トラヤヌスの征服地について教えてください。
ローマ帝国の全盛期、パックスロマーナの五賢帝の一人のトラヤヌスは、
領土を最大に広げました。そのときにメソポタミア地方も征服しております。
このとき、具体的にメソポタミア地方に存在した国はどこですか?
セレウコス朝シリアはもう少し前に終わってる?
パルティアかなぁ。
ってところが、今いち本を読んでも分かりませんでした。

どなたか世界の歴史に精通している方、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして



アルサケス朝パルティアです

自分の持つ資料は微妙に年代がwikiとズレているので記します

114年 アルサケス朝パルティアでなんらかの原因で内紛が起こる
→ローマ皇帝トラヤヌス、その情報を入手、直ちに対パルティア討伐の軍を召集し侵攻

ローマ軍はアルサケス王家の分家が納めるアルメニア王国(それまでは名目的宗主権はローマ、実効支配はパルティア)を制圧
属州に編入、但し王家は存続させる

ローマ軍は南下し、シリアの重要都市エデッサ、メソポタミアの重要都市ニシビス、ハトラを次々攻略

115年 ローマ軍はパルティアの首都クテシフォンを陥落させる

116年 トラヤヌスは元老院からパルティア王の称号授与される
→トラヤヌスはさらに軍を進め、ペルシャ湾まで到達、全メソポタミアを完全制圧

しかし同時期にローマ帝国内の離散ユダヤ人の大反乱が勃発
トラヤヌスはやむなく主力軍を帝国へ召還しメソポタミアに永続支配体制を築けなかった

なお余談ですが、パルティアはササン朝に滅ぼされますが
アルメニア王国のアルサケス家の分家はローマに亡命
その子孫は6世紀のビザンティン軍の対東ゴート戦争の将軍の一人として参加
パルティアの王子と呼ばれていたようです
しかし形勢を挽回した東ゴート王トティラに敗れました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答ありがとうございました!
パルティアですね。
しかし、最後のアルメニアの子孫が、かつてライバルだった
ローマに従軍して戦うなんて、何だか歴史は人間の中を生きて
いるんだな、とつくづく思いますね。
ありがとうございました!

お礼日時:2010/06/09 23:55

パルティアです。



ウィキですが・・・
「メソポタミア」・・ローマ属州時期のところを読んでみて下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BD% …

そもそもパルティアの首都クテシフォンがメソポタミアにありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%86% …

また本屋さんで吉川弘文館発行の世界史年表などを見ていただければわかりますが、トラヤヌスがメソポタミアを獲得した時の遠征は「トラヤネスのメソポタミア大遠征(第5回パルティア戦争)」と記述されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
年表には、パルティア戦争等、書いてあるんですね。。。

お礼日時:2010/06/09 23:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後醍醐天皇は賢帝か?愚帝か?

日本の歴史上、最も高いカリスマ性をもった天皇とは?
明治天皇?昭和天皇?
それとも、伝説上の天皇・神武?蘇我氏を打倒した天智?
様々な意見はあろうかと思いますが、後醍醐天皇は外せないでしょう。

後醍醐天皇に仕えた楠木正成・新田義貞は今なお忠臣として名高く
英雄とされています。
後醍醐天皇の行なった「建武の親政」は武士を軽視した政治でしたが、
武士を省みない君主であっても、彼に対して忠誠を誓うとは、
相当なカリスマだったのもしれません。
後醍醐天皇は他に例を見ない程の野心家の天皇であった事は間違いない
でしょうが、彼の性格・人物像が私にはいまひとつ見えてきません。

後醍醐天皇は賢帝か?愚帝か?
みなさんのご意見をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>後醍醐天皇は賢帝か?愚帝か?

明治維新から1945年8月15日までの評価は、賢帝。
1945年8月16日以降の評価は、愚帝。

質問者さまがご存知かどうか分かりませんが、後醍醐天皇は「中継ぎ天皇」として登場しました。
後二条天皇が24歳で病死すると、花園天皇が即位。
後宇多上皇は、後二条天皇の皇子である邦良親王(当時3歳)に皇位を譲る+尊治親王(後の後醍醐天皇)の子孫は皇位を継承しない事を条件に「尊治親王を皇太子としました。
ところが、尊治親王が後醍醐天皇として即位するや否や「天皇は、誰にも譲らん!」と約束を反故にしました。
後二条天皇の弟が、後醍醐天皇です。

