虫や動物が大量発生する理由って?

素人の素朴な質問なのですが、
定番のイナゴ、ねずみや、数年前のハチの大量発生や
保護しすぎて急増するあまり小さくない動物の急増は
どんな条件が重なって起きているのでしょうか?

何か発生するパターンなどが有れば教えて頂けませんか?

A 回答 (1件)

イナゴは前年に豊作だと卵をたくさん産むことになり、


翌年豊作でないとエサを求めて各地を食い散らかしながら大移動をすることになり
大発生になります。イナゴと各年のエサのバランスの問題です。

ネズミはエサや隠れ家が何らかの理由で豊富なら簡単に大発生します。

ハチはおそらくスズメバチでしょうが、
その年の気温が高いなどの条件でエサとなる他の昆虫が多くなると女王バチが卵を産みやすくなり、
孵った働きバチの栄養も豊富なので順調に育ち大発生します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・!
イナゴ ねずみ ハチ。そういった条件で大発生するのですね。
有難う御座いましたっ。

お礼日時:2010/05/29 15:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミントを緑色のバッタが食べるので、よりつかなくする方法は?

ミントを庭の植木鉢で栽培してるのですが、(匂い消しのため、犬のトイレの近くに置いています。)
緑のバッタが(しょうじょうばった?かカマドウマ?だと思います)ミントに住み着いています。どうしたらいなくなるでしょうか?も

くさく液をかけてみたのですが、いまいちでした。

薬ではなく、バッタが嫌いなものがあったら教えてください。

Aベストアンサー

バッタに効くかどうかわからないのですが……お酢とにんにくと唐辛子を混ぜて水で薄め、霧吹きしてみてはいかがでしょう。

ちょっとニオイはきついですが、アブラムシなどにはよく効きます。

Q実験動物は何故ねずみなのか?

マウスによる実験により確認したという報道が多いが、ねずみ以外での例をあまり聞かない。
他の動物でなく何故ねずみで実験するのか?

Aベストアンサー

ヒトと同じ哺乳類

飼いやすい

子供を多く生んで数が維持しやすい

体が小さくて飼育スペースが少なくてすむ

あと、世代交代が早い、です。実はこれ非常に重要です。遺伝子をいじって実験する場合、一世代が長いとどうしようもありません。
遺伝子をいじった個体が生まれるまでに数ヶ月、その子供が子供を作れるようになるまで数年では実験するのもひと苦労です。
その点、マウスはすぐ生まれて、すぐに成長して子供を作れるようになります。
この世代交代が早いということは、ショウジョウバエも非常に早いので重宝されています。

Qこのバッタの名前は?冬を越したのか?

春爛漫の今日この頃、小さな庭先の草花の中に、小さなバッタの赤ちゃんを見かけるようになりました。ところで、今日見つけたのですが、バッタの成虫がいました。バッタといえば夏から秋にかけて成虫が飛び回りますが、この時期に成虫は見たことがありません。バッタは越冬しない(死んでしまう)と思っていたのですが、こんなこともあるのでしょうか。ちなみに、バッタの体長は6cm位。調べてみるとトノサマバッタのオスのように見えるんですが、どなたかわかるかたいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

トノサマバッタによく似ていますが、ツチイナゴでは有りませんか?
ツチイナゴは、体長は4 - 5cmほどで、成虫の体型はトノサマバッタに似ていますが、体色は褐色で背中の真ん中に白っぽい線があり、複眼の下に黒っぽい線がある様です。
トノサマバッタとの何よりの違いは、バッタ類は卵で越冬しますのでこの時期成虫は見当たりませんが、ツチイナゴは草などの下で成虫のまま越冬する様です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%81%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B4

Qハチの巣とハチの事なんですが・・・

庭に1匹のハチが直径5cmくらいの巣を作っていました。
そのハチは動く気配がなかったので、駆除のついでに生け捕って観察しようと思いました。
そこで、瓶で巣を落とすと同時に確保を試みたのですが失敗してしまい、巣とそれにくっ付いていたハチは地面に落ちてしまいました。
落ちたハチが今にも攻撃してきそうに思った私は、猛ダッシュで家の中に逃げ込んでしまったのですが、これからどうすればよいでしょうか?
ハチは粛々と攻撃の機会は窺っているのでしょうか?
もう観察はどうでもいいです。私のこれからとるべき行動をどなたか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

恐らくはアシナガバチ関係でしょう。

刺されても死にはしないし、そんなに執念深くないから明日の朝にでも後片付けしましょう。

Qバッタが増えました

玄関前に、朝霧草・アイビー・ゴールドクレストの寄せ植えを置いています。
昨年はいなかったのですが、今年は夏ごろから、バッタ(茶色と緑と)が住み着きました。害はないのでそのままにしていたら、このところ糞?がひどくて困っています。
バッタにはかまきりが良いとも聞いたのですが、一度かまきりも見かけました。
バッタは何を食べるために住み着いているのか?
(他の花にはいないようなので)
茶色と緑のバッタの違い?
日中と夜間、また季節的に活動が活発なのは?
最終的にはよそへ行ってもらうにはどうしたらよいですか?
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■私も玄関前に同じ組み合わせをしています。やはりバッタとカマキリが暮らしています。

■まず糞はバッタやカマキリの糞ではないと考えます。バッタやカマキリは一個所にかたまって糞をするものではないからです。夜行性の芋虫(蛾の幼虫)の類ではないかと考えます。寄植の隠れている地面近くから夜に出てきます。

■バッタはいわゆるトノサマバッタやイナゴの類ではなく、オンブバッタ(正しくはショウリョウバッタ)ではないですか?少しだけゴールドクレストを食べているかもしれません。うちも毎年ほとんど被害らしい被害はありません。

■茶色と緑の違いは特に無いようです。育ったところの亜種かな?涼しくなれば自然に消えます。そろそろいなくなる時期です。カマキリもバッタも気持ち悪い芋虫やサナギで大きくなるのではないので、私は許しています。けっこう健気に生きているようですので。

Q特に顔が、白と黒のカラーリングのパターンの動物って。

こんばんは。
素朴な疑問が上手く伝えられれば良いのですが。
よろしくお願いします。

ボーダーコリーて犬種いますよね。
特にあの顔のカラーリングのパターン
「目の周りと鼻が黒く、鼻筋が白い。」
(この場合、手足先が白かったりもするのですが。)

これと似たようなパターンは他の犬種にもありますし、猫にも見受けられます。
他に、このパターンをよく見受けられる動物は「牛」などもそうです。

この顔の「目の周りと鼻が黒く、鼻筋が白い。」というカラーリングのパターンが色々な種に見受けられるのは何故なのでしょうか?

パンダは、ちと違いますが、特に体で、目の周りと、鼻と、耳を黒くすることで、なんか得することがあるのでしょうか?

全部黒より全部白より、何故その方がいいのでしょう?

コントラストがハッキリしすぎると思いますが、目立つことが、有利な面もあって、そんなマスクにしてるんでしょうか?

茶色とか黄土色の体毛を作るよりも、一貫して白や黒の体毛を末代まで作ると決める方が、何かと都合の良いことなのでしょうか?

トラやレッサーパンダのように、「この種はこういう柄」と規定が厳しいと思われる動物と、柄の個体差が大きい動物の違いって何なのでしょうか?


お気軽に、個人的見解でも結構ですので、ご意見お寄せ下さーい。
お願いします。

こんばんは。
素朴な疑問が上手く伝えられれば良いのですが。
よろしくお願いします。

ボーダーコリーて犬種いますよね。
特にあの顔のカラーリングのパターン
「目の周りと鼻が黒く、鼻筋が白い。」
(この場合、手足先が白かったりもするのですが。)

これと似たようなパターンは他の犬種にもありますし、猫にも見受けられます。
他に、このパターンをよく見受けられる動物は「牛」などもそうです。

この顔の「目の周りと鼻が黒く、鼻筋が白い。」というカラーリングのパターンが色々な種に見受...続きを読む

Aベストアンサー

どこからどう回答したものか・・・。加えて私も根気がない人間なので、ぶっきら棒な文章になりますが、気にしないでくださいね。

>この顔の「目の周りと鼻が黒く~色々な種に見受けられるのは何故なのでしょうか?

その毛色パターンを決定している遺伝子の配置、その発現の経緯が、それらの動物種間で似通っている、もしくは共通していると考えられます。という事は、それぞれの種に分かれるより前に固定された型であるとも考えられます。

>コントラストが~そんなマスクにしてるんでしょうか?
>茶色とか黄土色の体毛を作るよりも~何かと都合の良いことなのでしょうか?

全部親からの遺伝なので、今更一個体がどうこうできるものではないですよね。ただ、有利だったのでそのように固定されてきたというのは仰るとおりだと思います。生物の過去、現在、未来はすべて、有利なものや強いものが生き残って子孫を残す。この繰り返しです。

>「この種はこういう柄」~違いって何なのでしょうか?

自然界では、ポッと出の毛色は淘汰されるでしょう。毛色の珍しさが異性に魅力的に取られるのは人間くらいのような気がします。子孫を残せたとしても、やはり永年かけてデフォルトになった毛色のほうが圧倒的に子孫に出やすいと思います。


毛色がいろいろあるというのは、主に人間が珍しいものを積極的に残そうとした家畜に見られる現象だと思います。自然界において言うなら、生息範囲が広く、様々な環境にちらばって、それぞれの特化能力のひとつとして毛色もバリエーションに富んだものとなったと考えるのが妥当じゃないでしょうか。

どこからどう回答したものか・・・。加えて私も根気がない人間なので、ぶっきら棒な文章になりますが、気にしないでくださいね。

>この顔の「目の周りと鼻が黒く~色々な種に見受けられるのは何故なのでしょうか?

その毛色パターンを決定している遺伝子の配置、その発現の経緯が、それらの動物種間で似通っている、もしくは共通していると考えられます。という事は、それぞれの種に分かれるより前に固定された型であるとも考えられます。

>コントラストが~そんなマスクにしてるんでしょうか?
>茶...続きを読む

Q「バッタトラップ」の作り方

その名の通り、昆虫のバッタ類を生きたまま捕獲するための「バッタトラップ」の作り方を御存知の方がいましたら教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

私が子供の頃に作ったのは、直径2cm弱、長さ5cm前後の
紙筒を作り、その真ん中に輪ゴムをかけるタイプです。
ポイントは輪ゴムにクリップを通し、そのクリップを
立てるようにセットする事です。

30年以上前の話なのでうろ覚えですが、
それに乗っかったバッタが面白いように
獲れた記憶があります。ご参考までに・・・。

Q羽アリが大量に発生します

夜、電気を点けていると、外の窓ガラス越しに大量の羽アリが付いてきます。
羽アリは一体どこから現れて、どうしてガラス越しに付いてくるのでしょうか?
何か追い払う良い方法も教えて下さい。

Aベストアンサー

ちょっと気になってレスしました。
私が、知り合いのリフォームの店の係りの人から直接聞いた話です。
彼女の家は、羽蟻の大量発生で、自分の家がシロアリが発生しているのがわかって対処して事なきをえたと話しておりました。
だから、羽蟻が大量発生したら、業者に見てもらったほうがいいと。
それまでは、あせってシロアリ駆除をしなくてもいいからと教えてくれました。
この質問をみて、ちょっと不安が頭をかすめて投稿しました。

Qなんでか家の周りに、バッタが大量発生気味になりました

鮮やかな緑のバッタです。結構大きい。
庭、玄関、周辺の草木(敷地内)への殺虫剤を検討していますが、いくつか質問があります。

①「カルホス乳剤」「スミチオン乳剤」はどこに売られているのですか。専門店か通販しかないですか?そこらへんのドラッグストアにはないですか?

②そこらへんで買える殺虫剤ですが、なるべく大きいものを買うとして、バッタに効きにくい種類のものはあるんですか?たとえば対象が「害虫」であればバッタにも効くが、対象が「蟻」の場合はバッタに効くか分からない・効きにくい、とかあるのでしょうか。

③そのほか、主にバッタ対象の何か対策を、アドバイスいただけませんか。
現在は玄関付近にカメムシや蛾対象のスプレーまいたりしてます。(それでも家の中に入ってきたりもする)
車にもバッタがへばり付くので、洗剤を混ぜたトロミある水をかけるか、殺虫剤をかけておくかして、1~2日後ぐらいに車を水洗いしてます。


虫を殺すな等の回答は受け付けてません。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

①ホームセンターで

②害虫用で

③http://log.engeisoudan.com/lng/200708/07080132.html

Q浜に大量発生!!

島根県の海岸にサザエのふた?のようなイソギンチャクのような白っぽくて丸いものが大量に打ち上げられたのですが、これは一体何なのでしょうか?

詳しく言うと、
丸くて白くて渦を巻いているものがあり、ふちは
紺色のような緑のような毛か足?のようなものが
生えています。

ゴミと一緒に大量に打ち上げられており、
大きさも直径1~7センチくらい様々です。


心当たりのある方がいましたらご回答よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは。
ううむ、イラストか写真でもあればねえ・・。

とりあえず「ギンカクラゲ」なんか怪しくないですか?
しばしば大量発生してうちあげられるようです。
http://www3.ocn.ne.jp/~kmitoh/seibutu/kurage/ginkakurage/ginkakurage.html
http://www1.odn.ne.jp/~aai03510/kai-kai.htm
http://www.npec.or.jp/northeast_asia/network/wrack/index.html

また、そちらの地域ならこんな資料があります。
ーーーーー
海からの贈り物 『島根漂着物図鑑』
(秋吉英雄/文・写真(島根大学海岸生物研究会)
井上明日香/写真・イラスト 協力/研究会のみんな)
出版社名:株式会社エッグ
平成14年度(財)島根ふれあい環境財団21助成事業


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング