一年間つきあっていた彼(27歳会社員)から他に好きな人ができたとの理由で別れを告げられました。昨年の夏に彼の子供を妊娠しましたが、私が学生であること、経済面などから中絶しました。彼とは口約束ですが、結婚を約束していました。もちろん妊娠は初めてでした。
中絶したときの費用は70%彼が支払い(診察費は私)払いました。
このことはお互いの親などは一切知りません。
慰謝料を請求できると聞いたのですが、弁護士さんを通さない(訴訟)とできないのでしょうか?必要な手続きなどについても教えていただけるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 慰謝料を請求するのに、相手が任意に払ってくれなければ、裁判所を通じて権利を実現してもらうことになります。

特に、金額が30万円を超える訴訟になりますと、小額訴訟ではできませんので、法廷のテクニックや証拠の保全の面で一般素人には難しいです。ぜひ弁護士に相談してください。相手が協力的なときには、公開でない調停手続きや弁護士会の仲裁手続きで決めてもらうことも可能です。この場合は、特に弁護士は必要ではありません。
民事調停
http://www.asahi-net.or.jp/~VR5J-MKN/jibunn4.htm
弁護士会の仲裁
http://www.nichibenren.or.jp/houritu/houritu7.htm
http://www.osakaben.or.jp/geppo/328/12minji.html
下記以外に
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2konyak …

参考URL:http://www.skybusiness.com/katou-hide01sky/0912l …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
参考HPも見て検討してみます。

お礼日時:2001/04/04 08:21

婚約不履行による慰謝料請求ということで訴えたいのでしょうか?中絶や口約束では婚約とは必ずしも言えないです。

(特に中絶は...)そうでなくて精神的苦痛を受けたと言うことであればそれなりにとれるかもしれませんが。

結婚しようね、っていっておいて好きな人が出来たからと別れる人って結構いると思うんですけど...イヤ別にあなたを責めているわけではないんですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q強制執行、差し押さえ。財産、勤務先などは一切、不明。(弁護士など法律家を一切立てず、自分一人で裁判、手続きを行う場合)

強制執行、差し押さえについて。相手の財産、所得、勤務先などの情報は一切、不明。(弁護士など法律家を一切立てず、自分一人で裁判、手続きを行う場合)

(1)裁判、手続きを全て自分で行い、かつ、相手の財産、所得状況がまったくわからない場合、
強制執行、差し押さえは可能なのでしょうか。
裁判所に申請するだけで、裁判所もしくは該当機関があいての財産、所得状況を調べてくれるのでしょうか。

(2)裁判、手続きを全て自分でする場合。
強制執行、差し押さえをしたいが、相手の財産、所得状況や、勤務先がわからない場合、
どういった方法で調べることができますか。

(3)裁判、手続きを全て自分でする場合。
強制執行、差し押さえ、資産の売却などは自分でするのでしょうか。
裁判所などどこかの機関がしてくれるのでしょうか。

Aベストアンサー

(1)調べてくれない。したがって強制執行はできない。

(2)ケースバイケースだろうから、ここで一般論を答えられる人はいないと思う。
勤務先を調べるなんて、その人を知っている人に聞くか、自分で尾行でもするかだね。

(3)強制執行等は自分ではできない。申し立てによって裁判所がやる。

この辺で概要がわかるよ。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/minzi/minzi_02_01.html

Q同棲中の彼から別れを告げられ彼が購入したTVを家を出る日に売ッてやろ~

同棲中の彼から別れを告げられ彼が購入したTVを家を出る日に売ッてやろ~と思ッてます。

これは犯罪ですか?

Aベストアンサー

彼の私物である以上窃盗罪が適用されます。

法律ではたとえ同棲していようとも、彼の私費(小遣いなど)で購入したものは彼の所有物と扱われるためです。

Q口約束での贈与、口約束での借金帳消し

5年前に、叔父から叔父名義のカードと通帳を預かり、230万円が入っていました。

「この中から事業資金200万を貸してやるよ。残りの30万円は準備金としてやる(贈与)」と言われ、事業を始めました。

途中で負債が出て、相談した際に、「わかった。50万円は免責してやる。次は負債を出すなよ」と言われました。

数日前に清算し、通帳とカードを返却しに行ったのですが、「80万円が足りない」と言い出しました。


当初30万円は準備金として贈与してくれると言ったこと、50万円の負債を帳消しにすると言ったことに関していきなり「そんなことは言っていない。残り80万円を返せ」と言い出しました。

寝耳に水で呆然としています。


5年前から借用者や念書などは一切ありません。

一度も返済の督促を言われたこともありませんでした。


口頭とはいえ、30万円の贈与と50万円の負債の帳消しの約束は間違いなく存在しました。その場で書面やボイスレコーダーを取っておかなかったことは後悔してはいます。

急に話を変えた叔父に怒りを覚えましたが、もう法的に処理しようと思います。


約束を信じてやってきたわけですし、80万円ものお金を改めて払うことはできません。

書面をとらなかったのは私に手落ちがあるのでしょうか?


こういう場合は叔父が主張したら払う義務が生じますか?

5年前に、叔父から叔父名義のカードと通帳を預かり、230万円が入っていました。

「この中から事業資金200万を貸してやるよ。残りの30万円は準備金としてやる(贈与)」と言われ、事業を始めました。

途中で負債が出て、相談した際に、「わかった。50万円は免責してやる。次は負債を出すなよ」と言われました。

数日前に清算し、通帳とカードを返却しに行ったのですが、「80万円が足りない」と言い出しました。


当初30万円は準備金として贈与してくれると言ったこと、50万円の負債を帳消しにすると言ったこと...続きを読む

Aベストアンサー

もう法的に処理しようと思います
とありますが、あなたから行動を起こすだけ費用の無駄ということになります。

そもそも、
事業資金200万を貸してやるよ
と言われ、
わかった。50万円は免責してやる
とさらに言っているわけですから、借金は、150万ということとなります。
これについては、「数日前に清算」とありますから、もはやあなたに債務は残っていないこととなります。


そして、
30万円は準備金としてやる
と言っているわけですから、これについてはあなたのご主張のとおり贈与ということとなります。

そして、
こういう場合は叔父が主張したら払う義務が生じますか
とのご質問ですが、上記のとおり借金は完済しているわけですから債務は残っていないわけです。



どのような法律関係にせよ、権利発生の事実を主張する者にその事実の立証責任があるわけです。そして、その権利の消滅、阻止する事実があるのならば、これらの事実を主張する者に立証する責任があるわけです。

もし、80万円の金額について叔父が法的手段に出たとしても、債権を有していることの証明責任は叔父にあるわけです。

しかし、ご質問の内容の事実経過でしたら、叔父には、何らこの金額の債権を立証できる証拠がないこととなります。


ですから、
叔父があなたに対し、80万円の支払いを主張したとしても無視し相手にしなければよいわけです。
同金額のうち、50万円は、返済を免除されたものであり、30万円については贈与されたものだからです。

もう法的に処理しようと思います
とありますが、あなたから行動を起こすだけ費用の無駄ということになります。

そもそも、
事業資金200万を貸してやるよ
と言われ、
わかった。50万円は免責してやる
とさらに言っているわけですから、借金は、150万ということとなります。
これについては、「数日前に清算」とありますから、もはやあなたに債務は残っていないこととなります。


そして、
30万円は準備金としてやる
と言っているわけですから、これについてはあなたのご主張のとおり贈与ということとなります...続きを読む

Q飲みの席で転職の約束。口頭の約束はどこまで有効?

飲みの席で、仕事で関係を持ったある会社から、
「あなたが欲しいから
 是非うちの会社にきて(転職)ください」
と言われたとします。

その場の雰囲気を壊してはいけないと思い
「はぁ、じゃぁお願いします」と握手したとします。

書面ではなくても口頭でも契約は成り立つと聞きます。
この場合、契約として成り立ってると言えるのでしょうか?
成り立つとすれば、
こちらはどこまでの義務・責任を負うものでしょうか?
(例:相手が本気なら必ず転職しなければならないetc.)

相手の会社から「やっぱ止めた」「飲みの席だからね」
などと言われて後から断られる可能性はあるわけですし、
証人はその場にいた人が証人になるはずでしょうが、
書面で交わした約束ではありません。

(1)飲みの席で交わされた約束
(2)本人にはその意思がなかったが、
 その場の雰囲気で約束してしまった
(3)口頭による約束
(4)証人はその飲みに居合わせた5人程度
(5)相手の会社の人は採用権は直接持ってないが、
 それなりの発言力を持っている

普通に考えると真に受けるような話ではありませんが、
「歴史は夜創られる」といわれているように
全く無視出来るケースでもありませんよね。

それではよろしくお願いします。

飲みの席で、仕事で関係を持ったある会社から、
「あなたが欲しいから
 是非うちの会社にきて(転職)ください」
と言われたとします。

その場の雰囲気を壊してはいけないと思い
「はぁ、じゃぁお願いします」と握手したとします。

書面ではなくても口頭でも契約は成り立つと聞きます。
この場合、契約として成り立ってると言えるのでしょうか?
成り立つとすれば、
こちらはどこまでの義務・責任を負うものでしょうか?
(例:相手が本気なら必ず転職しなければならないetc.)

相手の会社から...続きを読む

Aベストアンサー

確かに契約は口頭で成立します。(=諾成契約)
しかし実際には口頭だけでは「言った・言わない」で問題になるので、きちんとした契約は書面等にする事が常識的でしょう。
就職のオファーやヘッドハンティングといった事柄では書面に起こす事はあまりないようですが。
こういった関係の話は、酒の席ならば冗談である事がほとんどなので、あまり気にしなくても良いのでは。
後日改めて「あの話は本気だ」とでも言われたらきちんと対処すれば良いのではないでしょうか。

法律的には。
本件は『心裡留保』(民93条)の問題かと思います。
心裡留保とは、ウソや冗談のように真意ではない事を意思表示する事です。
本件で言えば、転職するつもりがないのに転職しますと約束をした、という事です。

心裡留保では、通常、相手方がウソを言っているとは思わないので、保護するために有効としています。(=転職する約束は有効)
しかし、意思表示を受けた相手が冗談だと分かっていたり、普通なら気付くところを気付かなかったりした場合は、特に保護の必要もないので無効とされています。

相手の人が本気だった場合、「(4)証人はその飲みに居合わせた5人程度」が傍から見て本気の約束だと思うくらいの雰囲気ならば、この約束は有効となるでしょう。

と言っても、酒の席の話が有効だからと言って本当に転職しなければならないという事はないでしょう。


参考になれば良いのですが。
長文失礼しました。

確かに契約は口頭で成立します。(=諾成契約)
しかし実際には口頭だけでは「言った・言わない」で問題になるので、きちんとした契約は書面等にする事が常識的でしょう。
就職のオファーやヘッドハンティングといった事柄では書面に起こす事はあまりないようですが。
こういった関係の話は、酒の席ならば冗談である事がほとんどなので、あまり気にしなくても良いのでは。
後日改めて「あの話は本気だ」とでも言われたらきちんと対処すれば良いのではないでしょうか。

法律的には。
本件は『心裡留保』(...続きを読む

Q妊娠、中絶について質問です。

浮気相手が妊娠してしまいました。
中絶して欲しいと言っているのですが、断られています。
中絶をしてくれても、訴えると言っています。
この場合、訴えられるんですか?

Aベストアンサー

彼女ということは、p-30さんはまだ入籍されてないということですね。
この場合だとちょっと困りましたね。

 その浮気相手とは結婚を前提。。。とかいう話はされてましたか?
もし、結婚を。という話をしたことがあるのであれば、打つ手はないようです。
 仮に中絶OKだと浮気相手がいっても、
浮気相手は不法行為に基づく損害賠償請求として中絶費用及び慰謝料の請求が
できます。
 仮に出産するのであれば、認知の問題がでてきます。
p-30さんが認知しない、といっても
浮気相手は子供、またその法定代理人(この場合浮気相手)は
認知の訴えを提起することができます。
認知したならば、浮気相手は養育費を請求することができます。

 結婚の話をまったくしていないのであれば、
男女関係は自由恋愛が原則なので少しは大丈夫です。
結婚や内縁や婚約など、ある程度法的保護に値すると認められる関係に
ならなければ、慰謝料請求は困難です。
その場合でも中絶は本人意思が原則なので、強要したり
「結婚するから中絶してくれ」とか言ってはいけません。

 浮気相手と、婚姻の意思や内縁関係があったかどうかを教えてください。
p-30さんに奥さんがいないということはここが重要なポイントです。

彼女ということは、p-30さんはまだ入籍されてないということですね。
この場合だとちょっと困りましたね。

 その浮気相手とは結婚を前提。。。とかいう話はされてましたか?
もし、結婚を。という話をしたことがあるのであれば、打つ手はないようです。
 仮に中絶OKだと浮気相手がいっても、
浮気相手は不法行為に基づく損害賠償請求として中絶費用及び慰謝料の請求が
できます。
 仮に出産するのであれば、認知の問題がでてきます。
p-30さんが認知しない、といっても
浮気相手は子供、またその法...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報