派遣会社の経営手法で気をつけなければいけない点をおしえていただければと思い投稿しました。些細なことでも結構です。(未経験事業です)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

クライアントの求めるスキルと派遣者のスキルがマッチングするように、


クライアントには詳細なヒアリング、派遣者には厳密なスキルチェック
又、拡張性のあるスキルを提供できるよう訓練するシステムをクライアントに表現できるように、する事、価格は大手と々価格帯でスキル別に価格を見積もるのが最善の策です。

参考URL:http://210.81.47.84/blasterg/
    • good
    • 0

まずは、SOHOなどのサイトにアクセスして情報を仕入れてください。

お住まいの近くにSOHOのネットワークがあると思いますし。雑誌にもSOHOというなのものがあります。これにはその点のことが詳しく書かれていて役に立つでしょう。

SOHOのページ(このほかにも数多くありますので探してみてください)
http://www.j-soho.or.jp/
したには法や経理のサイトを載せておきます。

参考URL:http://www.shihou.net/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

??

お礼日時:2001/04/04 21:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイク屋の開業を考えています。バイク屋の開業に必要な資格や必要な物を教えて頂ければ幸いです。

バイク屋の開業を考えています。
バイク屋の開業に必要な資格や
必要な物を教えて頂ければ幸いです。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

開業に必要な資格はありません

中古買い取りをするのであれば、古物商の免許が必要
自動車整備士の資格があるといいですね

必要なのはお金
あとは設備とバイク整備の道具が色々

無店舗のバイク屋さんもあるぐらいですから、インターネットにつながるパソコンが1台あれば、開業できます。

バイク屋で何をしたいのかが決まれば、自ずと必要な物も見えてきますよ

Q経営者の方でこういう思いしたことありますか?

昨年より個人事業主として小さな店舗(8坪)を構えています。業種は伏せさせてください。

売上はなんとか黒字を達成しています。黒字といっても私の収入10万~20万です。

毎月ごくわずかですが売上は伸びています。固定客がついていて私の店を必要としてくれるお客さんもそれなりにおります。私としては上出来だと思うのですが、なぜか自信がなくなるときがあります。

流行っているかわかりませんが、同業大手が1等地のテナントビルに入っています。そちらを見ると自分のところなんかに買いに来てくれなくなるのでは?という不安があります。早く大きくしていまよりもよい場所に移りたい気持ちがあります。

価格面と質面では大手より2,3割安く高品質で営業しているので負けないとは思うものの、人はやはり華やかな方に引かれていきます。

こういう不安感抱いた経験ありますか?自分のところだけ気にしていればいいとはわかっているのですが、うまく考えられません。ここで質問して少しでも解消できればと思っております。ご助言よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わたしは事業というものと縁のない
会社員ですが顧客という観点で答えたいと
思います。

価格が安く質がよいのであれば店の大小
関係なく小さくてもそちらにいきます。
そして2,3割安く買えて穴場をみつけて
うれしくなりその店に何回も行くでしょう。
そして、その度世間のひとより賢いなどといい
気持ちにになります。
よって、つかんだ顧客は離れないと思います。

しかし、その店に行こうと思うのは
それは友達から「あの店はいい」とか
聞いたり(口コミ)また、雑誌などで得な店である
紹介されていたり、また、インターネットの
「得々サイト」のようなもので紹介されている
ような場合です。

そういった第三者の紹介(簡単でも)なければ
2,3割高くてもわたしは大手に買いにいきます
(これは旅行等の事業の場合であり、パソコン
や家電製品などメーカーの製品であれば
安い方で買います。品質はメーカーが保証する
わけですから)

そういうわけでリピーターはつかめるのですから
新規のお客さんを多くつかめるように
(予算も事業を
はじめたばかりで限られてるかもしれませんので)
工夫して
お客を紹介した顧客にはキャッシュバックするとか
インターネットの「得々サイト」のようなものに
載せてもらうとかしたらどうでしょう。
(高い広告、宣伝文句よりもわたしは口コミ
インターネット、雑誌、テレビ等のお得情報を
重要視します)

わたしは事業というものと縁のない
会社員ですが顧客という観点で答えたいと
思います。

価格が安く質がよいのであれば店の大小
関係なく小さくてもそちらにいきます。
そして2,3割安く買えて穴場をみつけて
うれしくなりその店に何回も行くでしょう。
そして、その度世間のひとより賢いなどといい
気持ちにになります。
よって、つかんだ顧客は離れないと思います。

しかし、その店に行こうと思うのは
それは友達から「あの店はいい」とか
聞いたり(口コミ)また、雑誌などで得な店である
...続きを読む

Q個人事業経営

このたび、輸入商品の個人事業を始めようと思っております。
規模は小さいです、とりあえず挑戦してみます。
仕入れてきた商品をネット販売するというものです。

そこで、事業の届出を税務署に提出する事。
経費・出費・収入等の伝票整理。
そんなもんでよろしいでしょうか?

こちらは副業として考えてますので、社会保険や年金は含まれてません。年間20万(30万?)の収入なら届出は不要との事ですが、100万以上超えるのであればしっかり申請しなければならないですよね?

他に小規模の個人事業を立ち上げるうえで、何か必要な届出などありましたら教えてください!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

税務署への届出は収入がいくらとかはあまり関係ありません。100万を超えたとしても「副業」であればそれで確定申告すればいいだけです。本業のサラリーを大きく越えるとかその半分とかどうみても「副業でない」と判断されれば何らかの警告はあるかもしれませんね。

ただ開業しておけば「家賃」「光熱費」も経費にみなされますから本業の給料から引かれている所得税は還付される可能性がありますね。ただ収入が変わってくるので翌年の市県民税に影響が出てくるので職場に何らかの形で副業についての問い合わせがあるかもしれませんね。

私は昨年1年間、月に2~3回パソコン指導の仕事をして確定申告しましたが開業届けは出していません。あくまでも本業があって日曜日だけにやっていたからです。1年目でパソコンとかいろいろ備品(実際には10万以下の科目上消耗品扱いのもの)を買ったりで利益は5万程度になりました。

今年1年は開業届け出さずにやってもいいかもしれませんね。

Q事業経営者にとっての確認有限会社

現在、事業を運営しており、
確認有限会社にしたいと考えたのですが、
確認有限会社の制限として、
『現在事業を営んでいない個人』
があるのに気がつきました。

現在の事業はまだ開始して1ヶ月程度で、
運営上必要な届出以外の税務署への届出などは
まだ行っておりません。

事業を営んでいない個人であることを証明する
書類が、確認有限会社の手続きとして
必要になりますが、
この場合、事業を営んでいることは分かってしまうのでしょうか?
また、現在の状況で確認有限会社を申請したとして、
罰則等はあるのでしょうか?

何かよい方法はないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

事業を営んでいない個人であることを証明する書類はいろいろあります。どうしても、確認有限会社をつくりたいならば、下記の書類をそろえることになりますが、運営上必要な届出と税務署への届出は別なのですか。なにを届け出たのでしょうか。それによっては回答が変わってきます。以前はサラリーマンだったのでしょうか。いずれにしても、営利法人には合名会社もありますので、ご検討ください。平成17年には商法改正もされ、最低資本金制度も撤廃される予定です。器よりも中身(事業)です。バランススコアーカードによる方向性の整理もあわせてやってみてはどうでしょうか。松山真之介「バランスカードの使い方がわかる本」が参考になります。

ドリームゲートより

確認申請書には、事業を営んでいない個人であることを証明する書面を添付する必要があります。添付書類の具体例については、下表を参照ください。同表に掲げられた書類のひとつを添付すればよく、また、同表に掲げられていない書類であっても、事業を営んでいない個人であることを証明する書類であれば、問題ありません。


事業を営んでいない個人の種類とそれを証する書類

確認申請者の地位 添付書類の例
給与所得者 ・源泉徴収票の写し(直近入手可能なもの)
・市町村民税の特別徴収税額の通知書の写し(直近入手可能なもの)
・事業主が発行する雇用証明書(申請日前1ヶ月以内に発行されたもの)
専業主婦 ・健康保険被保険者証の写し(被扶養者であることを示すもの)
・非課税証明書(直近入手可能なもの)
学生 ・健康保険被保険者証の写し(被扶養者であることを示すもの)
失業者 ・事業主が発行する退職証明書(申請日前1年以内の退職を証するもの)
・雇用保険被保険者離職票の写し(申請日前1年以内の退職を証するもの)
・雇用保険受給資格者証の写し(申請日において有効なもの)
年金生活者 ・年金証書の写し
・非課税証明書(直近入手可能なもの)
会社の代表権のない役員 ・会社の登記簿謄本(申請日前1ヶ月以内に発行されたもの)
事業を廃止した者 ・廃業届出書の本人控の写し(申請日前1年以内の廃業を証するもの)
会社の代表権のある役員を辞任した者 ・会社の登記簿謄本(申請日前1年以内の辞任を証するもの)

参考URL:http://www.dreamgate.gr.jp/1yen/chapter_03/3_3.html

事業を営んでいない個人であることを証明する書類はいろいろあります。どうしても、確認有限会社をつくりたいならば、下記の書類をそろえることになりますが、運営上必要な届出と税務署への届出は別なのですか。なにを届け出たのでしょうか。それによっては回答が変わってきます。以前はサラリーマンだったのでしょうか。いずれにしても、営利法人には合名会社もありますので、ご検討ください。平成17年には商法改正もされ、最低資本金制度も撤廃される予定です。器よりも中身(事業)です。バランススコアーカード...続きを読む

Q個人事業の飲食店経営

知人が飲食店経営をしている件で教えてください。
現在従業員なしで経営しているのですが、法人成りしたいと考えると、そもそも可能なのでしょうか?そもそも従業員なしで一人でやっていることで法人化が可能なのか?という疑問が出てきましたので。

Aベストアンサー

税理士・司法書士事務所の職員です。

法人化が可能かどうか、言葉だけ言えば、設立費用と設立手続きの準備ができれば可能ということになります。
メリットがあるのかどうなのかというと、私から言えることは明確な基準はないということです。

業種によっても利益率が異なりますし、同一業種であっても経営方針によっても利益率は異なりますからね。

株式会社で言えれば1人以上と言われますが、あくまでも出資者や役員の人数でしかありません。合同会社も一人が認められています。ここでいう人数は実際に働く人や給料を取る人ではありませんので、よくあるのが奥様など家族を役員に迎えたりして人数を充足させるなんてこともあります。ですので、合資会社や合名会社でもよいですし、すでに設立はできませんが、休眠の有限会社をおこして運営することも可能でしょう。

法人化となると、納税申告が大きく変わります。
あくまでも私の見解にすぎませんが、素人でも少し勉強したり頑張れば、税金対策が十分かどうかは別として、それなりの所得税の申告は可能でしょう。そして住民税の申告も不要となることも大きいでしょう。
しかし、法人となれば、法人税の申告が難しく、素人ではなかなか理解しにくいものとなっています。よく言われるのが、税理士事務所の職員であっても、手書きで申告書類の作成ができないことも多々あります。これは、数十万円などと高額な税理士向けの税務ソフトが優秀で、最低限の項目を入力すれば、それらしい形になります。注意しなければならない制度だけ気にして、該当する場合だけ該当する欄に入力するだけで、矛盾のない申告書が作成できるのです。

ご自身で申告しているのであれば、今まで通り申告がご自身でできるかどうかにより、税理士への費用が新たに増える可能性があるということになります。個人事業で依頼していたとしても、法人化により顧問料や決算料も上がる可能性があることも事実でしょう。

法人化により個人事業では行えなかった、行いにくかった税金対策ができたり、個人事業で加入が認められない社会保険に加入することも可能となります。販売先が個人のような飲食店であっても、仕入れ先との信頼関係が増えることで、掛け取引ができるようになったりとか、士きり原価が低くなるかもしれません。新店舗を考える場合や機器の新たな導入の際のリースやローンなどでも信頼が異なることでしょうし、金融機関からの借り入れ条件も変わるかもしれません。

個人事業であれば、最低5%の超過累進課税(所得額に応じた税率)ですが、法人は中小企業の優遇を使っても、約24%の法人税です。住民税も高い税率になるかもしれません。ですので所得税の超過累進課税で高額な税率となっているのであれば、単純に法人化のメリットが生まれます。赤字の場合には、所得税はかかりませんし住民税もかからないか数千円でしょう。法人化となれば役員個人にも課税されるほか、法人の住民税が最低7万円かかります。

法人化にはそれ相応の費用が必要です。登記費用や手続きを依頼する場合の司法書士費用などがあることでしょう。

ですので、法人化ができるかどうかではなく、法人化にみあったメリットを生み出せるのであれば、法人化もよいと思います。
ちなみに家族で経営する法人は、取引先の条件が法人ということだけで、個人事業ではなく法人で起業したということもあります。

売り上げなどの基準が知りたければ、現在の決算状況から試算してもらう方がよいと思いますよ。

税理士・司法書士事務所の職員です。

法人化が可能かどうか、言葉だけ言えば、設立費用と設立手続きの準備ができれば可能ということになります。
メリットがあるのかどうなのかというと、私から言えることは明確な基準はないということです。

業種によっても利益率が異なりますし、同一業種であっても経営方針によっても利益率は異なりますからね。

株式会社で言えれば1人以上と言われますが、あくまでも出資者や役員の人数でしかありません。合同会社も一人が認められています。ここでいう人数は実際に働く人...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報