どうか教えてください。

夫 現在32歳: 更新型終身保険(特約あり)
妻 現在30歳: 個人年金(特約あり)(今年の1月まで養老保険に加入)

妻の養老保険は今年の1月に満期となり満期保険金を受け取りました。
また、夫の終身保険は、更新型で30年後には月々11万以上払わなければならないといった内容で、その頃払えるのかが不安です。そこで、この機会に、保険全体を見なおそうと思っています。また、近々、マイホームも欲しいと考えており、2人で働かなければ返済は難しいと思っています。

こういった状況で、保険をどうしようか考えていたところ、妻に乳がんの疑いがでてきました。詳しい検査はまだなので、本当にそうなのかは確定していません。このような状況でも、保険の見なおしは可能なのでしょうか?どういった保険が適しているのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

マイホ-ムを購入するときには、ロ-ンを組まれる予定でしょう.そうすると多分


 ご主人がもしものことがあるときのためにロ-ン設定のときに掛け捨ての死亡保険にはいるように思いますのて,もし万一ときののロ-ンの支払いを心配しなくてもいように思います.それは購入の検討するときに業者に聞かれたら,いいと,中にはないものもありますから. 特約が多いですね.何か保険セ-ルスに本当に言われるままにされたように思います.
1.災害入院特約 10,000円/日 疾病特約 10,000円/日 の疾病特約 10,000円/日 は
   入院保険としての契約でしょうかならば.それならば.災害でも出ますので,    災害入院特約を減らしても、ただし、 災害のほうが保険料は入院よりは安い  ですから.あまり保険料はへらないでしょう.
2.定期特約で保険料があがっていくから、30年後は高くなるのでしょう.
  その時点で定期保険を減額するかは、そのときの収入でお決めになれば,いいと思います.
3.奥さんの分は今は続けるしかないように思います.検査結果次第でお考えすればしかいいようがありません. 
4.いまの保険会社の資料をもらってに,ご自分でどこを減らせば良いか.考えて見てください.後々のためになります.パンフレットに書かれたものは一つの案ですから,
変更はできます.  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答、どうもありがとうございます。

あっなるほど!特約でも、内容によって保障が重複したりするのですね。
生保レディの方は、とても親切そうでしたので、安心してお任せしておけば大丈夫と思っていましたが、それだけではダメなんだなぁと、つくづく思います。

ローンを組むとき、必ず業者に確認したいと思います。あと、資料もいろいろ取り寄せたいと思います。
大変参考になりました。ありがとうございます!

お礼日時:2001/04/05 22:45

今お入りのプランの内容を拝見しましたが


私も別の方がお答えになっているようにかなり
重複して掛けてある補償が多いように思いました
特にご主人様の補償で利差配当と無配当の両方で
傷害特約をつけているのはもったいないと思います
どちらか片方にするか災害入院や特定損害などの他の
特約も含めて減額して損保の傷害保険に加入し直すなども
一つの手段だと思います
損保の傷害保険であれば対象は怪我や事故などの場合が主になってしまいますが掛け金は比較的安く抑えられますし
ご主人名義で加入することで奥様やお子さんまで補償の対象になる家族傷害保険というプランもあります
また年齢によって掛け金が上がってしまうこともありません
それから奥様のご健康状態については今回のないようを拝見した限りでは保険の継続にはまったく支障はないと思いますので年金部分をメインに特約は女性疾病特約を付帯しておくぐらいにしておいてこのまま続けられてはどうかと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご意見どうもありがとうございました。
ishhiyさんや皆さんのおかげで、本当にいろいろと勉強になりました。
特約だけの付加や解除ができるのも知らなかったし、重複する特約が存在するのも知らなかった、、、それと、親切だからってセールスレディの話をそのまま信用してお任せするなんてのは、とんでもない!!っていうことが、今回、つくづく思いました。ずっとあった不安が、なんだかとてもすっきりしました。
本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/08 20:51

1.一般の生命保険では入れない既往症があっても入れる保険があります.外資系の保険会社です.保険金額は低いですが,これを知ったのは,20年前ですが,いまもあるはずです。

 となたでも入れますという保険のテレビや新聞で宣伝している保険会社もお耳にしていませんか.ただし,加入しても病気に対しての責任を持たない期間があるようです.これも大きな保障はありません.
 2. 奥さんがまだ結果が出ていないならば,結果がでてから,入るか.考えられたら,いいのではないでしょうか. 奥さんの養老保険は満期ですが,個人年金はいまも加入でしょうか.結果が普通の保険に入れなかったときは、1.をお考えされたら,いかがですか. 
  3.ご主人での見直しされる方法では,掛け捨ての死亡保険でいまの同額の保障にすると安くなりますが, 保険金額は大きくできないが,県市民共済,生協、も安いのがあります. 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
なるほどーいろいろな保険がでているのですね。
保険に関して、なにもわからない状態ですので、これからいろいろ調べてみようと思います!

お礼日時:2001/04/04 22:57

私も前に回答されている方とほぼ同じ意見です


奥様がご病気かもしれないという現状であれば
奥様の補償については今はそのままにしておいて
検査の結果がはっきりした段階で再検討された方が良いと思いますし年金タイプのものであるのなら将来の生活資金の一部としてこのまま継続された方が良いと思います
またご主人の補償に関してはやはり詳しい内容をお伺いできないとはっきりとは申し上げられませんが更新後の掛け金は個人契約としてはやはり高すぎるのではないかと思います
掛け金のことだけを見直すのであればまだご夫婦ともお若くていらっしゃるので同じ終身タイプであれば更新型ではないタイプのプランにしてみてはいかがでしょうか
マイホームのご購入も検討されていらっしゃるのであれば
保険だけでなく銀行預金などの貯蓄性の高い金融商品も
ご検討の範囲に入れておく必要があると思います
今お入りの保険や今後検討されていく保険を年金のような将来的な生活資金にするのか病気や怪我など万一の際の費用補償とするのか貯蓄の一環とするのか
またマイホームやお子さんの成長など今後の将来設計を
お考えになっていく上で何が必要で今足りないものは何かを検討された上でご資金の預け先を再検討されてみてはいかがでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、どうもありがとうございました。
保険にはほとんど詳しくなく、生保レディの進めるまま加入して、本当にこれでいいのか漠然とした不安をもったまま、それでもまだ若いし、よく分からない、ということで、のん気にそのままにしていました。
でも、今回、病気かもしれないと分かった時点で、はじめて、真剣に考えなければと焦りました。でも、何から考えてよいやら、良く分からずほとほと困っていましたが、頂いたアドバイスで、何を考えなければいけないか、あぁそうか、そういうことなんだと実感しました。

詳しい内容は、先にご回答いただいた投稿に追記いたしました。
もし、できましたら、またご意見をお聞かせいただければほんとうに有り難いです。

お礼日時:2001/04/04 22:45

ちょっと論点がずれているかもしれません。


保険の見直しをするのは誰でしょう?
旦那さんが主に必要かと思います。
旦那さんの保険の見直しですから、奥様の病状は関係なく見直して問題ないかと思うのですが…

まず病気の告知に関してかいていきます。
疑いがあるというのは健康診断からなのでしょうか?
(もしも症状によってというのであれば問題はない)

診断の結果、要再診査というのであれば、難しいかもしれません。
(ガンでなければ問題ないが、もしガンだとしたら契約取消しになる可能性が
 ある)
よって、奥様の保険は新規加入はちょっと間をおいてもいいでしょう。

なお、旦那さんの保険が更新型という事ですが、本当に30年後に更新があるのでしょうか?(殆どは10~20年更新というもの)

月々11万の更新内容ということは、非常に多くの保険金であるとは想像できますが、上記の内容では内容自体はっきりしないので答えようがないです。


見直したい保険の対象者は誰か?
具体的な内容(最低でも現在の死亡保障額と保険料)。
家族構成。
(子供が何人いて、何歳なのか?)

これらがないと答える方としては「答えれない」ですよ。
以上の事を考慮にいれ、再度質問しなおす事をお勧めします。
(そうでないと期待する解答が得られないですよ)

では。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/urajijou/

この回答への補足

ご回答をどうもありがとうございました。沢山情報が不足していて、どうもすみませんでした。確かに、わからない書き方ですね(反省)。早速で申し訳ないのですが、情報を追加させていただきます。

保険の見なおしの対象は、夫婦ともに考えており、子供はいませんが、2、3年後には2人ぐらい欲しいと思っています。なお、妻の乳がんの検査結果は、「おそらく乳がんではないと思うが、定期的(4ヶ月に1度)に様子をみて、しこりに変化がないか、2~3年は注意してみていきましょう」とお医者様がおっしゃっていました。こういう場合に契約すると、やはり契約取り消しの対象になるものでしょうか?

具体的な保険の内容は

(夫)32歳
・終身保険(払込満了65歳)保険料3,018円 死亡保障200万円 
・特約 (全て15年満期)保険料23,960円
で合計保険料が26,978円です。
しかし46歳以降57,818円、61歳以降112,245円となる予定です。

特約内容は
5年毎利差配当特約-----------------
  定期保険特約 5800万円
特定疾病保障定期保険特約 500万円
障害保障特約 500万円
無配当特約------------------------
傷害特約 300万円
災害入院特約 10,000円/日
疾病特約 10,000円/日
通院特約 3,000円/日
成人病特約 5,000円/日
特定損傷特約 10万円

(妻)30歳
・確定年金(払込満了65歳)保険料10,000円
・特約
災害入院特約 5000円/日 保険料345円
手術給付金付疾病入院特約 5000円/日 保険料1,365円
通院特約 3000円/日 保険料420円
女性入院特約 2000円/日 保険料228円
災害入院特約 2000円/日 保険料250円

できましたら、この内容を見て、客観的なご意見をお聞かせ頂ければと存じます。
私としましては、マイホームを購入し、夫婦二人で働き返済していくため、もしもの時の保障が妻に欲しいということと、夫の保険料が61歳で11万になってしまうため、かなり高額の保険ではないかと心配しています。
よろしくおねがいします。

補足日時:2001/04/04 21:49
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアフィリエイトとコラボレーションの違い

うちの上司が、
「アフィリエイトとコラボレーションはどう違うんだ?調べろ!」
と、言うのですが、そもそもそれぞれの意味からしてわかりません。
どなたか、お答えいただければと思います。

お手数ですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どのカテゴリーについての質問かわかりませんが、
例えばホームページ同士のアフィリエイト&コラボレーション
のことであれば次の通りです。

「アフィリエイト」はAサイトに来た顧客がAサイトより
Bサイトの紹介を受け、結果的にBサイトで購入などをした
とき、BサイトからAサイトへ報酬を支払うなど、A・Bの
サイト同士がいわゆる「提携・共存」関係になっている
状態です。

通常のバナー広告との違いは、AサイトからBサイトへの
実績貢献がなければ、多くの場合報酬を得られない点が
異なります。(掲載費用は考えないとして)
日本でのアフィリエイトについては、バリューコマース社の、
商品名「バリューコマース」のほか、三井物産系の商品も
国内で稼動しているので検討してみてはいかがでしょう。




一方「コラボレーション」の場合は、普通はホームページ
関係に限らず使われていますが、Aサイトの一部コンテンツ
にBサイトのテクノロジーが使われていたり、商品・サービスが
連携していたり、ということを指す場合が多いです。

ホームページ以外の面で「コラボレーション」というと
単に「A社とB社の協力」ということを一般的に横文字で
いうことも多いですね。

恐らく上司の方が言われた質問では、A社とB社のネット上
のことではなく「二社間の協力状況の違い」についてだと
思いますが、その場合は「アフィリエイト」のほうが、より
互いの利益について本格的に注力しているような状態で、
「コラボレーション」の場合は、「まあ協力している」と
いった状態でしょうか。

なお、上司の方の質問が、背景に海外企業との提携とかが
あるようでしたら、もうすこし突っ込んだ検討をしないと
いけないと思います。海外企業は単に資金面だけの支援を
求めて、多数日本へ来ていますが、悪意の場合も相当数
あるようです。

「某大手企業と提携しようと思っているが、貴社とも検討したい」
「日本で業務展開したいので総代理店になって欲しい」

などという話は振ってわくほどなので要注意です。

osapi124でした。

どのカテゴリーについての質問かわかりませんが、
例えばホームページ同士のアフィリエイト&コラボレーション
のことであれば次の通りです。

「アフィリエイト」はAサイトに来た顧客がAサイトより
Bサイトの紹介を受け、結果的にBサイトで購入などをした
とき、BサイトからAサイトへ報酬を支払うなど、A・Bの
サイト同士がいわゆる「提携・共存」関係になっている
状態です。

通常のバナー広告との違いは、AサイトからBサイトへの
実績貢献がなければ、多くの場合報酬を得られない点が
...続きを読む

Q家族収入保険(定期保険特約付き普通養老保険)30年満期の保険が、あと2

家族収入保険(定期保険特約付き普通養老保険)30年満期の保険が、あと2年で満期を向かえますが、かけきった方がよいのでしょうか?

保険屋さんが、あと2年なら解約した方がよいですよ、と言われます。(解約をしても、保証は2年は続くというような話でしたが、、、)
満期保険金は150万円です。死亡保険金は3000万円のようです。
毎月の保険料は15000円程度です。
実際はどうすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

払済にした方が得……ということは、ありません。
払済にして戻りが105%なら、払済にせずに満期は107%
ということになります。
(例え話なので、数字は、適当です)

前回も申し上げたように、配当金というものがあるので、
満期保険金以上が戻ってくる可能性はあります。
ですが、配当金はそもそも非課税なのに、他のもの一緒に精算すると
課税対象となりますから、注意が必要です。

(Q)他の特約を減額して場合の保険料、解約返戻金はいくらか?
を保険屋さんに聞くとよいですよ、と言って見えましたが、
どうも意味はわかりませんでしたが、、、?
(A)保険料と言うのは、主契約、特約、それぞれをバラバラに計算して、
最後に合計しているだけのこと。
つまり、現在の表面上の保険料だけを見ていたのでは、内訳が見えません。
特約は、原則として「掛け捨て」ですが、長期の場合には、多少なりとも
解約払戻金がある場合があります。
それは、特約ごとに計算されているのですが、表面上には出てきません。
保険会社に問い合わせをするしかないのです。

つまり、現時点での主契約の解約払戻金、
特約ごとの解約払戻金をそれぞれ、保険会社に聞かなければ、
内訳がわからないのです。

それを聞いて、今、どうするのが一番、メリットがあるのかを判断するのが
良いと思います。

払済にした方が得……ということは、ありません。
払済にして戻りが105%なら、払済にせずに満期は107%
ということになります。
(例え話なので、数字は、適当です)

前回も申し上げたように、配当金というものがあるので、
満期保険金以上が戻ってくる可能性はあります。
ですが、配当金はそもそも非課税なのに、他のもの一緒に精算すると
課税対象となりますから、注意が必要です。

(Q)他の特約を減額して場合の保険料、解約返戻金はいくらか?
を保険屋さんに聞くとよいですよ、と言って見えましたが...続きを読む

Qコラボレーション

コラボレーション、の意味は何ですか?
語感はなんとなくわかるのですが、はっきりした意味がわかりません
電子辞書の広辞苑や、和英に打っても出てこず・・
つづりもわからず・・・
お暇でしたら、お願いします。
急いでます。

Aベストアンサー

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A5%B3%A5%E9%A5%DC%A5%EC%A1%BC%A5%B7%A5%E7%A5%F3&kind=jn

Q定期特約付終身保険の特約満期で悩んでます。(長文)

43歳男性、妻あり、子供2人(高1、小3)です。
平成2年の12月に契約した下記保険の特約満期が来ます。

A生命 ロイヤルワイドKing
主契約 500万円
特約死亡 4500万円
災害割増 1500万円
傷害特約 500万円
災害入院 5000円/日
疾病入院 5000円/日(手術給付付)
成人病入院5000円/日
解約返戻金は約95万円
予定利率 1.5%

現在、生保レディから、積立金の逓減取崩しにより、
同程度以上の保障内容で10年の特約更新を勧められています。
(現行保険料約2万円→更新後2万5千円)

私自身も、まだ下の子が小さいため、
貯蓄性と保障では保障を優先させたいと思っていますので、
提案の趣旨には同意するところです。

ただし、どうしても気になるのは、同社の格付けなんです。
一時期、財務状況についての噂もあったので、できれば保険会社を変えたいと思っています。

そこで質問ですが、私の年齢や現在の金利情勢からして、
同じような条件で別会社で契約すると、
大幅に保険料は上がるものなのでしょうか。(終身部分も含めてです)
あるいは、継続も新規も変わらないのでしょうか。
(もちろん、積立金を逓減で取崩す前の保険料の比較です。)

もし他社で契約すると大幅に保険料が上がるなら、
多少のリスクを負ってもA生命で更新しないとしょうがないですね。
(保険料の差は、月々一万円くらいが判断の目安でしょうか)

いろんな保険会社に見積もりを依頼すればいいんでしょうが、
セールスに追い回されることになるのも困るので
身勝手な質問をさせていただきました。

詳しい方の回答をよろしくお願いします。

43歳男性、妻あり、子供2人(高1、小3)です。
平成2年の12月に契約した下記保険の特約満期が来ます。

A生命 ロイヤルワイドKing
主契約 500万円
特約死亡 4500万円
災害割増 1500万円
傷害特約 500万円
災害入院 5000円/日
疾病入院 5000円/日(手術給付付)
成人病入院5000円/日
解約返戻金は約95万円
予定利率 1.5%

現在、生保レディから、積立金の逓減取崩しにより、
同程度以上の保障内容で10年の特約更新を勧められています。
(...続きを読む

Aベストアンサー

「5年更新、10年更新の通販というのは、やはり定期特約付終身ですか?」は定期保険を特約ではなく主契約で考えてください。更新型と全期型があり、更新型というのは5年、10年があり、全期型というのは契約時に20年、30年の設定で契約することです。定期保険を主契約には漢字生保はまず提案しません。募集手数料・初年度手当が定期保険特約付終身保険より低く設定されているからです。
「医療保険も重要なポイントと考えてますが、死亡時の保障も同様に担保しておきたいんですが・・・。」死亡保障は定期保険で、末子が18歳になるまで定額定期保険で3000万円あれば十分でしょう。もしくは逓減定期保険で3000万円もいいでしょう。定額定期・逓減定期があなたの家族に対する提案ができるカタカナ生保の保険代理店の方をお探しになることです。

Q中野猛さんは有名アクセサリーブランドを多数扱っていて、芸能人とのコラボレーションも多いですよね。

中野猛さんは有名アクセサリーブランドを多数扱っていて、芸能人とのコラボレーションも多いですよね。
アクセサリーと芸能人のコラボレーションって多い気がしますが、どこのアクセサリーブランドでもやっているんですかね?
中野猛さんの運営しているブランドではコマーシャルに起用する人にミュージシャンやモデルが多い印象でした。
アクセサリーに限らない話かもしれませんが、芸能人とのコラボレーションをよく聞きます。これってなぜなんでしょう?

