首都圏から離れる数十万の市に通う小学校3年生の子どもがいます。
成績はテストでは、ほぼ100点といったところです。
今の段階でテストで学力ははかれるとは思えませんね。
ゆとり教育になって自分の時と比べこんなにもゆとりある教科書や、学習量で高校や大学受験の時困らないのかと最近になってふと思いました。
子どもなりの夢を叶えるに大学には行きたいみたいです。
学校の宿題以外に、書店のドリルや英語教材など使ってはいますが、まわりのお母さん達がのんきなのか?私が心配性なのか?
なんか、足りない気がします。

お子さんをお持ちの方や、教育関係の方で、今のうちからこれはやっておいたらいいよと思うこと、
逆に、あれをやったけど効果も利点もなかったなど
お話聞かせていただけませんか?
ひとり目のせいか、子どものやる気を伸ばしてやる方法がみあたりません。

ちなみにこちらは小学生の塾はありません。
塾は中学からのようです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

現在、高校3年生の息子。

旧帝大志望。この子のことを書きます。

小学校1年から5年まで。
公文のプリント学習をしました。
朝、登校するまでの時間に学習し、そのプリントを私が採点しました。公文の先生からはほとんど教えてもらってないです。
4年生くらいから中学生相当の部分の学習が出てきたので、理解しずらかったようで、xの概念は「魔法使いのおばあさん」が魔法をかけて・・・と説明したり、
三平方の定理の部分では、牛乳パックで工作して
A,B,C,Dなどと点をつけて教えました。
5年の後半で高校2年レベルまで教えました。
私がわからなくなったので、公文をやめました。

6年生
Z会(通信教育)の私立中学1年コースの数学を学習させました。
もちろん、本人ひとりではできません。
ここで、公文で足りなかった数学の問題の記述のしかたを徹底的に教えました。

中学3年間
塾に行きました。英語はまったく学習していなかったので、それを自覚させて、努力させました。
中学を卒業してから打ち明けてくれた話ですが、
「学校の数学の授業は、図形のところだけ授業を聞いて、あとは聞いてなかった。教科書は、1学期中くらいに1年ぶんを終わらせていた。」そうです。
ただ、努力型の子で、登校前のほんの10分でも
英語の単語カードや社会のカードを見て覚えていました。

高校(現在)
1,2年は通信教育のZ会のみ。
高校のテストがたくさんあるので、Z会をやるだけで必死のようです。
3年の現在は、塾にちょっとだけ行っています。

1科目に自信をつけるとほかの科目も連動して成績がアップしています。
理系のくせに、中学3年の3学期のテストで国語、100点取ったし、高校でも、「アンタ、ほんまに理系か?」というくらい、文系科目の得点率がいいです。

余談です。
小学校の「ゆとり教育」とか「個性重視」の教育を信用してはいけません。
現在、中学生の娘、小学校のとき、「個性重視」でおだてられてその気になってしまって、
現在、中学校で勉強できなくてエライ目にあっています。
結局、大学入試の制度は相変わらず変わっていないので、気をつけたほうがいいです。
小学校の先生は小学校を卒業するまでしか責任を持ってくれないし、中学校の先生も中学を卒業するまで。
結局、自分の子と長くつきあうのは親だけです。
がんばりましょう。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/07/07 20:38

19歳の保育専門学校に通う女です。


私の経験から書かせてください。

小学生のころ、私は「ひとり勉強」なるものを行っていました。はじめは小学1・2年生の時に担任だった先生が自由参加でいいからとはじめたものでした。
内容は、日記でもいいし教科書の問題を解いてきてもいい、それを提出して先生のコメントや採点をもらうんです。それは担任が替わっても自然と続き、私は殆ど日記を書いていましたがひとつのストレス発散だったし、句読点が多いと指摘され必死になおしたりなど「ひとり勉強」だからこそ得たものがあった気がします。

別に学校の先生に頼む必要はないと思いますが、日記を毎日ではなくても書いてみる、本を読んでみる、耕作やそれに付随するような実験など子どものうちだからこそ経験できるもの、子どものうちだから経験させておきたいものってあると思います。

最近、数学は出来ても自分の意見を求められる国語などが出来ない、漢字の読めない学生が増えているようですね。幸い私は環境が良かったのかそれはありませんが(逆に数学が苦手だったりしますし…)授業を受けていると思いますね。教科書を読むのにもすごくつっかえたり。レポートや日誌となると四苦八苦する人もいますね。

勉強は、いつでも頑張ればそれなりの所まで上ることは出来ます。けれど、感性などの精神面はその時に行わなければもう得ることの出来ないものがあると私は思います。ゆとり教育は「生きる力」を育てることです。精神面での「生きる力」が今は弱いのでは、と思います。

勉強方法とはかけ離れているかとは思いますが、私はそれと並行もしくはこちらを優先して豊かな経験をするべきかなと思います。無理に勉強ばかりして嫌いになってしまったり、下手に勉強上手で負け知らずになって後々挫折をして極端に落ち込んでしまう人(失敗したときの対処方法を学んでいない)などいるようですしね。

生意気に長々と失礼しました。
少しでも力になれれば幸いです。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/07/07 20:35

おはようございます。



私は子供がいないので、あくまで私自身の体験と考えを書きます。

小学校・中学校1年くらいの授業は基礎の基礎です。この部分が理解できないと、高校受験や高校入学後、とても苦労します。一度「できない!分からない!」状態に陥ると勉強が苦になってしまいます。その為には、やはり日々の予習復習を見てあげることが大切です。小学校レベルであれば、塾に通わないでも親が見てあげることができると思います。

