コンタクトレンズ(特にソフト)のしくみについて教えてください。
めがねのしくみはなんとなくわかります。
ハードコンタクトはめがねのレンズを小さくした感じかなと思っています。硬いから・・・
めがねは度数が上がれば上がるほどレンズが厚くなるけど、その辺コンタクトレンズはどうなのでしょうか?
ソフトコンタクトにいたっては見当もつきません。
あの薄さでどうやって度数に変化をつけているの?
例えば、-3.00と-6.00とでは見た目に違いはありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

近視用メガネは中央部よりも周辺部が厚い凹レンズですが、コンタクトレンズも中央部の方が薄くなっています。



プラスチックの一種みたいなものだから成型機で製造しています。

-3.00と-6.00とでは、見た目は分かりにくいですが、親指と人差し指でレンズを挟んで擦ると感触が少し違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

>近視用メガネは中央部よりも周辺部が厚い凹レンズですが、コンタクトレンズも中央部の方が薄くなっています。

本当ですね!!
めがねも持っているので見てみたら、特に耳に近い(両脇)レンズが分厚いです。
なぜでしょうか??
教えて下さい!よろしくお願いします。

-3.00と-6.00では触り心地が違うんですか!
ぜひとも触ってみたいですね~

お礼日時:2003/07/07 04:25

ソフトコンタクトレンズのできるまでを図解したHPがありました。



http://www.menicon.co.jp/first/f_lens.html

コンタクトレンズ百科事典 ⇒ コンタクトレンズの製造方法 

度数の違いやベースカーブの違いなどで1品種だけでも6万4千種類以上あるというから驚きです。
やっぱり眼科医で自分に合ったレンズを決めてもらわないといけないですね。

参考URL:http://www.menicon.co.jp/first/f_lens.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コンタクトレンズの製造方法見ました。
それにしてもすごいですね。
ペラペラレンズなのに度数やベースカーブに変化をつけられるなんて。
工場見学に行きたいです、まじで。
ありがとうございました!

お礼日時:2003/07/07 04:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレンズの度数

レンズの度数は何によって変わるのでしょうか?
私は視力が悪くメガネのレンズが厚くなってしまいますが
ちょっと高めのレンズにすると同じ度数でかなり薄いレンズに
する事が出来ます。
これまで単純にレンズが厚ければ厚いほど度数が高いと思っていたので疑問に思いました
また、望遠鏡のレンズや凸レンズ凹レンズの違いによっても違うと思うのですが
何か情報をお願いします。

Aベストアンサー

レンズの度数は、レンズの両面の曲がり具合(曲率)とレンズ素材の屈折率で決まります。
屈折率が高い素材なら、同じ度数にするのに曲がり具合(細かくは両面の曲がり具合の差)が少なくて済み、レンズのふちの厚さが薄くても済みます。

Q三平方の定理で立体内にできる多角形の問題教えてください! 次の図は正四面体で辺上の点はその辺の中点で

三平方の定理で立体内にできる多角形の問題教えてください!
次の図は正四面体で辺上の点はその辺の中点である影の部分の面積を求めよ。答えは4√11㎠です 解き方を詳しく教えてください!

Aベストアンサー

口で言うより、図で見た方が早いと思う。
下の図で「元の図」の水色の三角形の面積を求める。

①赤線の長さは正三角形の辺の中点を結んでいるので、4cm
②緑線の長さは「緑の線」の図の通りで、三平方の定理で求める
緑線² + 4² = 8² だから 緑線²=48 ∴緑線=4√3cm

③下の「影の図」を使うと、赤線と緑線の長さは解ったから三角形の高さを計算する。
高さ² + 2² = (4√3)² 高さ²=44 ∴高さ=2√11

三角形の底辺=4cm、高さ=2√11cmだから
面積=底辺×高さ÷2
=4×2√11÷2 = 4√11㎠

Qコンタクトレンズに無線で電力を供給することは可能なのでしょうか?

下記のページで
http://www.gizmodo.jp/2009/09/post_6083.html
コンタクトレンズに搭載したLEDに無線で電力を供給するとありますが、そんなことが可能なのでしょうか?
以前エコバスが停留所に止まっている間に、地面とバス底面を重ねるだけで接続ツールを介さないで充電できると伺いましたが、それと同じ原理でしょうか?

Aベストアンサー

たぶん、もっとも身近な無線電力供給機器は
Wacom社のペンタブレットじゃないかと思います。

たしか関連特許を持っていて…
Wacom社がタブレット市場での寡占を築く上で
電池を交換すること無く、タブレットからの無線供給で
ペンを機能させられるという技術が、大きな効果を持っていたような気がします。
(ただ、その特許については、もう切れたころなんじゃないかなぁ)

他社はペンに単四電池を入れる設計や、有線で供給する方法を使い
まぁ、ペンが重かったり、電線がわずらわしかったり…
電池分ペンが重いため、落下時の衝撃がはげしく、壊れやすかったり…


こういうのは、中学理科で習ったような気がしますが
電磁誘導を基礎とした技術です。

防水のデジタル機器の充電などでも使われていたと思います。
電気自動車では、ガソリンスタンドへの併設を考慮して
火花が出ない非接触充電が必須と考えられて来ました。

携帯機器の充電器の共通化というとりくみで
充電台の上に載せるだけで、数種類の供給電圧を要する機器を
それぞれ適切に充電できる技術も開発されてきましたし
(実用化/市販がなされているかは未確認)

人工衛星で太陽発電した電力を、無線で地上に送る技術も研究されています。

たぶん、もっとも身近な無線電力供給機器は
Wacom社のペンタブレットじゃないかと思います。

たしか関連特許を持っていて…
Wacom社がタブレット市場での寡占を築く上で
電池を交換すること無く、タブレットからの無線供給で
ペンを機能させられるという技術が、大きな効果を持っていたような気がします。
(ただ、その特許については、もう切れたころなんじゃないかなぁ)

他社はペンに単四電池を入れる設計や、有線で供給する方法を使い
まぁ、ペンが重かったり、電線がわずらわしかったり…
電池分ペ...続きを読む

Q薄さ1ミリの水の膜に生身の人間が激突したら

薄さ1ミリの水の膜が空中にあるとします。

生身の人間が時速1000キロ、10000キロで激突したらどうなるでしょうか?豆腐に時速300キロくらいで生身の人間がぶつかったら死ぬというのをどこかで聞いたことがありますが、上記の条件だと人間はどうなるでしょうか?

Aベストアンサー

大気中での自由落下に於ける人体の終端速度は地表気圧で200Km/h(大の字で)~300Km/h(頭からまっさすさま)です。空気中を落下する限り重力による加速と空気抵抗が均衡するので地上に衝突する速度はこれ以上にはなりません(超航空の空気の希薄なゾーンは別)。
で、この速度で1mmの水膜に当たるというのは、F1や新幹線が1mmの雨(相当の豪雨です)の中を走っている状態と一緒ですよね。素肌だと相当痛いでしょうが傷つくかは微妙と思います。

ですから、時速1000Km/hということは何らかの加速過程が存在すると言うことで、生身だと既にそこで耐えられないのではないでしょうか

で、それは置いといて、要するに時速1000Km/hとか10000Km/hの雨が当たると考えると相当不味いことになるのでは、雨滴1mmで時速30Km/hとのことです。その30倍から300倍のそくどですからね。

Qチャレンジと塾とではどうでしょう

今度小4になる男子ですが、現在チャレンジをしているけどなかなか家庭学習の習慣が出来ていません。夫はチャレンジをやめさせて塾にかよわせようと言いますが、私は家で勉強の習慣ができていないのに塾に行かせてもどうかと思っています。でも今は宿題が精一杯でチャレンジは一月遅れでやっとで一緒に付いてくるドリルはたまったままという状態です。どうしたら良いか迷っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

チャレンジにせよ塾にせよ、どちらも机に向かう時間ができるのは同じだと思います。大事なのは、一定の時間机に向かう習慣ができることではないでしょうか。

チャレンジの場合、1日15分ほど机に向かって、を毎日続けることになると思います。これができないと、塾に行っても宿題をしない、とかとなって結局同じになるのではないでしょうか。

もちろん、勉強が楽しいわけはないですが、それは当たり前のことです。学校でも授業が楽しいわけではないと思います。それ以外のことが楽しかったりします。

しかし、ある程度力がついて、自分で問題を解けたりするとそれなりに楽しかったりもするわけです。チャレンジの場合は自宅でするわけですから、問題以外にも、いろいろな話題があったり、身の回りのことを投書できたりもします。

親が直接勉強を見なくても、チャレンジの提供する話題を話し合ったり、付録を一緒にやってみたりすれば、また違った展開があるかもしれません。

学年が上になると、チャレンジでは物足りなくなったりするかもしれませんが、それはそのときに考えてみてもいいかもしれません。

一月遅れでも提出しているのならば、それでもいいと思います。夏休みとかには課題が少ないはずですから、その時に取り戻せるかもしれません。

課題を提出していることに注目して、それとなく励ますことも大事かと思います。

チャレンジにせよ塾にせよ、どちらも机に向かう時間ができるのは同じだと思います。大事なのは、一定の時間机に向かう習慣ができることではないでしょうか。

チャレンジの場合、1日15分ほど机に向かって、を毎日続けることになると思います。これができないと、塾に行っても宿題をしない、とかとなって結局同じになるのではないでしょうか。

もちろん、勉強が楽しいわけはないですが、それは当たり前のことです。学校でも授業が楽しいわけではないと思います。それ以外のことが楽しかったりします。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報