Aベストアンサー

どのブランドも…ということはないかもしれませんが、有名ブランドであれば芸能人が広告に載っていたり、コラボレーション商品があったり…というのは珍しくありません。その芸能人がさらに有名な人であればブランドの価値も上がりますし、逆もまたしかりです。
商品は作るだけでなく宣伝して売らなければ利益になりません。芸能人とコラボレーションするのは、より多くのお客さんを獲得するためのマーケティング戦略という一面もあると思います。

Q今年の12月に20年満期の保険会社の一時払い養老保険が満期を迎えます。

今年の12月に20年満期の保険会社の一時払い養老保険が満期を迎えます。
保険金を受け取る時、一時所得という扱いになると、相当の税金が掛かることになります。この一時払い養老保険は私の老後の資金に使いたいと思っています。
そこで、税金が少なくなる受け取り方はありませんか。税金の額によっては今後の生活に影響しますので、教えていただきたく、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

税制では、利益分が50万円を超えた場合、その超えた分の半額が他の所
得と合算されて総合課税の対象になるということで、一般的には課税上
有利です。

参考URL
http://allabout.co.jp/glossary/g_money/w004771.htm

Q光コラボレーションに転用する際、機器の変更はあるのですか?

「光コラボレーションへの転用は、契約上の事だけなので、工事などはしません」との説明を聞いていました。
今日ネットを見ていたら「光コラボレーションになっても回線は変わりませんが接続機器が変更になります。」と書いてあるのを見つけました。
家の中にある機器の変更はあるのですか?

Aベストアンサー

光コラボに転用する場合だが、1Gbpsでないものから、1Gbpsなどに変更する場合だと、機器の変更も必用になる場合があります
もし、変更になれば、家の中にある機器となります

NTT西エリアでは、Bフレッツ光プレミアムってものがあり、これは非常に特殊なものですから・・・

Q郵便局の簡易保険(特別養老保険)の満期保険金の支払い請求

簡保の特別養老保険の満期が近づいてきました。満期になると満期保険金がもらえます。

満期になると葉書や手紙のたぐいで知らせてくれるのではないかと想像しているのですが、今のところ、満期を知らせるものは来ていないです。(まだ満期になっていないから当たり前か。)
ほんとうにそういうものは来るのでしょうか。(住所はずっと変わっていないので、その点は問題ないです。)

もちろん、満期になったら知らせが来ようと来るまいと私は満期保険金を請求します。

それで、請求時に必要なものについてですが、
「ご契約のしおり」には満期保険金を請求するために必要な書類が載っています。それによると、次の書類が要るそうです。
・保険証書
・保険料領収通知書または保険料領収帳
・被保険者の生年月日を証明する書類
・被保険者の男女の別を証明する書類
・保険金受取人の印章

このうち、
「被保険者の生年月日を証明する書類」と「被保険者の男女の別を証明する書類」は、いろいろ例が書いてあるんですが、私(会社勤め)の場合だと、「健康保険被保険者証」や「年金手帳」でもいいそうです。そして
「これらの写しを提出される場合は、原本も請求時にご提示ください。」
と書いてあります。
ということは、私は原本を持っていきさえすれば、郵便局でコピーしてくれるということでしょうか。(もちろんですが、郵便局に原本を取られてしまうわけではないですよね?)

あとそれから、「保険金受取人の印章」というのは、私の苗字のハンコのことですよね?
これは三文判でもなんでもいいんですよね?

============================

保険金は郵便局の通常貯金に入れてもらおうと思っています。
そのためには、(上の書類のほかは)通帳を持っていけば、問題ないですか?

