クリーニング店の隣の空き店舗は?

宜しくお願い致します。
現在、空き店舗を探している者です。
業種は婦人服販売です。
以前、あるテレビで餃子の王将の社長か、日高屋の社長だったか忘れましたが、「空き店舗を探すとき、マクドナルドの近くに出店すれば間違いない。マクドナルドは市場調査をしているので、自分の会社は市場調査をする手間が省ける」とおっしゃっていました。

そこで1つお聞きしたいのですが、チェーン展開しているクリーニング屋の横の店舗はどうなのでしょうか?
飲食業の場合、(飲食に限りませんが)マックの近くなら、良い場所でしょうが、クリーニング屋の隣はどのような業種が一般的に良いとされるのでしょうか?
チェーン展開しているクリーニング屋も市場調査をしていると思いますが、どのような点を重視していると考えられるのでしょうか?

宜しくお願い致します!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

市場調査をしているか知らないマクドナルドって、よく閉店したり移転したりしているようにも思えますが・・・それはさておき。




(芸能や水商売といった特殊な業種が盛んな街は別として、)一般的にクリーニング店をよく利用する人種って主婦だと思います。つまり、隣に開くなら、主婦によく利用される業種が的確ということになるのではないでしょうか。
で、実際のところ、例えばスーパーに併設されていたり、スーパーのテナントとしてクリーニング店が置かれていることが多いですよね。買い物のついでにクリーニングに出したり回収したり出来るからですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにスーパーにはよくテナントで入っていますね。
そのクリーニング屋はスーパーに隣接していないのでどうなのかな?と思いました。
ありがとうございます!

お礼日時:2010/06/04 21:25

「クリーニング屋」


工場ではないですよね。取り継ぎ所ですよね。
フランチャイズなら保証金を支払えばチェーンに加入出来ます。
その際の市場調査は加入者になると思います。
あてにならないという事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい。取り次ぎ所です。
気になる物件があったのですが(高層マンションの1階部分で3店舗中、2店がクリーニング屋です)
あまり、あてにならないのでしょうかね。
ありがとうございます!

お礼日時:2010/06/04 21:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q市場調査をするのに有用なアウトソーシング会社

まず営業の取っ掛かりとするために、簡単に概要をつかんでくれる市場調査サービスを探しています。
今 探したのは「SVPジャパン」のクイックコンサルティングですが、他にも同様のサービスがあるかどうか知りたいと思っています。ご存知の方、お教えください。
http://www.svpjapan.com/contents/quickconsulting.html

Aベストアンサー

こんにちわ。
広告代理店に勤務しているものです。職業柄市場調査はよくするのですが、SVPジャパン?はきいた事がありませんね。
何の営業の取っ掛かりなのかわかりませんので、微妙ですが、マクロミルという会社がネットでの市場調査リサーチではかなりきちんとした会社ですし、リサーチ後の分析もきちんとしています。
価格も妥当な金額だと思います。ただ市場調査に関しては、調査した後の方向性も同時に検討しながら実施なければなりませんので、統一してビジネス手法を確立していってくれるような代理店と一緒にやったほうがいいかと思いますが。
とりあえず市場調査に関してはマクロミルという会社はおすすめです。うちでも使っています。

Q信用調査会社の訪問調査対応について

非上場法人の役員です

昨今某大手信用調査会社より
突然経営責任者の方へとして電話が有り
取材協力の打診が有り
その後、アポ無しでご担当が突然の来社
結果不在時で何ら対応は出来ませんでした

某企業から調査依頼が有り是非ご協力をとの
前置き取材再打診の様子です

やや非礼の感も有りお断りすべきか
お断りする場合問題の無い断り方は御座いますか
一方、協力した場合ですが
経営情報は非開示であり何処まで開示すべきか
年末繁忙期を目前に対応に苦慮しています

何が目的で依頼者の真意が不明確です

この様な場合対応を如何にすべきか
ご指導くださいますと幸いです

Aベストアンサー

これに応ずるかどうかは貴社の自由ですから、したくなければ断るのは勝手です。
ただし、その場合は調査会社は貴社の意見を入れないで調べた情報だけで報告書を書くでしょうね。例えば取引先に質問をするなどです。その場合にどのような悪意の情報を聞いたかは貴社にはわかりません。

私は経理を長年していましたが、こういう要請にはできる限り応じていました。それが結局は正しい自社のデータを伝える方法だと思っていたからです。ある程度の規模になった後は決算書の概要も見せていました。

貴社は得意先や仕入先に信用で取り引きをしている部分が結構あると思います。売掛金や買掛金はその証拠ですね。
こういう場合債権債務を持っている相手は貴社の信用を心配するのは当然なのです。それをあえて必要以上に隠蔽するのは帰って信用を損ないます。事実は事実として堂々と話すぐらいの度量を持っ他方が結局は貴社の信用を高めることだと思います。

ただし小さな企業ではオーナーの考え方を確認しないと担当者の勝手では判断は難しいですね。その点は気をつけましょう。

Qスペイン市場について

この前、中国語かスペイン語かと言う質問をしました。そこで得られた回答には2パターンあり、スペイン市場はない、と、あるです。一体どちらなのでしょうか。教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

わたしはスペインのほうがよいとおもいます。
中国は大きなマーケットといわれてますが、
いわれているほどではありません。
10億人いてもそのうち8割は貧しい内陸部で
大半が農民です。
かれら相手の商売はさほど利益はあがりません。
それに中国人相手のビジネスは法制度が不備ということもあり、
一筋縄ではいきません。
とにかく、自分の都合のいいようにしか考えません
しかも極端です。
借金する時は地方政府がバックにいるから大丈夫みたいなことを
相手に誤認させるようにして、いざ返せなくなると一方的に
返せる金額はこれだけだから、その条件を飲むか、飲めないなら
返さないというようにいってきます。
日本企業が結構いいようにやられています。
とにかく、金と技術さえ手に入ればいい考えです。
現に払い込んだ資本金が数日できえたなんてことがありますから、
ばれないように悪さするのではなく当たり前にように
平気でやりますから、まず罪悪感はないのでしょう。

正直なところいまの中国投資は熱病みたいなものと考えてます。
皆が熱がさめて冷静になれば投資も縮小すると思います。

わたしはスペインのほうがよいとおもいます。
中国は大きなマーケットといわれてますが、
いわれているほどではありません。
10億人いてもそのうち8割は貧しい内陸部で
大半が農民です。
かれら相手の商売はさほど利益はあがりません。
それに中国人相手のビジネスは法制度が不備ということもあり、
一筋縄ではいきません。
とにかく、自分の都合のいいようにしか考えません
しかも極端です。
借金する時は地方政府がバックにいるから大丈夫みたいなことを
相手に誤認させるようにして、いざ返せなくな...続きを読む

Q空きスペースの活用法

所有している事務所ビルの空室が目立ってきています。ビルが住宅街にあるのでトランクルーム等に改装する案がありましたが、駐車場がないので厳しいと思います。このようなスペースの活用法をご存知の方がいらっしゃいましたらおしえていただきたいのですが

Aベストアンサー

「住宅街で駐車場がない事務所ビル」だと、今まであるものでなく、何か新しいことを考えてみるしかないかもしれません。

ただし、
・「新しいこと」はハイリスクなので、なるべくコストがかからないこと
・時代に合いそうなもの、具体的なイメージチェックとしては、広告チラシを作ったときに、ターゲットが思わず目をとめるようなキャッチが付きそうなアイデアかどうか
が必須条件でしょうか。

私の個人的な要望からのアイデアですが、SOHO向けでなく、勤め人向けの「時間貸し&月極めオフィス」とかどうでしょう。
(ターゲット)
・コンプライアンスで残業や休日出勤がしにくくなり、自宅で仕事をすることが多くなった会社員
・自己価値を高めるため、資格取得の勉強をしている会社員  など
(ニーズ)
・自宅ではなかなか仕事や勉強に専念できない(環境や家族)
・図書館などは、受験勉強の学生の集団が占領している(うるさい)
(料金体系)
・コインパーキング方式(時間+1日上限+月極め)
もしくは
・スポーツクラブ風の会員料金方式(フル、平日のみ、土日のみ)

フリーアドレスオフィスのような事務代行機能は不要で、机とイスだけでもOKです。カード式入退室管理を使えば、受付も簡易化できます。コピーやプリンターはなくてもいい(コンビニや自宅にある)ですが、コーヒーの自販機と、できればタバコが吸える休憩コーナーはほしいところです。

また団塊退職者を狙って、囲碁やボランティアなど地域サークル用の会議室(集会室)もよさそうです(私が通っているスポーツクラブには何故か囲碁の集会室があり、結構繁盛しています)。地域サークル向けは、平日昼間の稼働率アップに不可欠で、サークルメンバーが分担負担するので、長期×長時間の契約も狙えます。

お持ちのビルがあるところが、
・マンションや狭小住宅が多く、自宅にお父さん専用の部屋を持ちにくい
・家族持ちや年配が多い(若年単身者が多いとNG)
ところであれば可能性があるかもしれません。

「空き室活用」で常套手段の会議室を、住宅地用にアレンジしたイメージですが、立地条件次第だろうと思います。

「住宅街で駐車場がない事務所ビル」だと、今まであるものでなく、何か新しいことを考えてみるしかないかもしれません。

ただし、
・「新しいこと」はハイリスクなので、なるべくコストがかからないこと
・時代に合いそうなもの、具体的なイメージチェックとしては、広告チラシを作ったときに、ターゲットが思わず目をとめるようなキャッチが付きそうなアイデアかどうか
が必須条件でしょうか。

私の個人的な要望からのアイデアですが、SOHO向けでなく、勤め人向けの「時間貸し&月極めオフィス」と...続きを読む

Q事業の全国展開について(福祉系)

社会福祉法人(老人、障害者、保育園等)に勤務している者です。
規模としては、全国的にも10本の指に入るのだそうですが、最近、「今後、全国展開を目指しては」という意見が上層部から出ました。
実際には、「建物を建てすぎてこれ以上建てては、借金だらけになるのでは?」とか、人材育成に重きをおいていない為、「人材難が更に酷くなるのでは?」等不安が一杯です。
そこで、トヨタやホンダ、ソニーにしても、最初は小さな小さな工場から始まったと思うのですが、現在に至るまでにどんな手法をとって事業を展開していったのか、ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えいただきたいです。また、そのような関連の書籍の紹介もありがたいです。
福祉事業に従事する人は、いわゆる「良い人」が多く、そういった事業発展にはどうも向いていない気もしますが(笑)、自分としては遠くにそんな夢があってもよいのではないかなと思っているのです。
是非アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

株式会社でしたら、上場して資金調達をする方法があります。
しかし、社会福祉法人ではそうもいかないんでしょうね。

今もっている運営ノウハウを使って、株式会社を設立。上場すればよいのじゃないですか?
上場して株式市場から資金調達ができれば、全国展開も無理ではないでしょう。話のもっていきようでしたら、創業の段階でベンチャーキャピタルから投資してもらう事も可能かもしれません。

ただ、「良い人」にはちょいと厳しい世の中ができつつあります。
言われる通り、人材の確保、育成、財務管理などなど課題は山のようにあります。
また、さらに最近になって居酒屋のワタミが福祉事業に参入と競争がはげしくなる傾向があります。詳細をテレビで放映していましたが、従来の福祉サービスの欠点を大幅に改善しているようです。
営利企業が福祉をやることに批判をする人はいますが、営利企業が福祉に参入する事で、福祉サービスの質がかなり高まる事は間違いないと思われます。

つまり、福祉にも市場の競争原理が働きはじめています。
全国展開が無理とはいいませんが、まずはご自身のサービスの向上をはかりそれがうけいれられるかを判断した上で、拡張を考えなければ足下をすくわれかねない可能性がある現状をまず知っておいた方がよいと思います。

参考URL:http://www.restvilla.co.jp/index.html

株式会社でしたら、上場して資金調達をする方法があります。
しかし、社会福祉法人ではそうもいかないんでしょうね。

今もっている運営ノウハウを使って、株式会社を設立。上場すればよいのじゃないですか?
上場して株式市場から資金調達ができれば、全国展開も無理ではないでしょう。話のもっていきようでしたら、創業の段階でベンチャーキャピタルから投資してもらう事も可能かもしれません。

ただ、「良い人」にはちょいと厳しい世の中ができつつあります。
言われる通り、人材の確保、育成、財務管...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報