モーツァルトは 宝石箱

20年以上も前のことですが、モーツァルトを宝石箱に、彼が作曲した一つ一つの曲を、宝石に例えた文章を読んだことがあります。(うろ覚えですので、正確ではないかもしれません。)
その文章は、誰が書いたものか、教えて下さい。
また、書籍やWebで、確認出来るかどうかもお教えくださると、嬉しゅうございます。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 私が読んだわけではありませんが、キーワードで検索したら下記の古本屋さんの記事が見つかりました。



http://www.keirokudo.com/i/classic-mozart1.html

 ここにある

「 M-4 高橋 英郎 (著) 「人間の歌 モーツァルト」白水社 1977年12月 2000円

・著者が永年拾い集め心に刻んできたモーツァルト頌の宝石の数々を惜しみなく取り出しながら、独自の境地で自在に語るモーツァルト論。その人と作品を愛しぬき、究めつづけた著者の真情が行間から肉声としてこだまする。(白水社広告より)」

というのがキーワード的に近いような気がしますが・・・。

 既に絶版で古本としてしか手に入らないようです。
 上記の古本やさんか、Amazonで「B000J8SCOY」のコードで検索すると古本の出品者から購入できると思います。

 確実な情報でなくて恐縮ですが、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 わざわざ 調べていただいて 恐縮です。

 地元の図書館にも、高橋さんの著編は30冊以上の保有されていましたが、「人間の歌 モーツァルト」は、ありませんでした。

 その代わり、吉田秀和さんとの共著ですが、100人以上のモーツァルティアンの発言を抜粋したという「モーツァルト頌」(1995年白水社)という本を見つけました。

 もしかしたら この本の中に見つかるかもしれません。
 もし見つかったら あなたのおかげです。高橋秀郎さんのお名前は、全く存じませんでしたから。

 またあなたが探してくれた「人間の歌 モーツァルト」は、別の面白さがありそうです。
 何とか手に入れて読んでみます。

 どうもありがとうございます。

お礼日時:2010/05/30 04:22

「モーツァルトのピアノ音楽は真珠の粒がいっぱい入った宝石箱を見るよう・・・」


などは昔から多くの人が形容していますね。

お訊ねの文章の主は分かりませんが、同様の意味の言葉はそれこそ枚挙に暇がないのでは?
尚、演奏する側からしてみれば「モーツァルトは試金石」というのが一般的ですね。ごまかしが利かず一つひとつの音符がピュアで音楽の流れにするのがとても難しいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。

 なるほど ピアノ音楽を形容した言葉だったのですね。
 一つひとつの「曲」を宝石に例えるよりは、ピアノの「音」を宝石に例える方が、より分かりやすいとは思います。
 それにしても、「昔から多くの人が」という状態では、最初に行った人の特定は難しそうですね。
 しかし、具体的な文章は、何処かにかはありそうです。
 もしその、具体的な表現をご存知でしたら、ぜひ教えて下さい。

 演奏する側からのご意見も、ピュアというのが、宝石とつながっているようで、面白うございました。

 ありがとうございます。

お礼日時:2010/05/30 03:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「モーツァルトの子守唄」の作曲者

「モーツァルトの子守唄」を作曲したB.フリースの略さない
正式な名前とスペルをわかる方いましたら教えて下さい。

私の持っている音楽中辞典には載っていませんでした。
お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ベルンハルト・フリース(Bernhard Flies)

だったと思います。

Qバッハ、モーツァルト他と近現代の天才作曲家

バッハやモーツァルトその他の古典派、それ以前の傑作と、近現代の中でも特に傑作と言われてる音楽とではどちらが音楽的に優れているのでしょうか?


