私は、88年に、個人の産婦人科で帝王切開にて子供を出産しました。
輸血を行なった人が対象かな?と思っていたのですが、帝王切開を受けた人も、対象者となっていたので不安です。医療機関の、発表も見たのですが、大きい病院が載っていて、個人の医院はどうなってるんだろうかとそれも心配です。どこに連絡すれば、それより、帝王切開手術で非加熱製剤をつかうのですか?
その時は、輸血はしていません。どなたか良きアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>検査を受けるにあたってかかり付けの病院でも良いので


>しょうか?それとも、厚生労働省のHPに記載されてる
>Telに直接聞けば良いのでしょうか?
まず、出産の時の産婦人科にお聞きになったほうがよろしいでしょう。
それで、はっきりしなかったら、厚生省に(下記)問い合わせて、検査が必要なら、検査機関を紹介してくれると思います。

厚生労働省医薬局血液対策課
Tel:03(5253)1111
  (内線:2730~2732)
fax:03(3507)9064
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅れました。そうですね、出産した産婦人科にまず問い合わせですよね。
本当に有難うございます。
良きアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/04/05 11:11

普通の帝王切開手術なら血液製剤は使いません。


出血量が多いとか、血が止まりにくい状態で使うと思います。
非加熱製剤というのは見た目からいうと、「血」だけではありません。
人の血を材料として得られる薬剤を血液製剤といいます。
おそらく小さな瓶の点滴という形になってるものが多いのでは、と思います。

もし、使ったとしても100%感染しているわけでは無いので、
検査をしてみたら、いかがでしょうか。
私も、C型(HCV)に感染したのでは?とどきどきしたことが
ありましたが、採血で陰性とわかり、ほっとしたことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなりました。普通の帝王切開なら・・・に、少しホッとしていますが、検査を受けた方が良いみたいですね。有難うございます。

お礼日時:2001/04/03 23:02

下記のページに詳細が書かれています。


B型肝炎・C型肝炎検査受診の呼びかけ
血友病以外の病気で非加熱血液凝固因子製剤の投与を受けた可能性のあると思われる方は、なるべく早く血液検査を受けて下さい。

http://www.mhlw.go.jp/houdou/0103/h0329-1.html

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/houdou/0103/h0329-1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。検査を受けるにあたってかかり付けの病院でも良いのでしょうか?それとも、厚生労働省のHPに記載されてるTelに直接聞けば良いのでしょうか?

お礼日時:2001/04/03 23:09

厚生労働省のページに対応策が記載されていますので載せておきます。

今は、何週間か前よりはつながりやすくなってます。ただ、見た限り大丈夫だとは思います。しかし、手術後の出血を止める目的で非加熱製剤を使用していないとは限らないのでそのあたりは調べておく方がいいですよ。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/houdou/0103/h0329-1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非加熱製剤を使用しているとは限らない・・・ちょっと、不安です。
厚生労働省に問い合わせた方がよさそうですね。
私の相談に、3人の方が回答くださり、ホント感謝しています。背中をポンと押していただいた様です。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/03 23:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血液製剤について知りたいのですが

血液製剤について知りたいのですが、、
外リンパ漏という疾患の手術で、漏れ個所を塞ぐために、血液製剤(フェブリン?)を使うそうです。
かつて、薬害エイズ問題で、血液製剤という言葉を聞いたので、すごく気になるのですが?
輸血ではないようです。輸血なら、沢山の方が、よくされているから安心しますが、血液製剤って、あんまり、聞かないし、、、心配です。

Aベストアンサー

>薬害エイズ問題で、血液製剤という言葉を聞いたので、すごく気になるのですが?

現在は薬事法で「特定生物由来製剤」と位置づけられている製品の一部です。
N02の方が仰っていられる様に、時には必要不可欠な製剤でもあります。 
>輸血なら、沢山の方が、よくされているから安心しますが
血液(輸血)も特定生物由来製剤です。

共に100%の安全性はありません。他人の血液等を元に作られる訳ですから、どんなに努力をしても100%にはなりません。作る側の義務・使う側の義務が詳細に決められていますが、それを守っても(将来的に)何かしらの感染症が起きないとは言い切れません。
手術の承諾書以外に血液製剤の使用承諾書も受け取られたと思いますが、説明事項に将来的に起こり得る感染について記載されているはずです。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/03/s0319-5.html

Q帝王切開後の自然分娩

私は2年半前に娘を帝王切開で出産しました。理由は逆子&羊水過少&胎児が小さかったためでした。
そして今回、妊娠が判明して(まだ6週です)、私が娘を出産した同じ病院で出産するつもりで受診しました。
娘を出産するときに『次、下から生もうと思ったら、ここの病院はやっているから』といわれた為、今回は是非下から生んでみようと決めていました。

そして昨日受診したときにその旨を話したら、『今は子宮破裂などのリスクが高くなるため、あまりすすめていません。どうしても、というなら(次回受診する時に決まる)主治医と相談してください』と言われました。
本などをみて、『一度子宮にメスを入れると、陣痛の際の収縮で、子宮が破裂する可能性が普通分娩の方より何%か高い』とは知っていたんですが、実際はその傷部分は普通の子宮壁よりも薄くなっているものなんでしょうか?

