シクロクロスタイヤでオンロードは厳しいですか?
現在、RITCHEY SPEEDMAX COMP 700×32Cというタイヤでオンもオフもそれなりに走っているんですが
チューブラーホイールを組んだため、TUFO FLEXUS-PRIMUS32もしくはFLEXUS-DRYPLUS32を組もうかと思ってます。
オンロードでは、路面抵抗が大きすぎてやめておいた方がいい、あるいはグリップ力が無さ過ぎるなどはありますか?
ちなみに、今履いているRITCHEY SPEEDMAXでは全く問題ありません。
(サイド面は違和感ありますが)
個人的にはパターンの路面抵抗とチューブラーの乗り心地やホイールのグレードアップで相殺されてマイナスにはならないかとは思っているのですが...

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

MTBでの経験になりますが、同じブロックタイヤでも、タイヤによって性格付けが色々で、舗装路で本当に漕ぎが軽いのもあれば、漕ぎが重くて使えないというのもあります。


グリップについては、舗装路でグリップの不足やそれによる不安感を感じたことはありません。
32Cの太さだと、どうかはわかりませんが。

オンとオフの比率がわかりませんが、TUFOで言えば、オン重視ならDRYPLUS32をオフ重視ならPRIMUS32がいいのではないかと思います。
シクロクロスではあまりやらないかも知れませんが、オフでの安定性のため前にPRIMUS32を、オンでの漕ぎの軽さをのために後ろにDRYPLUS32と違うタイヤを持ってくるのもありかと思います。
MTBでは、山まで自走するのに前にブロックタイヤを履いて、後ろはセミスリックとかはよくやってました。
最近はブロックタイヤの性能も上がったので、前後ブロックにしてますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2010/06/11 23:19

シクロクロスではチューブラー有利という説がありますが、私は競技はやっていないですがうなづける部分はあります。

(仮にパンクしてもリムを捨ててもいいつもりならそのまましばらく走れると思います。クリンチャーではリムのエッジが着いてしまったりタイヤが外れたりして無理です。)

路面抵抗はともかく、ブロックタイヤは舗装路の下りなんかではぐにゃっとした感じでやっぱり不安は感じますね。まあすり減れば問題は無いですけど… それではブロックの意味も無いですよね。

林道などを想定するならブロック高よりタイヤの太さのほうが肝心でしょうね。

ブロックの面積が小さくて高さが高いタイプは泥専用(食いつきと抜けが良いから)と考えた方が合理的ではないかと私は思います。

そのタイヤの固さとかコンパウンドにもよるんで、結局使ってみないとわからないでしょうね。
まあ、蘊蓄含めてそういう趣味の遊びと思います。

チューブラーは舗装路専用にして、クリンチャーの方をクロス・ツーリング用に使い分けた方が合理的な気はしますが。
結論として使えないことは無いけれど土の上を走る距離の割合によっては無駄ということになるかと。
チューブラーの軽量で太いだけのオンロード想定のタイヤは以前はありましたけれど(クレメンのパリルーベとか)今はほとんど入ってきていないし、仮に入ってきても買える値段ではないですね。
ビットリアのパーヴェだけなのですかね。320g27mmです。これだとTUFOのDiamond-Eliteの方がカタログ上では軽いです。
http://item.rakuten.co.jp/worldcycle/vit-c-pave- …
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/tufo/diam …

(1の人はシクロクロスのタイヤでは乗ってないと書いてます。)
    • good
    • 1

問題ないいんではないしょうか。


MTB用のブロックで街乗りもしてますが、コーナーで怖い思いもしませんし。
さすがに漕ぎは重いですが。
    • good
    • 0

あなた次第な感じですな。


チューブラーを使用するほどの方でしたら、別に街乗りホイールを一つ持っていてもええんでは?
元のホイールがあまっていないのですかな。それともリムだけを組んだんでしょうか。
シクロ用のタイヤで街乗りは勿体無いとも思いますな。
完全に分離すれば妥協はなくなりますから。
オンでもオフでも快適に走れるようになるんと違いますか。
    • good
    • 1

>シクロクロスタイヤでオンロードは厳しいですか?


 “厳しい”が何を指しておられるのかわからないので一般的な感想を。
 
 シクロクロスタイヤは「それ用」に設計されたものですからオンロード走行に向かないのは当然です。ただ、「オンロード不可」ではないので、走行時の各種効率を求めない、つまり、自分が「それでかまわない」とすればそれで終わり、と思えます。レースでなく趣味で乗るなら各自好みのスタイルでよいので、お答えはあなたの中にあるのではないでしょうか。
 私の場合、シクロクロスバイクを旅用に使ってますが、ホイールとタイヤはツーリング向きに換装。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

では、あなたはどういうシクロクロスタイヤで舗装路を走っていますか?
ブロックパターンが大きいとグリップ力に心配を覚えませんか?
タイトルの内容については一般的な答えしかできないのかもしれませんが
その下に私が挙げた具体例についてはどうでしょう?
個人的な感想をお願いします。
人の話を聞きたいので私の中に答えはありません。

お礼日時:2010/06/06 09:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシクロクロスをロングライド用に選択するのは、どんなもんでしょうか。

