【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

特急や新幹線に乗るには乗車券と特急券が必要ですが、乗車券の方はその区間の定期券(Suica)で代用できますか?

A 回答 (3件)

他の回答にもあるように、原則は定期券で新幹線や特急に乗ることはできませんが、スイカの使えるような区間だと、自由席を設定している特急のほとんどが、自由席に限り、自由席特急券を追加するだけで利用できます。

この点に関してJR東はなぜがネットで容易に調べることができませんので、不安でしたらもより駅等で確認してください。
但し、定期券で乗車できる区間内に限ります。また、自由席に限りますので、指定席利用の場合は乗車券が別途必要となります。
スイカ定期で新幹線利用の場合は、いろいろと複雑になり、一概に回答できないので、詳しく知りたければ、区間を明確にして別途質問するか、最寄のJR駅で確認してください。

なお、スイカ定期と無関係の区間すなわち、チャージ額で乗車する場合は、全区間がスイカの範囲内であれば、スイカを乗車券の代わりとすることができますが、新幹線の場合は不可となります。
    • good
    • 1

 その列車が定期券の対象になっている場合には可能ですが、それ以外では乗車券の役割をしませんので、別途料金が請求されますので気を付けてください。



 新幹線定期券の場合ですとそのまま使えますが、それ以外の場合は定期券に必要金額がチャージされている事が条件になります。
    • good
    • 0

その区間の定期券という話であれば、それはSuicaとは関係なく


定期券でその区間の特急に乗れるかどうかですね。
定期券では原則として特急、急行には乗れないことになっています。
ただし、区間や特急列車により乗れる場合もあります。
なので、どこの区間の定期を持っているのかがわからないと
乗れるかどうかわかりません。まあ、最近はほとんどの区間で
定期券でも特急に乗れるようになってますが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特急電車の自由席に乗る場合,通学定期券は乗車券として使用できるんですか

特急電車の自由席に乗る場合,通学定期券は乗車券として使用できるんですか?
それとも別に購入する必要があるのでしょうか?
今日中にご回答お願い致します。

Aベストアンサー

身延線の「ワイドビューふじかわ」ですか。
これはJR東海管内の路線ですので、JR東海のサイトを参考にしましょう。

参考URL:http://railway.jr-central.co.jp/ticket-rule/rule11.html
(JR東海/きっぷのルール/定期券)

↑こちらのJR東海のサイトには

●JR東海管内では、別に自由席特急券をお求めいただければ、定期券の券面の特急列車停車駅間で特急列車の普通車自由席をご利用いただけます。ただし、別に指定席特急券(グリーン券)をお求めいただいた場合でも、特急列車の普通車指定席(グリーン席)はご利用いただけません。

と記されています。

従って、質問者さんの定期券の区間が「ふじかわ」の停車駅を2つ以上含む場合に限り、その区間内では別に自由席特急券を購入すれば「ふじかわ」の普通車自由席に乗車できます。

ただし定期券で「ふじかわ」に乗車できるのは、定期券の区間内の特急列車停車駅間に限られます。
お手持ちの定期券の区間内に「ふじかわ」が停まる駅が2駅以上ある場合は、その駅間の間だけ「ふじかわ」に乗車することができますが、それ以外の区間では定期券の区間からはみ出る分の乗車券を別に購入しても「ふじかわ」に乗車することはできません。

このあたりは文章だけで説明するのは難しいです。
具体的に、どの駅からどの駅までの定期券をお持ちであるか教えていただければ、具体例を挙げて突っ込んだ回答ができると思います。

身延線の「ワイドビューふじかわ」ですか。
これはJR東海管内の路線ですので、JR東海のサイトを参考にしましょう。

参考URL:http://railway.jr-central.co.jp/ticket-rule/rule11.html
(JR東海/きっぷのルール/定期券)

↑こちらのJR東海のサイトには

●JR東海管内では、別に自由席特急券をお求めいただければ、定期券の券面の特急列車停車駅間で特急列車の普通車自由席をご利用いただけます。ただし、別に指定席特急券(グリーン券)をお求めいただいた場合でも、特急列車の普通車指定席(グリーン席)はご利用い...続きを読む

Q新幹線乗車区間内の定期券を持っている場合、乗車券代はどうなりますか?

通勤のために小田原~新橋間の定期券を購入しました。
品川から名古屋へ旅行に行こうと思うのですが、新幹線の乗車券の中に定期の区間が入っています。うまく説明すれば値段が安くなるかなーと目論んでいますがこれは可能でしょうか?
また、可能であれば駅員さんに説明する効果的なフレーズを教えてください。

Aベストアンサー

在来専用定期券で新幹線に乗車することは、別途、新幹線自由席特急券を求めれば可能です。(指定席には乗車できません)

ただし制限事項がいくつかあり、その一つとして、新幹線の停車駅を2駅以上含む必要があります。

今回の場合、小田原~新橋間の定期には、新幹線停車駅の「小田原」と「品川」が含まれていますので、品川~小田原間においては乗車券は必要ありません。ですので、名古屋まで行かれるのであれば、乗車券は小田原~名古屋、新幹線自由席特急券は品川~名古屋を買えば乗車可能です。

新幹線定期券は新幹線特急券を込みにした定期券です。在来線定期券でも新幹線や特急に乗車することは(別途、特急券等を用意すれば)可能です。
品川・小田原間の別線規程は、品川~小田原間の駅を発駅・着駅とする場合であって、両端駅である品川・小田原は別線の対象外です。No2さんが引用されているURLにもそう書かれています。
>(品川、小田原、三島、(中略)、長岡及び新潟の各駅を除く。)


ちなみに、新幹線停車駅を2駅以上含む、という例ですが、A~Cの定期を持っていて、すべてA、B、Dには新幹線が停車する、cには停車しない、と言う場合を考えたとき、
A === B === c --- D
(===定期券の範囲)

乗車可能な新幹線の範囲は、
 A~B
の1区間だけで、B~Dの区間は足りないC~Dの乗車券を買い足してもダメです。この場合、B~Dの区間を乗車するにはB~D全区間の乗車券が必要です。

参考URL:http://jr-central.co.jp/co.nsf/kip_rule/kip_rule_07_03

在来専用定期券で新幹線に乗車することは、別途、新幹線自由席特急券を求めれば可能です。(指定席には乗車できません)

ただし制限事項がいくつかあり、その一つとして、新幹線の停車駅を2駅以上含む必要があります。

今回の場合、小田原~新橋間の定期には、新幹線停車駅の「小田原」と「品川」が含まれていますので、品川~小田原間においては乗車券は必要ありません。ですので、名古屋まで行かれるのであれば、乗車券は小田原~名古屋、新幹線自由席特急券は品川~名古屋を買えば乗車可能です。

新幹...続きを読む

Q特急券+乗車券(Suica)を使うことは可能ですか?

東武鉄道の特急券をネットで予約して、乗車券をスイカで払うことは可能ですか?東武特急しもつけに乗る予定です。

あとあと、面倒になるならやめたいんですけど、どうなんでしょうか?

どなたか解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>特急券を通した後にスイカでピッとやればいいのですか?

改札口はSuicaまたはPASMOのみをタッチし,車内検札では特急券のみ検札を受けてください。
なお,ご存知とは思いますが,ネット予約の場合は事前に窓口で特急券を受け取ってください。

Q特急券だけで新幹線乗車可能ですか?

はじめまして。

早速質問なのですが
特急券+スイカで新幹線に乗れますか?

必ず乗車券は必要なのでしょうか?


宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

原則は定期券(スイカ)で新幹線や特急に乗ることはできませんが、スイカの使えるような区間だと、自由席を設定している特急のほとんどが、自由席に限り、自由席特急券を追加するだけで利用できます。この点に関してJR東はなぜがネットで容易に調べることができませんので、不安でしたらもより駅等で確認してください。
但し、定期券で乗車できる区間内に限ります。また、自由席に限りますので、指定席利用の場合は乗車券が別途必要となります。
スイカ定期で新幹線利用の場合は、いろいろと複雑になり、一概に回答できないので、詳しく知りたければ、区間を明確にして別途質問するか、最寄のJR駅で確認してください。

なお、スイカ定期と無関係の区間すなわち、チャージ額で乗車する場合は、全区間がスイカの範囲内であれば、スイカを乗車券の代わりとすることができますが、新幹線の場合は不可となります。

Q特急って飛び乗って車内で切符を買えますか?

サンダーバード、はくたかなどの特急について質問させていただきます。

切符を買う時間がなかった、予定を変更して特急に乗ることにした…などの場合、とりあえず特急に飛び乗って車内で切符を買えるでしょうか?

でも、それならどこの駅から乗ったか分からないですね?

特急とか鉄道に詳しい方、教えてくださいませ。

Aベストアンサー

>切符を買う時間がなかった、予定を変更して特急に乗ることにした…などの場合、とりあえず特急に飛び乗って車内で切符を買えるでしょうか?



車掌が車内での発行発券手続き処理をしてくれます。
また、なるべく、乗車時には直ぐに車掌室に出向き、特急券(座席指定の場合は指定席特急券)を発券してもらう。
もしも、満席の場合は自由席特急券になり、車掌の配慮で指定席に空きが出来れば指定席特急券を発券してもらう。


>でも、それならどこの駅から乗ったか分からないですね?

いいえ、手元の乗車券の発行駅や車内検札等で、ある程度は分かります。
自己申告と言うか、特急券の購入が出来なかったor車内で購入の理由事情を述べて必要な種類の切符を購入します。

尚、無断でで乗車していて、特急電車が数駅を通過してから車内検札時に特急券を持たず無断で乗っている場合は、ご指摘のように特急の乗車区間が分からない場合も出てきますので、その場合は車掌の判断で、利用客の申告通りor始発駅や乗換え可能な駅からの乗車と見做される可能性もあります。

Q特急料金?指定席?電車の乗り方

JRの電車に乗るときの切符(?)はどのような構成になるのでしょうか?

今、次のように認識してます。(たぶん、この認識が間違ってますが、)

・運賃
  その区間における基本料金みたいなもの
・特急券
  その区間を走る特急とか新幹線とかに乗る時に追加で払うもの
・指定席券
  絶対座りたい時に、あらかじめ一定数確保された指定の席に座るためのもの

そう考えた時に、いくつかの疑問があります。

1.前に金券ショップで新幹線の券を買った時には、それ1枚だけで、乗れた。
  指定席は、みどりの窓口に券を持って行ったら決めてもらえた。
  これは、1枚で上記3つの効果があるってこと?

2.yahoo路線情報とかで、たとえば「博多→大分」を調べたとき、
  JR特急ソニック15号の運賃は、
  「運賃:片道5,750円(乗車券3,570円 特別料金2,180円)」
  と表示されるが、「乗車券」っていうのが先に上げた運賃で
  「特別料金」っていうのが特急券と指定席券のこと?
  でも、JR特急ソニック15号は特急だから、結局、かならず5,750円はかかる?
  それとも特別料金というのは指定席のみ?

3.青春18きっぷというのは、ここでいう運賃の部分になると思いますが、
  前に、新幹線では併用はできないということを聞きました。
  新幹線以外の特急とか指定席との併用は可能?

質問がいろいろ曖昧なんですが、この辺の疑問を解消したいと思ってます。
アドバイスお願い致します。

JRの電車に乗るときの切符(?)はどのような構成になるのでしょうか?

今、次のように認識してます。(たぶん、この認識が間違ってますが、)

・運賃
  その区間における基本料金みたいなもの
・特急券
  その区間を走る特急とか新幹線とかに乗る時に追加で払うもの
・指定席券
  絶対座りたい時に、あらかじめ一定数確保された指定の席に座るためのもの

そう考えた時に、いくつかの疑問があります。

1.前に金券ショップで新幹線の券を買った時には、それ1枚だけで、乗れた。
  指...続きを読む

Aベストアンサー

まず最初の認識ですが、JRの規則においては以下のような乗車券類が存在します。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/02_syo/01_setsu/index.html

・乗車券(運賃)・・・どの種別の列車にも必要
・特急券(料金)・・・特急列車(新幹線含む)に必要。
なお特急券は着席保証のある「指定席特急券」とか、
着席保証のない「自由席特急券」などというようにそれぞれ独立しています。
・グリーン券(料金)・・・グリーン車に必要。
・指定席券(料金)・・・急行や普通(快速)列車の普通車指定席に必要。
前述の通り特急だけは指定席券というものが存在せず、特急券に包括されます。
またグリーン車指定席もグリーン券+指定席券ではなく、グリーン券に包括されています。

ということで特急の指定席に乗る場合は、乗車券+(指定席)特急券
特急の自由席に乗る場合は、乗車券+(自由席)特急券
特急のグリーン車に乗る場合は、乗車券+(指定席)特急券+グリーン券
急行の指定席に乗る場合は、乗車券+急行券+指定席券
という感じになります(詳細は興味があればということで)。

1.そのきっぷの券面に「指定席特急券」とか「指定席用」とか書いてあれば、
指定席特急券としての効力があります。
「自由席特急券」とか「自由席用」とか書いてあれば自由席しか利用できません。
(指定席と自由席の差額を支払えば、指定席に乗れるものはあります)
また一部には、乗車券の効力のない特急券のみのチケットも存在します。
(その場合、券面にその旨表記があります)

2.yahoo路線情報についていえば、特別料金は特急料金のことは示しているのですが、
それが指定席特急料金なのか自由席特急料金なのかは見てもわかりません。
たいていは指定席特急料金ですが、自由席の場合のこともたまにあります。
いずれにしても特急に乗る場合には必要な料金です。

3.青春18きっぷは、ごく一部の例外を除いて普通(快速)列車専用のきっぷのため、
乗車券(運賃)に相当するという考えではなく、専用券と考えた方がいいでしょう。
併用が認められているのは#4さんの回答にある通り、
普通(快速)列車の普通車指定席とグリーン車自由席、それとライナーです。

まず最初の認識ですが、JRの規則においては以下のような乗車券類が存在します。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/02_syo/01_setsu/index.html

・乗車券(運賃)・・・どの種別の列車にも必要
・特急券(料金)・・・特急列車(新幹線含む)に必要。
なお特急券は着席保証のある「指定席特急券」とか、
着席保証のない「自由席特急券」などというようにそれぞれ独立しています。
・グリーン券(料金)・・・グリーン車に必要。
・指定席券(料金)・・・急行や普通(快速)列車の普通車指定席に...続きを読む

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

QJRの特急券は、乗車券がないと買えないのですか?

県外に旅行することになり、久々にみどりの窓口に行きました。
ウィークエンドになるので、早めに指定席を取っておきたかったのですが、持ち合わせが少なかったので特急券だけを求めたところ、乗車券は?と聞かれ、今は指定席だけ欲しいと答えたら、本来は乗車券と一緒に買うかあらかじめ買った乗車券を提示しなければダメだと言われました。
これまでの経験ではそんなことを言われたことはなく、ビックリしましたが、販売規則が変わったのでしょうか?
うちのような地方都市はないけど、都会では指定券も券売機で買えるはずですが、その場合でも乗車券と同時じゃないと買えないのですか?
乗車券を先に持ってる場合、機械に見せてもしょうがないですし…
そして、本来ダメだけど今回だけといって売ってくれましたが、なんか親切と言うより恩着せがましく感じたのは考えすぎでしょうか?
もし本当はダメなのなら、私が規則違反をしたことになり、後味が悪いです。
逆にそんな規則がないのなら、窓口氏の個人的判断でしょうけど、それはないなあと思います。
キセルでもすると疑われたのでしょうか?
でも、検札のときは指定券と乗車券を同時にチェックするので、片方だけ買って、ズルはできないはずですよね。
JR関係の方、あるいは事情に詳しい方、教えて頂けるとありがたいです。

県外に旅行することになり、久々にみどりの窓口に行きました。
ウィークエンドになるので、早めに指定席を取っておきたかったのですが、持ち合わせが少なかったので特急券だけを求めたところ、乗車券は?と聞かれ、今は指定席だけ欲しいと答えたら、本来は乗車券と一緒に買うかあらかじめ買った乗車券を提示しなければダメだと言われました。
これまでの経験ではそんなことを言われたことはなく、ビックリしましたが、販売規則が変わったのでしょうか?
うちのような地方都市はないけど、都会では指定券も券売...続きを読む

Aベストアンサー

規則はそうなんですがねえ。

かって同様の質問がありました、JRに電話で問い合わせたら、質問者さんのような回答っだったと。

私は断られたことなど、一度もありませんでした、関西の駅で、北海道や九州の特急券だけ何度も買ったことがあります、(乗車券は、現地に着いてから購入)。
なのでうっかり「どこの区間でも購入できます」と回答したのですが、他に規則通りの回答も多くありました。(JRの担当者は間違った返事はしていないと)

>規則が実態にあわないのなら改正すべきだし
私もそのとおりだと思います。
思うにこの規則は、今のように全国各地にみどりの窓口があり、マルスで即時に指定券を買えるようなことができなかった時代のなごりのように思います。
昭和30年代の国鉄、まだまだ特急の本数も少なく、指定券や寝台券を手に入れるのが困難だった時、当然コンピューター発売ではなく、指定券管理センターのようなところが席の管理をしていて、各駅から電話で申し込むって方法でした。(利用者が朝に駅で申し込んで、返事は夕方ってこともありました)
そんな時当然のごとく(いけないのですが)ダフ屋が横行していました。
それで乗車券も同時購入でなければ発売しないということだったと思っています。
現に同時に購入した乗車券の裏面には、特急券の券番号が記入してありました。(乗車券のみ払い戻しをしないようにでしょう)

