最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

仏さんの順位を教えて下さい・
如来・菩薩・明王・天部・しょうもんえんがく・人間・地獄・畜生・餓鬼・阿修羅と言われましたが間違うないですか

A 回答 (4件)

仏教という統一的な理論があるわけではないのです。


さまざまな宗派・教派があって その中で お釈迦さんの教えに基づいていると認められるものを ひとくくりにして仏教としているだけなのです。
ですから 膨大な仏教典を順序づけることは出来ないし したがって そこに出てくる登場人物(!)を 順序づけることは出来ません。

ただし 同じ場面に出てくるものは順序立てることはできます。
如来と菩薩。
天・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄。
菩薩・縁覚・声聞 など。
    • good
    • 1

悟りを開いて解脱したものが仏です。

よって、如来のみが仏で菩薩や明王や天は眷属といいます。

如来は真理ですからひとうともいいますが、大日如来、阿弥陀如来、薬師如来などあまたおられるともいいます。この考え方はめんどくさいから説明しません。釈迦も悟りを開きましたので釈迦如来といいます。日蓮宗では釈迦は多宝塔如来の生まれ変わりなどともいうようです。

曼荼羅というものがあり、これも宗派によっていろいろなようですが、多くは大日如来が真ん中にいるようです。だから一番偉いかどうかは知りません。

西方極楽浄土におられる阿弥陀如来は観音菩薩と誓至菩薩を脇士になされてます。東方瑠璃光浄土の薬師如来は日光菩薩、月光菩薩を脇士に十二神将を眷属としておられます。

菩薩のなかで特殊なかたが二人?おられます。お一方は弥勒菩薩、このかたはお釈迦様入滅後、56億7000万年後にこの世に現れる仏様で、ただいま待機中です^^;

もうひとかたは地蔵菩薩。このかたは如来になれるのですが、釈迦入滅後、弥勒が出現するまで現世に如来がいなくなるため、六道の輪廻から救済するものがいなくなるためその中継ぎとして六道を巡回パトロールして救済活動をなされています。
    • good
    • 1

よーく考えて下さい。

仏さんとは「ほとけさん」のことで、訓読みですね。訓読みとは、外国から教わること無く、縄文時代から元々日本語にあった言葉ですね。ところが、如来・菩薩・明王・天部・しょうもんえんがく・人間・地獄・畜生・餓鬼・阿修羅、すべて音読みであり、従って、これはずっと後の時代になって中国から入って来た言葉ですね。ということは、仏教が伝わる以前から、日本人には「ほとけ」という言葉および概念が存在していたと言う事ですね。その事まで考えて「仏さん」の順位とは何を意味するか、この機会にご自分で調べてみる事をお勧め致します。「ほとけ」って何だろう、日本人にとって仏教って何だろうと言うことを考える良い機会になると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有難うございました。これからも勉強します

お礼日時:2010/05/31 14:26

仏様は


解脱(成仏)して涅槃(仏界)に上がった如来様だけですよ

だから
菩薩・明王・天部・しょうもんえんがく・人間・地獄・畜生・餓鬼・阿修羅
はまちがいです。



六道輪廻といい

地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天

を生まれ変わって苦しみ続ける生命が
仏道を知り、めざめると

声聞・縁覚・菩薩

として学び悟ると、
仏界に 生まれ変わり
仏となります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング