先日、c33ローレルのエンジンをRB20EからRB25DEへと載せ換えました。
車検に必要な、強度計算などをした書類を作ってもらおうとしたら、
載せ換えをお願いしたお店では"5万円かかる"と言われてしまいました。
あまりにも大金なので、どうしたものかと
とりあえず陸運支局へ車を持っていき、検査コースをパスさせました。
あとは、強度計算をしたものを持ってくれば良いとのことでした。
で、その書類は具体的になにを持っていけばいいのでしょうか。
陸運支局では、第1号様式、第2号様式(改造概要等説明書)、
プロペラシャフト強度検討書をもらい、
エンジンの諸元も持ってくるように言われました。

また、これらの書類はディーラーでは
とても書いてもらえないと思うのですが、
経験のあるショップにお願いした場合、
いくら位が妥当なのでしょうか。

変更したのはエンジン、イン・エキマニ、CPU、ハーネスで、
いずれもR32スカイラインの2.5Lのものです。
ミッション(MT)は変更なしです。
文章が読みにくいとは思いますが、
どうぞ回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

検査コースをパスというのは予備検査をパスしたということですか?


まず改造概要等説明書はサービスマニュアルを入手して新型解説書に諸元があるので図をコピーなどをして作成します。プロペラシャフトの強度検討は、陸運局でどうのように書いたらいいかひな形がほしいというとたぶんくれると思います。簡単な物理の計算です。
もし出来ないのなら、ミッションもRB25用ようを使ってしまえば強度検討はいらなかったような気がします。
ショップに依頼すると載せ替えをやったショップに聞いてくれといわれるかかなりぼったくられるとおもいます。
ヤフオクで書類を購入知るのもいいかもしれません。
どっちにしろ、手間はかかりますが、根気よくやれば絶対に出来るので何とか自分でがんばってください。

参考URL:http://www.takkun.net/rb20rb2501.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング