最新閲覧日:

飛鳥時代の寺院の様式が分かりません
「飛鳥時代の寺院において正面中央に位置した建物は何か.」
という問題が分かりません.
図解の資料集を見てみると,飛鳥寺式,四天王寺式,法隆寺式のいづれにおいても「南大門」「講堂」が中央にある気がします.
なにが正解なのですか?

A 回答 (1件)

塔です。


http://members.jcom.home.ne.jp/fujinone/garan.html
飛鳥寺方式、四天王寺方式が、飛鳥時代のもので、法隆寺方式は、後代のものであり、建立のころは、若草伽藍方式で、塔が中心にあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E8%8D%89% …

最初は、ブッダの舎利を奉納する、塔が中心に存在しておりましたが、奈良時代になると、薬師寺方式のように、本尊を安置する金堂が中心におかれるようになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%AC%E5%B8%AB% …
ならの東大寺の大仏が東大寺で中心にあるという感じですね。


本尊つまり大仏とか仏像というものを仏舎利(ブッダの遺骨)より重要なものとして理解するようになったので、配置が変わります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
「塔」ということでいいのですね.
これからもよろしくお願いします.

お礼日時:2010/06/05 19:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報