主人は『絶対帝王切開にした方がいい!』と言っているんですが、私自身がまだ諦めきれない部分があって…。前の辛さを知ってるだけにためらいもあります。

本当に子宮破裂という事がおこりうるんでしょうか?
何かお知りになっている方がいらっしゃったら、よろしくお願いします!

私は2年半前に娘を帝王切開で出産しました。理由は逆子&羊水過少&胎児が小さかったためでした。
そして今回、妊娠が判明して(まだ6週です)、私が娘を出産した同じ病院で出産するつもりで受診しました。
娘を出産するときに『次、下から生もうと思ったら、ここの病院はやっているから』といわれた為、今回は是非下から生んでみようと決めていました。

そして昨日受診したときにその旨を話したら、『今は子宮破裂などのリスクが高くなるため、あまりすすめていません。どうしても、というなら(次回受診す...続きを読む

Aベストアンサー

ご参考までに。
前回の帝王切開は骨盤位と羊水過小、胎児発育不全など
どの一つを取っても帝王切開の要因になります。
帝王切開が辛かったとは、手術時に痛みがあったのでしょうか。
 たしかに最近は胎児のリスクを考えて、前回帝王切開の方は反復帝切を行うところが多くなっていますが、妊娠末期に胎児の状態と母体の内診所見を診てでないと、「うちは下からの分娩をトライしていますよ」といってても、出来ないこともあります。また分娩直前または途中に分娩の辛さから、
やはりお腹を切ってくださいと言う患者さんもいます。
よって帝王切開後の自然分娩は医療側と患者さん側の条件が一致し、総合の信頼関係がないといけないのです。
まずは信頼出来るお医者さんを捜して、次は自然分娩に向かっていこうと、お互いの気持ちが一つになって、今の時点では赤ちゃんの無事な発育を願いながら、それが出来るかいなかの決定時期まで焦らないことだと思います。
 そして時期が来たなら、胎児と母体側の条件が自然分娩に適して要るようであり、それに患者さんの経膣分娩に
耐えられる精神力があればOKで、トライとなります。

ご参考までに。
前回の帝王切開は骨盤位と羊水過小、胎児発育不全など
どの一つを取っても帝王切開の要因になります。
帝王切開が辛かったとは、手術時に痛みがあったのでしょうか。
 たしかに最近は胎児のリスクを考えて、前回帝王切開の方は反復帝切を行うところが多くなっていますが、妊娠末期に胎児の状態と母体の内診所見を診てでないと、「うちは下からの分娩をトライしていますよ」といってても、出来ないこともあります。また分娩直前または途中に分娩の辛さから、
やはりお腹を切ってくださいと言...続きを読む

Q血液製剤・ガンマブログリン

こんにちは。
血液製剤ガンマブログリンについてお聞きします。
生後間もない子供ですが、感染症(ヘルペス)の疑いで治療を受けております。
その際、血液製剤を使用すると先生に言われました。

一昔前に、血液製剤で多くの感染症(エイズ・肝炎など)が問題になりましたので、心配でたまりません。
それと、このガンマブルグリンを使用することで起こる副作用も心配です。
生後1週間以内の子供に、はたして使用することが望ましいのか疑問です。
私達は、医師では有りませんので、専門家に任せておけば良いのは充分に理解し、納得しようと努力していますが、血液製剤に関する以前の事件(事故)の事を思い出すとどうしても不安が過ぎってしまいます。
どなたか、詳しい方がおりましたら、その安全性や、乳児期の治療に使用されている普及状況などを教えてください。

Aベストアンサー

ガンマグロブリン製剤は簡単に『免疫力の補填』目的で使用します。乳幼児の重症感染症の場合、免疫力の弱い子供達では自己の力で追い出すことが出来ないためこうした製剤を使うことが一般的です。血液製剤の弊害については昨今の情報から不安をもつことは医療者側のほうでも十分に理解しており十分な知識をもつ小児科医がこれを乱用するとは到底思えません。専門外でしかも診察に立ち会ったわけではないので一般的な内容に終始しますが、重症感染症で使うべきときに使わなければ救命率もはっきり下がるといわれています。別の疾患、川崎病などでは標準的な治療法として大量に用いることもあり十分に検証されていると聞いていますよ。