利用価値がある者は徹底的に利用し、その勢力が強くなると徹底的に排除に向かいます。
鎌倉幕府打倒には足利一門の力が必要なので「自らの名前の一字『尊』を高氏に与え『足利尊氏』が誕生」
尊氏の勢力・人気が高まると「反尊氏の先鋒である新田義貞を利用して、尊氏討伐を命令」

「自己顕示欲の塊」が、今の大勢を占めているようです。
政治も、全くのデタラメだったようですね。
後醍醐天皇時代の、有名な二条川原落書。
「この頃都に流行るもの。夜討・強盗・某論旨・召人・早馬・から騒動・自由出家・生首・にわか大名・からいくさ・訴訟人・下克上する成出者・・・」
和歌山県下津町の某寺起請文。
「後醍醐天皇の建武の頃、天下大いに乱れ、国々に騒動起こり・・・陸には盗賊窃盗多く、民家に押し入り財宝略奪し、神社仏閣の扉を破り、霊宝を奪う・・・」
政治には、一切興味が無かったようですね。
今の政治家と、何かよく似ています。

>後醍醐天皇は賢帝か?愚帝か?

明治維新から1945年8月15日までの評価は、賢帝。
1945年8月16日以降の評価は、愚帝。

質問者さまがご存知かどうか分かりませんが、後醍醐天皇は「中継ぎ天皇」として登場しました。
後二条天皇が24歳で病死すると、花園天皇が即位。
後宇多上皇は、後二条天皇の皇子である邦良親王(当時3歳)に皇位を譲る+尊治親王(後の後醍醐天皇)の子孫は皇位を継承しない事を条件に「尊治親王を皇太子としました。
ところが、尊治親王が後醍醐天皇として即位す...続きを読む

Q「源氏物語」に『朱雀帝』と『冷泉帝』が出てくる件に関して。

「源氏物語」には『朱雀帝』と『冷泉帝』が出てきますが、
なぜ実在の天皇の追号が架空の人物に用いられているのでしょうか。

どちらも紫式部のちょっと前の時代の人ですよね。
天皇をネタにすることがタブーではなかったということでしょうか。

Aベストアンサー

当時は高貴の人を実名(諱イミナ)で呼ぶ事は非常にタブー視されていたので官職や住居で表すのが慣例でした。西宮左大臣(源高明)、河原左大臣(源融)等。
上皇(法皇)も後院(上皇御所)の名で呼ばれたり崩御後は元号や御陵の名でも呼ばれるのが通例でした。上皇(法皇)が1人の時は単に院と呼ばれることもありますが。例えば生前の呼称では宇多天皇は仁和寺・亭子院・中六条院・朱雀院を転々としていて、その時によって呼び名も変わっていますし、陽成天皇も冷泉院を御所としている時は冷泉院、陽成院を御所としている時は陽成院と呼ばれていました(貞信公記)
朱雀院も冷泉院も当時有名な後院でそこに住んでいる上皇(法皇)は皆朱雀・冷泉院と呼ばれたわけです。
つまり源氏物語の朱雀・冷泉院はあくまでリアリティーを持たせるために作者が有名な後院の名を用いて、そこにお住まいの上皇様と表現しているだけなので問題はありません。

Qイスラム帝国とローマ帝国について

例えば、エルサレムやアフリカの地中海沿いの地域なんかは
イスラム帝国の時代もあれば、ローマ帝国の時代もあった訳ですが
言葉があきらかに違います。

この地域にた普通に暮らしている住民はどう対応したのでしょうか?
支配国が代わる度に覚えさせられたのですか?

Aベストアンサー

言語は支配国が変わる度に変わるわけではない。変わるのは税金の納入先が変わるだけです。帝国とはそういうものであり、属州とはそういうものです。ただし個別の都市に限って論じれば、元の住民が追放されたり、虐殺されたり、自発的に他の地域に移住したりしてまるっきり中身が入れ替わってしまうこともあるので言語の継続性は保証されません。

世界的な人口の増加は、近代の産業革命や農業革命による飛躍的な食糧増産が可能になってからのことであって、古代においては現代人が考えるような人口じゃないんです。大規模な自然災害や伝染病の流行で、いともたやすく都市が廃墟になったり住民が入れ替わったりします。言語は、新しい住民の流入や新しい文化や新しい宗教の流入によって相互に影響しあい長い歴史によって自然と変わっていくものです。

Q古代メソポタミアの神話のapkalluについて

 古代メソポタミア神話で、神々が遣わしたとされるapkallu(seven sages)について教えてください。
apkalluとは、アプカルと読むのでしょうか?