1つめの大切なことは習慣です。予習復習の習慣が出来ていれば、おのずと勉強をするようになります。
2つめの大切なことは意識を高めることです。勉強はつまらない・苦しいものだと思わせないこと、つまり「勉強って楽しい」と感じる方向性へ持っていってあげることです。

ゆとり教育の趣旨について詳しく知らないので、ハッキリとは言えませんが、詰め込み型の勉強には問題があると思います。お子さんの個性というのは、小さなころからの体験や経験が作り上げるものです。ですから、直接勉強に関わらなくても、色々な体験を促してあげてください。

私の周囲にいる学生で「本当にできる人間だ!」と思う人は学問としてのコトを知っているだけでなく、様々な視点を持ち・自分の意見・考えを伝えることのできる人です。正直、自分の意見なのか?他の人の意見なのか区別できないロボットのような人もいます。正論ばかりで、実際にどうしたいのか?が分かっていない人です。これは勉強が出来ても、個人としての成長が出来なかった為だと思います。

3つめは継続と自信を持たせること。続ける力と何かをモノにした自身は子供だけでなく、人としての力になります。習い事を始めるのであれば、ある程度続けさせることが大切です。

最後に子供のいない私が言うのもなんですが、親や教師の役割は「あくまで勉強の仕方(手法)を促すこと」だと思います。どんなに答えを教えたところで理解をしていなければ、本人の力になりません。子供の持つ疑問や好奇心を育てる教育が、質の良い勉強へ繋がると思います。

私は中学時代、いくつか塾へ通いましたが、個別指導の塾のほうが、自分のペースで分かるまで教えてくれたので役立ちました。

勉強が楽しく覚えやすい方法
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=576563
何故勉強しないんだろう?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=574898
    • good
    • 8
この回答へのお礼

参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/07/07 20:36

 親から見た視点での話しが多いんですが、私は今、専門学生でまだ子供だけど、だからこそお話したいです。


 私は小学生のときピアノがやりたくって母に習わせてもらいました。けれども、全然上達しなくて、ピアノの音は大好きなのに引けない自分に腹が立って練習してもすぐに違うことしてました。そんな時、バレーボール少年団が新しくできることになって、早速やってみることにしました。一週間に3回練習があってピアノが1回あって、そこにさらに週に2回友達に誘われて英会話塾に通いだしました。これは、私がやりたくってお願いしたことだからという気持ちもあり、頑張っていってました。でも、親は英語以外習ってない私を心配して英語以外の毎月来るドリルをかってやらせようとしましたが、自分が乗る気が無いものを続けさせようというのが親と子の意見の違いというか、また、あの、問題集というのが1日ずつ見ればどうってことの無い量なんですが、たまってくるともうやる気が出ないというか。問題集を変えたとしても結局はやりきれないっていうか、全然しませんでした。それを親は怒るんです。まあ、仕方ないんですが、親の心子知らずで、なんでやらなきゃいけないんだって私もおこりました。
 そんなこんなで、中学生になって問題集は駄目だから、苦手な教科だけ塾に通うようになりました。それでも、行きたい高校にも行けたし、親も喜んでくれました。
 高校卒業頃になると、塾に行ってた行ってなかった関係なく将来についてがあいまいになって、勉強だってテストのときしかしないから、どんどん忘れちゃうし、塾に行ってたにもかかわらず英語は赤点で嫌いになって。
 そうして、やりたいなと思うこと、とりあえず専門学校だけど入って。そしたら、留学したくなって全然英語なんてわかんないのにオーストラリアに留学することにしました。
 英語中学後半から全然駄目になってたにもかかわらず小学生で習ってた単語が思い出せて気がついたら簡単な言葉で話せるようになってて「基礎学力って大切かも。」といまごろになって思いました。
 役に立った塾はもしかすると英語だけかも知れません。ほかのはピアノもバレーも趣味くらいにしかならなかったし、中学に行ってた数学は今はあんまり覚えてないし。
 ただ、私が言いえるは嫌な事や好きな事を含めてやらせてくれた経験が、私の将来を決める材料になっているということです。なので、お子さんが何になりたいといってもいいように勉強も含めて色々経験させてあげてください。
 
    • good
    • 13
この回答へのお礼

参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/07/07 20:37

この手の話題は思わず参加せずにいられません(^^ゞ。



塾で小学生から高校生まで教えています。

>ゆとり教育になって自分の時と比べこんなにもゆとりある教科書や、学習量で高校や大学受験の時困らないのかと最近になってふと思いました。

ずばりその通りです。私もうすっぺらの教科書を見て日々、こんなんで学力つくの?と疑問に思っています。

いまの子たちは空白の世代と呼ばれています。有名私立高校・中学はひとつ前の教科書を使っています。教科書は入手しにくいですから、OBに借りて、生徒に貸し出してまで古い教科書を使うようにしています。

世論に負けて文部科学賞はつぎの教科書審査でまえの分量に戻す(ゆとり教育廃止)と言われています。
なのでいまの教科書で学んでいる子というのは大学、高校入試で不利になると予想されています。

