質問タイトルに述べたように今すごくこの事で悩んでいます。
ある日突然些細なことから自分に自信が持てなくなりました。
だんだんと姿勢も悪くなり下ばかり向くようになってしまいました。
今の自分から抜け出したいです。
いいアドバイスがあれば教えて下さいよろしくお願いします。
お礼は24時間後になりますが・・・

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

inukoroです。


そうですね私の場合、まず思いっきり悩んでいることに関して考えます。ノートや図を使って頭の中で考えていることをすべて書き出してをまとめて整理します。その後は、ゲームやバッティングセンターで野球を楽しむか絵などを描いて楽しみます。思いっきり左脳を使った後に思いっきり右脳を使うといった感じでしょうか。質問のタイトルを解決するにはなかなか難しいです。試行錯誤しながら時間が掛かるでしょう。でも、時間が掛かって解決したものは必ず心の糧となります。辛いでしょうがいろいろ試して下さい。人生はチャレンジだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「人生はチャレンジ」いいことですね。何かに向かって行くことは大事ですよね。
また何かあった時よろしくおねがいします。

お礼日時:2001/04/04 00:53

 メンタルな部分で悩みがあるときは、僕の経験上、食生活やライフサイクルなど、ワリと物理的な部分と連動していることが多いです。


 もしかしたら、yo-sukeさん少し生活環境が変わったのではないでしょうか。たとえば、睡眠不足が慢性化しているとか、最近旅行などレジャーにいってないとか。あと、長年メガネやコンタクトの視力をあわせてなっかったり、好きな音楽を長らく聴いてなかったり、・・・なんてことを自分で考えてみてください。
 偏った「自信」は、逆に「劣等感」につながってしまうと思います。大事なのは「バランス」だと思います。いま自分の生活に何がぬけているか・・・。それが見えてくればもう大丈夫だとおもいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自分の生活にぬけていること・・・やはりそう言われるとあります。
そこを見直していかなければなりませんね。
また何かあった時よろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/04 00:48

無理に自分に自信をつける必要はないと思いますが、何かこれだけは得意だとか、好きだとか思うものに熱中して専心して努力してみるのもいいかもしれません。

努力のないところには本当の自信は生まれませんよ。
私は小さな頃から運動神経が悪く、球技をやってもダメ、跳び箱をやってもダメ、かけっこをやってもダメ、朝礼では脳貧血で倒れるし、とにかく劣等感のかたまりでした。
そんな私が高校生くらいになってかっこいいギターに憧れ、ギターを買ってきて夢中になって練習しました。何年後かには俺はギターがこんなに弾けるんだ、という自身がつきました。それまで自信というものを感じたことがなかったから余計うれしかったです。けれど、幼いころからの劣等感は消えずに今でも残っています。これは仕方がないことだと思います。皆同じように心に劣等感を持っています。ただ、それを隠しているだけなのです。自信満々なんて人は滅多にいないものです。いたとしたらそいつは皆の鼻ツマミ者でしょう。
何か楽しいことを見つけてそれに熱中してみて下さい。
自信が持てないことの悩みなんてどこかへ行ってしまいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
何かこれだけは好きというのはありますが、これだけは得意というのはないです。
だから得意なことを見つけなければなりません。
また何かあった時よろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/04 00:45

「自信を持ちたい」って気持ちは余分な考えでね、何をそんなに自信を持ちたいんだ?逆に、相手に対して何の引け目を感じているのか、その辺を一度真剣に考えてみ。


何も恐がることはないし、普通でいいんだよ、普通で。

どんな相手に対しても、その人が自分より上か下かってみてるうちは駄目。仮に自分よりも優雅に暮らしている人に対しても、「あぁ、この人も他人に言えない悩みや苦労があるんだろうなぁ。自分でよければ助けになってやろう」ぐらいに構えて初めて余裕が生まれるものなんだよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
何をそんなに自信を持ちたいんだ?って言われて考えてみると
普段普通にしていらないから(緊張、焦り、不安、失望、思いこみ)だと思います。普通にできるにはやはり自信がいると強く思います。
また何かあった時よろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/04 00:40

 まあ皆さんの意見のまとめと補足になりますが、落ち込むだけ追ち込んだあと、心と体を休ませて、またがんばりましょう!



 もう回答やアドバイスは出尽くしてますが、yo-sukeさんを応援している者はひとりでも多い方がいいと思って。<他の回答者の方
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ほんとにたくさんの方から回答いただき感謝してます。
nekoucchaliさんもその一人であることにうれしく思っています。
また何かあった時よろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/04 00:32

皆さんのアドバイスは、なぜか私もずーんと勇気づけられました。


この4月で異動になって、自信喪失まではいってませんけど、通勤経路も変わったし、人間関係も、部門も変わったし、次のお休みまで後何日、って初日から思ってしまったもんで…。


って私の話はどうでも良いっす。
ヨースケさんって、凄くまじめで責任感の強い性格ではありませんか?
そういう性格の方って、うつになりやすい感じなんです。
そんな極端に酷いということはないと思いますが、うつかもしれない、となると、皆さんのアドバイスも変わってくると思います。
ちょっと立ち止まって、判断してみてください。
えらい失礼なこと書いてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
はっきり言って鬱ではありません。
でも心配していただき大変うれしいです。
また何かあった時よろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/04 00:28

どんな風に自分に自信がもてなくなったのかよくわからないわ


からないです。
でも、かってに想像させてもらって、かなりせっぱつまった状
況におかれている方と想像いたします。

鏡を見てください。
できれば、今まで貴方が一番気に入っていた「美人鏡」です。
もし、それがないとすれば、今まで貴方が一番いい状態で写し
てくれた、姿見・・・
たとえば、「地下鉄のガラス窓」とか・・・
たとえば、「ショールームのウインドウ」とか・・・

きっと、今まで貴方自信が貴方を一番好きな状態で写し取って
くれた「姿見」があったと思います。

貴方が、男性か女性かもわからないですが、きっと、その「姿見」をみて
ネクタイをなおしたり、ちょっと前髪をなおしたり・・・なんて経験
はおありだと思います。
「うぬばれ」とまではいわないけれど、きっと、どこかご自分自身
のすきな「自分が」あったはずです。

「ネクタイのちゃんとした自分」とか・・・
「前髪が自分自身で気に入っている自分」とか・・・ね。

いま、の貴方はどうなんでしょうか?
その姿見の中でうつむいています?
下ばかり向いています?

自分に自信がなくなるってのは・・・
周りに人がいて、その人たちが貴方を競争の渦に巻き込んで、
それで、どこかしら「負け意識」ができたからではないですか?
周りの人に自信を奪われたのなら、どうぞ、も、一度「姿見」・・
とくに美人鏡をのぞいてみましょうよぉぅ・・・

どうです?貴方はなかなかすてたもんではないでしょ?
他人の評価はどうであれ、「貴方自身の貴方の評価」はそれほど
変わっていない・・・思うのは私の誤りでしょうか?

おりしも、桜が満開になりつつあります。
さくらたちの中には、湖畔や河川敷きの見事な古木で大事にされ
ているのもあります、でも街路樹や山間で人知れず、淡々と花をつ
けている可憐なものもあります・・・・

どちらも同じ「そめいよしの」落ちるときは落ち、咲くときには華やかに
精一杯さきます。

でも、それは人が愛でることに関係なく、あくまで「自分自身」のために
咲いているのです。

お節介になりましたが、ちょっとぐらいの勇気づけになれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長い回答ありがとうございます。
周りの人に自信を奪われたのは正直言って悔しいです。
でもずっと悔やんでいるわけにいきません。
もっと強く強くならなくてはといつも思っています。
「姿見」一度試してみます。
また何かあった時よろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/04 00:25

自信をもつことはとても大切なことですよね。

自分も一時期自信をなくして憂鬱だった時がありました。その頃のことを思いかえすと今でもはずかしくなります。
自信をつける方法ですが、私が常にやっていることをお教えします。
「肩を心もち引いて歩くこと」です。
これは歌のトレーニングで習ったことなんですが、これをいつもやっていることで不思議と理由のない自信がわいてきます。"理由のない自信"なんて書くとマイナスのイメージにとらえる人もいますが、理由もなく自分を信じられるのはすごいことなんです。
yo-sukeさんがどんなことで悩んでいるかは分かりませんが、常に顔を上に向けて歩くことです。本当の自信はあとからついてくるものですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「肩を心もち引いて歩く」さっそく試してみますね。
やっぱり常に顔を上に向けて歩くことは大事ですよね。
また何かあった時よろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/04 00:11

 手帳に自分の長所を毎日一つずつ書いていくとか



 今悩んでいることを、信頼の置ける人に相談する。(話を聞いてもらうだけでだいぶ軽減します) あるいは、整理するために日記のように書いてみる…

 景色のよいところで、ぼぅっと何も考えないでいてみる。
何かおいしいものをおなかいっぱい食べる などなど

とりあえず、自信がないと嘆いているより、失敗をカバーしたり、同じミスをしないようにあれこれ考えることが大事かと思います。

 もっとも、僕自身、失敗と自責の連続です。誰も一緒です。辺に気負ったり、自虐的にならないことだとおもいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
いろいろなアドバイスがあって助かります。
また何かあった時よろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/04 00:02

こんばんは


それは、どんなことに対して自信がもてなくなったかがわからないですが、
例えば、これは僕がやってきたことだけど
外見から変えていってはどうかな?
僕は、最近だいぶ太ったな(思った時は、173cmの74kg)って思ってて(昔は173cmの58kg)、他の人には結構言われてて、あまり気にはしてなかったんだけど、それも自分が気にしてないふりをしてたんだなってある時ふと思って、それを思ったのが、みんなでプールに行く話しになった時でした。
それをどう断ろうって思ったときにその自分が太ったってとこを思い出しました。
確かに昔は何に自信があったのかはわからないけど、自信満々だったのが、
歳をとるにつれて自信ってなくなっていくもので、それが外見だとか内面だとか関係なくて空っぽの自分しか今はなくてってことに最近気づきました。
それから、昔に戻るということは、訳の分からない自信がまた戻ってくるんじゃないかな?自分が人の目が気にならないような奴になればいいんじゃないかなって
そう思って、痩せだしました。
この1ヶ月で7kg痩せたんだけど、別に無理なことはしてないし、その昔に戻っていくって事を考えてるだけで、昔の服とかを取り出して来て見るというそのことだけで、何となく楽しくなってきて・・・。
結局、自分が自信を持つって事は、何かに目を向けている自分がいて
それに対して向かっていくことが、自信を持つという事じゃないかな?ってぼくは今思ってます。
自信がないってのは、僕の考えでは結局他人に対して比べてるって事だから
それが僕は、外見だったってだけで、それ以外考えつくものがなかったってだけの事。何か一つでも自信がなければすべてにおいて自信がなくなってしまうと思うから、yo-sukeさんも何か、なんでもいいから何かに向かって、それが成功するまで
頑張っていったら、何か世界が変わって見えるような気がするよ。もしそれが
失敗に終わっても、それをしようと思った自分に自信を持ったらいいよ。でもね
失敗だって思うことが自分に自信をなくすことになるから、ほんとに最後までできるようなことを頑張ればいいと思うよ、志はあまり高く持たずにね。最後の一言がよけいだったかもしれないけど、これは僕の本音です。
長くなりましたけど、以上です。頑張ってね~♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
new-godさんが言うように他人に対して比べてる部分があります。
何かに向かう・・・それが欠けているのかもしれません。
何かに向かうことができれば・・・頑張ってみます。
また何かあった時よろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/03 23:55

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