gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

8月、留萌から2泊3日で稚内、利尻島、礼文島観光するプランのアドバイスお願いします。

8月20日ごろ、留萌の隣の増毛町から車で日本海オロロンラインを通って稚内へ。
出来ればその日に利尻島にわたり、利尻で一泊。翌日、利尻観光してから礼文島に移動、
礼文観光して稚内に戻り、宗谷岬など観光してサロベツ原野近くの豊富温泉辺りで宿泊。
帰りは音威子府、名寄を通って、旭川に戻るプランを考えています。
初日増毛を9時には出発したら稚内に何時ごろ着くでしょうか?
当然昼食やトイレ休憩に1時間程度の余裕は考えておきたいのですが。
稚内港から利尻島へ渡る船は最終何時頃までありますか?

関西在住なもので車での移動時間など解らないので、
宿泊場所なども含めて移動の時間配分をアドバイスください。
また離島に移動する際には乗ってきたレンタカーを稚内港に一昼夜以上、
40時間程度おいておく必要がありますが、安全な駐車場はありますか?
解れば駐車料金は幾らかかりますか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

既に、他の方から有益な情報が寄せられていますが、私も書き込みます。


もし、少しでも参考になれば幸いです。

私は登山が趣味なので、隔年で利尻・礼文に行っています。
一昨年の7月末に行ったので、今年も行く予定です。

一昨年の記録を調べてみました。
私は札幌からでしたが…
9時半過ぎ 増毛を通過
12時頃  遠別で昼食・休憩
 途中、サロベツ原生花園で写真撮影・休憩
14時半  稚内フェリーターミナル着
15時半  フェリー出港
17時過ぎ 鴛泊港
こんな記録が残っています。
私は写真も好きなので、何度も車を停めて写真撮影をしながらの時間です。

関西の方ですと、サロベツ原生花園辺りは高速道路か…?と思われる位に走りやすいです。
でも、高速道路ではありませんので、スピードの出し過ぎには十分ご注意くださいませ。

私も毎回、稚内港に車を置いて行っています。
確か、駐車料金は、1日1000円だったと思います。
(3泊4日で4000円ですので…。)
駐車場の係の人に、日帰りではないことを告げると、
ターミナル入り口のすぐ近くに停めるように指示されるはずです。

私は、利尻山に登った翌日はレンタカーで島巡りをして礼文に渡っています。
私がいつも借りているレンタカーの料金は、3時間で5400円です。

宿泊場所ですが、この時期はどの宿も登山客で賑わっていますので、
早々に宿の確保をしておいた方が良いと思います。
登山客は、夜明けと共に…というか、午前4時には宿を出て登山口に向かいます。
予約をする際には、登山客の少ない宿を探した方が落ち着くと思います。

利尻町役場のホームページをご覧下さい。
右のアイコンの「宿めぐり」から宿の空き状況が確認できます。

利尻島にも温泉がありますし、昨年、礼文島にも温泉が出来ました。
露天風呂からの利尻山(利尻富士)の秀峰をお楽しみくださいませ。

旅の途中では、とにかく、利尻山にご注目くださいませ。
角度が違うと頂上付近の形が変わって見えます。
そして、利尻山が見えた時は、とにかくシャッターを押しておいた方が良いです。
…と言うのも、海に浮かぶ島ですので、霧が発生しやすいのです。
各観光スポットに立ち寄っても、霧でなぁ~んにも見えない、ということがあります。
フェリーからも、なぁ~んにも見えない、ということがあります。
利尻山が見えているうちにシャッターを押しておくことをオススメします。

フェリーの運航表をジックリとご覧下さい。
利尻の鴛泊港近くの海上で、逆に向かうフェリーと擦れ違うことがあります。
お天気に恵まれると、青い海・青い空・白い雲・利尻山・フェリー・そこにタイミング良くカモメなんぞ飛んでいたら…
これぞ、絶好のシャッターチャンスです。
絵葉書やカレンダーの題材になるような素晴らしい写真が撮れるはずです。

お土産には「とろろ昆布」がオススメです。
利尻昆布ですので、とても美味しいですよ。
私はいつも、フェリーターミナルの2階の食堂で売っている物を大量に買って、職場の同僚に配っています。

利尻山登山口キャンプ場から、ゆっくり歩いても15分程で、日本最北端の名水「甘露泉水」があります。
空のペットボトルを持って行って汲んで来ることもオススメします。


尚、移動時間の目安はこちらを参考になさってください。
http://time-n-rd.jp/

利尻富士町役場のホームページはこちらです。
下段の「観光パンフ」のアイコンから、メールで利尻・礼文共通の観光パンフの郵送をお願いしてみてくださいませ。
なかなか感動物の素晴らしいパンフが届きますよ。
多分、フェリーの運行表も沿えて頂けると思います。
http://www.town.rishirifuji.hokkaido.jp/index.htm

念のため、フェリーの運航状況はこちらです。
http://www.heartlandferry.jp/system/web/html/unk …

礼文町役場のホームページはこちらです。
http://www.town.rebun.hokkaido.jp/index.htm

礼文については、他の回答者様が詳しい情報を提供してくださっていますので、
私は、利尻に重点をおいて書きました。
他にもご心配な事がありましたら、貼り付けたリンクでお調べになるとわかると思います。

長々と失礼しました。
楽しいご旅行になりますように!
お気をつけて行ってらっしゃいませね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても詳しく教えていただいてありがとうございました。
初めての利尻、礼文、楽しみんしています。

お礼日時:2010/05/27 21:30

往路の走行距離は海岸線で約190kmです。

9時増毛発なら昼食休憩含め14時にはフェリーターミナルに到着できるでしょう。
稚内へは国道を道なりに天塩町まで行きます。時間的にここ辺りでお昼時間になるでしょうから道の駅などで昼食をとられると良いと思います。
天塩からは内陸に入り豊富町市街を通って稚内へ至る国道コースと、そのまま海岸線を稚内まで行く道道コースに分かれますので、どちらか好きな方を行かれると良いでしょうが、天気が良ければ海岸線がおすすめです。ロケーション最高で、利尻富士が海に浮かぶ姿も見られることでしょう。帰りは豊富温泉に泊まられるようなので内陸コースを通ると思いますので。
おそらくフェリー時刻まで2時間くらい空くと思いますから、できる稚内市内の観光はこの時にしておくと良いと思います。水族館か稚内公園のどちらか1ヶ所なら十分できます。

利尻礼文観光中の駐車場ですが、フェリーターミナル駐車場が無難じゃないでしょうか。次の日帰るなら2,000円、島で2泊した場合は3,000円です。

2日目がちょっと厳しいですね。
その日に2島観光して稚内に戻り、市内と宗谷岬観光は、フェリーの時間的には辛うじて可能ですが、島での観光時間は2時間くらいだし、稚内に着いたら夕方か夜です。礼文からの午後便は利尻経由が多いですから、時間もかかります。

以下は2日目の予定を全て網羅し、フェリー時刻に合わせたタイムスケジュールです。
9:30 利尻発 利尻観光は早朝から9時までしかできません。
10:10 礼文着 滞在時間は2時間程度しかありません。
12:35 礼文発 この便までが稚内直行で、以降利尻経由になります。
14:30 稚内着 前日取り残した市内観光。
16:00 市街発 
16:30 宗谷岬着 宗谷岬、旧海軍望楼、大韓航空慰霊碑など
17:30 宗谷岬発  
18:30 豊富温泉着
宗谷岬からは途中に宗谷公園(厳島神社や江戸末期に北方警備で亡くなった会津、津軽藩士のお墓)や世界的にも貴重な宗谷丘陵がありますが時間的に厳しいかもです。

以上ですが、これだと利尻へは泊まりに行くだけ、礼文は寄っただけになってしまいます。しかし、どれかを1便遅らせるとその後がもっと厳しくなりますので、上記が1日で回れる限界かと思います。
できることならば最低でも利尻1泊、礼文1泊、稚内か豊富温泉1泊が理想なのですが、なかなか難しいですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても解りやすく教えていただきありがとうございました。
これから計画を練っていきます。

お礼日時:2010/05/27 21:32

車での距離検索は、ここで有名な「北の道ナビ」で調べるといいと思います。


http://northern-road.jp/navi/
上記で増毛町から稚内港へ高速利用せずで検索したところ、201kmと出ました。
また同時に時間が3時間40分と出ましたが、逆算すると時速55km/hです。
このルートは比較的走りやすいとはいえ、留萌や稚内の市街には信号もありますし、追い越し禁止区間等もありますので、全区間の平均で55km/hなら、巡航速度は65km/hくらいは必要だと思います。
実際は休憩も必要ですし、景色の良いところで車を止めたりすると、3時間40分では無理だと思います。
なお北海道はスピード違反の取締りが厳しいのでご注意ください。飛ばす車も多いですが、せっかくのご旅行で捕まるとショックも大きいので、法定速度+5~+10km/h程度にとどめておくのが無難です。

フェリー会社 ハートランドフェリー のサイトは下記です。
http://www.heartlandferry.jp/
利尻・礼文航路のページで時刻表等をご確認ください。
運賃を見るとわかりますが、自動車を載せると非常に高額になります。よってご質問どおり、通常は車を稚内に置いていきます。
同サイト同航路の乗り場案内のページの最下部に、フェリー会社運営の駐車場の案内が載っています。1泊2日 2,000円だそうです。一応、その他の駐車場の問い合わせ先も載っています。(稚内市、だそうです。市役所ということでしょうか。)

各島内の交通手段ですが、バスの場合、宗谷バスになります。
http://www.soyabus.co.jp/
同サイトの路線バスの礼文営業所・利尻営業所のところに時刻表が載っています。
他には、レンタカーやレンタサイクルなどもあると思います。(以前礼文島に行ったときにはレンタバイクというものもありました。)

上記で車、フェリー、島内バスが調べられますので、ご検討ください。


私はだいぶ前に礼文島に行ったことがあります。当時私の旅スタイル(YH系)の間では、「利尻は山の島、礼文は花の島」と言われていました。

利尻は利尻岳(標高約1,700m)に登って楽しむという意味です。わざわざ海岸から歩く、という場合もあるそうでした。また標高が高いこともありそれなりの体力と装備が必要かと思われます。最近は以下の「利尻ルール」というのもあるそうです。
http://www.yamatoilet.jp/mtclean/rishiri_rule.htm
登山以外は、島一周完歩(約55km)などという遊びもあるそうです。
また以下のような Wikitravel 利尻島 というページがありました。(このサイトは私はよく知りません)
http://wikitravel.org/ja/%E5%88%A9%E5%B0%BB%E5%B …

礼文は花を楽しむ、ということですが、ここでいう花は人が植えたり蒔いたりしたものではなく、太古の昔から自然に生えている野草の花のことです。標高が高く冷涼な気候のため、本州では2,000m級の高山でないと見られない高山植物が、この島では海岸線や少し丘に登ったくらいで見られます。花のベストシーズンは6月中旬から7月中旬くらいです。
主な道路は島の東側に南北へ1本あるだけです。花がいい感じで見られるのは島の西海岸が多いです。つまり道路が無いので山道歩きです。
私は朝一番のバスで香深から最北のスコトンまで行き、そこから東海岸の山道を南下する、通称「8時間コース」に参加しました。8時間といっても、実際は休憩したり写真撮ったりしていたら、10時間~12時間くらいかかります。
また元地トンネル手前から桃岩展望台へ行き、さらに南下して知床へ向かうルートもいいです。
礼文林道から礼文滝へ降りるルートもいいです。ただし降りたらまた同じところを戻ってくることになります。

個人的には、礼文島に2泊か3泊して欲しいくらいです。連日晴天という確証もありませんし。歩きがメインの楽しみなので、トレッキング用の装備をして行くことをお勧めします。(登山用の装備まではいらないと思います)

以上礼文島の雑感でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても解りやすく教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2010/05/27 21:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q7月利尻礼文2泊3日、行程のアドバイスを下さい

お世話になります。
利尻礼文に旅行したいと思っています。
行程等詳しく教えてください

7月5日 関空 11:05発 稚内空港13:15着
7月7日 利尻空港13;40発 千歳空港 14:30着 のチケットを予約できています

初日サロベツ原生花園に行き 稚内に宿泊 翌日2日目 稚内を早朝の船で礼文に渡り礼文を観光、

香深発~鴛泊着13:45~14:25
香深発~沓形着14:20~15:00
のどちらかで 利尻に渡り利尻観光、利尻泊 
翌日利尻空港 13:40発まで 利尻観光

初めに 概略を考えた行程です

でも これでは 礼文をあまり見られないような気がしてきました。

1、サロベツ原生花園を止めて 初日に礼文に行く方がよいのか

2.初日サロベツ観光、稚内泊 二日目礼文観光、礼文伯 
  三日目 鴛泊発~香深着 10:00~10:40 で利尻に行き、飛行機までの短い時間だけ利尻観光をする

3、利尻と礼文 どとらかにメインを絞った方がよいのでしょうか?

