(日露戦争以前) アルゼンチンが親日的であった理由は?

日露戦争以前からアルゼンチンやチリでは親日的であったとの記事に出合いました。
これが事実のとき、理由は何ですか。日露戦争後に親日的になったというのであれば分からなくもないのですが、それ以前からというのでは理由が分かりません。

また、この記事からアイヒマンがアルゼンチンに逃亡していた事実を想起しましたが、彼の国では日本やドイツに対して好意的であったなどの事情でもありましたか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

手元の歴史年表をみますと、


1898年2月3日、アルゼンチンと日本の間で「修好通商航海条約」が交わされています。

そこで、ちょっと検索してみたのですが、このサイトを読んで驚きました。
参考になるのではないでしょうか。

アルゼンチン日本人移民史
http://fananikkei.exblog.jp/i17/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

細々ながら随分早くから日本人が渡っていたのだと分かりました。
それにしても、移民法も北欧系移民を奨励したものだというし、「修好通商航海条約」以前には、特別に日本に好意的であったという訳ではなさそうです。

勝手な想像ですが、インド、東南アジアを経由して極東に辿り着いたヨーロッパ組が日本以外に足場を確保していたのに対して、米国やアルゼンチンのように直接、太平洋を渡って極東に辿り着いた後発組は何やかやいっても結局、日本の協力を必要としたのではないでしょうか。この結果としての「修好通商航海条約」ではないでしょうか。この条約が対日感情へよい影響を与えたであろうという説は納得できます。

「春日」、「日進」の縁もあってか、日露戦争後の日本海軍への敬愛振りは大変なものだったそうですね。
キーワード「修好通商航海条約」によって少し分かった気がします。

なお、アイヒマンの件ですが、その後、次の記事を見つけました。アイヒマン逃亡と結びつくかどうかは判りません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB% … 
「~、第二次世界大戦の最中にイギリスと戦う枢軸国への好意的な中立を標榜した統一将校団(GOU)のフアン・ペロン大佐は徐々に人気を集め、~」

有り難うございました。本日中に何方様からも特段のご返事がないときは当方の勝手次第で締め切ります。

お礼日時:2010/05/22 14:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日清戦争や日露戦争は海外ではどのような評価がされているのでしょうか

最近コミックの影響もあり日清戦争や日露戦争に興味お持ち、少し調べたのですが、当然日本側からの見方が大半でした。相手側つまり現在の中国、ロシアはどのようにとらえているのか、特にその国の教科書などではどのように書かれているのか知りたいのですが、
ご存知の方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

中学校の歴史の時間に聞いた話ですが,ロシア人は割と好意的にとらえているらしいですよ.悪い為政者を追い出した日本ということで.
その先生は旅行好きで,現地の人たちともよくコミュニケーションをする方でしたので,信憑性は高いのでは?
中国は分かりません.

Q日露戦争後の日露関係。

1905年9月 ポーツマス条約調印。
1907年7月には、第一次日露協約。

日本は、戦死傷者約20万人、戦費17億円?を費やし、国民の不満は爆発して日比谷焼き打ち事件も起きています。
それなのになぜ、戦後2年間ほど経つと日露両国は、協約を結ぶほどの関係ができたのですか。
何が両国に協約を結ばせたのですか。
仲直りするには早ければ早いほどよいに決まっている、と思っていますがすっきりしません。
なお、1916年2月2日の読売新聞には、「露から続々と軍器の注文があって、砲兵工廠では昼夜の分かちなく大多忙を極めている…」とあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

主戦場が中国だったので、双方の国民に悪い感情が残らなかったのでは、と思います

Q日露戦争で日本が不利な戦いを行った理由は何でしょうか?

日本が日清・日露戦争を行った理由が南下政策を食い止めるためだというのは理解できます。
それに対して私は、日清・日露戦争の目的はロシアから日本を守るための自衛戦争と認識していましたが、日清・日露戦争の目的は自衛戦争ではないという人が結構います。
その中には、日本が南下政策を食い止めようとした理由は大陸への侵攻を行うにあたって邪魔になるからだという人もいました。

ならば、何故日本は日露戦争を行ったのでしょうか?当時の日本にとってロシアはまともに戦っても勝ち目のない強国だったはずです。ましてやこの戦争で負けたら日本は後がなかったのでは?ほぼ勝ち目がない上に負けた場合のリスクが大き過ぎる戦いまでして大陸を侵略しようとした意味は何でしょうか?

少なくとも日露戦争にて日本は数年分もの国費を使い果たし、ポーツマス条約で賠償金がとれないために国民の不満も高まりました。その埋め合わせをしたいから中国の侵略を企んだというのならまだわかりますが、朝鮮半島を支配する事で日本の命運を賭けるほどの利益を得られるとは思えません。

もし日本が日露戦争の時点で大陸の侵略を目論んでいたとしたら、リスクが大き過ぎる戦いを挑んでまで大陸の侵略をしようとした理由は何でしょうか?

また、南下政策を食い止める事が侵略目的ならば、日英同盟を組んだイギリスも南下政策を食い止めた暁に周辺のどこぞの国を支配しようと企んでいたのですか?

日本が日清・日露戦争を行った理由が南下政策を食い止めるためだというのは理解できます。
それに対して私は、日清・日露戦争の目的はロシアから日本を守るための自衛戦争と認識していましたが、日清・日露戦争の目的は自衛戦争ではないという人が結構います。
その中には、日本が南下政策を食い止めようとした理由は大陸への侵攻を行うにあたって邪魔になるからだという人もいました。

ならば、何故日本は日露戦争を行ったのでしょうか?当時の日本にとってロシアはまともに戦っても勝ち目のない強国だった...続きを読む

Aベストアンサー

日露戦争 太平洋戦争に日本が進んで行った原因は
単に帝国主義思想による領土拡大 自国の防衛という面では
捕らえられないいろいろの考えがあったように思われます

1 明治維新により江戸から明治になり国家としての「ていさい」はで  きましたが世界からかなりリードされていた
2 急激な富国強兵政策によりその差はちじまり、その延長線上に
  日清戦争がありましたが、当時清は日本より強国でしたが清の
  内政 外交の失敗により急速に弱体していたことが原因で偶然勝っ  てしまった
3 明治時代は軍事費が増大していき日本の歴史上もっとも軍事費が
  多い時代であった、このことが帝国主義海外拡張とつながっていく
4 一方産業の発達とともに財閥は肥大したが農村との格差が広がり農  家の次男以下は軍隊に入ることが多くなり生活を軍隊に求める人々  が増え 帝国主義的拡張に反対する民衆はほとんどいなかった  
5 民衆は安い賃金で雇われていたが、権利意識の芽生えとともに明治  末期より労働争議が多発国民の不満はかなり高くなっていった
6 帝国主義 自国防衛の観点からロシアの南下を食い止め無ければ
  ならないという考えが生まれマスコミ知識人たちのキャンペーン
  により開戦派の民衆が増えていった
7 当時のロシアの軍事力 国力からは日本は戦争する状態ではなく、  反対論もあったが、古くは元寇 直近の日清戦争の勝利により
  日本は神の国で負けることはないという不敗神話がうまれつつ
  あり、いざとなれば神風が吹き勝利するという考えが軍隊の中
  にも民衆にもあり桂太郎内閣も開戦派であり明治天皇も承認した
8 当時の民衆 知識人 マスコミは開戦やむなしで一致、ロシアの
  軍事力 国力を詳細に厳密に調査することはほとんど無かった

上記のような大きな歴史の流れが大国ロシアとの開戦となりましたが、
政府 国民のも負けたらどうしようという考えはありませんでした
危なくなったら講和すればいいという考えですでに開戦前より
各国に講和の仲介打診を熱心にすすめていました

