不思議に思うことがあります。

→昆虫は傷を負った時、治るんでしょうか?

獣医とかがあっても、昆虫を手当てしている場面を見たことがありません。
傷を治すことは可能なのでしょうか?寿命が短くて、治る前に命が尽きてしまうだけなのでしょうか?

疑問が浮かぶと頭から離れない性格なので、なるべく早い回答をお待ちしています。

A 回答 (1件)

 昆虫類は堅い外殻を持っていて、脱皮により成長します。

脊椎動物では、皮膚は柔らかく、傷がついても修復(皮膚細胞の再生)が可能です。昆虫類の脱皮は普通は5回(6齢で成虫)ですから、途中で傷つけば、脱皮修復が可能です。成虫は無理です。血液は、銅を主成分としたヘモシアニンで酸素運搬能力を有しますが、血液凝固作用ははっきりしてきません。ので、
>昆虫は傷を負った時、治るんでしょうか?
 は、成虫では無理、幼虫では可能でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。

脱皮の際にのみ細胞の再生が可能なのですか。分かりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/04 10:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昆虫の治癒能力

昆虫が傷を回復する能力についてお聞きします.
成虫では外傷ができると回復できないが,幼虫,蛹では治癒能力があると知りました.実際幼虫に針を刺したりしたら翌日にカサブタみたいに皮膚が再生したのを何かでみたことがあるのですが.それでは,幼虫-成虫の形態しか経ない不完全昆虫はどうなのかなと思いました.バッタなどは体の形がほぼ変わらずに体が大きくなることで成虫になるということですが,幼虫の段階で切り傷などを加えた場合,治癒するのでしょうか.

また,神経系についてもお聞きしたいのですが,カイコについて学んだ時,神経が再構成されて神経節の位置が変わる(一部融合したりする)ということを知りました.これについてもバッタなどの不完全変態昆虫はどうなのでしょうか.バッタは成虫になって羽ができるということなので,神経系の再構築ということが生じることもあるかなと思いましたが,いかがでしょうか.

宜しくお願いします.

Aベストアンサー

はじめに素人であることをお断りした上で・・・

「幼虫,蛹では治癒能力がある」とのことですが、そこでいう「治癒能力」というのは、
「幼虫に針を刺したりしたら翌日にカサブタみたいに皮膚が再生した」という形の治癒
とは違うのではないでしょうか。
というのは、例えば「羽根や腹に穴の開いたカブトムシ(多分クワガタにやられたもの)」
や「脚一本がなくなっているバッタ」といったものを、子供の頃に時折見かけた憶えが
あるもので・・・。

なので、「幼虫,蛹では治癒能力がある」というのは、もしかしたら「幼虫の時に脚を
失っても成虫になるときに復活できる」ということなのではないでしょうか。

で、これが正しいのだとすると、やはりその形の治癒が可能なのは、ganitheithさんが
仰るように、完全変態の昆虫に限られてくるものと思います。
(不完全変態の場合、脱皮後の脚は脱皮前の脚の中にあるため、元の脚がなければ
 形成されようがない、と。一方、完全変態の場合、成虫の脚は必ずしも幼虫時の脚
 から形成されるわけではないように思いますので、蛹になった際に再生される可能性
 もあるのではないか、と)


申し訳ありませんが、神経系については全くわかりません(汗)

はじめに素人であることをお断りした上で・・・

「幼虫,蛹では治癒能力がある」とのことですが、そこでいう「治癒能力」というのは、
「幼虫に針を刺したりしたら翌日にカサブタみたいに皮膚が再生した」という形の治癒
とは違うのではないでしょうか。
というのは、例えば「羽根や腹に穴の開いたカブトムシ(多分クワガタにやられたもの)」
や「脚一本がなくなっているバッタ」といったものを、子供の頃に時折見かけた憶えが
あるもので・・・。

なので、「幼虫,蛹では治癒能力がある」というのは、...続きを読む

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q人間と動物の間では子どもは生まれないの?

人間や動物のクローンが問題になっている中で、ふと思ったのですが、
(クローンとは関係ない話ですが・・・)
人間と動物が、仮に交接したとしても、その間では子どもは生まれないのですか?
(もし、生まれるとしたら、かなりグロい話ですが・・・>o<)

過去に、実際に生まれたとかいう事例などありましたら教えて下さい。
また、生まれないとしたら、どうしてできないのか理由を教えて下さい。
あと、やろうと思ったら作ることも可能なのでしょうか??

