なぜ原監督は、クルーンのストッパー起用にこだわるんでしょうか?今日(5月21日)、巨人は楽天に無様過ぎる逆転負けをきっしました。誰が見ても戦犯はクルーン、福田は責められんでしょう。今まで何度クルーンのノーコンで失敗したことか。ストッパーは越智じゃだめなんでしょうか?クルーンにこだわる理由はあるうですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

中継ぎでは使えないからだと思いますよ。



モチベーションもありますしね。  放出しないのは他球団にはいられると巨人が不利になるからでしょう。

おちを抑えだと、中継ぎのピンチで誰が投げる??となってしまうと思います。 もう一人中継ぎの右がでてくればおちが抑えとなるかもしれませんね。
    • good
    • 0

ストッパーに求められる最大の資質は、三振が取れる事です。


三振を取るためには、速いストレートに落ちる球が求められます。
今の巨人の中で、狙って三振が取れる球を持っている一番の投手は、やはりクルーン投手です。
160km/h近いストレートに加えて、150km/h近いフォークは、決まれば手がつけられないでしょう。

越智投手も資質は持っていますし、素晴らしい投手だと思います。
しかし打者の視点で見た場合、好調時のクルーン投手と越智投手を比べると、やはりクルーン投手の方が嫌でしょう。
越智投手が出て来た場合、相手ベンチは諦めムードにはならないと思います。
クルーン投手も出て来た時点ではならないかもしれません。
しかしそれは暴投や四球を期待しているだけで、ストライクが決まれば厳しいでしょう。
クルーン投手は、やはり四球や失策が絡まないと攻略は難しいと思います。
(1点差の場合、ホームランの期待はあるかもしれませんが。)

原監督がクルーン投手に拘る理由は、その辺にあると思います。
しかしクルーン投手は、マウンドで投げてみないと分かりません。
恐らくブルペンでは、いつもある程度まとまっているのではないでしょうか。
体格に似合わず、神経質なタイプなのかもしれませんね。

楽天戦での交代ですが、今年原監督とクルーン投手の間で、1イニングに四球を2つだか3つ出したら交代するとの約束がされているようです。
私はあの試合を観ていないのですが、恐らく四球の内容も悪かったのではないでしょうか?
それで交代になったのだと思います。
結果サヨナラ負けになってしまいましたが、原監督も同点までは覚悟したと思いますが、まさか逆転までは考えていなかったと思います。
シーズン終盤、もしくはクライマックスシリーズや日本シリーズの短期決戦になった時、クルーン投手の安定した力が必要になる場面があると思います。
原監督はその時を考えて、クルーン投手の奮起を期待しているのではないでしょうか。
そのための交代(約束)だと思います。
    • good
    • 0

 元々クルーンはセットポジションが得意な投手ではありません。

その反面コントロールが多少悪くてもある程度抑えられるだけの球威があります。その点で現在の巨人の救援陣の中ではNo.1でしょう。
 
 ですから、走者のいない場面で起用したのは間違いじゃない。間違いはまだ点を取られていないのに交代を命じた原監督が戦犯。2点差でクルーンなら真面目にウォーミングアップをしていないでしょうから、四球二つで交代させるのは短気としか言えませんね。監督の資格はありません。
 
 越智の名前が挙げられていますが、彼は経験が少ないですから緊迫した場面でどうですかね。4月30日の阪神戦同点の場面で一死から桧山に三塁打を打たれ、敬遠気味の四球二つから満塁で鳥谷に安打を打たれたサヨナラ試合をお忘れですか?
 クルーンの代わりというなら小林雅を一度二軍に落として下半身やらをもう一度鍛え直してからという案が一番いいと考えます。彼はアメリカで仕事をしていなかったですからね。
    • good
    • 0

クルーンは、球が速いだけのピッチャーで気に入りません。


他球団からの豊田清、小林雅英といった投手もファーム調整だし
ジャイアンツの抑えがクルーンと原監督がこだわっているのでしょう。
5月21日の対楽天戦で藤井秀悟投手が6回途中まで無失点で
押さえていたのに途中交代されて逆転負けで勝利投手に
なれなかったことが残念だ!
最後まで投げてほしかったです。
福田聡志投手に交代してから打たれてので即ファーム行きでしょう。
    • good
    • 0

ボクも、今日はかなり凹みました。



クルーン、確かにダメですね… しかし、絶好調の時のクルーンはなかなか打てないのも事実。
ここ2年は、絶好調とは程遠い出来だと思います。160km/hを出せて(最近は150km/hが限度?)コースに決めれればいいけど…

原監督は、球界でもかなり我慢強い監督です。
クルーンだけに限らず、我慢強く使った結果大成した選手もいますからね(たとえば鈴木や、坂本など)
素材が超一流なのは間違いないわけですから、後は使い方…
クルーンは、ストッパー以外は無いですしね。
まあ、ボクが監督なら明日から2軍落ちです。
ちなみに、福田は戦力外通告ですけど(笑)
    • good
    • 0

高年棒のため、やはり使わざるをえないのでは?


僕も同じ事を思っていました。
    • good
    • 0

高年棒のため、やはり使わざるをえないのでは?