その場合、請求したその場で通帳に書き込んでくれるのでしょうか。

簡保の特別養老保険の満期が近づいてきました。満期になると満期保険金がもらえます。

満期になると葉書や手紙のたぐいで知らせてくれるのではないかと想像しているのですが、今のところ、満期を知らせるものは来ていないです。(まだ満期になっていないから当たり前か。)
ほんとうにそういうものは来るのでしょうか。(住所はずっと変わっていないので、その点は問題ないです。)

もちろん、満期になったら知らせが来ようと来るまいと私は満期保険金を請求します。

それで、請求時に必要なものについ...続きを読む

Aベストアンサー

満期の案内は、満期日の前々月に案内がはがきで届くでしょう。

保険証書がある場合、契約者本人であれば運転免許証などの本人確認証を持って、送金先口座を指定すれば手続きは完了します。
被保険者がお子様などの場合は、該当書類も持参しましょう。
書類の原本は提出することなく、コピーを取って返してくれます。
簡単な手続きで済みます。

Qこの英文にある「quote」とは、どういう意味で日本語に訳す時は何と言えばいいですか?

この英文にある「quote」とは、どういう意味で日本語に訳す時は何と言えばいいですか?

XXX Software Company supports eligible partners in announcing their collaboration with Microsoft and their solution built on the Microsoft cloud platform. Press release support includes
approval of a partner-drafted press release and quote from a XXX Software Company representative. It also includes promotion of the partner-posted press release through Microsoft social media channels.

あと、ついでなのですが日本語訳した文章↓は、どうでしょうか? 意味が分かりますか?
quoteの意味と訳、日本語訳についてのご意見を宜しくお願い致します。

日本語訳
XXX Software Company はパートナーとのコラボレーションとそのソリューションをサポートします。プレスリリースサポートは、パートナーが作成したプレスリリースとクウォートを清書し承認をします。そしてXXX Software Company のソーシャルメディア・チャンネルに掲示しプレスリリースをプロモートします。

この英文にある「quote」とは、どういう意味で日本語に訳す時は何と言えばいいですか?

XXX Software Company supports eligible partners in announcing their collaboration with Microsoft and their solution built on the Microsoft cloud platform. Press release support includes
approval of a partner-drafted press release and quote from a XXX Software Company representative. It also includes promotion of the partner-posted press release through Microsoft social media channels.
...続きを読む

Aベストアンサー

ごめんなさい。間違いました。

(誤)パートナーとMicrosoftのコラボレーションやそのコラボレーションのPRのお手伝いをします。
(正)パートナーとMicrosoftのコラボレーションやそのソリューションについて、PRのお手伝いをします

Q終身保険か養老保険 保険相談お願いします

現在34歳の男性サラリーマンです。家族構成は妻(30歳)、子供一人(2歳)で入り婿の為、妻方の同居の家族がおります。現在以下のような保険に加入しているのですが、私の養老保険があと10年ほどで満期を迎え、そこで保険が終わってしまうので、今のうちに解約して(今解約すると7割程戻ってきます)終身保険か新たな養老保険(60歳くらいの満期のもの)に加入し直したほうがいいのか迷っております。現在生保の方に説明を受けているのですが、やけに終身保険ばかりをすすめてくるので他の方の意見も伺いたく質問させて頂きます。何しろ保険には疎いもので他に必要な情報とかがありましたら教えて下さい。基本的な情報は以下のとおりです。

年収:約500万~600万(夫婦共働き)
借金:なし
貯金:約800万
私の加入保険:簡保養老保険 平成28年満期 月掛金約12000円 個人年金 60歳から年間72万を10年間受取 月掛金約14000円
妻の加入保険:生保養老保険 60歳時満期 死亡・満期時に500万 入院日額5000円 月掛金約15000円
子供の加入保険:郵便局学資保険 18歳時に300万(段階的)受取 月掛金約14500円
       
尚、自宅は義父の持家でローンもありません。また今現在同居の義理の家族も含めた総収入に私の収入が占める割合は4分の1ほどで、皆で生活費を出し合っているという感じですので、私の収入に頼りきりというわけではありませんが、あと10年ほどで義理の親も引退しますので、今後は比率も上がってくると思います。

現在34歳の男性サラリーマンです。家族構成は妻(30歳)、子供一人(2歳)で入り婿の為、妻方の同居の家族がおります。現在以下のような保険に加入しているのですが、私の養老保険があと10年ほどで満期を迎え、そこで保険が終わってしまうので、今のうちに解約して(今解約すると7割程戻ってきます)終身保険か新たな養老保険(60歳くらいの満期のもの)に加入し直したほうがいいのか迷っております。現在生保の方に説明を受けているのですが、やけに終身保険ばかりをすすめてくるので他の方の意見も伺いたく質問...続きを読む

Aベストアンサー

基本的には私も終身保険をお奨めしますけど。

しかし必要と思っていない人には必要ないですよね。
質問者の状況だと確かに保険て必要?って思いますよね。
現在の養老保険も20年で300万ですか?1年刻みで設計できますから正確に推測するのは無理ですけど。
300万の満期金を受け取ってそれを定期貯金にして万が一(死亡時)の為にタンスにでもしまっておけば、自作終身保険の出来上がりです。

例えば来年質問者が亡くなったとしても貯金もあるし家もある。奥さんにも収入があり、質問者の遺族年金とか死亡退職金があり、学資保険の保険料も必要なくなり、質問者さんの娯楽費や食費もかからなくなれば、今のままで充分だとか。

本来なら、現在の養老保険を満期まで確実に継続して、満期の時点でなんならもう1回養老保険を考えてみるのが普通かなと。

で、此処がポイントです。
今が今のままで充分だから大丈夫っていう考え方に不安があるのですよね。極端な話、奥さんが働けなくなったらどうすんの?とか。
義理の家族の方が確実に早く老化していきます。今までは経済的にかなり協力関係にあり、経済的負担が軽くなってるようですが、今後は負担になっていく場合があるのかもしれません。しかもそうなった時に今までの経緯からうちの家族には関係ないとは言えないでしょうし、その時に保険を見直すなんて負担増大にしかなりません。
将来的にどのような状況が起こりうるかを考えるのが保険設計なんです。
別に今日明日に決めることでも来年に満期が迫ってるわけでもないですから、じっくり考えた方がいいです。

似たような事例で、500万~1000万円の終身保険を売りつけた事も何度も
ありますが、1~2年じっくりかけてってケースも多いです。
一生のことですから慌てて決める必要なんてないです。
じゃあ、終身保険は10年後に考えるか?ってのは間違いですから、注意。
例えば養老保険で300万に加入する場合、10年と20年では倍以上保険料が変わりますよね。って、当たり前ですが。終身保険の保険料が年齢が上がるにつれて加速度的に上がっていくのは払い込み期間が短縮されるからです。(当然積立金の運用期間にも大きく影響しますしね)
終身払いにすればそれほど上がっていきませんが、そんな保険に加入すると大変な目にあいます。基本的には60歳で払い込み終了にすることで保障を買い取り、終身保障で確実に子供に残すことも出来ますし、それどころじゃない場合は解約返戻金も多額になりますし、確定年金に切り替えて年金保険の足しにすることも出来ます。そしてどれを選択するかは自分の好きな時(必要な時)にできるのが終身保険の強みなのです。将来どのような状況になるのかなんて、誰も断定できないのですから選択肢を多く持っていることが重要なのです。

基本的には私も終身保険をお奨めしますけど。

しかし必要と思っていない人には必要ないですよね。
質問者の状況だと確かに保険て必要?って思いますよね。
現在の養老保険も20年で300万ですか?1年刻みで設計できますから正確に推測するのは無理ですけど。
300万の満期金を受け取ってそれを定期貯金にして万が一(死亡時)の為にタンスにでもしまっておけば、自作終身保険の出来上がりです。

例えば来年質問者が亡くなったとしても貯金もあるし家もある。奥さんにも収入があり、質問者の遺族年金とか死亡退...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報