デフレって物価が安くなることですよね?
ファ-ストフ-ドが平日に半額やってたりするのも
デフレの影響だと思うのですが、
じゃあ、デフレ大歓迎なんじゃないんでしょうか?
安くなる→消費が活気づく
こうなると、企業にも悪影響じゃないんでは?
宜しくお願いします。

A 回答 (5件)

デフレが物価の低下を意味することは間違いありませんが、


これは必ずしも良いものではありません。

物価とは、個々の財・サービスのある種の平均価格を指します。
(ですから価格と区別しなければなりません)この物価が下がると
いうことは、概して経済の財・サービスの供給に対して、需要が小さい
ということなのです。そして、供給が需要を上回っているがために、
その差を調整しようとして、物価が下落するのです。これが
デフレーションです。先ほど言った「需要が小さい」ということは、
要するにモノが売れないのですから、デフレが不況を意味することも
あります。デフレスパイラルの説明は他の方の書き込みにもあるので、
必要ではないでしょう。
付け加えておくならば、失業率とインフレ率の関係でしょう。失業率は
不況のときほど高くなるので、景気を表しうる指標になります。インフレとは
デフレの逆、つまりマイナスのインフレ率を記録したときがデフレですので、
物価の変化を表す指標になりえます。この失業率とインフレ率とは、一方が
上れば他方は下がる、という関係にあります。ということはつまり、インフレ
の時のほうが、大体において景気が良い、ということになり、デフレのときは
景気が悪い、ということが言えてしまいますね。勿論ケースバイケースですが、
参考のため、付記しておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変わかりやすい説明ありがとうございます。
そうですよね、売れるんであれば安くする必要なんて
ないんですよね。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/05 20:39

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「デフレ・スパイラル」

ご参考まで。

参考URL:http://ozawa.tfcnet.co.jp/s9/yougo.htm#ta
    • good
    • 0

物価の下落には2通り有ります。


合理化などによる採算の取れる値下げと、販売不振を挽回するための企業間競争の結果の採算割れした値下げです。
現在の価格低下は、後者の採算の取れない値下げが多いのです。
その結果、企業の業績悪化-昇給ストップや人員削減の雇用悪化-消費不振-更なる値下げ-業績悪化と、このように悪循環していき、不況が拡大するのです。

前者のように、合理化などによる値下げで、企業の収益が確保されての値下げなら大歓迎なのですが、今の状況での
値下げは単純に喜んでばかりいられないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なりふりかまわずの値下げということですね。
勉強になりました。

お礼日時:2001/04/05 20:35

物価が安くなる→企業の利益が減る→給料が安くなる(リストラ)


→物を買わなくなる→物価が安くなる

これがクルクル回り出したのがデフレスパイダルです。
    • good
    • 0

こんばんは


物価下落は企業収益の悪化をもたらします。すると労働者の所得減少・雇用の悪化をももたらします。そして順次、消費低迷→物価下落→企業収益の悪化と、悪循環に陥って不況が深刻化していきます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデフレが続くのは日本の物価が高すぎるからでは?

物価は関税がゼロなら基本的には世界中同じになるはずです。
日本の物価が下がり続けるのは他国に比べ物価が高いからだと思うのですがどうでしょうか?
中国では自転車は1000円、傘は10円だと昔聞いた記憶があるのですが、現在、価格差はどれくらいあるのでしょうか?

Aベストアンサー

中国の物価が安いのは、環境対策を行っていないからです。

中国並みの環境水準で作れば、中国よりも安くものが作れます。

個人的な意見ですが、デフレが続いているのは、日本の技術水準が需要を無視して成長している点ではないでしょうか。

顕著に現れているのが、携帯電話です。

あれほど、高機能な携帯電話をほぼ0円で買えるのは、日本だけです。

答えになっていなくてごめんなさい。

Q資産デフレと債務デフレ

資産デフレと債務デフレを混同しておりましたが、両者は別個
のものと考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

あまり詳しくないので話半分にとってください。

負債デフレ(debt deflation)は、物価下落ショックから投資需要変化を通じて派生する経済停滞の過程として経済学で比較的明確に定義されていると思います。
一方「資産デフレ」は経済学の用語なんでしょうか(詳しい人お願いします)?
個人的には、資産デフレは単に資産価値の持続的な下落を意味したり、負債デフレと同様の過程を意味したり、それに消費への資産効果も加えたり、多義的に用いられている感じがします。
ただ、どちらも経済主体の純資産の価値が下落することに最も関連してはいると思います。

Q企業物価指数が消費者物価指数の先行指標となる理由について

企業物価指数の説明で、「原材料→中間製品→最終製品→小売という順で価格が波及するため、企業物価指数は消費者物価指数に対しての先行指標として活用することもできます。」というように、企業物価指数が消費者物価指数に対しての先行指標となる理由が書いてあります。申し訳ありませんが、この説明の意味をどなたか解説し直して頂けないでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

先行指数とは後から連動して動くものがあるときに先に徴候が現れる場合に使います。
原材料の値段が上がれば、やがては価格にも転化されて物価が上がります。
だから原材料の高騰(企業物価指数)は消費者物価指数が上昇する目安になります。

現在でも小麦粉の価格上昇にその典型をみることができます。
小麦粉の値段が上昇しても流通業界などからの要請でメ-カは暫く値上げを断念していました。
ですがそれも限界を迎え、製パン、カップ麺などは値上げをしています。

Q資産価格デフレが実体経済に与える影響

資産価格デフレが実体経済に与える影響は(1)バランスシートの悪化、(2)資金調達の困難化、が挙げられますが、それぞれ具体的にいうとどういうことでしょうか?

Aベストアンサー

(1)バランスシートの悪化
土地資産が借方に仮に簿価1億円で計上されているとします。デフレでは、この資産の価格が下がります。仮に時価6000万円になったとします。土地を再評価するかあるいは土地を売却するか、いずれどこかのタイミングでその差額の4000万円を損失として計上しなければなりません。それまでは含み損を抱えていることになります。

(2)資金調達の困難化
日本では、依然として、不動産担保に基づく資金調達が行なわれています。仮に1億円の土地を担保として5000万円を借り入れていたとき、インフレ下では土地の価値が上昇してその担保価値が上がりますのでさらなる借り入れが比較的容易に行なえますが、デフレ下で例えば時価が6000万円になってしまった場合には追加の借り入れが困難になります。
また、不動産担保に基づかず、市場から直接資金を調達する場合にも、(1)に書いたような状況があれば、調達が困難になり、或いは調達条件(金利等)が悪化します。

Q物価上昇の影響を除くには?

高度経済成長期以降のある企業の販売額の推移をみると、増加を続けているのですが、もちろんその間に物価も上がっていますよね。

物価上昇の影響を除いて、販売額の増加をみるためにはどのようにしたら良いのでしょうか?

アドバイスをいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

名目値ではなく、実質値を使えばよいです。
出し方ですが、ある基準年度を決め、その時の物価水準を1と取る。あとは、各年度毎に、物価水準が上昇すると、1以上の値になるので、各年度の販売水準を、各年度の物価基準数値で除せば、物価上昇分を適切に除外できます。
経済学では、GDPデフレーターというものを使ったりします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報