Q帝王切開は何回できるものなのか?&その理由

帝王切開って一生のうちに何回できるとか回数が決まっているものなんですか?!なんで帝王切開は何回もできないのでしょうか?もしご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

子宮破裂の危険度が増すので妊娠回数もやや制限されてくるみたいです
どういう仕組みかはわかりませんが子宮壁がどんどん薄くなるそうです
癒着もしやすくなるので医師としてはあまりたくさん産むのはすすめないだろうと思います

そんなに何度もは無理みたいですが3人ぐらいはだいじょうぶだそうです

知り合いで2人を帝王切開で生んだ後、3人目は経膣分娩だった人がいます(2人は縦横に切ったそうです)
医師もすごいけどママもすごい。

Q昔、血液製剤を・・・

幼少の頃、川崎病になった私はそのとき血液製剤を投与されたことを知らず育ってしまいました。
最近、知人にその頃の血液製剤は危ないかもしれない・・・といわれました。
それってHIVとか?
急に不安になってしまいました。
しかし、今から23年程前なので大丈夫とは思うのですが、気になって仕方ありません。何か検査などを受けた方がよいのでしょうか?
HIVの他に心配な病気などはあるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

輸血後感染を起こす可能性のある主なウイルスとしては以下のウイルスがあります。
1.肝炎ウイルスとしてB型肝炎ウイルス(HBV)、C肝炎ウイルス(HCV)
2.レトロウイルスとしてHIV,HTLV-(1)(成人T細胞白血病ウイルス type1)
3.その他のウイルスとしてサイトメガロウイルス、EBウイルス

HBVに関しては1998年まではHBs抗原のみの検査でした。この時点では輸血後B型肝炎の発生が0.13%ありました。その後高力価HB抗体の検査が加わって0%となりました。この事よりHBVが感染している可能性はわずかですが存在します。

HCVに関しては最初の検査が導入されたのが1989年12月ですので、検査を受けられたほうが宜しいと思います。

HIVに関してはもちろん当時検査はされていませんが可能性はかなり少ないと思っていただいて宜しいと思います。

HTLV-1(成人T細胞白血病ウイルス type1)は南九州での一部の地域ではキャリアの方が30%位おられる所もあり、比較的日本人の保有率の高いウイルスです。この検査は1986年から行われていますのでこれは検査が必要です。但しウイルスを保持していても発症率は高くありません。

サイトメガロウイルス、EBウイルスはかなり確率が低いと思って結構です。

上にあげたウイルスは全て検査が可能です。現実的にはjijyoさんが感染している可能性は少ないと思いますが、見つかっても早期発見になるわけですので早めに対応することが出来ると思ってください。

輸血後感染を起こす可能性のある主なウイルスとしては以下のウイルスがあります。
1.肝炎ウイルスとしてB型肝炎ウイルス(HBV)、C肝炎ウイルス(HCV)
2.レトロウイルスとしてHIV,HTLV-(1)(成人T細胞白血病ウイルス type1)
3.その他のウイルスとしてサイトメガロウイルス、EBウイルス

HBVに関しては1998年まではHBs抗原のみの検査でした。この時点では輸血後B型肝炎の発生が0.13%ありました。その後高力価HB抗体の検査が加わって0%となりました。この事よりHBVが感染している可能性はわずかですが存在し...続きを読む

Q肥満体、帝王切開予定の妊婦。肺塞栓症を心配してます

私は現在32歳二度目の妊娠31週目、前回の出産でどうしても自然分娩出来ない体とわかり帝王切開を二年半前にして今回も手術します。身長149センチ、妊娠前の体重55キロ、明らかな肥満で、現在妊娠8ヶ月後期でプラス7キロの62キロ、体脂肪率は37パ-セント有ります。肥満体の妊婦が帝王切開手術の後、肺に血液が溜まって死亡してしまう「肺塞栓症」と言う病気にかかり自分もなって死んでしまうかと思うと不安で不安でそれこそ死にそうになります。この病気は私のような体型では起こる確率が高いのでしょうか。私はかなり危険なのでしょうか。今後手術まで自分で予防できる方法や、産院ではどのような対策(薬など)をしてくれるものなのか、詳しい方どうか教えて下さい。お願いします。ちなみに現在は血圧97/60くらい尿蛋白マイナス、ホンの少し浮腫(むくみ)が有ります。

Aベストアンサー

こんにちは。術後肺塞栓をご心配ですね。

これは長時間寝たままぴくりとも動かない状態になるとおきやすい病気です。

帝王切開というよりは、長時間におよぶ手術一般で起こりえます。手術にかぎらず、長時間全く動かない状態になると、やっぱり起こり、飛行機のエコノミークラス症候群がこれにあたります。

原因は、全く動かない状態で長時間いると、下肢の太い血管で血液が固まってプリンみたいな状態になり、起き上がったり動いたりした時に血圧が一気に上がり、肺まで到達して肺の血管を詰めてしまうものです。通常、息苦しさ、強い胸痛などがあらわれますが、診断がすぐにつけば血栓溶解剤などで治療可能です。

最近では長時間に及ぶ手術では血行の停滞を防ぐために足に空気で膨らむ袋をつけて断続的に圧迫したり、術中に足をマッサージしたりする事も行われます。

通常の帝王切開では何かなければそれ程の長時間に及ぶことはないでしょうから、それ程心配はいらないと思います。

Q血液製剤投与後の予防接種について

7か月の子供の母親です。
 血液製剤を投与した場合,予防接種はいつ頃から可能なのか教えてください。
 現時点でBCGと三種混合の2回目までは終了しています。

Aベストアンサー

血液製剤と言っても色々あります。一般的に輸血と呼ばれ、多用されている赤血球濃厚液や血小板濃厚液、血液凝固因子製剤、免疫グロブリンなど色々ありますが‥‥ いずれにしても、通常のちょっと風邪をひいた程度ではなく、かなりの重症であったはずです。
血液製剤投与後の日数の問題ではなく、お子さんの身体の状態が予防接種を受けられる状態に回復しているのかどうかの方が重要ですので、主治医と相談をして予防接種を受けられることをお勧めします。

Q帝王切開の手術の縫った所に傷を作ってしまいました。

8年前に帝王切開で出産しました。
5日前に、ジーンズのチャックをしめようとした際に誤って手術の跡に傷を作ってしまいました。
1日後に傷口の下や回りが赤くなり、ひりひり痛み出しました。
それから数時間後に膿みたいものが出ました。
それからは市販の消毒兼擦り傷用の塗り薬をつけて患部を殺菌ガーゼをあててテープしてます。
今現在は痛みはなく、膿もわずかに出るくらいです。
傷は手術の縫った所の直径1cmくらいの表面の皮脂が少しめくれた、すり傷状態です。
このまま経過をみて自然治癒という形をとってもいいのでしょうか?
それとも病院に行くべきでしょうか?
病院なら何科で診察を受ければいいのでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
化膿が治まりかけているので心配ないと思います。

もし、ひどくなるようでしたら、外科、皮膚科へ。
あるいは近くの内科へ。
殺菌消毒位の処置はどの科でもしてもらえます。

Q血液製剤

B、C、D肝炎の感染は血液からですよね。血液製剤は加熱製剤を使って不活化すると思いますが、この時の加熱条件はどれほどなのでしょうか?それぞれの肝炎ウイルスの耐熱性は何度何分くらいでしょうか?

先日の経口感染(シカ肉)はE型でしたが、これは63度30分、アサリやムラサキイガイの蒸し料理などでの加熱不足によるA型は98度2分、といった情報を得ることはできましたが、血液感染性の肝炎ウイルスについてはよくわかりません。

どなたか専門家の方、ご教授ください。

Aベストアンサー

食べ物に火を通すことと血液製剤の加熱処理は少し意味合いが異なります。食品の場合は温度によって蛋白が変性してもかまいませんが、血液製剤が変性するということは、血液製剤としての効果が失われてしまいます。下記のURLにdeep-blueさんのお知りになりたいことが書かれていますので、ご紹介します。

参考URL:http://www.ketsukyo.or.jp/

Q2カ月前に帝王切開で出産したものです。産後の悪露らし鮮血が2カ月経った今また出てきました。1カ月検診

2カ月前に帝王切開で出産したものです。産後の悪露らし鮮血が2カ月経った今また出てきました。1カ月検診の時は止まりかけていて大丈夫と言われたのですが検診が終わってからまた鮮血が出て一週間ほど続いて止まり、また今月鮮血が出てきました。不正出血だと怖いので近くの産婦人科に受診に行ったら多分悪露の残りで生理ではないと言われ、収縮剤を処方されました。病院に行ったものの何となくモヤモヤ不安なのでどなたか同じ様な経験をした方の話を聞いて安心したいです。いつ頃完全に終わったのか、鮮血だったのかなどありましたら教えて下さい!

Aベストアンサー

回答お礼へのお返事
今のミルクはとってもよくできているので、無理して母乳のみにしようとすることでストレスになるなら、上手にミルクを使っていいと思いますよ。
気になったのは、育児に悩みがあるとのこと。
ご家族や友人や、保健センターや家庭児童相談室や、このようにネットでも(ミルクや離乳食の会社のHPとか)、相談できますように。
赤ちゃんのためにも、お母さんの体をどうぞお大事にしてくださいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報