ちなみに私も塾講師ですが、前の教科書や問題集を使うようにしています。入手困難で大変ですが(^^ゞ。

>書店のドリルや英語教材など使ってはいますが、まわりのお母さん達がのんきなのか?私が心配性なのか?
なんか、足りない気がします。

地域によって教育熱は相当違います。私の地域では、みんな私立、私立という環境なのでお母さんたちが熱心です。

勉強は無尽蔵なところがありまして、これだけでいいということはありません。本人のやる気を持続させる分量を貸すのがよいと思います。あくまでも他人に合わせずご自分のお子さんの学習意欲と学力に合わせて問題集を買ってあげてください。でも、買って満足するようではだめですよ。1冊3回繰り返したら次のを買うようにしましょう。

他の塾を宣伝するのは悔しいですが、私は公文が性格に合う子には公文がお勧めです。塾よりも安いですし、公文を長くやってきた子というのは非常に理解力が高いです。本人の学力にも合わせてくれます。

公文は先の方が回答されている計算をたくさん解かせたり、読み書きを重視しています。低学年のうちはその程度の問題にたくさん取り組んでおくとよいです。

>ちなみにこちらは小学生の塾はありません。
>塾は中学からのようです

いま塾乱立の時代ですから、タウンページで探せば見つかるかもしれません。くもんならあるでしょうから、くもんに飽きたら塾に通うことをお勧めします。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/07/07 20:38

こんにちわ 教育関係者ではありませんが、


日本の教育の問題点について若いころから
非常に興味があり、いろいろ考えてきたので、
自論ではありますが、回答させてくださいね。

>ゆとり教育になって自分の時と比べこんなにもゆとりある教科書や・・・

 特に有名進学校を目指さない生徒でも、
中学生くらいから、勉強に追われることが
多くなります。
 中学生から勉強に追われるようになるのは、
単純に勉強が難しくなるからというだけではなく、
基本的に予習、復習は自宅でやるようにと
ということで、授業での同じ内容の繰り返しが
少なくなり、同じ時間の授業でもやる内容が
格段に増えるからです。そのためちょっと
気を抜くと、小学生のときより、授業に追いて
行けなくなる可能性が高くなるのです。
 結果として深く物事を考えるより、テストで
いい点数を取れるテクニック的勉強が優先され、
そのために問題集を早く、効率よく、正確に
大量に解くということが繰り返され来たため、
そのような方法に順応できた生徒がいい高校、
大学に進むと結果になり、今これが大問題なんです。

 頭の悪い子が、物事を深く考えられないと
いうのは分かりますが、成績優秀な子供も
同じように深く物事を考えられないという
状況にあります。

 東大医学部の校内の口頭試験で、教授が
学生の前に2つの頭蓋骨を並べ、この2つの
違いを述べよとう問題を出したところ
「右より左の頭蓋骨のほうがでかいです。」
という答えが返ってきて、教授が唖然としたと
いう話があるんですが、東大医学部に入る
ような学生でさえ、教科書に出てない内容には
小学生程度の答えしかできないという1例として
有名な話なんですね。

 中学生から勉強が大変になるのは、今でも
同じです。しかし、だからと言って、小学生
から詰め込んでいたのでは、殆どの人たちは
一生、物事を深く考える機会を失うのです。

 世界的な数学の試験の比較調査で、
現在日本の中、高校生の平均点は世界トップ
レベルです。しかし、大学院以上での数学
研究の分野では、日本人の貢献度はあまり
高くありません。計算を早く解くのではなく、
数学の理論を深く考えることが日本人は
全体的に不得意なのです。

 文部省をはじめ、複数の研究機関がこれまで
いろいろな試み、調査を行い、そこに学者の
意見が取り込まれ、今のゆとりの教育という
方針が打ち出されています。

★ゆとりの教育の目的は、日本人一人一人が
深く物事を考えられるようにということです。

 知識は広く、深くという考えは誰も
否定しないでしょう。しかし、今までの
教育の問題点は、全員に同じ範囲の広さを
求めていた点でした。
 しかし、今日本人に求められているのは、
全員が違った範囲の広さの知識を身に付ける
ことです。人間が一生に10個の知識しか
身に付けられないとしたとき、ある人は1から10、
ある人は1から5、15から20の計10個の知識
でいいのです。そしてそのためには、小さいとき
から自分の将来をよく考え、じっくり考えながら
選択する能力を身に付ける必要があります。
その考えるための、ゆとりなのです。

>学習量で高校や大学受験の時困らないのかと最近になってふと思いました。

 大学をはじめ、学校改革は現在進行中です。
将来どうなるかは不透明な状態ですが、
ゆとりの教育世代の優秀な人たちに有利な
方向に向かうはずです。


>子どもなりの夢を叶えるに大学には行きたいみたいです。

 今だと、その夢の部分が需要です。
大学に入るための試験対策は後でいい。
夢をかなえるためには、いい大学に入る
ということ以外、何が必要は、じっくり
お子さんと話合われたら如何でしょう。
 よく小学生には将来を考える判断能力や
選択能力はないと馬鹿にされる方もいますが、
それは大きな間違いです。


>学校の宿題以外に、書店のドリルや英語教材など使ってはいますが、

 今の段階で、知識を詰め込むというのは
あまり意味がありません。多かれ少なかれ
忘れてしまうからです。具体的は方法は
そのお子さんごとに違うはずですが、
大きな興味を持たせる切っ掛けを作る
べきです。
 ドリルなどをたくさん解く習慣がつき、
それで成績を上げることに快感を得るように
なった子供は、学校の成績を上げることには
興味を持ちますが、それ以上伸びません。

 私の友人の例でいうと、受験の目的で、
小学校から英語の塾に行っていた人は
確かに英語の成績は良かった。しかし、
大学に入っても英語でコミニュケーション
できる力は無かった。
 一方、母親がアメリカ映画好きで、子供にも
よく見せていて、映画の世界から英語に
興味を持っていた友人は、高校から
英語のスピーキングコンテストなんかに出た
りして、高校の時点で会話能力があった。
 何でもそうなんですが、試験でいい成績を
上げるために勉強してる人は、試験が終わると
そこで努力を止めてしまう。それでは、成績は
良くても、能力は伸びて行かないのです。

>まわりのお母さん達がのんきなのか?私が心配性なのか?
なんか、足りない気がします。

 問題なのは、一部の学校の先生たちが
同じように何か足りない気がして、
せっかく週休二日になったのに、授業時間
を増やして、従来の詰め込み教育を
続行していることです。
 ゆとりの教育の仕組みでは、確かに
学校の授業だけでは、もの足りなさを
感じるでしょう。でも足りない分、休みの
日まで学習塾のようなところに通わせたのでは、
意味がありません。
 例えば、お子さんが将来、天文学者になりたいと
言っているとしましょう。休みの日に、星について
いろいろ話をしたり、中世ヨーロッパの天文学者の
伝記を買ってあげたり、家族旅行を兼ねて、天体
観測をしに行ったりするのがいいのではないでしょうか。
塾やドリルなどの他力本願に偏らず、あなた自身が
勉強してお子さんに何か教えるということも
重要だと思います。

>ひとり目のせいか、子どものやる気を伸ばしてやる方法がみあたりません。

 何が最良の方法か、誰にも分かりません。
しかし、1つ言えるのはお子さんに選択の
機会をできるだけ多く与える。いろいろな
実体験をさせることです。

 私は本を今でも多く読みますが、沢山読む
ように強要されたことはありません。何か
分からないことがあると、本で調べてくれる
母親の本棚に興味を持ち、親の本を小学生から
読んでいたので、こうゆうクセがついたのです。

だらだらと書いてしまいましたが、
何か参考になれば幸いです。




 
    • good
    • 4
この回答へのお礼

参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/07/07 20:39

元小学校の教師で、今学習塾をしています。

小学校のテストは平均が80から90のテストですから、あまりあてになりません。

実際、成績がよいと思って中学に行ったら、平均くらいしかなかったという子どもがたくさんいます。

ゆとり教育で低学力化が懸念される昨今、不安をお持ちの保護者の方のために、メルマガを発行しています。よかったら、過去ログを読んでみて下さい。参考になることが書いてあるかもしれません。

参考URL:http://melten.com/m/13379.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/07/07 20:40

学習と言えるかわかりませんが・・・。



小学生の頃は、勉強は学校の宿題程度でしたが、たくさん本を読んでいました。
他の方が読解力・表現力が重要だと書かれていますが、その通りだと思います。そのためにも、たくさん本を読まれることをお勧めします。

まだ、子供は2歳なので、自分の経験です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/07/07 20:41

中学受験は、されないんですよね。


それでも、中学受験レベルの学習をさせたいというのであれば、大きな学習塾が出しているテキストがあります。
ただ、小学生の算数などは、○○算といったものがたくさん出てきますので、経験のある方でないと教えるのは難しいと思います。
うちの子も同じ学年です。父親が、学習塾の講師をしていますので、週に1回遊びに行く程度で、ほとんどが家庭学習です。
低学年の間は、毎日10分でも机の前に座って集中するというのが課題でした。
今年に入って、1時間、出された課題を自分で考えるというやり方に変えました。テキストの長文など、かなり難しいのですが、間違えても怒らないのが基本です。採点をして、間違えた問題を一緒に訂正していきます。ここで、難問が解けた時には、褒めちぎります。テキストをすすめながら、時々前の問題をもう一度やります。何回もやるからと、テキストを綺麗にしておく必要はありません。テキストには、自分で大切だと思う場所やこの文章を書き換えるなど、腺を引いたり四角で囲んだりしていきます。
算数は、必ず式や計算したものを残します。
これを毎日やると、自分が疲れてきますね。でも、我慢。
大事なことは、学校の勉強がつまらないと思わせないことです。先に進みすぎないのがポイントでしょうか。
私は、どちらかというと、社会・理科の暗記ものを少しずつ進めていくのが良いと思います。歴史や地図、植物・星座といったものは、○○博士になろうというと、以外と夢中になってやっています。この2科は、地域によって差が出ますよね。地元の事をよく知っていても、大学入試にはあまり役立たないので・・・。
長くなってすみません。ゆとり教育には、期待していませんので、つい熱くなってしまいました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/07/07 20:42

学校のテストでほぼ100点なのであれば、教科書の内容はよく分かっているということですね。

その点は心配いらないと思います。

3年生であればまだ難しいところも出てきませんし、お母さんにしてみれば「これで大丈夫なの?」って思うかもしれません。学校より先に教えてしまうのがいいことなのか、というのもお子さん次第だと思いますし・・・。

とりあえずは、漢字・計算が完璧にできるようにしてあげてください。それさえやっていれば、後で多少勉強が遅れたとしても十分取り戻せます。まさに「継続は力なり」。1日平均30分勉強できれば十分です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/07/07 20:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勉強がどうしてもしたくない時、やる気の出し方教えてください!

勉強がどうしてもしたくない時、やる気の出し方教えてください!

Aベストアンサー

そういうときは『寝る』
そして『遊ぶ』
に限ります。
そういうことは大切です。

Q「ゆとり教育」と「脱ゆとり教育」、どっちがいいの?

子供時代、バカのアメリカ人の方がノーベル賞が多いし、日本人より賢い韓国人はノーベル賞、確か0ですが!

「脱ゆとり教育」で韓国化でも目指してるのだろうか?
http://d.hatena.ne.jp/lalablog/20121213/1355408893

2011年に実施された、国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)の結果に、以下、マスコミ各紙のタイトルに見るように、マスコミ各紙、「脱ゆとり」の教育効果か! と、浮かれているが、、、単に、詰め込み教育やったって、意味がないと思うんだがなぁ~~


小学生 理数学力が向上 脱ゆとり教育の効果か
東京新聞 - 2012年12月11日

脱ゆとり効果、小4の理数向上…国際学力調査
読売新聞 - 2012年12月11日

理数学力改善 文科省「脱ゆとりの効果」 国際学力テスト
MSN産経ニュース - 2012年12月11日;

小4の理数学力改善、脱ゆとり効果か 国際テスト
日本経済新聞 - 2012年12月11日

国際理数学力調査:日本の小4過去最高点「脱ゆとり」効果
毎日新聞 -2012年12月11日




国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)における数学の成績(中学校)
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2012/12/11/1328959_02.pdf

1位,韓国 613 点
5位、日本 570 点
9位、アメリカ 509 点

ノーベル賞の数から言うと

韓国(たしか0個) < 日本 < アメリカだが!



国際なんとかがついたり、
「ゆとり」を否定出来るような事象に出くわすと、
直ぐ浮かれて下のような記事を書くマスコミの方が「脱ゆとり」が必要なんじゃない?
と思ってしまうが。。。。。


脱ゆとり効果、小4の理数向上…国際学力調査

 小学4年と中学2年に相当する年齢の子供を対象とした世界的な学力調査「国際数学・理科教育動向調査」(TIMSS
ティムズ
)の結果が11日、国際教育到達度評価学会(IEA、本部・アムステルダム)から公表された。

 日本の順位は小4、中2ともに5位以内で前回調査と同様だったが、小学生は得点が上昇した。文部科学省は「脱ゆとり」教育をめざした新学習指導要領の成果とみている。一方、同時に行われた学習意欲などに関する調査では、国際平均より学習意欲が低い傾向が続いている。

 調査は4年に1度。2011年3月に実施された今回は、小4は50の国と地域、中2は42の国と地域の計約50万人が対象で、国内からは無作為で選ばれた約8800人が参加。1995年の世界の基準点を500点と設定、国ごとに偏差値化した得点で比較できるようにしている。学校で習う基礎的な知識が出題される。

 今回は、小4算数が585点(前回568点)、中2数学は570点(同570点)でいずれも5位。理科は小4で559点(同548点)、中2は558点(同554点)でいずれも4位。順位は横ばい状況が続いているが、得点は小4理科が11点、算数で17点も前回より上がった。文科省は顕著な向上としている。

 理数科目では09年度から授業時間を増やした新学習指導要領が先行実施されており、同省は「反復練習や観察、実験を重視した成果が表れた」と評価している。中2の得点が前回とほぼ同じだったことについては、「積み重ねが必要な理数科目では、中学から新指導要領になっても成果が表れていない」とみている。

(2012年12月12日08時15分 読売新聞)

子供時代、バカのアメリカ人の方がノーベル賞が多いし、日本人より賢い韓国人はノーベル賞、確か0ですが!

「脱ゆとり教育」で韓国化でも目指してるのだろうか?
http://d.hatena.ne.jp/lalablog/20121213/1355408893

2011年に実施された、国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)の結果に、以下、マスコミ各紙のタイトルに見るように、マスコミ各紙、「脱ゆとり」の教育効果か! と、浮かれているが、、、単に、詰め込み教育やったって、意味がないと思うんだがなぁ~~


小学生 理数学力が向上 脱ゆとり教育の効...続きを読む

Aベストアンサー

ゆとりが良いか詰め込みが良いかは、一長一短がそれぞれにあると思います。
ただ、とある人物が日本の教育に大して明快な言葉を残しています。
「受験なんていう単なるウルトラクイズに意味はない。」
正確ではないですが、こんな意味合いの事を言っていたのは、青色発光ダイオードを開発した中村修二さんです。
中村さん自身そんなに学歴は悪くないのですが、詰め込み教育の終着地点がウルトラクイズというのは実に明快な答えだと思いました。

ノーベル賞に関しては、受賞する部門によって大分分かれるところではないでしょうか。
科学分野では詰め込みで、文学賞、平和賞ではゆとりでみたいな。
とはいえ、さらに突き詰めていけばノーベル賞を取る為にどちらがいいかは個人差だというところで落ち着くと思います。

Q勉強のやる気の出し方を教えてください。

勉強のやる気の出し方を教えてください。


この前、河合塾の模試の結果が帰ってきましたが、信じられないことに偏差値を約20も落としてしまいました。原因は、前の模試が良かったのでそれで満足してしまい勉強を3ヶ月間全くしなかったことが問題だと思いますが…手応えを感じていたのでなおさら凹みました。志望校は全てE判定でした。(今思えば回答を埋められたことに満足していただけかもしれませんが。)

模試なのでそんなに落ち込まなくても良いかもしれませんが、期末試験もその気持ちを切り替えることができず、散々な結果に終わりました。

本当は、自分のことなのでこの場を借りてこんな質問はするべきではないと思いますが、どうしても気持ちを切り替えることができません。なので、アドバイスもしくは意見をお聞きしたいです。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。おっさんです。

まず、模擬試験を受けることの意味とは何でしょうか。
私が思うに、
1.試験というものに慣れる
2.自分の実力を測定する
の2つかなと思います。

模試の結果が悪かったということは、2の目的を十分に果たしたということになります。
悪い結果だったら「もっと頑張らねば」と思い、良い結果だったら慢心するのが普通だと思います。
つまり、あなたはラッキーだったのです。
今こそ、慢心しているライバル達をぶち抜くチャンスです。
私は一応難関の部類に入る大学を出ていますが、高3の前半ぐらいに受けた模試の判定は、その大学がEで、第二希望でさえDでした。
しかし、高3の後半の追い込みでライバル達を一気に抜いて、冬の試験でついに校内の上位にランクインしました。

そしてまた、テストというものには、時として「事故」が起こります。
私は本番の入試でも、物理のマークで5割しか取れないという「事故」がありました。理系で、ちょっと得意な人であれば9割取れるというレベルの問題であったにもかかわらずです。
それでも他の科目でそこそこ取れたので、受かってしまいましたが。
あなたは本番ではなく模試で事故に遭っていますから、これに関してもラッキーです。
勉強をサボったら実力が下がるのは当然だとは思いますが、真の実力が3か月で20も下がるはずがありません。

>>>どうしても気持ちを切り替えることができません。

とりあえず、毎日の勉強時間はあまり長くなくてもよいので、雑念が湧かない勉強方法を採用してみましょう。
以下は、その例です。

1.遊び心を持って勉強する
<例>
・山手線に乗って、1周する約1時間の間に英単語・英熟語を50個確実に覚える。
 ちゃんと覚えられれば、1ヶ月で1500個覚えられる。
・図書館に、わざと閉館の1時間前に行って・・・(以下同文)

2.集中力アップの秘策
集中力アップについては、2007年8月29日放送のNHK「ためしてガッテン」
「脳もビックリ!集中力アップ大作戦」
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2007q3/20070829.html
ちなみに、
以前のQ&Aで同様の回答をしたところ、質問者さんから喜びの声が寄せられました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3382430.html

3.暗記と集中
脳科学者・茂木健一郎氏による「鶴の恩返し勉強法」(暗記法)
テレビで見ましたが、茂木さんが暗記を実演している様子がテレビに映りました。
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/080429/index.html
暗記する言葉を声にするだけでなく、
「あー、くそ! なんで覚えられねんだっ」
とか言いながら、やっていました。
その姿をとても人には見せられないので「鶴の恩返し勉強法」と言うんだそうです。

4.今勉強することをのちのちにも役立つようにすることこそ合理的
東大合格者のノート(ページをめくって中身が閲覧できます。)
http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4163706208/ref=sib_dp_ptu#reader-link
(「東大」の2文字にビビることなかれ。私の小学校時代の社会科自習ノートにそっくり)

3と4についても、以前のQ&Aで回答したところ、質問者さんから喜びの声が。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5979666.html

こんにちは。おっさんです。

まず、模擬試験を受けることの意味とは何でしょうか。
私が思うに、
1.試験というものに慣れる
2.自分の実力を測定する
の2つかなと思います。

模試の結果が悪かったということは、2の目的を十分に果たしたということになります。
悪い結果だったら「もっと頑張らねば」と思い、良い結果だったら慢心するのが普通だと思います。
つまり、あなたはラッキーだったのです。
今こそ、慢心しているライバル達をぶち抜くチャンスです。
私は一応難関の部類に入る大学を出ていますが...続きを読む

Qゆとり教育のせいで学習できなかったこと

中一と小四の母です。
今年の下の子の時間割を見ると、去年6年だった姉の週の授業時間数を上回っています。
ゆとり教育の弊害を聞くようになって久しいですが、実際比較のしようがなかったので、あまり深刻に考えていませんでした。
でも、確実に上の子は学ぶべき時期に学べなかったことがあるわけで、せめて、それがどんな内容のことか、知りたいのです。
それがもし親のわかることなら、教えてやりたいとも思います。
県庁所在地、とか、こういったことが省かれたよ、とわかる方、またはそれがわかるサイトをご存知の方、教えてください。
同様の質問が過去にありましたら、そちらでも結構です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

中一の子供がおります。

お子さんの中学校の教科書をご覧になりましたか?
私の記憶では、私が小6で習ったことがたくさん書いてありました。
小6で習わなかったことは、中学校で習うようです。
現在、お子さんは公立の中学校でしょうか?
そうでしたら、遅かれ早かれ中学校の授業で習うと思います。
でも、私立などへ通わせていらっしゃるのでしたら、進学塾などでもう既に習っていることとして授業が進む恐れがあるので、中学校の方に問い合わせてみたらよいと思います。

ご質問の答えになっていなくて恐縮ですが、少しでも参考になればうれしいです。

Q勉強のやる気の出し方

高校生の女の子から、どうしたら勉強のやる気が出るか、相談を受けています。勉強のやる気がでるようにしてあげたいです。どんなアドバイスをしたら、勉強のやる気を出させてあげられるでしょうか?

みなさんが、今まで、勉強のやる気が出た理由は、何でしょうか?

皆さんのお知恵をお貸し下さい。お願いします。m(__)m

Aベストアンサー

勉強は得意ではありませんが、体験談ということでアドバイスさせていただきます。

理想的には明確な目的意識を持ち、今やっている勉強が将来の自分に繋がっているイメージを持てれば良いと思います。

加えて、No.1の方が指摘されているように周囲の環境というのは重要ですね。

私の場合もNo.1さん同様、周りの雰囲気に影響されて受験勉強していました。

大手予備校が主催している模擬試験を受験してみることをお勧めします。私は負けず嫌いな性格だったので、将来の進路などに関係無く勉強に対する意欲が湧いてきました。

また、模擬試験だけではモチベーションが持続できないならば大手予備校の高校生向けのクラスなどに通われてみるのはどうでしょう?

Q中学受験とゆとり教育の間をうめるものは?

こんにちは。小4と小1の子どもの父親です。

現在、小4の長男は中学受験を目指している塾に通っております。
週2回(算国)で、月1回のテストがあり、教材は四谷大塚の予習シリーズなど一式です。

本日、保護者会なる説明会があり、次のような説明がありました。
・来年2月から新5年生のコースが始まる。
・週3回(80分×2回/日)授業、毎週土曜日テスト。
・2科(算国)でなく、4科(算国社理)が望ましい。

私は現在40代ですが、小学校時代に塾などは通っておらず自由に振舞っていました(もちろん、学校の勉強はそれなりにやりましたが)。
上記のコースに進めば塾の授業に加えてそれの復習にかなりの時間がとられると思われます。
正直、私は小学生にそんなに勉強勉強とやらせたくないし、受験もまださせたくないと思っております。

ところが、です。
同じ今日の午前中に授業参観(算数)がありました。授業は60÷20をマグネットを使って10分以上も時間をかけて教えていました。ゆとり教育の話(以前に比べて極端にレベルが下がった)は知っていましたが、そのレベルの低さの現実を改めて思い知らされました。

中学受験とゆとり教育の差があまりにもありすぎると感じました。
受験塾もどうかと思いますが、公立の小学校の授業だけに任せるわけにもいかないと思っております。

そこで質問ですが、中学受験とゆとり教育の差を埋めるような教育方法、例えば20年前位のレベルの授業をしてくれる塾とか、1歩進んだ内容まで教えてくれる塾とか教材などはありませんでしょうか。

塾に行く前は1学年上の問題集をやらせていましたが、さすがに私に教える時間的余裕がなく、塾などに頼らざるを得ないかなと思っています。中学に入学したときに中一の内容は終えているような状態が理想です。

よろしくお願いいたします。

こんにちは。小4と小1の子どもの父親です。

現在、小4の長男は中学受験を目指している塾に通っております。
週2回(算国)で、月1回のテストがあり、教材は四谷大塚の予習シリーズなど一式です。

本日、保護者会なる説明会があり、次のような説明がありました。
・来年2月から新5年生のコースが始まる。
・週3回(80分×2回/日)授業、毎週土曜日テスト。
・2科(算国)でなく、4科(算国社理)が望ましい。

私は現在40代ですが、小学校時代に塾などは通っておらず自由に振舞っていました(...続きを読む

Aベストアンサー

全く同感ですね。
中学受験の内容は小学校のレベルをはるかに超えている。そして小学校で
教える内容は平易で時間をかける。まさに2極化です。

今更小学校の指導要項改革を叫んだところでどうにもならない、まして
進学塾で高度な勉強を押付けたくはない。であれば、その間を埋めるもの
は家庭の力しかないのではないでしょうか?例えば、塾によっては公立中
に進学しても十分についていけるように公立進学→高校受験を視野に入れた
コースもあります。これならば、できる子には余裕もあり英語も先取りし
て教えてくれる所もあります。それでも物足りない場合には中学受験コース
になりますが、これは相当負担がかかることは確かです。結局、子供の
能力に合わせるとなれば個別指導の塾で、国語・算数はの四谷の教材を使い
ながら、基礎と練習はやって発展部分は削除したり、内容そのものを飛ばし
たり融通が利きます。

ややこしくなったのでまとめますと。
(1)中受を目差して突っ走る→負荷が大きく息切れが心配
(2)公立中進学と高校受験を視野に入れたコース→中受はしない
 塾によっては英語の先取りをやってくれるところもある。
(3)個別指導で子供の能力に合わせて柔軟性を持たせる→中受は難しい
 英語の先取りは可能。

注)上の(3)で中受は難しいとありますが、不可能ではなく中受目的で個別
 指導塾を利用する子もいます。

私も質問者様と同じように疑問を感じて小5の息子には(3)を選択しており
ます。教材は四谷とSAPIXで使われているものですが、かなり割愛して指導
頂いてます。これらの教材で発展やチャレンジ項目を読むと、大人でもわか
らないか悪戦苦闘する内容があったりします。受験を終えたばかりの上位
国大生・私大生でも頭を捻る難題もありますね。(これを制限時間内に
こなす子供の頭脳もすごいとは思いますが。)

中学受験とゆとり教育の間を埋められるかどうかは、もっと先にならないと
わかりませんが、首都圏における今の中受過熱ぶりは異常だと思います。
ゆとりの本質と中受の本質をしっかり見極めてご家族で最良と思われる道筋
を考えていきたいと常々思っている立場です。

全く同感ですね。
中学受験の内容は小学校のレベルをはるかに超えている。そして小学校で
教える内容は平易で時間をかける。まさに2極化です。

今更小学校の指導要項改革を叫んだところでどうにもならない、まして
進学塾で高度な勉強を押付けたくはない。であれば、その間を埋めるもの
は家庭の力しかないのではないでしょうか?例えば、塾によっては公立中
に進学しても十分についていけるように公立進学→高校受験を視野に入れた
コースもあります。これならば、できる子には余裕もあり英語も先取りし...続きを読む

Q勉強のやる気の出し方、集中の仕方を教えてください

17歳の高校3年生です。
期末テストまで1ヶ月もないのですが、家にいるとまったくやる気が出ません。どうすればやる気が出るでしょうか?
またやる気が出た後、集中力を持続させる方法もあれば教えてほしいです。
また電車やバス、騒がしい教室など、どこでも勉強に集中するにはどうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

(1)よく有名大合格する子が使ってる手だけど家で勉強しない。
塾とか図書館とかカフェとか使うんです。
他に電車とか、リビング。

(2)それと「考える前にやる」こと。
英単語とか漢字とか軽いのでいいので、ともかくすぐにやってしまう。
そうすると「勉強脳」になるから自然と集中できる。
考えるのはその後でいい。
例えば「おしっこしたからトイレに行く」のを習慣にしてれば、
そのうち「トイレに行くからおしっこしたくなる」でしょ?

(3)優先順位の徹底
モノによるけど、一種切ってしまう。
要するに「英語と数学を80点以上」とかそういう目標にする。

英語も数学も100点を目指さないし、社会も国語も捨ててしまう。
結局あれもこれもになるから上手くいかないんです。
ちゃんと優先順位をつけて、実現可能な目標を立てれば成功する。
またこういうやり方をするほど、ボーナスとして他のことも上手くいく
(英語で94点も取れた! あんまり勉強してない国語でも平均点以上取れたetc)可能性も
けっこうあるのです。
ただ優先順位を「好き嫌い」でつけないこと。あくまで「損得」でつけること、
「実現可能なもの」でつけること。

(1)よく有名大合格する子が使ってる手だけど家で勉強しない。
塾とか図書館とかカフェとか使うんです。
他に電車とか、リビング。

(2)それと「考える前にやる」こと。
英単語とか漢字とか軽いのでいいので、ともかくすぐにやってしまう。
そうすると「勉強脳」になるから自然と集中できる。
考えるのはその後でいい。
例えば「おしっこしたからトイレに行く」のを習慣にしてれば、
そのうち「トイレに行くからおしっこしたくなる」でしょ?

(3)優先順位の徹底
モノによるけど、一種切ってしまう。
要するに「英...続きを読む

Q日本のゆとり教育

しばらく中国に言ってましたが日本にきてみると学校の授業時間が少ないのとと進行が遅いのに驚きました。最も社会に出たときすべて学校で習ったことが役に立つわけではありませんし学歴が重視されるのは一部の官僚社会ですが、タダ休みが多くその間子供たちに何をさせるのか心配してます。

Aベストアンサー

No.5です。
少子化は関係あります、おそらく。
うちでは娘一人ですが、もう後の子は無理です。
良いことか悪いことはわかりませんが、一人の子に集中投資するようになってしまいます。
中国などは国策でなおさらではないでしょうか?
くりかえしになってしまい恐縮ですが、私などは教材マニアかと思うくらい小1の娘に教材を投下していますね。
格安オークションでの教材や、マンガ中国の歴史・世界の歴史、オンライン塾、そして、指導者の能力がハンパじゃない、四谷大塚のリトルスクールです。
ドラえもんも全巻そろえていますね。
現状では、お父さんが用意しているものが多すぎるかもしれませんね。
でも、この夏はヒロシマ・ナガサキに慰霊の旅をする予定ですから、その予習も必要です。
うちはみんな阪神タイガースファンですから、やっぱり無敵を目指すのですね。
やはり薄っぺらな付け焼刃の得点能力ではなく、地底の能力を鍛えたいです。

Q勉強をするまでのやる気の出し方。。。

私は今高1です。
そろそろ大学受験の勉強も視野に入れて、毎日の学校の授業を中心に勉学に励んでいます。
でも、どーしてもやる気が起きるまでが長いんです。。。

勉強はきらいではないです。
でも、実際に机に座り、教科書を開き、ペンを握る・・・ここまでの道のりが果てしなく長いです(;-ω-)
家には誘惑するものが沢山あります。テレビにインターネット、マンガに音楽・・・
やらなきゃいけない、やった方がいいと思えば思うほど逃げてしまいます。
そうこうしているうちに夜中になり、自己嫌悪に陥ります。。。
自分のメンタル面の弱さが原因なのはもちろん分かっていますが、なかなかできません。。。

中学生までは、定期テストは直前勉強でそこそことれましたが
高校になったらそうはいかなくなり、焦りばかりが募ってしまいます。

もしやる気を出す良い方法などありましたら、お願いします。
もしくは実際に役に立った!と実感した受験勉強法などがありましたら何でも結構なので教えてください。
よろしくお願いします。(o;_ _)o″

Aベストアンサー

さんこうに

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20071010_boost_mode/

Qゆとり教育終了?について

ゆとり教育ってもう終わったのでしょうか?

小中学校は最近土曜日も学校があるところが多いと聞いたのですが、

毎週あるのか隔週なのか、それは学校ごとに違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

私はゆとり教育は終わったものと認識しています。

遅ればせですが、息子が通う小学校でも、年に2回、土曜日に半日授業を行う、ということが今年から開始されました。

他の方もおっしゃるとおり、地域、県、学校ごとで違いがあります。



今は、ゆとり教育で減らしてしまった授業時間を、元まではいかずとも増やそうとどこもやってるはずです。

なので、ゆとり教育というのは、終了していると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報