気持ちの悪い話ですが、ふと疑問に思って、興味本位での質問です。
(>_<)

Aベストアンサー

♯3です。補足です。

私も♯7さんのような話を聞いたことがあります。某国でそのような研究をしていたみたいですね…
ゴリラとヒトのかけあわせでは流産ばかりだったそうですが、一応受精はするようです。

染色体数が異なっていても、近縁種なら受精する場合があります。染色体数が異なれば遠類というわけではないです。(染色体の融合は進化の過程でよく起こります)。
ウマの染色体は64本、ロバの染色体は62本。 しかしウマとロバのかけ合わせでラバ(染色体63本)が生まれるのは良く知られていますよね。 しかし不稔です。(補足ですが、雑種第2代を作れない個体は、「種」として認められません。レオポン、ラバ、イシガメとクサガメの雑種、ナミアゲハとキアゲハの雑種などは2代目をつくれません。生物であり生物でない?)

ヒトとチンパンジーの場合も近縁種なので同様のことが考えられると言いたかったのです。
あくまで予想ですが…。可能性は高いと思うのですが…
(チンパンジーの12番染色体と13番染色体が、ヒトの2番染色体と相同なのだそうです。参考→http://www.saga-med.ac.jp/academic/meeting/anthrop/summary/b02.html)
ヒト(ヒト科)とチンパンジー(ヒトニザル科又はチンパンジー科)はゲノムが1.2パーセントしか違いませんので、十分受精は可能といえるでしょう。
流産が多いか、まれな出産があるでしょう。

(補足。THE CELL日本語版第四版の454ページによると「ヒトと大型類人猿の共通祖先とヒト」とのゲノムの差は1.5%、「ヒトとオラウータン」では3%、「ヒトとゴリラ」では1.5%と書いてありました(チンパンジーとヒトは先に示しましたので省略)。)

蝶の雑種の研究をしていた人が知り合いにいますが、一代雑種を成体まで育てるのは非常に難しいと言っていました。
エサの問題もありますが、強引に人が作った雑種は育ちにくいのでしょう。

あとチンパンジーとヒトはなぜ科名が違うのかですが、これは人間の勝手でそうなった可能性が高いですね。見た目が違うから、社会生活が高度だから、とかそんなんですかね…。
ヒトとチンパンジーの両者が分類された年代と、本当の(遺伝子の)違いが証明された年代が違うのも要因でしょう。

分子生物学が発展していた数~10数年前でさえ、ヒトとチンパンジーの遺伝子の差は15%とか言われていましたよね。

今ではショウジョウバエとヒトで遺伝子の違いも40%以下だとか言われていますね。
ヒトの遺伝子がショウジョウバエで働いたり逆もあり得るということです。
それだけ遠類種でも遺伝子は似ているのです。

分子生物学が発展する以前は、姿かたちが似ているかそうでないかによって、分類がされていたので、目、科、属、種あたりの分類が今から言えば雑すぎたのです。

従って、姿が違っても実は同種、あるいは同じ科レベル、同じ属レベルという現象はよく起きるのです。
チンパンジーとヒトは最低でも本来同じ科に入るべきレベルでしょう。ゴリラもかな…。
ライオンもトラもイエネコも同じ科なのに、遺伝子にあまり差がないチンパンジーとヒトが同じ科でないのはおかしいですよね。でも一度決まったことなので仕方ないです。
どれを同じ仲間に入れるかは難しいと思いますが、本当に分類って適当なところは適当だと感じられます。

また補足です。チンパンジーの大人はヒト3歳児の知能以上、に相当です。賢い個体はヒトの10歳以上に相当の知能を持つとか。声帯の仕組みが違うため理解したことを言葉に出来ませんが。

質問内容から大幅にずれ、またとびとびの内容ですみませんでした。

♯3です。補足です。

私も♯7さんのような話を聞いたことがあります。某国でそのような研究をしていたみたいですね…
ゴリラとヒトのかけあわせでは流産ばかりだったそうですが、一応受精はするようです。

染色体数が異なっていても、近縁種なら受精する場合があります。染色体数が異なれば遠類というわけではないです。(染色体の融合は進化の過程でよく起こります)。
ウマの染色体は64本、ロバの染色体は62本。 しかしウマとロバのかけ合わせでラバ(染色体63本)が生まれるのは良く知られていますよ...続きを読む


人気Q&Aランキング