルのDFSで買い物するときですが、空港渡しになるものは、空港で受け取ったときに、その場で必ず中身を確認するようにしてください。違うものが入っていたり、壊れていたりトラブルがあることがちょくちょくあるようです。

最後にBBクリームでブレイク中の韓国コスメについて。日本人に人気の明洞のディスカウントコスメショップ、実は現地の人はほとんど行きません。なぜかというと商品が古いようなんです。韓国コスメって製造年月日が商品の裏側についていて、正規店だとほとんど半年以内の製造。開封していないなら2年は問題ないとはいえ、注意したほうがいいと思います。

たびたびです。
http://www.konest.com/data/home.html
http://www.seoulnavi.com/
http://www.visitseoul.net/visit2008jp/
など、口コミや割引クーポンがあったりしますので、プリントアウトしてもていくといいです。ただ、こういうところに載っている飲食店などは一般的に高めのことが多いので、その辺は上手に見極めて。

また、おもちのクレジットカードもほとんどのところでソウルなら無料ガイドブックをだしていていて割引情報がのっています(カード会社のHPより送ってもらえます)。特にDFSなどに...続きを読む

Q空港到着2時間前に遅れたら飛行機に乗れないのですか

国際線の航空券を買うと「飛行機の出発2時間前までに空港カウンターにお越しください。」と旅行代理店で言われたり、そのようなことを書いた紙を渡されます。

飛行機が朝9時なら、朝7時までに空港カウンターに行かないといけないということです。

国際線の場合、税関などがあるからだと思います。

なので海外へゆくときは空港へは早めに行くようにしています。

しかしなんらかの理由で空港到着が遅れた場合、飛行機に乗れないのでしょうか。
(電車が遅れたとか、うっかり寝坊したなど)

例えば空港カウンターに着いたのが飛行機出発の1時間前だった場合、飛行機に乗れないのでしょうか。(成田空港や関西空港など日本の空港の場合の話です。)

Aベストアンサー

国際線は2時間前に、国内線は1時間前に空港のカウンターに行くことが通例ですね。

旅行代理店にしても、出発前の説明やチケットの配布、税関や手続きにも時間がかかるので早めに来てもらいたいんでしょう。

また、空港までのアクセス間で、例えばリムジンバスを利用する場合、渋滞などで定刻通りに到着しない可能性があるので早めに来てくださいとの意味で「2時間前」といわれてるみたいです。
遅れるのが確実な場合は、添乗員さんや代理店に連絡してあげると良いと思います。

チケットを前予約されてたりビジネスマンや慣れてる方などは1時間前頃に来るみたいですよ。

実際の搭乗ゲート案内は20分前位ですしね。

まあ、早いのに越したことはないですね。

Qスーツケースベルトは必要ですか?

卒業旅行のためにスーツケースは買ったのですが、スーツケースベルトを買おうか迷っています。スーツケースベルトはスーツケースが開かないように固定するのと、目印のためだと言われますが正直必要ないと思います。経験者の方は教えてください

Aベストアンサー

スーツケースベルトの目的は、3つあります。
2つは、ご質問者の方も言われているように、スーツケースが開かないように固定するため、それと「目印」のためです。(「目印」は、主たる目的ではないと思います。)
もう一つ、重要な目的があります。空港職員による解錠-窃盗を防止するためです。スーツケースは、合鍵やピッキングで簡単に明けることが出来るそうです。ダイヤルロックも、慣れた人にとっては10秒程度で明けることが出来るそうです。昔からこの手の犯罪は後を絶たず、外国の空港では荷物の仕分場に監視カメラを付けているところもあります。ニュースで、監視カメラによる窃盗の現場の映像を見たことがあります。
窃盗は素早く行わなければならず、スーツケースベルトがあるとベルトを外すのに手間が掛かるため、窃盗者が手を掛ける可能性が低くなる、ということになっています。そのため、取り外しが便利なスーツケースベルトというものは一切売っていません。

なお、米国は安全確認のためスーツケースを明けることが認められおり、TSAロックという公認の鍵以外は施錠しないようアナウンスされてます。渡航先が米国の場合は、スーツケースベルトも意味が無いと思います。

スーツケースベルトの目的は、3つあります。
2つは、ご質問者の方も言われているように、スーツケースが開かないように固定するため、それと「目印」のためです。(「目印」は、主たる目的ではないと思います。)
もう一つ、重要な目的があります。空港職員による解錠-窃盗を防止するためです。スーツケースは、合鍵やピッキングで簡単に明けることが出来るそうです。ダイヤルロックも、慣れた人にとっては10秒程度で明けることが出来るそうです。昔からこの手の犯罪は後を絶たず、外国の空港では荷物の仕...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Q成田免税店のしくみについて

こんにちは。

成田の免税店について、教えてください。

昔、『海外の免税店では品物がないから、成田出国時に買って帰ってきて』と、お願いした人がいました。
免税店の商品って、『購入した国外で消費する』が前提ですよね??
海外で購入したもって帰るときも、『未開封』ですよね??

成田で買った免税品は、あえて海外で使う必要があるのでしょうか。
それとも、箱に入ったままで、旅行から帰ってきても課税対象にならないのでしょうか。

検索してみましたが、結構みなさん出国前の免税店で買い物をしているようですよね。
このしくみが、よく分かりません。


たとえば、ブランドバックとか買う人もいますよね。
バックは、ついたとたんにあけちゃうんでしょうか??
それとも、免税に関してこんなに細かく審査してないのでしょうか。
タバコなんかも、ばらしているのでしょうか。

教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

細かな点では、少々違いますが、簡単に考えるならば、成田の出国審査場を通過したら(パスポートに出国のスタンプが押されたら)、そこは日本ではなく、もう出国しています。忘れ物を取りに戻りたい、なんて時は入国審査を受けなければ、戻れませんよね。(そんなことはしないでしょうが)
ですんで、成田の免税店での買物は国外で買ったものとなり、次に入国する国の免税範囲の規定が適用されます。税関審査はどこの店で買ったのかはまったく関係ありません。免税店は、売るときの税金が免除されているだけで、入国時の関税が免除されるわけではありません。

日本に戻ってくる時も同じです。たとえば、アメリカとカナダを旅行して、それぞれの国でお土産を買ってきたとします。日本入国時の税関申告で、これはアメリカで買ったもの、これはカナダで、って区別しませんよね。これと同じで、成田の免税店で買ったもの、も区別されません。すべてひとくくりで、日本出国後に買ったものです。

入国、出国の分かれ目は、パスポートコントロールを通過した時、免税店も税関から見れば、ただの普通の店、単純にこう意識されればよいと思います。

細かな点では、少々違いますが、簡単に考えるならば、成田の出国審査場を通過したら(パスポートに出国のスタンプが押されたら)、そこは日本ではなく、もう出国しています。忘れ物を取りに戻りたい、なんて時は入国審査を受けなければ、戻れませんよね。(そんなことはしないでしょうが)
ですんで、成田の免税店での買物は国外で買ったものとなり、次に入国する国の免税範囲の規定が適用されます。税関審査はどこの店で買ったのかはまったく関係ありません。免税店は、売るときの税金が免除されているだけで、...続きを読む

Q成田空港の税関チェックが甘いです

先日、家族で香港旅行に行ってきたのですが、成田空港の税関チェックが甘いような気がしました。
飛行機を降りて、最初に入国審査(パスポートに「帰国」のスタンプを押してもらう)のあと、預けたスーツケースを受け取って、最後に税関チェックを受けるのですが、そこで、係員に機内で渡された「携帯品・別送品申告書」を渡します。
(もちろん、「携帯品・別送品申告書」は全て「いいえ」で申告です)

係員から質問された事項は、
「荷物は全部お揃いですか?」と
「税関に申告するものはありますか?」だけでした。
もちろん私は、「はい」と「ありません」で答え、
ゲートを出させてもらいましたが、
係員は私の答えをそのまま信じ、荷物を見ようともしませんでした。

実は、香港で20万円相当以上の買い物をしていましたし、日本に直接送った別送品もあったのです。さらに言うと香水も2オンス以上持っていましたし、使いきれなかった香港ドル紙幣が8万ドルあったのです。

ですから、「携帯品・別送品申告書」の項目のうち、
1の(2)(免税範囲を超えるもの)、
2(100万円相当を超える現金)、
3(別送品)
の各項目は「はい」にチェックをしなければなりませんでしたし、
係員に質問された時は「あります」と答えなければならなかったのです。

それなのに平気で嘘が通るんです。
嘘をつくのは悪いことですが、このようなチェック方法では誰だって正直に申告しません。

私はスーツケースと機内に持ち込んだ手荷物のほか、「GUCCI」と書かれたパンパンに膨らんだビニールの手提げ袋(もちろん中身はGUCCI製品)を持っていましたから、一目見ただけで20万円以上の買い物をしていることは容易に想像がつくはずです。それなのに税関はパスできるんです。

現行のチェック体制では、税関はいくらでも(禁制品を持っていても)通れると思うのですが、
このようなチェック方法は甘すぎますよね?

私も20万円以上買ってきて申告しませんでしたが、これって、係員が怠慢なだけで、私は悪くないですよね?

先日、家族で香港旅行に行ってきたのですが、成田空港の税関チェックが甘いような気がしました。
飛行機を降りて、最初に入国審査(パスポートに「帰国」のスタンプを押してもらう)のあと、預けたスーツケースを受け取って、最後に税関チェックを受けるのですが、そこで、係員に機内で渡された「携帯品・別送品申告書」を渡します。
(もちろん、「携帯品・別送品申告書」は全て「いいえ」で申告です)

係員から質問された事項は、
「荷物は全部お揃いですか?」と
「税関に申告するものはありますか?」だけで...続きを読む

Aベストアンサー

日本人で家族連れや団体には甘いです。

私は一人旅(スーツケース)ですが3回に2回程の割合で
開けて検査されます。勿論何事も有りませんが!

欧米やオセアニアの都市は免税選択した場合90%は
ノーチェックですが日本は中は見なくてもパスポート
申告書をチェックされるので厳しい部類でしょう。
*先進国でも抜き打ちチェックはあります。


今回の場合偶々無事?でしたが中身チェックされたら
別室送りの可能性もあるケースです。

成田の税関員は素人?が多い感じです。見る目がない。
サラリーマン化しているのは確かです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング