腎細胞癌の治療中です。骨に複数転移し、スーテント服用しています。関東近辺で、腎臓癌に対してのペプチドワクチン療法をおこなっている医療機関を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

no2追加です。



腎細胞癌の 転移巣に対する免疫療法なら

東京女子医科大学病院腎臓病総合医療センター泌尿器科で

扱っている様です。

http://www.twmu.ac.jp/TWMU/Medicine/RinshoKouza/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
問い合わせてみます。

お礼日時:2010/05/28 16:51

残念ながら 東京女子医大・消化器病センターでは腎臓癌は扱っていません。



http://www.twmu.ac.jp/IGE/group_su/group_su.html …

http://www.twmu.ac.jp/IGE/group_su/immunotherapy …

東京大学医科学研究所での研究対象には上がってますが まだ付属病院では扱っていません。

*東京大学医科学研究所付属病院 ペプチドワクチン療法について 食道がん・胃がん・大腸がん・膵がん・肺がん・乳がん

私の調べた範囲では 残念ながら 腎臓癌に対してのペプチドワクチン療法を行っている医療機関は
出てきませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やはり、腎臓癌において現在、ペプチドワクチン療法は受けられないのでしょう。

お礼日時:2010/05/28 16:47

腎臓系は東京女子医大病院が有名です。


その外、東大病院なども行っているようです。

参考URL:http://www.m-clinic.jp/gannwakuchinn.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
東京女子医大病院は、セカンドオピニオンに行ってきました。
東大病院について調べてみます。
また、情報がありましたら宜しくお願いします。

お礼日時:2010/05/24 18:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肺癌 小細胞癌の末期 腎癌に転移あります。肝臓にも、転移しだしたみたいです。肺の腫瘍は、現在は小さ

肺癌 小細胞癌の末期 腎癌に転移あります。肝臓にも、転移しだしたみたいです。肺の腫瘍は、現在は小さくなっておとなしくしてくれているようですが…。あとどれ位生きられますかね…。レスキュードーズのオプソやフェンタニル 疲れます

Aベストアンサー

医師より末期余命三ヶ月と言い渡されていない場合

小細胞肺癌の末期と診断されてから

どれだけ経過しているか分かりませんが

発覚してから一年前後の寿命とみます

現在動ける状態にあれば

やるべきことがあれば早急にやるのが良いです

Q大腸癌→多発性転移肝癌 BPR療法の効果について

BPR療法(佐藤療法)はかなりの確率で完治、またはかなりの延命になりますか。
先日、医師からは余命1年から1年半と聞きました。

何かご存じの方がいらっしゃいましたら、ご回答頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

(Q)BPR療法(佐藤療法)はかなりの確率で完治、またはかなりの延命になりますか

(A)いいえ。そのような夢の治療方法は存在しません。
BPR療法の結果は、次のようなものです。
http://www.yscbrp.com/gaiyo_04.html

5年生存率は、7.24%です。
(428例中31例)

Q癌ペプチドワクチン

今現在、久留米大学がやっているような、癌ペプチドワクチン療法を、大阪府内で受けられる医療機関をご存知ありませんか?

Aベストアンサー

大阪府、兵庫県
ありますので参考にされてください
http://peputidowakutin.web.fc2.com/

Q転移した癌細胞について

 転移したがん細胞は、もとのがん細胞とはどのように違うのでしょうか。どのように見分けるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

yuwさんがどういう方かによって言葉が変わってしまいます。もし医学生や細胞学にかかわる方(将来は医師、病理診断医、研究者)だったら「絶対に違う」と言っておきます。
一般の人でしたら(看護師などの医療者も含む)同じでかまいません。求められる知識が違うからです。

「転移部位の組織が含まれれる」ですが病理組織の中にそのオリジナルな組織が含まれるのは常識で考えれば当たり前で、原発巣の組織にだってその器官の固有の組織が入っています。それだけだと、どちらが原発かなんてわかりっこないでしょ。せいぜい臨床的な転移の頻度から(例えば同じ腺癌でも肺と大腸にあれば常識的に大腸原発と考えるくらい)想像するくらいですが、そんなことではなく、本質的に細胞自体も違うんです。
・・・・・・・・・・・・・
<転移がん細胞>
理屈で考えて原発巣から送り出されるがん細胞はものすごくたくさんあるはずです。その多くは定着せずに死滅する。転移するのは選ばれた細胞なんです。決して偶然ではない。

参考URLはその一例ですが、
DNAレベルまで調べずとも、細胞の特徴:核異型なども「顕微鏡検査」レベルでも差異があり(これは確実なものではない、また含まれる細胞の性質や傾向はやはり似ている)修練を積んだ病理診断医であると、原発転移の違いはおろか、臨床医が気がついていなかったオカルト癌の所在を言い当てたりもします(原発巣と考えていた病巣の大きさと悪性度などの複数の情報の矛盾から)。つまり見る人間が見れば違うんです。

わたしは「節穴」のひとりですが、そうした人間でも何とかやれるには理由があります。
大学病院などの診療レベルについて、
一般にはあまり気付かれていませんが
『病理診断医/細胞検査医』
『放射線科医』
の実力が大きく左右させています。
このお話もそのひとつ。
・・・・・・・・・・・・・
※オカルト癌
転移病巣だけわかり原発の組織が不明な癌

参考URL:http://www-dir.jst.go.jp/tenkai/scf/gs/gs-txt/gs25.html

yuwさんがどういう方かによって言葉が変わってしまいます。もし医学生や細胞学にかかわる方(将来は医師、病理診断医、研究者)だったら「絶対に違う」と言っておきます。
一般の人でしたら(看護師などの医療者も含む)同じでかまいません。求められる知識が違うからです。

「転移部位の組織が含まれれる」ですが病理組織の中にそのオリジナルな組織が含まれるのは常識で考えれば当たり前で、原発巣の組織にだってその器官の固有の組織が入っています。それだけだと、どちらが原発かなんてわかりっこないでし...続きを読む

Q骨転移しやすい癌について

骨転移しやすい癌について

ネットで調べたのですが、大腸がんの場合、骨転移が生じるのは珍しいのに対し、肺がんは骨転移がおこり易いと分かりました。 では大腸がんが肺転移した場合の転移性肺がんは、骨転移がしやすいのでしょうか?(☆)

何故このような質問をしますかと言うと、母が大腸がん原発の転移性肺がんを現在患っており、数ヶ月前に「腰や背中が痛い痛い」と言うもので、主治医にみてもらいました。 しかし主治医は頭をひねるばかりで、1ヶ月以上原因が特定できず、指示により整形外科を受診しても分かりませんでした。 その後CTを撮ってもらい、やっと痛みの原因が骨転移と判明しました。

大腸がん原発の肺がんの場合は腫瘍マーカーもCEAをずっと使う等、転移しても大腸がんの性質を持ち続けるということは知っています。 そこでお聞きしたいのが上記(☆)印の質問なのですが、質問の言葉を変えますと、肺がんが骨転移しやすいのは、肺という場所的性質からでしょうか? それならば大腸がん原発の転移性肺がんも骨転移しやすいということになります。 それとも原発が肺の時の癌細胞の性質故に骨転移しやすいのでしょうか?  
御回答を頂けましたら幸いです。  よろしくお願い致します。  

骨転移しやすい癌について

ネットで調べたのですが、大腸がんの場合、骨転移が生じるのは珍しいのに対し、肺がんは骨転移がおこり易いと分かりました。 では大腸がんが肺転移した場合の転移性肺がんは、骨転移がしやすいのでしょうか?(☆)

何故このような質問をしますかと言うと、母が大腸がん原発の転移性肺がんを現在患っており、数ヶ月前に「腰や背中が痛い痛い」と言うもので、主治医にみてもらいました。 しかし主治医は頭をひねるばかりで、1ヶ月以上原因が特定できず、指示により整形外科を受診して...続きを読む

Aベストアンサー

がんが肺にあるからという要素もありますが、どちらかといえば肺癌の性質と考えるほうが考えやすいです。

大腸癌の場合、大腸から門脈を通って肝臓に行き、そこから心臓に戻って肺へ、そして心臓に戻って、骨などの全身に行きます。
肺癌だと、肺から心臓に戻って、全身に散らばります。
癌細胞の供給源が肺にあると、理論上、全身に散らばる可能性が高くなるでしょう。

ただ、前立腺癌や乳癌などは肺転移よりも骨転移しやすく、肺と言う場所よりもがんの性質と考えるほうが妥当なものもあります。
がんの転移の場合、seed and soilという仮説があります。種(がん細胞)と土壌(転移する臓器)がmatchすると転移が起こる、というものです。これもどちらかといえば、がんの性質を重要と考えている仮説だといえると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報