住宅の水道工事で13mmか20mmか悩んでいます。20mmが容量があり水圧低下が起こりにくく良いのは分かりますが、工事値段が上がるので本当に必要かわかりません。
場所は丘などではなく、同じ高さの平地が続く感じです。
トイレは1F2F一箇所ずつ、エコキュート370L 20mmを選ぶ基準やデメリットなど有るなら教えてください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 まず前提として、水道局の決まりに従う必要があります。

水栓の数等によってメーターの口径を決めている水道局があるので、とりあえず確認する必要があります(決まりのある水道局・自治体では、従わないと工事許可がおりません)。
 一般に水道口径は使用水量(器具の数・種類)に同時使用率と距離・高低差等を加味して決定されます。実際には水理計算をしてみるのが確実です。

 13mmの口径の場合、複数の同時使用には無理があり、同時使用した場合には極端に水量(水圧)が低下する可能性があります。系統を器具ごとに別々にする意見がありますが、元が13mmメーターである以上(水理計算上)、無意味です(専門家の意見とは思えん)。13mmは13mmでしかないので、水量不足を解消するには20mm等への増径か、貯水設備(+ポンプの場合も)の設置しか方法はありません。
 まあ逆に言うと器具がいくつあっても1箇所しか使わない(1人暮らし等)ならば13mmでも良いと思いますけどね(洗濯機を使用中は駄目かも)。13mmにする場合は複数で同時に使わないとか器具ごとに水量を絞っておく等の工夫(トイレはタンク式にしてタンクへの給水栓は絞っておくとか洗濯機も給水絞っておくとか、節水シャワーとか。もちろん器具はそれに対応してなくては駄目)が必要になると思います。それでも駄目な時は駄目なんですけどね。
 なお、13mm使用の時で、直圧式のトイレ(タンクレス)を使用される場合、同時使用による水量不足でうまく流れない場合があります。

 まあ無難に20mmにして節水に励んではどうでしょうか? 水量不足って結構不便ですよ。
 
    • good
    • 6
この回答へのお礼

細かい説明ありがとうございました。13mmには慣れてはいます(お風呂をためている時は食器を洗わない等無意識に実行していました)が、今後不安要素になるのもいやなので20mmにしておきます。ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/23 21:42

こんにちは! 設備業者ですが、現在一般家庭においては給水管および給湯管の管径は20mmで施工しています。

土地の高低差はとりあえず考えなくても良いと思います。確かに工事値段はあがりますが、13mmだと、水道の根元を1箇所にするのであれば必ず水量不足がどこかの蛇口なり、トイレで起こると思います。もし、どうしても13mmでということであれば、トイレで給水管1系統、洗面・脱衣所で1系統、風呂で1系統、流しで1系統とそれぞれ給水管の根元を別々にする必要があります。その方法だと20mmにするよりもコストが上がりますので、20mmで施工を行ったほうが良いと思いますが、ご参考までに・・・。
    • good
    • 7

うちは、敷地内は20mmにしました。

元栓は13mmのままで・・・ 後から工事できないんで、採り合えず敷地内だけやりましたわ・・・

で、うちの場合、子供がやたらと蛇口を開けるんで、少し元栓を絞っています。
なので、時間帯によっては2F洗面の出が悪くなります。
    • good
    • 4

簡単な見方ですが、蛇口の口径が13mmです。


ですので、13mmでは、一か所の蛇口を全開にすると、他の水の出が悪くなります。
一人暮らしならばなんとかなりますが、家族が居る場合、水の使い方をきちんと管理する必要があります。
    • good
    • 5

>住宅の水道工事で13mmか20mmか悩んでいます



13mmと20mmでは、基本料金が違うと思います
しかし、今13mmを選択するところはまず無いでしょう

13mmでは、キッチンとシャワーを同時に使うと水圧が低下します(同時は無理かも)
1階で蛇口をひねると、2階のトイレは水が出なくなるかもしれません

エコキュートは、その構造上出てくるお湯の水圧が下がってしまいます
元の水圧が低ければ、さらに低下します
エコキュートも、高圧タイプ(出てくるお湯の勢いが強い)物が用意されています

>場所は丘などではなく、同じ高さの平地が続く感じです

余り意味がありません
13mmなら、ご近所がいっせいに蛇口をひねった時のことを心配された方が良いです

>エコキュート370L 20mmを選ぶ基準やデメリット

まずは、メーカーの話を聞いてください
その上で自己責任で13mmにする以外に方法はありません
また、13mmでの生活の不便を感じないのであれば、20mmは必要ないってことだとおもいます

>工事値段が上がるので本当に必要かわかりません

必要だと思います
後から変えたらもっと大変です

平屋で、ディンクスなら13mmは妥当だと思います
4LDK4人家族くらいの構成なら、生活がかなり不便だと思います
しかし、これも全て個人の感覚なので・・・
    • good
    • 6

 二階にもトイレを設けるのであれば20mmの方が良いでしょうね。


 13mmと20mmでは同時開栓できる蛇口の数が違います。
    • good
    • 12

回答



・一般家庭では、20mmが普通ですね。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水圧3Kで、水道管13mm or 20mm

はじめまして。
悩んでいることがあります。

現在、滋賀県守山市で新築中です。
業者によって、13mm/20mmにどちらにしたらいいか意見が違っており、
悩んでいます。

水道業者に水圧を測ってもらったのですが3Kとの事です。

古屋をつぶし新築しています。
前の家は13mmだったようです。

水設備ばっかりは、家が建った後、後悔してもどうにもなりません。。。。
アドバイスの程、宜しくお願い致します。

以上

Aベストアンサー

先の回答にありますが、滋賀県守山市は不明ながら直圧直結給水の場合はメーター以降の先太り配管を禁止している水道事業者が多いです。
宅内に設置された既設量水器が13であるか否かで結論は既に出ている気がします。
それでも20mmに増口径する場合は本管分岐をやり直す必要がありますので、宅内の差額分に加えて数十万の費用が発生するのではないでしょうか。

業者によって意見が違うとのことですが、少なくとも一般住宅程度の規模でしたら、水道事業者が定める水理計算基準に乗っ取って試算を行えば同じ計算結果になると思うのですが・・・。
実際の過不足は水栓数と管距離が最低計算上必要なので、水圧と口径だけでは条件が不足していますので分かりません。

Qエコキュートのシャワー水圧減少について

浴槽と台所のリフォーム(オール電化)の予定です。
エコキュートは施工業者からパナソニック製をおすすめされてます。

今まで石油給湯式で、シャワー水圧はほぼ問題なく使用してきましたが
エコキュートに切り替えた後の浴槽のシャワー水圧減少が気になり、パワフル高圧
タイプにしたらよいか迷ってます。(シャワーは全て1階のみで使用してます。)

パナソニックの最新カタログのシャワー比較に下記掲載があります。
-----------------------------------------------------------------------------
【※高圧力型KCシリーズ】→ 170kPa 1階(2m)の場合、約12L/min
 ※スタンダードタイプです。
【パワフル高圧KUCシリーズ】→ 280kPa 1階(2m)の場合、約14L/min
●パワフル高圧給湯機は給水元圧300kPa以上でご使用下さい
-----------------------------------------------------------------------------

【質問】
(1)給水元圧が300kPa以上あっても、パワフル高圧シリーズの水圧は280kPa以上にならないのですか?
(2)スタンダードタイプは給水元圧が300kPa以上あっても、水圧は170kPa以上にならないのですか?
(3)パワフル高圧シリーズでも、水道直圧タイプ(石油給湯式等)より水圧は減少しますか?

浴槽のシャワー以外は使用しないという条件で教えて下さい。

浴槽と台所のリフォーム(オール電化)の予定です。
エコキュートは施工業者からパナソニック製をおすすめされてます。

今まで石油給湯式で、シャワー水圧はほぼ問題なく使用してきましたが
エコキュートに切り替えた後の浴槽のシャワー水圧減少が気になり、パワフル高圧
タイプにしたらよいか迷ってます。(シャワーは全て1階のみで使用してます。)

パナソニックの最新カタログのシャワー比較に下記掲載があります。
-----------------------------------------------------------------------------...続きを読む

Aベストアンサー

エコキュートに限らずタンクに予め沸かしたお湯を貯めて置く貯湯式給湯器は、タンク強度等の理由から減圧弁を介して給水圧力を下げて補給するので給湯圧力は給水圧力よりも低くなります。

よって回答は

(1)ならない。給水圧力が300Kpa~500Kpa(0.3~0.5Mpa)に納まる場合は減圧弁を介して給湯圧力が280Kpa(0.28Mpa)となる。
ただし、0.5Mpa以上の給水圧力がある場合、0.28Mpaを超える給湯圧力となる事がある(要個別減圧弁)。

(2)(1)と同様。170Kpaとなる。

(3)厳密にはガス給湯器であっても熱交換器の圧力損失があることから給水圧力と同じにはならないが、給水圧力が給湯器近辺で0.3Mpa(300Kpa)以上ある場合には給湯圧力が低くなる。

となります。

設定温度や運転状態、運転設定で沸き上げ温度は大きく異なりますが、概ね60℃~80℃程度です。
給湯温度が高い為に通常は混合水栓で水とお湯を混ぜて適温の出湯を行います。(浴槽の自動湯張りも同様です。)370Lだからと言って370L分お風呂のお湯を使ったらタンクが空になる訳ではないのです。
一般的な使用状態でのシャワー水量は10L/min前後だと思いますが、シャワーを浴びる温度は42℃程度でしょうから、仮に給水温度が15℃程度だったとしても、混合水栓で給水とミキシングする以上、使用湯量の半分程度の給湯量しか必要としませんので、給湯水量については全く問題ないでしょう。
逆に言えば、給湯圧力と共に給水圧力もシャワーヘッドからの水量(水圧)に強く影響すると言う事です。
この辺りは実際に使用されているNo.3様の回答が的確です。

余談ですが、高圧タイプでかつ給水圧力が0.3Mpa以上ある場合は、浴槽への湯張り時間がガス給湯器換算で20号同等です。そのくらいの給湯能力があると見て良いでしょう。
給湯圧力を非常に気にされているようですが、1階のみの給湯使用という条件であれば高圧式でなくとも十分使用に耐えると思いますが、この辺りは使用者の感覚が異なりますので・・・

エコキュートに限らずタンクに予め沸かしたお湯を貯めて置く貯湯式給湯器は、タンク強度等の理由から減圧弁を介して給水圧力を下げて補給するので給湯圧力は給水圧力よりも低くなります。

よって回答は

(1)ならない。給水圧力が300Kpa~500Kpa(0.3~0.5Mpa)に納まる場合は減圧弁を介して給湯圧力が280Kpa(0.28Mpa)となる。
ただし、0.5Mpa以上の給水圧力がある場合、0.28Mpaを超える給湯圧力となる事がある(要個別減圧弁)。

(2)(1)と同様。170Kpaとなる。

(3)厳密にはガス給湯器であっ...続きを読む

Qエコキュート。370?460?仕様は?

現在木造住宅を建築中です。
エコキュートを入れる予定です。
夫婦と子供3人(女6歳、女4歳、男2歳)です。もう増える予定はありません。
460リットルのフルオートが安心でしょうが、できるだけ予算をおさえたいと思い悩んでいます。
設備屋さんは370リットルのフルオートでも大丈夫だといいますが、いまいち不安。
460リットルのセミオートにしようかなとも思います。
アドバイスお願いします。

ちなみに中部地方で断熱性能の高い住宅です。
食洗器もあります。

Aベストアンサー

昨年新築し、370リットルのエコキュートを使用しております。

現在家族は夫婦子供3歳の3人といった構成でも冬場は毎日必要に応じて沸き増しをおすすめしますといった注意が流れるほどギリギリです。逆に夏場は自動で沸かす量が減るほど使いませんが。

よって、私の経験上では460リットルの方が安心して使用できると思います。
フルかセミかはどちらでもいいと思います。慣れれば違和感無く使用するようになります。

Qエコキュート370Lと460Lで悩んでいます。

新築を建てます。オール電化でエコキュートをつけることにしました。
家族3人(大人3人)です。増える予定もないです。 ただ、たまに姉が子供と一緒に遊びに来ます。
370Lで足りるでしょうか? それとも余裕をもって460Lにした方がいいのでしょうか?
値段もあまり変わらないので、460Lでもいいかと思ったりして。
住んでる地域は九州で、そこまで寒くないので370Lで大丈夫かと思うのですが・・・
370Lと460Lで何か違いがありますか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

オール電化25年、エコキュートへ5年前交換しました。
370Lで十分足ります。

 ただし、メーカーは高価なものを売りたがるので騙されないように大事なポイントを!!
・リモコンはひとつで良いです。
・追炊きや保温機能、給水量設定機能は不要です。
  これらは無駄ですし、そもそもメンテナンスが大変になります。シンプルなものにしましょう。

[設置・利用ポイント]
・優先順位は洗面台の直近、ついで台所の近く。
・最高で80℃程度まで炊き上げられますので、その温度で固定し日によって沸かす量を変更します。
・蛇口はサーモスタット混合栓やシングルレバーにします。
 ※蛇口側で温度を設定します。
 [例]
 ・サーモ混合栓(定量止水)( http://www.san-ei-web.co.jp/view.php?pageId=1009&dataId=36 )
  シャワはシャワつき・サーモスタット式( http://www.san-ei-web.co.jp/view.php?pageId=1009&dataId=35 )
 それ以外の洗面台やキッチンの蛇口はシングルレバーで良いでしょう。

 蛇口側で温度を設定しますから、40℃で300Lにダイヤルを合わせれば、その温度で止水します。300Lの場合、水温が20℃だと水道水150L,温水150Lで300Lの水になりますね。
 150Lあれば十分ですから、370Lの半分しか使わないですむ。
 冷めたり、追炊きもせいぜい10Lの湯があれば足りる計算になります。
 サーモスタット混合栓ですから、キッチンや台所で急に湯を使い始めても温度が変わりませんから、シャワーを浴びていて「アチッチッ」なんてことになりません。
 また台所で油物を洗うので高温にしたら、シャワーから熱湯が出始めたなんてこともありません。40℃でシャワーを浴びながら台所で80℃の熱湯を使えます。

※なおシャワーヘッドはヘッドで止水できるタイプに交換すると便利です。
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
   ⇒ストップシャワーヘッド( http://www.san-ei-web.co.jp/view.php?pageId=1009&dataId=5271 )

 追炊きや循環機能がないので、パイプ内でのレジオネラ菌などの繁殖も防げますし、そもそも衛生的です。その差額で蛇口は十分購入できるでしょう。

 機能はシンプルにしておくと壊れにくいですし、一箇所壊れたから全部買い替えなんてこともなくなります。

 配置の関係で洗面台や台所の近くに温水器が設置できない場合は、わざわざ湯配管を回すより、貯湯式の電気温水器を直近に置いたほうが良いです。洗面台でしたら10Lで十分ですから洗面台の下に入ります。レバーを上げれば、すぐ湯が使えます。
 水が出てくるまで、何リットルも水を捨てるようじゃ無駄です。出てくるまでに5L捨てて、配管内の残った湯を冷ますなんて事を繰り返していたら、エコキュートにして節約した電気代が飛んじゃいます。

※私は山口県ですが、電気温水器は30年近く使ってきました。現在のもので3代目になりますが、その経験から・・。

 全体の機器の配置も含めて検討されると良いでしょう。

オール電化25年、エコキュートへ5年前交換しました。
370Lで十分足ります。

 ただし、メーカーは高価なものを売りたがるので騙されないように大事なポイントを!!
・リモコンはひとつで良いです。
・追炊きや保温機能、給水量設定機能は不要です。
  これらは無駄ですし、そもそもメンテナンスが大変になります。シンプルなものにしましょう。

[設置・利用ポイント]
・優先順位は洗面台の直近、ついで台所の近く。
・最高で80℃程度まで炊き上げられますので、その温度で固定し日によって沸かす量を変更しま...続きを読む

Qオール電化でエコキュートで370Lと460Lがありますが4人家族だと3

オール電化でエコキュートで370Lと460Lがありますが4人家族だと370Lと良く聞きますが460Lにすると使用湯量が少ないと残り湯の温度調整で無駄なパワーがでてかえって効率が悪いと聞きました。4人家族で風呂も1日1回と仮定して適正な選択はどちらでしょうか?
ご教示の程、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>オール電化でエコキュートで370Lと460Lがありますが4人家族だと370Lと良く聞きますが

                ↓

370Lタイプで可能です。
(但し、生活スタイルや給湯個所&湯切れへのリスクを考慮して、余裕の470Lが売れ筋でもある)

エコキュートでも、メーカー&機種によって→深夜時間帯のみの通電や停止日設定(使わない日をOFF設定)、炊き上げ温度調節、追い炊き等の機能があり、シャワーの使い方や来客時の湯量の増加時の湯切れ防止、入浴時間帯、炊事や洗面での使用量によって変わります。

目安としては(深夜時間でタンク容量分の湯量を90~95℃に沸き上げる=つまり、通常の使用する湯音45℃に換算すると約タンク容量の倍以上に水と混合して使用する)

従って、以下は45℃換算のお湯の使用量の目安です。

◇大人1人当たり100L、子供1人当たり50L(但し、7歳未満の場合)で簡易計算して必要湯量を概算算出。
4人×100L=400L→90℃に換算すると200Lであり、他の洗面や炊事等への使用・余裕分を100Lとみても370Lタンク容量でOK!

◇使用シーン別に必要湯量を試算してみる(45℃換算)。

浴槽   :平均的な300Lタイプを通常は7分張りしますので300×70%=210L
シャワー&足し湯 :1人50Lとしますと、50×4人=200L
その他用途:100L
合計使用湯量:210+200+100=510L→90℃で換算すると255Lであり、湯切れの無いように余裕を100L程度見ても370Lで足りる。

但し、残湯が有ると、タンク内の湯温はある程度の温度低下はあっても水とは比重差であまり混合しない構造であり,給湯も先止め押し上げ方式の為、90℃に沸き上げる時間が短縮されますので、湯切れの心配が無い(深夜時間帯以外での追い炊き運転は、約3倍のkwh単価なので割高)より、家族構成の変化、不意の来客、夏場のシャワー使用の増加等を考慮して大きいタンク容量の採用が多い。

詳細は、10電力会社別で、時間帯別料金制度(深夜時間帯別割引)が異なりますので、電力会社のお客様相談窓口にご相談されますか、オール電化パンフレットにてお調べください。

>オール電化でエコキュートで370Lと460Lがありますが4人家族だと370Lと良く聞きますが

                ↓

370Lタイプで可能です。
(但し、生活スタイルや給湯個所&湯切れへのリスクを考慮して、余裕の470Lが売れ筋でもある)

エコキュートでも、メーカー&機種によって→深夜時間帯のみの通電や停止日設定(使わない日をOFF設定)、炊き上げ温度調節、追い炊き等の機能があり、シャワーの使い方や来客時の湯量の増加時の湯切れ防止、入浴時間帯、炊事や洗面での使用...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報