「リスペクト(する)」という言葉と村上龍

ここ数年、日本国内で頻繁に使われている、尊敬を意味する「リスペクト(する)」という言葉をもっともはやくメディアで使用しだしたのは、作家の村上龍だと思うのですが、どなたか詳しい方いらっしゃいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

村上龍がいつごろからこの語句を使い始めたのかは存じませんが



私がマスメディアでリスペクトという語句が使われているのを認識したのは少なくとも20年ほど前で、それは音楽雑誌ミュージックマガジンのHIP-HOP関連記事でのことです。

米国のミュージシャンが「先人の音楽(リズムトラック等)を流用して自分たちの音楽を作るのは敬意の表れ(respect)なんだ」のような趣旨のことを語っているのをrespectをそのままカタカナ表記にして日本語記事にしていました。

その当時、それほど馴染みの無いrespectという語句を何故カタカナ表記にするのかはじめは理解できませんでしたが、HIP-HOP界ではrespectという語句・概念が重要なキーワードであることから、当時の記事の筆者があえてそのままカタカナ表記にして概念そのものを持ち込もうとしたのだろうと今は推察します。

※若い人のスラングで、相手を言葉で攻撃することを「ディスる」なんて言いかたをしますが、由来はHIP-HOPでrespectの対義語として重要なキーワードであるdisrespectです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
Hip-Hop界の重要句とは知りませんでした。よく考えれば英語なので、当たり前ですが英語圏文化からきているのですね。
20年ほど前というと、村上龍と同時期かもしれませんが……

貴重な情報どうもありがとうございました。とても参考になりました。

お礼日時:2010/06/04 14:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上龍「69」

妻夫木聡、主演の映画「69」に出演しているのですが、
原作は発売されていますでしょうか?
できれば売っているサイトを教えて下さい

Aベストアンサー

私もこの本持っています。
映画楽しみですね!
「村上龍」で検索すれば出てきます。
どこの本屋さんでも置いていると思いますので
早く手に入れたければお近くの本屋さんへGOです。

参考URL:http://books.shueisha.co.jp/

Qアメリカのミステリー作家

本の最後にある著者近影で、アメリカのミステリー作家が持っているあの人形はなんでしょうか?アメリカ探偵作家クラブの何かかな?とは思うのですが?

Aベストアンサー

再度CATLINです。
シェイマス賞(アメリカ私立探偵作家クラブ賞)のものではないでしょうか?

Q没後30年以上のお勧めの作家さん

既出の質問と重複する内容ではありますが、ぴったり当てはまる質問が見つからなかったので新規で質問させていただきます。
お手数ですが、ご意見をお聞かせいただけると幸いです。


最近、流行・人気の小説だけでなく、きちんとした(?)文学作品を若いうちにたくさん読んでおきたいと思うようになりました。

そこで、
*没後30年以上経っている (だいたいの目安で結構です)
*現代訳に直さなくても読める (古文は勘弁してください)
*できれば小説。少なくとも学術書ではないもの (「資本論」とか「第三の波」とか、良書であるのはわかっていますが歯が立ちません)
という条件に当てはまる、みなさんのお勧めの作家さん・作品を教えてください。
(国内・国外どちらでも構いません)

図々しいお願いではありますが、単に作家さんのお名前や作品名を列挙するのではなく、その作家さんや作品について、どんなところが良いか、どうしてお勧めなのか、詳しく聞かせていただけると嬉しいです。
(是非々々熱く語ってください。笑)

参考までに、上の条件に当てはまる方で私の好きな作家さんは、谷崎潤一郎さん、堀辰雄さん、三島由紀夫さんなどですが、この方々を含め、みなさんのご意見をお聞かせください。
よろしくお願いします。

既出の質問と重複する内容ではありますが、ぴったり当てはまる質問が見つからなかったので新規で質問させていただきます。
お手数ですが、ご意見をお聞かせいただけると幸いです。


最近、流行・人気の小説だけでなく、きちんとした(?)文学作品を若いうちにたくさん読んでおきたいと思うようになりました。

そこで、
*没後30年以上経っている (だいたいの目安で結構です)
*現代訳に直さなくても読める (古文は勘弁してください)
*できれば小説。少なくとも学術書ではないもの (「資本論」...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

エッセイ・評論も可でしょうか。もしも可なれば、不世出の作家として私は澁澤龍彦氏をおすすめします!!

没後20年弱なのですが・・・夭折した彼の、卓越した審美眼とダンディズム、そして少年の様な好奇心と探究心に心底惚れ込んでいます。
三島氏がお好きなら、多分、澁澤さんもツボにはまるのではないでしょうか。

澁澤氏その人となり入門ならば、是非「夢のある部屋」をおすすめします。
その特異な審美眼に映る、様々な事象・・・例えば、貞操体やフランス文学、ガラス、女性、鎌倉の風景や愛について等を、耽美な文章で綴った一冊。純真無垢で少年の様な彼に出会えます。

もう一冊は「都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト」
彼の遺作となった作品ですが、死を目前にしてそれを楽しむ、孤高に舞い上がる鳥の様な凛とした潔さ、美しさに胸打たれます。

小説ならば「うつろ舟」と「高丘親王航海記」
この2冊は両極にある幻想小説として、まさに綺羅綺羅しいと呼べる最高のものだと思います。

三島氏に「澁澤がいなかったら日本は・・・」とまで言わしめた澁澤氏の作品を、是非ともご一読くださいませ。

こんばんは。

エッセイ・評論も可でしょうか。もしも可なれば、不世出の作家として私は澁澤龍彦氏をおすすめします!!

没後20年弱なのですが・・・夭折した彼の、卓越した審美眼とダンディズム、そして少年の様な好奇心と探究心に心底惚れ込んでいます。
三島氏がお好きなら、多分、澁澤さんもツボにはまるのではないでしょうか。

澁澤氏その人となり入門ならば、是非「夢のある部屋」をおすすめします。
その特異な審美眼に映る、様々な事象・・・例えば、貞操体やフランス文学、ガラス、女性、鎌倉...続きを読む

Qまえがみ太郎と龍の子太郎について

まえがみ太郎と龍の子太郎の内容が記載されているHPを探しております。どなたかご存知の方いらっしゃいませんでしょうか?できるだけ詳細なものが良いのですが。。。

Aベストアンサー

まえがみ太郎のあらすじが下記アドレスで触れられています。

http://www.asahi-net.or.jp/~df7t-ymd/relax/r-tebanasu.html

また、龍の子太郎は、途中までなら、

http://www.kashi-no-ki.co.jp/sonota/dowa/tatunoko/tatu-noko.html
にストーリーが載っていましたが、
また別の話で、龍の子太郎が生まれるまでに重点をおいたものが、下記サイトにありました。

http://www.e-hon.jp/tatuno/tatj0.htm

参考になるとよいのですが。

Qマンガ化、アニメ化された国内ミステリー

国内ミステリーで、マンガ化やアニメ化されたものが読みたいのですが・・・

知っている本、おすすめの本、教えて下さい!

よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは。

全て原作を読んでいてコミック化されているのは知っていいるのですが、実はコミックはほとんど読んだ事が有りませんので原作に忠実かどうかは判りません。

又、古い物だと赤川次郎の「三毛猫ホームズ」シリーズが漫画化されていましたね。(一寸読んだ事が有りました)


「放課後」 (東野 圭吾)  霜月 かよ子

「ヘッズ」 (原作・東野 圭吾「変身」)  間瀬 元

「浪花少年探偵団―浪花の熱血先生と教え子探偵団の事件簿 (―東野圭吾ミステリーシリーズ)」 (原作・ 東野 圭吾「難波少年探偵団」)  沖本 秀子

「償い」  (原作・矢口 敦子) 太田 紅美

「ストロベリーナイト」  (原作・誉田 哲也)  堀口 純男

「心霊探偵八雲 」 (原作・:神永 学) 小田 すずか

「クロスファイア」 (原作・宮部 みゆき)  藤森 ゆゆ缶

「ぼんくら」 (原作・宮部 みゆき) 菊地 昭夫 ・・・ 時代物ミステリーです


ホラーサスペンスでもかまわなければ・・・

「背の眼」 (原作・道尾 秀介) 小池 ノクト

「光媒の花 」 (原作・道尾 秀介) 斉藤 倫

「屍鬼」 (原作・小野 不由美) 藤崎 竜 

「悪の教典」 (原作・貴志 祐介)  烏山 英司

「新世界より」 ( 原作・ 貴志 祐介)  及川 徹

「青の炎」  (原作・ 貴志 祐介)  新井 理恵

「黒い家」  (原作・ 貴志 祐介、) 小野 双葉

「ISOLA多重人格少女」  ( 原作・貴志 祐介、) 凛野 ミキ

「リアル鬼ごっこ」  (原作・ 山田 悠介)  杉山 敏

「復讐したい」  (原作・山田 悠介) 咲乃 ハカ

こんにちは。

全て原作を読んでいてコミック化されているのは知っていいるのですが、実はコミックはほとんど読んだ事が有りませんので原作に忠実かどうかは判りません。

又、古い物だと赤川次郎の「三毛猫ホームズ」シリーズが漫画化されていましたね。(一寸読んだ事が有りました)


「放課後」 (東野 圭吾)  霜月 かよ子

「ヘッズ」 (原作・東野 圭吾「変身」)  間瀬 元

「浪花少年探偵団―浪花の熱血先生と教え子探偵団の事件簿 (―東野圭吾ミステリーシリーズ)」 (原作・ 東野 圭吾「難波少年探偵...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報