島内はレンタカーを借りるつもりです。

お勧めのホテルをご存知でしたら教えて下さい。お料理がよいところが希望です。リーズナブルであればよりうれしいです。

質問が滝に渡りすみませんがよろしくお願いしますm(__)m

お世話になります。
利尻礼文に旅行したいと思っています。
行程等詳しく教えてください

7月5日 関空 11:05発 稚内空港13:15着
7月7日 利尻空港13;40発 千歳空港 14:30着 のチケットを予約できています

初日サロベツ原生花園に行き 稚内に宿泊 翌日2日目 稚内を早朝の船で礼文に渡り礼文を観光、

香深発~鴛泊着13:45~14:25
香深発~沓形着14:20~15:00
のどちらかで 利尻に渡り利尻観光、利尻泊 
翌日利尻空港 13:40発まで 利尻観光

初めに 概略を考えた行程です

でも これ...続きを読む

Aベストアンサー

定期観光バスのある島でレンタカーを借りるのに、サロベツ原野まで公共交通機関ですか?逆だと思いますが、
 サロベツ原野は気の遠くなるような広大な湿原と日本海。そして高い空で心が洗われます。ぜひ行ってもらいたいところです。
 とはいえレンタカーでも往復100キロですが、その日は稚内泊りですから、サロベツ原野を見た後は、天気が良ければ落日の時間帯に帰路を走り、日没後にホテルに入るくらいがよいと思います。
 R232・40を通らずに、天塩から抜海まで海岸線を走ります。電柱もフェンスも交差点もない道を左手に海面からすくっと立ち上がった秀麗利尻富士の右手に真っ赤に燃えた大きな太陽が沈むのを見ながら走ります。
 翌日早起きして6:20の船に乗るのがよいのですが、観光バスで島を回るのでしたら、次の7:30の便に乗り、到着を待って観光バスが9:40に出発し13時に戻ります。
 レンタカーならやはり1便で渡り観光したほうが、存分に楽しめます。礼文島は南の知床岬・少し戻って西に入り地もと海岸・桃岩・猫岩。港の香深の戻り北を目指す。スコトン岬やちょっと引き返し澄海岬そして港の戻るという、走りとしては極めてロスの多い行程となります。
 しかし花の島礼文島ですから見どころはいっぱいで、観光バスのコースにプラスして時間をとりたいところや、香深から攻めて桃岩まででもフットパスを楽しみたいところです。
 これにくらべて利尻島は、島を一周する道が海岸線に沿って走り、観光スポットも登山でもしない限り、この道筋にあるといった便利なところです。一筆書きで回れます。礼文島に泊まるなら朝一番の船で利尻島に渡り、と言っても10時近くの出発ですから島を観光して13:40は間に合いません。
 レンタカーで一周するだけで60キロほどの道ですが、細い道で走るだけでも1時間30分はかかります。(観光バスは3時間)
 両方の島をゆっくり観光したいなら、サロベツをあきらめて15:10の船で礼文島に渡り宿泊。翌日礼文島観光し13:45の船で利尻島に渡りすこし観光、翌日残り観光して島を発つということしかありません。
 本当は先に利尻に渡り早朝から観光し10:05の船で礼文に渡り観光後泊まり。残りの観光をして船で稚内~千歳がよいのですが、もうチケット予約済みでは仕方がありませんね。
 島のレンタカーは道が細くほとんど軽自動車です。澄海岬や地もとに行くには結構車のエンジンが悲鳴を上げますが、心配するほどではありません。利尻は問題ありません。

定期観光バスのある島でレンタカーを借りるのに、サロベツ原野まで公共交通機関ですか?逆だと思いますが、
 サロベツ原野は気の遠くなるような広大な湿原と日本海。そして高い空で心が洗われます。ぜひ行ってもらいたいところです。
 とはいえレンタカーでも往復100キロですが、その日は稚内泊りですから、サロベツ原野を見た後は、天気が良ければ落日の時間帯に帰路を走り、日没後にホテルに入るくらいがよいと思います。
 R232・40を通らずに、天塩から抜海まで海岸線を走ります。電柱もフェンスも交差点...続きを読む

Q稚内から旭川のドライブはきついですか?

7月末に飛行機で稚内にお昼ごろ着きそこからレンタカーで旭川に行く予定ですが(旭川に宿泊)このプランは大変でしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは
セイコーマートはコンビにです。すいません『二』が抜けてしまいました<(_ _)>
ガソリンスタンドも数は多くないですが、あるので心配ないですよ。

旭川に行くということで、国道40号のルートしか考えていませんでしたが
No.4の方が書いているオロロンライン(国道232号)はいいかもしれませんね^^
羽幌町にはサンセットビーチという南国をイメージした浜もありますし。
隣の初山別村には、TVドラマ(白線流し)の舞台になった天文台もありますので立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

オホーツク海側のルート(国道238号)もありますが、海に沈む夕日が見れないのでオロロンライン比べるとお勧めできないかも。
でも、枝幸町の毛がにはお勧めですよ^^
枝幸町は毛がにの本場ですから。

事故のない楽しいドライブになると良いですね。
天候が良くなることを願ってます。

Q礼文島のレンタカー利用でのコースについて

5/31礼文島をレンタカーで観光する予定です。滞在できる時間は6~7H 軽利用を考えています。そこで次の点を質問させていただきます。

1 おすすめのコースとスポット及び全体の所要時間
2 各スポットでの所要時間(桃岩展望台は是非行きたいスポット)
3 おすすめの昼食場所
4 レンタカー料金の概算 

以上宜しくお願いします。  

Aベストアンサー

1.はずせないのは北端のスコトン岬、同じく北部の澄海岬、高山植物園。
南部の猫岩、桃岩展望台でしょうかね。
車でさーっと回れば5時間くらい。

2.桃岩展望台へは、香深から元地へ向かう途中、トンネルの少し手前右に展望台へと続く道があります、但し細くてすれ違うのもちょっと難しい感じ、とてもバスは通れません。
この道を行くと展望台近くまで行け、駐車場もあります。
バスの客などは、トンネル手前の登山口から急な斜面を歩いて登らなければなりません。