よく聞く話としては、
近現代を40代50代まで聴きまくっていたが、結局行き着いたのはバッハだった、とか、
完璧な音楽はバッハあたりで完全に完成してしまい、後は壊すしかなかった
とか、
その逆に、歴史に残るという事はイコール以前のものを越えていかなければならない、とか、
現代では、音大生でもモーツァルトの様なものは作れてしまう、
とか、、、。

「どちらが優れている」という言葉もまたいろんな解釈があると思うので難しいのですが…。

Aベストアンサー

 20世紀前半の音楽批評家として有名なパウル・ベッカーは、著書「西洋音楽史」(1926年)で、音楽の歴史は「発達」とか「進化」と考えるべきではなく、「あらゆる時代の音楽は、絶対的な意味で、芸術的に等しいもの」「不断の創造力が形を変えて行くだけ」と繰り返し書いています。
 つまり、特定の時代や、作曲家や、音楽的流派が、他に比べて「優れている」とか「劣っている」ということには意味がない、ということです。
http://www.amazon.co.jp/%E8%A5%BF%E6%B4%8B%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E5%8F%B2-%E6%B2%B3%E5%87%BA%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AB-%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC/dp/4309463657/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1417102557&sr=1-1&keywords=%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC

 バッハが最高なら、バッハ以降作曲家は不要ですし、バッハを繰り返し演奏し聴いていればよい訳ですが、それで人間は満足しないでしょう。すぐに飽きます。いくら美味しいからといって、一日3食、毎日ビーフステーキを食べていたら、他のもの、和食やラーメンやカレーも食べたくなるでしょう。

 過去のものよりも良いもの、どこにもない新しいものを作ろうというのが、人間の、特に芸術家・職人など「クリエーター」のモチベーションなのではないでしょうか。そして、受け手・聴き手もそれを歓迎する。そういう「常に前に進む」「他人とは違う自己実現を目指す」というのが、作り手、演奏者、聴き手それぞれに延々と続く人間の営みなのではないでしょうか。

>近現代を40代50代まで聴きまくっていたが、結局行き着いたのはバッハだった

 それは、一番聴きなじんだ安心できるものだからでしょう。グルメの道を歩みながら、結局行きついたのは「おふくろの味」のようなものです。でも、毎日「おふくろの味」では飽きるので、やはり「近現代を聴きまくって」というバックグラウンドがあってのことでしょう。「オンがあるからオフがある」、つまり毎日忙しく仕事をしているから、休日に聞く音楽が心にしみる、というのと同じです。(毎日朝から晩まで聴いていたら、感動しなくなりそう・・・)

>完璧な音楽はバッハあたりで完全に完成してしまい

 少なくとも、それはあり得ません。バッハを含むクラシックと、ジャズ、ポピュラー、J-POPなど、どちらがより多く支持されているかを見れば明らかでしょう。20世紀以降の音楽の多様さは、バッハを包含していると思います。

>現代では、音大生でもモーツァルトの様なものは作れてしまう、

 「らしいもの」は作れるでしょう。それは「創る」のではなく「真似する」だけです。後出しじゃんけんなら、必ず勝てるのと同じです。


 この手の議論をすると、「好み」とか「好き嫌い」の議論に落着いてしまいますが、もう少し人間の本質に近い、「良いと思ってもそればかりでは飽きる」「過去を越える、殻を破る、これまでにない新しいものにあこがれる」「いろいろ放浪するが、疲れたら舞い戻る故郷がある」といったもの、というような気がします。どれが最高とは一概に言えない複雑さ、多様さ、猥雑さ、きまぐれ、それが人間。うまく言えませんが。

 20世紀前半の音楽批評家として有名なパウル・ベッカーは、著書「西洋音楽史」(1926年)で、音楽の歴史は「発達」とか「進化」と考えるべきではなく、「あらゆる時代の音楽は、絶対的な意味で、芸術的に等しいもの」「不断の創造力が形を変えて行くだけ」と繰り返し書いています。
 つまり、特定の時代や、作曲家や、音楽的流派が、他に比べて「優れている」とか「劣っている」ということには意味がない、ということです。
http://www.amazon.co.jp/%E8%A5%BF%E6%B4%8B%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E5%8F%B2-%E6%B2%B3%E...続きを読む

Qモーツァルトバイオリン協奏曲 イザイのカデンツァ

モーツァルトのバイオリン協奏曲3番1楽章の
インターナショナル版の楽譜に載っている、イザイのカデンツァ版の
CDを探しています。
検索やCDショップではカデンツァの明記があまりなく
なかなか見つかりません。
もし、お持ちの方やご存知の方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

インターナショナル版に載っているものかどうかはわかりませんが、オーギュスタン・デュメイ(ヴァイオリン、指揮、96年)の録音は第一楽章のカデンツァがイザイ、残りの楽章はグリュミオーの手によるものです。
http://wacca.tv/m/listen/00028945764528

なお、リンクを貼ってよいものかどうかがわからなかったのですが、「デュメイ モーツァルト 協奏曲 3 イザイ」
で検索してみてください。この曲の録音を聴き比べている方のHPに辿り着けると思います。それによるとグリュミオー/コリン・デイヴィス盤もカデンツァがイザイとのことです。

Qうろ覚えメロディ:なんという曲でしょうか

おそらくサン=サーンスの曲で、一度聴いて印象に残ったメロディがあります。
ですが、これがなんという曲の一部なのかがわかりません。

添付のようなメロディで、たしか弦で演奏されていたように記憶しております。
ご存知のかたいらっしゃいましたら、ご教授いただけませんでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

    #2です。ブロックされているようで失礼しました。僕は在米なので聞けます。では下記のうち日本で聞けるのがあるかもしれませんので、、、

1。チェロ独奏はデユプレ、お弾きになったオーケストラの序奏は5:42あたりからです。
    http://www.youtube.com/watch?v=8ijSrsu8aMs

2。チェロ独奏はロストロポーヴィッチ、例の序奏は5:09あたりからです。
    http://www.youtube.com/watch?v=WYG7lzKtfpI

3。チェロ独奏はフォイヤーマン、オーケストラ序奏は5.05辺りからです。
    http://www.youtube.com/watch?v=fagUVIMUPeE

4。チェロ独奏はマルセルキッツ、例の主題は6:30から始まります。
    http://www.youtube.com/watch?v=EGqPh-Jkk00

    このうちどれかお聞きになれるとこの曲かどうかご判断いただけるのですが、今ちょうど僕の町にヨーヨーマが来ていて、昼食もチェロ弾きさんと喰い、回答が外れていても楽しい思いをさせていただきました。

    #2です。ブロックされているようで失礼しました。僕は在米なので聞けます。では下記のうち日本で聞けるのがあるかもしれませんので、、、

1。チェロ独奏はデユプレ、お弾きになったオーケストラの序奏は5:42あたりからです。
    http://www.youtube.com/watch?v=8ijSrsu8aMs

2。チェロ独奏はロストロポーヴィッチ、例の序奏は5:09あたりからです。
    http://www.youtube.com/watch?v=WYG7lzKtfpI

3。チェロ独奏はフォイヤーマン、オーケストラ序奏は5.05辺りからです。
 ...続きを読む

Qモーツァルトのジュピター

最近モーツァルトの交響曲41番ジュピターに
はまっているのですが、
オススメの演奏はありますか?

Aベストアンサー

はじめまして、私もモーツァルトは大好きです。交響曲41番ジュピターは
威風堂々していて良いですよね。私のお勧めは録音はちょっと古いですがブルーノ・ワルター指揮/ニューユーク・フィルをお勧めします。ワルターは20世紀の3大指揮者の一人に数えられて特にモーツァルトを得意にしていました。この「交響曲41番ジュピター」もモノラルですがワルターの円熟した指揮が凄くて、ところどころ感極まったワルターのうなり声まで聞こえてきます。録音の古さにこだわらなければお勧めの一枚だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報