当時に比べ、今はずいぶん旅行形態も変わっています、指定券類の設定数、販売数も比べようもありません。

規則を、杓子定規に振りかざすのは、悪しき国鉄の体質が残っていると思うのです。
もちろん規則で仕事をするのは大切なことです。
だからこそ、実情に合わないこんな規則は改めるべきです。

規則はそうなんですがねえ。

かって同様の質問がありました、JRに電話で問い合わせたら、質問者さんのような回答っだったと。

私は断られたことなど、一度もありませんでした、関西の駅で、北海道や九州の特急券だけ何度も買ったことがあります、(乗車券は、現地に着いてから購入)。
なのでうっかり「どこの区間でも購入できます」と回答したのですが、他に規則通りの回答も多くありました。(JRの担当者は間違った返事はしていないと)

>規則が実態にあわないのなら改正すべきだし
私もそのとおり...続きを読む

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q特急踊り子の乗車券の購入について

電車の切符の買い方があまり分かりません。
すいませんが、教えて下さい。

5月16日に「踊り子105号」で「川崎~熱海」の指定席を購入したいのですが、何日前から買う事が出来ますか?

また、値段を検索したところ、2,860円だったのですが、
指定席でこの値段でよろしいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問のきっぷは
4月16日の朝10時から
発売されます。みどりの窓口なら全国どこでもかまいません。

値段は
乗車券:1,450円
指定席特急券:1,410円
合計:2,860円
ですので、お調べになった値段であっています。

購入は、みどりの窓口に申し込み用にがありますのでそれに記入するか、
口頭で
「5月16日」に「踊り子105号」で「川崎~熱海」の指定席ときっぷをおとな○人、こども○人
のように伝えても結構です。

なお、例えばJRの利用区間が蒲田からのような場合は
「5月16日」に「踊り子105号」で「川崎~熱海」の指定席と「蒲田~熱海」のきっぷをおとな○人、こども○人
のように伝える、または用紙に記入して下さい。
乗車券と特急券の区間はぴったり合っている必要はありません。乗車券はJRを利用する全区間を買った方が安くなります。(まれに高くなってしまうこともあります)

また、乗車券はいつ買ってもかまいませんので、当日でもかまいませんし、SuicaやPASMOのご利用でもかまいません。
SuicaやPASMOご利用の場合は、指定席特急券のみを購入すれば結構です。

なお、川崎からですと「踊り子箱根フリーきっぷ」という、特急指定席を利用して往復4000円というおとくなきっぷもあります。
2日以内に往復するようでしたらご検討下さい。ただし、新幹線は使えません。
ご利用の場合は、みどりの窓口やビュープラザなどでどうぞ。冒頭に書いたのと同様に4/16の朝10時から購入できます。
JR東日本の公式サイト内のご案内は
http://www.jreast.co.jp/tickets/index.aspx
の左側にある「キーワードでさがす」に
踊り子箱根フリーきっぷ
と入力して検索ボタンを押して下さい。検索結果の「踊り子箱根フリーきっぷ」と書かれているところをクリックすると詳細をご覧になれます。
このとき、横浜市内は横浜市内にあるJRの駅のほか、川崎・尻手・八丁畷・川崎新町・鶴見線内各駅が含まれます。
これは、矢向駅が前後を川崎市の駅に挟まれて路線的に飛び地になっているなどのため、横浜市内駅には上記の川崎などを含んで飛び地(飛び駅?)を解消するようにJRで定めていることによります。JRのきっぷで横浜市内といえば、常に上記の川崎駅などが含まれます。

ご質問のきっぷは
4月16日の朝10時から
発売されます。みどりの窓口なら全国どこでもかまいません。

値段は
乗車券:1,450円
指定席特急券:1,410円
合計:2,860円
ですので、お調べになった値段であっています。

購入は、みどりの窓口に申し込み用にがありますのでそれに記入するか、
口頭で
「5月16日」に「踊り子105号」で「川崎~熱海」の指定席ときっぷをおとな○人、こども○人
のように伝えても結構です。

なお、例えばJRの利用区間が蒲田からのような場合は
「5月16日」に「踊り子1...続きを読む


人気Q&Aランキング