3.やはりウニ、あと有名なホッケのチャンチャン焼き。
それなりの価格ですがね(笑)
4.利尻と礼文のレンタカー料金は、離島料金適用だったと思います。
ちなみに日産レンタカー
http://nissan-rentacar.com/
の料金のところの離島・利尻礼文を見て下さい。
もっとも現地の小規模なレンタカー屋だと、もう少し安いところもあるようです。(保険やその他の違いは知りません)

それと利尻・礼文島では、ガソリン代は込みだったはずです。
http://blog.goo.ne.jp/s-uzuki/e/2b03b6d65527c4ad94556ed0a5c86a91

1.はずせないのは北端のスコトン岬、同じく北部の澄海岬、高山植物園。
南部の猫岩、桃岩展望台でしょうかね。
車でさーっと回れば5時間くらい。

2.桃岩展望台へは、香深から元地へ向かう途中、トンネルの少し手前右に展望台へと続く道があります、但し細くてすれ違うのもちょっと難しい感じ、とてもバスは通れません。
この道を行くと展望台近くまで行け、駐車場もあります。
バスの客などは、トンネル手前の登山口から急な斜面を歩いて登らなければなりません。

3.やはりウニ、あと有名なホッケのチャ...続きを読む

Q利尻島と礼文島、どっちがお勧め?

旭川~稚内を旅行する際に、日帰りで利尻島か礼文島に行こうと思います。
どちらがお勧めでしょうか?
・稚内から往復の交通手段はフェリーです。
・レンタカーは使用しません。
・時期は9月の初めです。
・島にレンタサイクルがあれば利用するつもりです。
・徒歩では1日に10km位まで歩けます。
・海産物は苦手なので食べられません(!)

Aベストアンサー

日帰りじゃどちらももったいなすぎます。
それならわざわざフェリーで島に渡らずに、
抜海や豊富のサロベツ原野から行こうと
思っている利尻富士(利尻島)を海の向こうに臨んだり
石油くさい豊富温泉など、稚内周辺を観光した方が良いかなと。

Q.利尻.礼文島旅行を稚内から1日観光

6月末に利尻.礼文島の観光がしたいと思っています。
稚内に駐車して1日で観光可能か、教えてください。
予定では下記のようにしたいと思っています。
稚内6時30分発--フェリ07便--鴛泊港8時10分
利尻定期観光バス利尻Aコ-ス鴛泊FT9時40分発--島内観光--鴛泊FT12時45分着
鴛泊発13時15分---フェリ27便----香深13時55分着
礼文定期観光バス礼文Cコ-ス---香深発14時10分--島内観光--
香深着16時50分
香深発17時25分----フェリ66便---稚内19時20分

Aベストアンサー

 稚内から出発、帰着の1日でしたら回れないことはありません。昨年花の無い9月初めに、札幌から朝8時に発って稚内に泊まるつもりが、最終便に間に合ったので利尻に渡り一泊。翌日島を一周し昼前に礼文島に行き観光。その日の夜6時半頃に稚内に戻り、そこでまた1泊のつもりがついつい車を飛ばし深夜2時前に帰宅しました。1泊3日?800キロの旅です。
 こんな乱暴なことをしなくても、稚内発着でしたら大丈夫です。
ただし、どちらも観光バスはお勧めできません。軽のレンタカーが良いかと思います。時間があまりマッチしないのです。利尻はぐるりと島を回れるのですが、礼文は細長い地形を、南の知床にいって戻り、南西のメノウ海岸・桃岩(絶景)に行って戻り、北のスコトン岬・澄海岬に行っって戻り、そのいずれもが同じコースを往復しなければなりませんので、結構無駄の多い観光になります。
 いづれにしましても、咲き誇る花も見たいでしょうし、結構あわただしい行程です。それを覚悟の上での話をしました。レンタカーの場合ナビはついていますが、ガイドはありません。旅の楽しみである行き先の散策コースについて、フェリーの中でパンフレットから頭に叩き込むことが大事です。それと、注意をしてもどうにもなりませんが、相当むかし、6月に利尻に渡り海が荒れて1泊足止めされて経験がありました。

 稚内から出発、帰着の1日でしたら回れないことはありません。昨年花の無い9月初めに、札幌から朝8時に発って稚内に泊まるつもりが、最終便に間に合ったので利尻に渡り一泊。翌日島を一周し昼前に礼文島に行き観光。その日の夜6時半頃に稚内に戻り、そこでまた1泊のつもりがついつい車を飛ばし深夜2時前に帰宅しました。1泊3日?800キロの旅です。
 こんな乱暴なことをしなくても、稚内発着でしたら大丈夫です。
ただし、どちらも観光バスはお勧めできません。軽のレンタカーが良いかと思います。時間があまり...続きを読む

Q利尻、礼文まで車で行くのは?

まだ先のことですが、来年夏に友達と二人でワンボックスカーで利尻、礼文まで行こうと思っています。コストを抑えるために、本州からカーフェリーで行って、車中泊して北海道を縦断し、利尻、礼文まで行ってから帰ってくる、いわば、貧乏旅行です。ここでわからないのが、利尻、礼文までどうやって行くのがベストなのかです。ここのカーフェリーの運賃が高いこともありますが、そもそも、利尻、礼文で車中泊などしていても問題ないのでしょうか。また、島内でレンタカーあるいは乗合いバス、民宿利用というのも考えられます。民宿も高そうですが、費用以外のメリットがあればこれでもよいと思っています。どなたか、ご教授ください。

Aベストアンサー

島での車中泊は問題ないですが、何泊の予定でしょうか。
稚内~利尻~礼文~稚内で4メートル以下の車のフェリー利用料金は約35,000円。これに一人分の船賃5,710円をプラスすれば約41,000円。
 車を置いて島に渡れば船賃11,420円。島での車レンタル料マーチクラスで10時間17,000円×2日で34,000円。これに宿賃プラスといったところでしょうか。 
 だから車中泊なら車を持ち込んだほうが安いのですが、実際には利尻は一周40キロほどの道路で、10時間を観光に費やすほどの広さや観光スポットはありません。観光バスでじゅうぶんですが、二人だとバス賃は7,000円ほどかかると思います。
 両島とも島の道幅が狭く、観光シーズンは大きなワンボックスカーだと窮屈なことがあり、レンタカーも軽など小型車が主流です。二人でしたら安い軽自動車を借りると節約もできるでしょうし、バスより小回りが利きます。
 よほどゆとりがない限り、たいていは朝一の船で利尻に渡り半日観光(利尻富士登山などしない場合は)して礼文島に移動。少し観光して泊り翌日目いっぱい観光して稚内に戻るパターンが多いのです。礼文島では花の島ですから、最盛期はトレッキングなど山歩きもすれば少し時間が必要になりますけれど。
 民宿料金が高いというのはどこら辺を安い範疇にしているのでしょうか。ユースホステルなどもありますし、ライダーハウスの利用も考えれば、解決策も見いだせると思いますが。以前札幌から二島を回って一泊3日?で深夜に帰宅したことがあります。それに比べれば稚内からの1泊二日はゆっくりでしょう。

島での車中泊は問題ないですが、何泊の予定でしょうか。
稚内~利尻~礼文~稚内で4メートル以下の車のフェリー利用料金は約35,000円。これに一人分の船賃5,710円をプラスすれば約41,000円。
 車を置いて島に渡れば船賃11,420円。島での車レンタル料マーチクラスで10時間17,000円×2日で34,000円。これに宿賃プラスといったところでしょうか。 
 だから車中泊なら車を持ち込んだほうが安いのですが、実際には利尻は一周40キロほどの道路で、10時間を観光に費やすほどの広さや観光スポットはありません。観光...続きを読む

Q礼文島(香深)・利尻のおすすめの宿

7月中旬に、利尻富士に登るため北海道へ行くことになりました。
そこで礼文島(香深)・利尻の泊まって良かった民宿、その他いろいろな宿を教えてください。
予算は下限なし~上限1万4千円くらいまでです。
特に民宿については、HPで探しても詳細が載っていないので、詳しく教えていただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

昨年、礼文島のかもめ荘に2泊しました。
ホテルはどこも満室でこちらに宿泊したのですが新しくて清潔で、とてもよかったですよ。

かもめ「荘」だけに、民宿のイメージ満々で訪れたのでいい意味で裏切られました。帰りに港まで送ってくれた若い女性スタッフさんにそのことを話すと、
そうなんです名前で損している部分あるんですよね、と笑ってました。

部屋から真正面に利尻富士が見え眺望も良く、お料理も美味しいし、みなさん親切な方でした。
おすすめします。

Q新千歳IN/OUT 道央~道北を3泊4日 レンタカー(軽)でドライブは

新千歳IN/OUT 道央~道北を3泊4日 レンタカー(軽)でドライブは無理でしょうか?
飛行機が新千歳空港でしか取れず、北の道ナビで検索した時間とルートで下記の通り予定をたてました。
北海道をドライブするのは初めてです。一人旅です。

1日目:新千歳10:05着~旭川(旭山動物園) 旭川泊(移動186km/2h30)

2日目:旭川~道の駅さるふつ公園経由~宗谷岬観光 宗谷岬泊(移動254.5km/4h17)

3日目:宗谷岬~稚内港~利尻島or礼文島(フェリーターミナル近辺でウニ丼が食べたいだけなので省略するかもしれません)~江部乙 江部乙泊 (移動284km/4h50 検索は江部乙ではできなかったので稚内港~滝川です)

4日目:江部乙~富良野(ファーム富田見学・カンパーナ六花亭で食事)~新千歳空港 17:50発(移動208km/3h27)
  
友人に上記ルートについて話すと「1日200~300kmの移動なので軽でも走れないことはないと思うが、ターボ車でないとしんどいのでは?」と言われました。
レンタカー会社にメールしたのですが、車種の指定もターボ車の指定もできないとのことでした。ターボなしの軽でも大丈夫でしょうか。

更に・・・北の道ナビでは移動時間が30分程度としている宗谷岬~稚内港も、地元の方のサイトで確認すると「1時間は見ておいた方がいいです」ということで。。。
この距離でこんなに差が出るなら、長距離の検索だと実際の移動時間とどれくらい差が出るのかと不安になってきました。
上記ルートで「これは無理」と思われるところがあれば、その点もご指摘頂けると嬉しいです。
出発間際の質問で申し訳ないのですがよろしくお願いします。

新千歳IN/OUT 道央~道北を3泊4日 レンタカー(軽)でドライブは無理でしょうか?
飛行機が新千歳空港でしか取れず、北の道ナビで検索した時間とルートで下記の通り予定をたてました。
北海道をドライブするのは初めてです。一人旅です。

1日目:新千歳10:05着~旭川(旭山動物園) 旭川泊(移動186km/2h30)

2日目:旭川~道の駅さるふつ公園経由~宗谷岬観光 宗谷岬泊(移動254.5km/4h17)

3日目:宗谷岬~稚内港~利尻島or礼文島(フェリーターミナル近辺でウニ丼が食べたいだけなので省略するかもしれ...続きを読む

Aベストアンサー

No.8です。
ここ数日は全道的に晴れマークが並んでいる北海道です。
実はあなたより一足お先に、10日朝7時に家内と車で出かけ、その日の15時25分の船で礼文島に渡り一泊。
11日にレンタカーでスカイ岬や桃岩山道等に行き13時35分の船で稚内に戻りました。途中サロベツ原野等により23時15分に札幌に帰ってきました。
 島のレンタカーを除き往復770キロあまりの走行でしたが、1500CCの車でガソリン満タンででかけ、往復ともに途中給油なし、まだ結構ガソリンが残っている状態です。
 往復106号を利用しましたが、相変わらず快適でした。少し途中でのんびりしたので、いけないのですが少し飛ばしました。私の車を110キロ以上で若い女性4人組が乗ったレンタカーが、あっという間に抜き去って行きました。
 今回は家内の希望でレブンアツモリソウのかれんな花を見るだけの旅でしたが、それでも結構あちこち立ち寄ったり温泉に入ったりしながらの走行でしたので、軽を利用されてもゆったり走られることと思います。
 軽自動車のタンクの容量とリッターあたりの走行距離が分かりませんが、少なくても片道だけなら途中の給油は心配ないかと思います。
 礼文島の花山道めぐりの年配の方(とくに女性群)の数団体がそれぞれバス数台でやっていきていて、フェリーターミナルのレストランは、満杯でした。
そこでウニ丼を食べる予定もなく、帰る途中の小平町(おびら)の創業42年の「食事処なぎさ」でたべたウニ丼と刺身定食が北海道人でも納得の新鮮さでした。ここのウニはムラサキウニではなく、すべてが良質のバフンウニを使用していました。他にも近くに3軒ほどのウニ丼店がありましたが、ここで正解でした。
 添付写真は11日の礼文島から見た利尻岳です。

No.8です。
ここ数日は全道的に晴れマークが並んでいる北海道です。
実はあなたより一足お先に、10日朝7時に家内と車で出かけ、その日の15時25分の船で礼文島に渡り一泊。
11日にレンタカーでスカイ岬や桃岩山道等に行き13時35分の船で稚内に戻りました。途中サロベツ原野等により23時15分に札幌に帰ってきました。
 島のレンタカーを除き往復770キロあまりの走行でしたが、1500CCの車でガソリン満タンででかけ、往復ともに途中給油なし、まだ結構ガソリンが残っている状態です。
 往復106号を利用しましたが...続きを読む

Qお盆に2歳、4歳の子連れで礼文、利尻島を旅行しようと考えています。(行

お盆に2歳、4歳の子連れで礼文、利尻島を旅行しようと考えています。(行き、帰りの稚内の飛行機は手配済み)
礼文島3泊、利尻2泊しようと考えていますが、礼文島ではレンタカーは必要でしょうか?(利尻は借りる予定です)

利尻は1泊にして、稚内を少し観光するか(サロベツ原野など)も悩んでいます。

プランに助言してもらえるとありがたいです。

Aベストアンサー

>礼文島ではレンタカーは必要でしょうか?

どこに行くのかにもよりますが、
島内観光をするなら必要でしょう。
というか、他に移動手段は極端に少ないですから。

もちろん宿の車があちこち連れて行ってくれる
場合もあるでしょうから、
そのあたり確認されては。



サロベツ原野も素晴らしいですから、
1泊する価値はあると思います。

利尻は1泊2日でも十分だと思います。

稚内から抜海海岸沿いに車で下ると、
素晴らしい景色が続きます。

特に夕陽の頃が一番よいです。
(利尻に沈む夕陽が見られます)

Q礼文島トレッキングでの移動手段について

5月末から6月にかけ4日間礼文、利尻島に行く予定で計画をしています。
礼文島には二泊する予定で、一日フリーの日と利尻島へ行く日の半日が礼文島の観光として考えています。
今回個人で行くのは初めてで、島内の移動手段で悩んでいます。
今のところ、レンタカーは高いので半日は定期観光バスでお願いをしようかと思っています。
一日フリーの日程はトレッキングをしたいと考えていますが、駐車場まで車を借りた方がいいのか、バスを利用して回った方がいいのか・・・どちらが効率がいいのかわかりません。
トレッキングで考えているのは、桃岩~知床、4時間コースに行きたいと思っています。
レンタカーを借りるとなると、駐車場へ車を取りに戻らないといけないという不便さも感じ、またバスだと本数も少なく、決めた時間内に歩けるかと心配もあります。
一日半レンタカーをすることも考え始めていますが、ほんとによくわかりません。
何かアドバイスがあれば、助かりますのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.5です。
前回の回答が再質問に対して少々的外れのところがありましたので修正します。 
 泊が船泊の方が良かったのかということは、あくまでもスコトン岬やスカイ岬、あるいは岬めぐりコースのトレッキングの場合で、桃岩コースなどに行く場合は当然宿は香深に取った方がいいかということになります。
 ですから当初のプラン通りで結構ですし、フェリーの利用もレンタカーを借りたり観光バスに乗るなども含めてこの方が何かと便利です。
 レンタカーは3・4か所だったと思いますが、すぐ目の前にあって軽自動車が空いていた日本レンタカーでした。安いとか料金の問題ではなくすぐ車に乗れたということだけでの選択でした。
 オフシーズンになれば、9月1日からは民宿もレンタカーも料金はがらりと安くなりますが、これからシーズンに入るこの時期は、料金的にはほぼ同じと思います。
それからフェリーの件ですが、書きました「二等室も必要ない」などというのは当然乱暴な話で、天気の良い日はデッキで楽しみたいということで書きました。二等船室にもごろりと寝ころぶ広間ばかりではなく、椅子席のものもありますから、天気次第です。
 トレッキングに限らず観光は天気が良ければ80%成功といった感じもします。しかし、晴天でも離島の場合は、フェリーの運航が安心できる風や波の穏やかなことが要求されます。
 相当昔利尻島に6月に行ったとき、風雨の激しい日に出会い、島から戻れなくなったことがありました。しかし満室でもホテルの心配はありません。来るべき人も渡ってこられないので、当然キャンセルの部屋が開くからです。
 レブンアツモリソウを見る観光客でごった返すのではという危惧はあまりありません。よほど花を愛する方でこの時期だけのアツモリソウに絞った方でなければ、やはり百花繚乱のもっと遅い時期に行く方が多いですから。
 そのレブンアツモリソウは永年の保護が実って、数も30年前に近づくほどの回復ぶりになったとはいえ、見渡す限りというような咲き方ではなく、あちこちに少しずつ固まって咲くような感じですので期待が大きすぎると……
 
 私の場合、数年前までは夏場は車にテントと寝袋を積んでいることが多く、三日間天気良し。波静か。さあ行こうー!といった感じで朝になってから突然家内と出発などということも多く。前に利尻・礼文に行ったうち2回はそんな調子で、札幌から一泊三日(夜中の1時過ぎに帰着)で880キロほど走行といった、乱暴な高齢者なのです。勿論道内ほぼ回っているので、途中の観光はカットという一点主義な観光が多いのです。あなたにはゆっくり回っていただきたいです。
今年のGWの気象は以上です。来られる頃には安定していると思いますが、下記URLで天気と服装のチェックもどうぞ。

 今回添付の写真は、可憐なレブンアツモリソウです。

参考URL:http://www.kaiteki-travel.com/index.php

No.5です。
前回の回答が再質問に対して少々的外れのところがありましたので修正します。 
 泊が船泊の方が良かったのかということは、あくまでもスコトン岬やスカイ岬、あるいは岬めぐりコースのトレッキングの場合で、桃岩コースなどに行く場合は当然宿は香深に取った方がいいかということになります。
 ですから当初のプラン通りで結構ですし、フェリーの利用もレンタカーを借りたり観光バスに乗るなども含めてこの方が何かと便利です。
 レンタカーは3・4か所だったと思いますが、すぐ目の前にあって軽自...続きを読む


人気Q&Aランキング