 因みに、apkalluは、神々が、自分たちのために地面を耕し、ご飯をもらえるように遣わしたとされる最初の人間たちが働き方を知らないために遣わしたものとされているようです。

 どうぞよろしくお願いします

Aベストアンサー

>やっぱりアプカル、と読めばよいのでしょうか?しらべてもわからなくて。
FFじゃあアプカルで定着してるみたいなんでGoogleでもアプカルにされてしまうんですが

シュメール人・アッカド人・バビロニア人・アッシリア人がどう発音してたかは不明ですが。


ギリシャ語では「アプカッル」 apkallu (ギリシャ語)らしいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/matmkanehara/51418658.html

メソポタミアの魚人伝承「バビロニアのベール神官」

アプカッル apkallu (ギリシャ語)

シュメル語による解釈「小嶋 秋彦」

ap[ab]-ha[ku]-lulu

海の  魚  人々「複数」 海の魚人たち・魚人


「アプカルー」かも
http://homepage2.nifty.com/Mithra/HP_Study_of_Mithra.htm
七大師 Haftawane
 クルド語ではハフタワーネ。「七つの化身」を意味する。これも古代シュメールにさかのぼる。古代バビロニアの言葉(アッカド語?)ではアプカルー Apkalluという。七大天使、七大師、周期など、ミトラ教の主要部はカルデアンマギがシュメール以来の伝統*をもとにつくりあげたものである。今日これらは七光線論というかたちで、現代神智学の根幹を支える理論になっている。

*シュメール以来の伝統 カルデアンマギはバビロニア人とメディア人および両者の混血から生まれた子供たちからなる混成司祭団のこと。ミトラ教の正式なマギ団。バビロニア人とはシュメール人、アッカド人、グテ人、セム人の混血によって生まれた民族のことで、現在のイラク人のこと。グテ人はウル王朝を築いたことで知られる。先住者であるシュメール人・アッカド人と混血している。カルデアンマギの伝統はトランスヒマラヤ密教につながっている。


あと「アプカルル」かもしれない。

>やっぱりアプカル、と読めばよいのでしょうか?しらべてもわからなくて。
FFじゃあアプカルで定着してるみたいなんでGoogleでもアプカルにされてしまうんですが

シュメール人・アッカド人・バビロニア人・アッシリア人がどう発音してたかは不明ですが。


ギリシャ語では「アプカッル」 apkallu (ギリシャ語)らしいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/matmkanehara/51418658.html

メソポタミアの魚人伝承「バビロニアのベール神官」

アプカッル apkallu (ギリシャ語)

シュメル語による解釈「小嶋 秋彦...続きを読む

Qメソポタミア文明とエジプト文明と古代ギリシアの関係

メソポタミアとエジプトの文明は、制度・宗教などでは大きな違いはありますが、相互の交流はあったようです。
インターネットなどでは、「エジプトはメソポタミアから多大な影響を受けた」などと書かれていますが、具体的にどのような影響なのかがわかりません。逆に「メソポタミアはエジプトの影響を受けていた」というようなことは見当たりませんでした。
質問:
(1)エジプトはメソポタミアから一体どのような影響なのでしょうか?
(2)文明としてメソポタミアの方がエジプトより進んでいたということでしょうか(例えば、政治などの制度や文字・暦などの創造で)。

もう一つ、
(3)古代ギリシアはエジプト、メソポタミア文明にどの程度影響を受けたのでしょうか?

Aベストアンサー

>)エジプトはメソポタミアから一体どのような影響なのでしょうか

パッと思いつくのは、鉄器文化です。
ただ鉄器を一番初めに使用したとされるのは、ヒッタイトですから、メソポタミアとは少し場所的に違いますが。

>文明としてメソポタミアの方がエジプトより進んでいたということでしょうか

そうではないと思います。
エジプト・メソポタミア・ヒッタイトの各文化圏は、シリアで重なっています。
シリアを通してお互いの文化が交流されたのだと思います。
ただ、軍事的に後に現れたアッシリアに全て併合されてしまいますから、軍事的には、歩兵主体のエジプト軍は、戦車主体のアッシリアにかなわなかったのでしょう。
同じ事は、歩兵主体のバビロニア(メソポタミア)にも言えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報