タイトル通りなんですが、最近、不振を極めてきたので初心に帰って(ほんとにこれで帰れるとは思わないんですけど・・・)小説を読もうかなと思ってます。
そこで、これは面白かったよというのがありましたら、教えて下さい。

ちなみに、阿佐田哲也さん以外の作者の方の本は読んだことがないので阿佐田哲也さん以外の人の本が分かれば嬉しいです。もちろん阿佐田哲也さん作の中からでも構いません。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

takesamaさん、こんにちは!



あ…阿佐田哲也しか出てこない…(^^;)。すみません…。
阿佐田哲也さん関係の本もいろいろと出ていますよ。
「ドサ健シリーズ」など、読まれたことがありますか?
私は本筋の「麻雀放浪記」よりも楽しめました。
阿佐田哲也さん関連の本は沢山出ています(カキコするのもしんどい(^^;)←横着?)ので、下記参考URLをご覧下さい。

後、小説ではありませんが、山崎一夫・西原理恵子さんあたりのエッセイ本も結構面白いものが沢山あります。
「デカピンでポン!!」「麻雀で食え」あたりは、なかなか楽しめました。
 くわしくはこちらをどうぞ。
http://member.nifty.ne.jp/tanu-goten/hon.html

私もこの質問の回答は興味があります(^^)
経過が楽しみです。
takesamaさんが良い作品にめぐりあえますように…。

追伸:先日はご回答下さって、本当に有難うございました。
なんだか、いろいろとごめんなさい。m(__)m
それと「ブー麻雀」ホームで「ブー麻雀」「ルール」などで検索したら、詳しい遊び方がいろいろとヒットしましたよ。

参考URL:http://www.ambitious-net.com/mahjong/tetsuya2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おーっ。誰かと思えばyayupuu3ぢゃないですか。こんにちは。

>「ドサ健シリーズ」など、読まれたことがありますか?
ドサ健ばくち地獄は、読みました。面白かったですね。
参考URLありがとうございます。全作品紹介なんてあるの知りませんでした。
最近はnetでも買えるのでこの中から一つ買ってみようかなと思ってます。

>私もこの質問の回答は興味があります(^^) 経過が楽しみです。
そうですか。しばらく閉じるつもりはありませんので。経過を覗きに来て見てやってくださりませ。

追伸の追伸(なんのこっちゃ):じぇーんじぇーん気にしてません。(ちょっとぐらい気にしろって?(^^;))かなり前向きな性格なもので・・・。yayupuu3も気にしないでください。

お礼日時:2001/04/03 10:22

回答が遅くなりましたが小説なら、田村光昭の「麻雀ブルース」はいかがですか。


角川文庫からでています。
古本屋さんにもあるでしょう。ちなみに短編小説です。

小説ではありませんが、戦術面なら五味康祐の「マージャン教室」「マージャン大学」古川凱章のパーフェクト麻雀がおすすめです。

この回答への補足

korupyさんの補足欄をお借りします。
この質問を立ち上げてからかれこれ1ヶ月が経ちますが、”阿佐田哲也さん以外”という言葉がネックだったのか、あまり回答数が増えませんでした。
panchoさんもお帰りにはならないようですので、5/2いっぱいで締め切らせていただきます。
この質問&回答に期待されていたyayupuu3さん御免なさい。

補足日時:2001/04/30 22:29
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どわっ!!とっくの昔にお礼を書いてたと思ったら、どうやら送信ミスだったみたいです。申し訳ありません。

田村光昭さんの「麻雀ブルース」ですか。読んだことないので、一度探してみます。
古川凱章さんの戦術に関しても興味があるので探して読んでみます。有難うございました。

お礼日時:2001/04/30 22:27

本のタイトルは覚えていないのですが、「五木寛之」さんが書かれていたと思いますし、雀プロとして活躍している人たちが書かれた小説もどきも何冊か有った筈です。



今、お知らせできるのは、これぐらいです。後で調べ直してみますね。

以上。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、五木寛之さんか。忘れてました。
菊池寛さんなんかも当然あるんですかね?

>今、お知らせできるのは、これぐらいです。後で調べ直してみますね。
お待ちしてます。よろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/03 15:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q麻雀の得点を簡単に計算してしまう人達

 私は麻雀が初心者でもないかなって思っているんですけど…いや初心者です。得点の計算がわからないというか、本を見れば書いてあるんですけど、すぐには計算できないほど複雑怪奇だと思うんですけど、回りの人間は5秒で計算しています。
 本で見ると30符とか…複雑な計算がでてきますけど、普通にこんな計算をしているんですか?何役かで一律で決めているのかなと思ったんですけど。

 かなり前になりますけど、友人とやったときに…得点がわからないのでいつも、誰かにに見てもらうんですけど…周りの連中がクスクス笑っているような気がして…お金をだまし取られたんじゃないかと心配になって今日まで至っています。
 得点の構造は…符の得点と、表を覚えろってことですか?なにか別の方法でみんな導いていると思うんですけど。どうなっているんでしょうか?

Aベストアンサー

パターンに分けて、覚えています。

基本的には、基礎点の20符~80符までの、「2役」~「4役」(2役しばりとして)までの、「子」としての得点の総額を覚えていれば済みます。

20符なら、「いちさん」(1300)、「にんろく」(2600)、「ごんに」(5200)。
30符なら、(1役「せん」(1000))、「にせん」(2000)、「ざんく」(3900)、「ちっち」(7700)。
40符なら、(1役「いちさん」(1300))、「にんろく」(2600)、「ごんに」(5200)、「まんがん」(8000)。
50符なら、(1役「いちろく」(1600))、「さんに」(3200)、「ろくよん」(6400)、「まんがん」(8000)。
です。

「親」は、基本的にはその1.5倍です。

あとは、基礎点の20符、30符のちがい。
役牌の「ポン」、「カン」の得点
待ちの形と、逆から覚えてゆき、パターン化すれば、見ただけで、得点計算できるようになると思います。

QATMの暗証番号は、3回めも違うとどうなりますか?

銀行の暗証番号がわからなくなりました。何回まで試せるのでしょうか?

Aベストアンサー

某地方銀行にて3回連続で間違えたことがあります。
そのときは、3回目のミスしてカードが出てきたときに、
このカードは使用できません・・・
銀行に問合せて・・・
というようなメッセージがでました。

銀行に連絡し、銀行に行って、銀行窓口にて・・・
身分証明書の提示
キャッシュカードの提示
書類(?)に、住所・氏名・支店番号・口座番号、カード暗証番号(その場で新しく自分で決める)・・・などなどを直筆で記入したら、すぐロック解除してくれました。

ということで、私の経験では、
カード没収や再発行はなかったです。
同じキャッシュカードをその後も使用でした。

Q麻雀の2人打ち

麻雀の2人打ち
麻雀の二人打ちって、できますか?
普通は4人か3人でやるものですが
練習として2人だけで麻雀が打ちたいのですが
なにかいい方法はありますか?

Aベストアンサー

我々の遊ぶ麻雀の二人打ちの方法は以下のとおりです。
テンポよく遊べて結構熱くなります。

すべての牌を伏せる。
洗牌してバラバラのまま卓上に積まずに広げる。これを「海」と呼ぶ。
すべて伏せ牌のまま、海から各自が好きな牌を13枚取る。
その13枚を表に返してこれを理牌して手牌とする。
(当然、手牌は自分も相手も見えている。相手の進行状況や手の大きさが見えているので、これに合わせて自分もそれなりのペースで進める。ツモらせるより振りこむ方が安い)
じゃんけんでアト・サキを決める
アトの者は海から一枚を表に返して海の中央に置く。これがドラとなる。ドラは現物とする。
サキの者は、伏せられた牌から好きな一枚をツモる。
不要牌を捨てる。捨て牌は普通の麻雀と同じように、手牌の前に河を作って行く。
ポンチーは無し、アンカンの場合は好きな牌を海から取る。海の牌を一枚表に返して海の中央に置きドラ牌を増やす。
リーチはあり、イイハン縛り、その他のルールは四人打ちと同じ
自分がリーチしてなければ振り込むことはない。
二人リーチになると楽しい。オヤ・子は無い。常に二人とも散家とする。連荘という概念はなく、一局単位の勝負でイイハン1ドル清算とする。符は計算しない。バンバンを付けない。
リーチ、ツモ、タンヤオ、ピンフ、ドラ=5ドル
リーチ、一発、ツモ、チンイチ、ドラ、ドラ=11ドル
リーチ、リンシャン、ツモ=3ドル
チートイツ=2ドル
役満=16ドル(出来やすい)
ツモられても一人払いとなる

あらかじめ、回数や時間を決めて遊ぶ。熱くなると泣きが入ってキリがなくなる
原則は一局ごと清算(ドルのやりとり)
紙に勝ち点を(ドル数)を書いていき、最後に合算して清算でも良い。

我々の遊ぶ麻雀の二人打ちの方法は以下のとおりです。
テンポよく遊べて結構熱くなります。

すべての牌を伏せる。
洗牌してバラバラのまま卓上に積まずに広げる。これを「海」と呼ぶ。
すべて伏せ牌のまま、海から各自が好きな牌を13枚取る。
その13枚を表に返してこれを理牌して手牌とする。
(当然、手牌は自分も相手も見えている。相手の進行状況や手の大きさが見えているので、これに合わせて自分もそれなりのペースで進める。ツモらせるより振りこむ方が安い)
じゃんけんでアト・サキを決める
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報