ロシア革命まじかというロシア方の事情によりかろうじて講和となりましたが賠償もなく膨大な費用と人命を費やした戦争はなにも残らず終結し
後の太平洋戦争につながる歴史上の最悪の分岐点になってしまったようです
(参考サイト)
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/nitirosennsou.htm
http://homepage1.nifty.com/SENSHI/study/5nitirosensou.htm
http://homepage1.nifty.com/SENSHI/data/zaisei.htm
http://www.tabiken.com/history/doc/I/I035C100.HTM

日露戦争 太平洋戦争に日本が進んで行った原因は
単に帝国主義思想による領土拡大 自国の防衛という面では
捕らえられないいろいろの考えがあったように思われます

1 明治維新により江戸から明治になり国家としての「ていさい」はで  きましたが世界からかなりリードされていた
2 急激な富国強兵政策によりその差はちじまり、その延長線上に
  日清戦争がありましたが、当時清は日本より強国でしたが清の
  内政 外交の失敗により急速に弱体していたことが原因で偶然勝っ  てしまった
3...続きを読む

Q(+_+) 日清・日露戦争は、イギリスのかわりに戦った代理戦争?

 日清戦争と日露戦争は、イギリスのかわりに日本が戦った代理戦争、という説があるようですが、これは定説になってるんでしょうか?
 司馬遼太郎さんは明治時代のことにとてもくわしかったそうですが、そのへん、どう見ておられたんでしょうか?

Aベストアンサー

日清戦争についてはその様な事は全くありません。日露戦争については多少その側面があったと言えます。というのは当時イギリスは清国領土内に多大な権益を有していましたが義和団事件以後のロシアの満州不法占拠等の露骨な極東に対する侵略的行動により、それらの権益を脅かされていたからです。その為に光栄有る孤立政策を捨ててまで日英同盟を締結し日本の後ろ盾となったのです。しかしながら日本の戦争目的は朝鮮の安全、ひいては日本本土の安全を確保するというものでした。結果的にはイギリスの権益を守ったという事にもなりましたが、たとえ英国の権益が無くても日本はロシアに対し開戦せざる終えなかったと思われます。但しイギリスとの同盟の存在がが日本にとってこの戦争に踏み切る決断の際大きなウェートを占めた事、またバルチック艦隊の航海を陰に陽に妨害するなど戦局に有利に作用したことは間違い有りません。
司馬遼太郎氏は日清日露両戦争とも帝国主義時代の中で日本が独立国として生きようとしたぎりぎりの状況のなかでの戦争であると考えておられたと思います。代理戦争という捉え方はほとんどされていなかったように思われます。
小説ですが”坂の上の雲”(司馬遼太郎)を読まれたらいかがでしょう。
とのことです。(歴史に詳しい家族より。)

日清戦争についてはその様な事は全くありません。日露戦争については多少その側面があったと言えます。というのは当時イギリスは清国領土内に多大な権益を有していましたが義和団事件以後のロシアの満州不法占拠等の露骨な極東に対する侵略的行動により、それらの権益を脅かされていたからです。その為に光栄有る孤立政策を捨ててまで日英同盟を締結し日本の後ろ盾となったのです。しかしながら日本の戦争目的は朝鮮の安全、ひいては日本本土の安全を確保するというものでした。結果的にはイギリスの権益を守った...続きを読む

Q何故、日本では近代史を教えないのでしょうか?日露戦争から先は何故か教えませんね。反日日本人に都合が悪

何故、日本では近代史を教えないのでしょうか?日露戦争から先は何故か教えませんね。反日日本人に都合が悪いからですか?太平洋戦争の後から所謂、左翼思想に少しでも浸らないとインテリではないという思想が日教組を中心に蔓延して来たように思います。日露戦争には世界は日本が勝利するなんて誰ひとり思わなかった。日本は自衛の為に戦争に踏み切りました。明治天皇も伊藤博文も勝てるとは思わなかったし、ロシアもまさか負けるとは思わなかった。負け戦さを覚悟した国の国債を誰が買うというのでしょうか。ところがアメリカに居ました。ロシアでのユダヤ人の迫害を苦々しく思っていたユダヤ系アメリカ人です。その他、タイムリーに起こったレーニンのロシア革命、更に、富国強兵に勤しんでいた日本政府の国策等、偶然が重なり勝ってしまいましまた。これは明らかな自衛戦争です。こういうことも学校では教えません。日教組が左、つまりロシア寄りだからですか?綱渡りの様にスレスレで生き延びた日本、黄色い猿とロシアは読んでいました。有色人種で白人国家に勝ったのは日本が初めてでした。反日日本人はこれすらも否定する。何故ですか、大東亜戦争もマッカーサーが議会でハッキリ日本は自衛戦争だったといっています。アジアの独立国は日本だけだったわけで独立国家たらしめたのは軍艦、軍用機、戦車など軍備にあったわけですから石油を断たれたら植民地になるしかないわけです。一年も経てば日本の石油は枯渇していたわけですからやらざるを得なかったわけです。 反日日本人に聞きたい。今の日本があるのは我々の父親、祖父、曽祖父の努力のお陰ではないのですか?こんなに自国を悪くいう国民は世界中を探しても日本だけではないですか?恥ずかしいとは思わないのか反日日本人?日本は侵略戦争はやってないのだが中国、韓国の手先になるのはいい加減にして欲しい。歴史認識をしなければならないのは我々日本人ではないか?

何故、日本では近代史を教えないのでしょうか?日露戦争から先は何故か教えませんね。反日日本人に都合が悪いからですか?太平洋戦争の後から所謂、左翼思想に少しでも浸らないとインテリではないという思想が日教組を中心に蔓延して来たように思います。日露戦争には世界は日本が勝利するなんて誰ひとり思わなかった。日本は自衛の為に戦争に踏み切りました。明治天皇も伊藤博文も勝てるとは思わなかったし、ロシアもまさか負けるとは思わなかった。負け戦さを覚悟した国の国債を誰が買うというのでしょうか。と...続きを読む

Aベストアンサー

日露戦争には世界は日本が勝利するなんて
誰ひとり思わなかった。
 ↑
当時の米国大統領ルーズベルトは、日本が勝つ
と言っていました。
ロシアは独裁だが、日本は民主国だから
というのがその理由です。


偶然が重なり
  ↑
偶然ではないと思います。
当時世界最強だった英国を味方にし、
明石大佐に、レーニンのロシア革命を支援させ、
開戦と同時に、ルーズベルトに調停を
依頼するなど、最善を尽くしています。



やらざるを得なかったわけです
   ↑
その通りです。
米国歴史学の権威チャールズ・A・ビーアド元コロンビア大教授は
公文書を調べて、ルーズベルトが巧妙に日本を戦争に引きづり込んだ
過程を明らかにした本を出版しましたが、これは事実上の発禁処分
にされてしまいました。

31代米国大統領のフーバーが、ルーズベルトを、
日本を無理矢理戦争に
引きづり込んだ狂気の男、と評した書見を残しています。
彼は、ルーズベルトは真珠湾を知っていた、とも書き残しています。



歴史認識をしなければならないのは我々日本人ではないか?
    ↑
この、世界でも希と思える反日日本人ですが
どうして誕生したのか。

それは、戦後の米国洗脳工作ウォー・ギルト・インフォメーション・
プログラム(War Guilt Information Program)と
当時盛んだった社会主義思想が化学反応を起こした
結果だと考えています。
資本論が一番売れたのはソ連でしたが、二番目は
日本でした。

日露戦争には世界は日本が勝利するなんて
誰ひとり思わなかった。
 ↑
当時の米国大統領ルーズベルトは、日本が勝つ
と言っていました。
ロシアは独裁だが、日本は民主国だから
というのがその理由です。


偶然が重なり
  ↑
偶然ではないと思います。
当時世界最強だった英国を味方にし、
明石大佐に、レーニンのロシア革命を支援させ、
開戦と同時に、ルーズベルトに調停を
依頼するなど、最善を尽くしています。



やらざるを得なかったわけです
   ↑
その通りです。
米国歴史学の権威チャールズ・A...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報