僕も同じ事を思っていました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q巨人・原監督の小笠原起用について

私は幼いころから巨人の大ファンです。
関西地区に住んでいますが、強い巨人命です。
ファンは他の球団にも沢山おられますが、それはそれで応援すれば良い事だと思っています。

本日の西武との交流戦で大事な場面で腹監督は小笠原を代打に起用しました。
前から原(巨人監督)のピッチャーの起用や代打の仕方には納得できない事が沢山ありました。

今日の代打小笠原起用について、あなたのご意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

あんなに大振りすれば、ミートの精度は落ちますし、歳を取れは取るほど、動体視力は落ちるので当然打てなくなります。昨日なぜ代打に起用したかは、原しかわかりませんが、予想通りの結果に終わりましたね。良い方に考えれば、引退させるためにもう打てないんだよとわからせたのかもしれませんが、無謀というか訳がわからない采配でしたね。いずれにしても結果を出せないならプロは辞めるべきです。

Qメジャーリーグで、ストッパーという役割が出てきた時期や、有名なストッパー教えてください

メジャーリーグでストッパー(向こうではクローザーと呼ぶ?)という役割が出来たのは
いつ頃からなんでしょうか?
あと、メジャーのストッパーで有名な選手(現役以外)を知ってたら教えてほしいです。どんな古くても構いません。
古ければ古いほどうれしいです。

以上です。御回答楽しみに待っています。

Aベストアンサー

セーヴが公式記録として採用されたのは70年だそうなので、その頃ではないでしょうか。

http://michael-ballgame.sblo.jp/article/9293333.html
http://tnunc.fc2web.com/baseball/po/nyuumonrpc.htm

Q原監督(巨人軍)がベンチで良く飲んでいるオレンジの飲料が分かる方!

こんにちは。いつもお世話になっております。

巨人軍の選手や原監督が試合中、水のペットボトルでオレンジ色の飲料を飲んでいる光景を良く見かけます。
クリスタルガイザーにアミノ酸かクエン酸か何かの粉末を溶かしてるのかなーと思っているのですがあれが何かわかる方おられますか?

私は現在ダイエットの際、ヴァームのペットボトルを飲みながら運動をしています。
次回から水+粉末(プロテインなど)にチェンジしてみようかと思っているのでもしご存知の方がおられたら教えて下さい。

カテゴリーが不明でしたのでこちらに書き込ませていただきました。
ご協力よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まさかオレンジジュースではないですよね。オレンジ色といえば・・・おそらくエネルゲンというスポーツ飲料ではないでしょうか。

Q巨人の原監督が最近の坂本がポップフライで凡退するのが多いことに怒ってい

巨人の原監督が最近の坂本がポップフライで凡退するのが多いことに怒っていましたが、それに対してのコメントでほとんどの人が原監督の現役時代もポップフライが多かったと書いてありましたが(現役時代の原監督の代名詞とも)そんなに原監督って現役時代ポップフライが多かったでしたっけ?イメージがなかったのですが。

Aベストアンサー

野球好きのおっちゃんです

>ポップフライが多かったでしたっけ?

確かに現役時代の原監督が凡退した時のイメージは「ポップフライ」のイメージですね。
何故なら、原選手は他の選手より手首が強く「こねる」ような打ち方でしたから。

このような打ち方ですと、外角に逃げるスライダー系の球を引っかけると多くの場合ポップフライになってしまうからです。
手首が強くない打者ですとショートゴロとか空振りですからね。

あと、やはり#3さんの回答にあるような事からの「イメージ」も大きいでしょうね。

事ほど左様に原選手は現役時代から不当に評価が低い選手でした。

●通算安打1,675
●通算打率.279
●通算本塁打382本
●通算打点1,093

1,000試合以上出場したジャイアンツの歴代4番打者で、総合的に原選手より成績を残しているのは

●川上哲治(打撃の神様)
●長嶋茂雄(ミスタージャイアンツ)
●王貞治(世界の王)

この3人だけ。
本塁打に至っては原選手より上なのはONだけです。

こんな事を書いている私ですが、現役時代の原選手があまり好きではありませんでした。(笑)
やはり「ジャイアンツの4番」というと、どうしてもONと比べてしまってましたから。
チャンスでポップフライを打ち上げる度に「またかよ~(怒)引っ込め!!」って、毒づいてましたからね。

しかし、振り返ってみるとこの成績。しかも監督としても素晴らしい実績。

いやはや「イメージ」って怖いですね。

野球好きのおっちゃんです

>ポップフライが多かったでしたっけ?

確かに現役時代の原監督が凡退した時のイメージは「ポップフライ」のイメージですね。
何故なら、原選手は他の選手より手首が強く「こねる」ような打ち方でしたから。

このような打ち方ですと、外角に逃げるスライダー系の球を引っかけると多くの場合ポップフライになってしまうからです。
手首が強くない打者ですとショートゴロとか空振りですからね。

あと、やはり#3さんの回答にあるような事からの「イメージ」も大きいでしょうね。

事...続きを読む

Q遠藤(鯨)vs原(巨人)【東海大学】

原が新人の年の1981年に東海大の先輩・遠藤投手から小倉でサヨナラホームランを打ちました。

その後も満塁ホームランを打つなど、遠藤にとっては痛いところでうたれることが多かった印象がありあます。口にそ出さないでしょうが、同じ大学の後輩として「花を持たしてやろう」というようなことはあったのでしょうか。

また、遠藤・原でなはなくて、他の2選手で「これはもしかしたら、と思ったことはありますか。

Aベストアンサー

心優しい遠藤先輩が後輩に対して、決して頭を狙って放らないという確信があればこそ、原は思いっ切り踏み込めて打てたのです。

打者には、ぶつけられるという恐怖感を与えておいて、それで、初めて五分五分の勝負になる。目の前のストライクゾーンだけに放るということならば、圧倒的に打者が有利で勝負にならない。それでは、バッティングセンター状態。いかにして打者の腰を引かせるかが生の勝負の分かれ目。

そういう意味では、打者が大学での先輩の場合、打者としてはパッとしない選手でも、一級品の後輩投手を打ち込むということは多々ある。後輩投手が先輩打者にぶつけたら、大学野球部のOB会に出られなくなる。間違いなく、誰かに殴られる。殴られたくない後輩投手は、決して先輩にぶつけないよう注意して、甘い球を放るしかなくなる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報