こんにちは。
ロードバイクの購入をあれこれ迷いつつ、候補の拡大・絞込みを繰り返し、行ったり・来たりの最中です。

そのなかで、週末ロングライドに「シクロクロス」をベースに検討しようと考えております。

ここで、お尋ねしたいのは、ロングライド時シクロクロス系のロードバイクは、パフォーマンスロード系に対して、妥協すべき点はどのようなことでしょうか。また、「実は、優れている」と気付いた・驚いた点などありますでしょうか。

私の用途・期待感としては、
 (1)「整った」舗装路面だけでなく、「段差・石畳」も安心、ラクチンなライディング。
 (2)ロンドライドで、ゆったり、まったりツーリング。平地で15~30km/h
 (3)太目のタイヤ使用でパンクの不安少ない。(28C、32C)

心配な面としては、
 (1)カンチブレーキの制動フィーリング。
 (2)(クロモリ本命なので)ちょいと重め。

また、現段階では、下記を有力候補としてますが、その感想・情報あれば大変助かります。他にも「こんなのがいいよ。。」といった情報も参考になります。

 (1)JAMIS NOVA (2007モデル。今、探すのは困難ですが。。)
 (2)JAMIS AURORA ELITE (2008)
 (3)Le Mond Poprad
 (4)TESTACH Cyclo-5 で シマノ105

とりとめもない内容で恐縮です。上記を全て包括するご回答でなくとも構いませんので、何か関連する情報、ご意見を戴ければ、さいわいに存じます。宜しくお願い致します。

こんにちは。
ロードバイクの購入をあれこれ迷いつつ、候補の拡大・絞込みを繰り返し、行ったり・来たりの最中です。

そのなかで、週末ロングライドに「シクロクロス」をベースに検討しようと考えております。

ここで、お尋ねしたいのは、ロングライド時シクロクロス系のロードバイクは、パフォーマンスロード系に対して、妥協すべき点はどのようなことでしょうか。また、「実は、優れている」と気付いた・驚いた点などありますでしょうか。

私の用途・期待感としては、
 (1)「整った」舗装路面だけで...続きを読む

Aベストアンサー

 kcmn608973さん こんばんは

 ルイガノCCTと言うシクロクロスに乗っている者です。

 期待されている(1)~(3)に付いてですが、まず段差に付いても石畳についても言う程一般のロードバイクと差は無いと思います。特に石畳については、例えばツールドフランス等の本場のレースを見てもお解りの通り問題なく走っていますから、走り方・コツの問題なんだと思います。ただし一般の23C等の細めのタイヤを履いたバイクですとリム打ちパンクを避けるために限界ギリギリ一杯の高圧の空気をタイヤに入れる関係でロードノイズを感じ易いですけど、30C以上の太目のタイヤを履いたシクロクロスの場合は限界ギリギリまでの空気圧を入れなくてもリム打ちパンクの不安が無い為柔らかい乗り心地(別な言い方をしたらロードノイズを感じ難い と言ってもサスペンション装着車程ではないですけど・・・)で乗れます。そう言う意味ではラクチンとまでの違いが有るかどうかは別にして、比べれば楽に乗れると言えるかもしれませんね。
 ゆったりゆっくり走るのには太目のタイヤを履いたシクロクロスは向いていると思います。それは太目のタイヤを履いた関係で、一般のロードバイクに比べて低速での安定性が良いからです。したがって荷物を積んで長距離ツーリングされる方は、太目のタイヤを履いた安定性の良さを求めてシクロクロスを選択されますよね。本来はランドナー等のツーリング向けバイクが良いのでしょうけど、絶滅危惧車種と言われている位に車種が少なくなった現在では、価格的にもシクロククロスなんでしょう。しかし太目のタイヤを履いている事は欠点にもなり、同じ脚力の人が乗れば確実に最高速度は遅くなります。ですから 数人でツーリングする場合は、場合によっては「置いてきぼり」になって仕舞うかも・・・。
 太目のタイヤだからってパンクし難いことは無いです。パンクする時はどんなタイヤでもパンクするのですから・・・・。ただし前記した通り太目のタイヤの特長は、細めのタイヤと違って限界ギリギリまで空気を入れなくてもしっかりした量の空気がタイヤに入っている事です。したがって一度空気を入れてから次に空気を入れるまでの期間を長く開けてもリム打ちパンクを起こし難いと言う特長は有ると思います。そう言う意味では比べればシクロクロスの方がパンクし難いと言えるのかもしれませんね。
 
 次に不安に思っている点に付いてですが、ロード系に使われているブレーキは、主にMTB等に使われているVブレーキと違って止まると言うよりは「速度をコントロールする目的」のブレーキです。ですから制動性はご存知の通りVブレーキには敵いませんよね。
 では一般のロードバイクに使われているキャリバーブレーキとシクロクロスのカンチブレキーの速度のコントロール性能の差ですが、私の感じでは言う程差は無いと感じます。確かに比べればカンチブレーキの速度のコントロール性能はキャリバーブレーキに比べて劣りますけど、この差は比べれば程度の差です。したがってキャリバーブレーキより少し早めのブレーキングを心がけていれば言う程問題は無いと思います。もし気になるのであれば、ブレーキをミニVブレーキに変えれば良いのではないでしょうか。ミニVブレーキだったらロード用のSTIで使えますから・・・・。
 クロモリ製のフレームが希望との事で重さを気にされていますが、元々がのんびりゆっくり走る目的のシクロクロス(と言っても簡単に時速25~30Kmは出ますけど・・・)ですから言う程気にしなくても良いのではないでしょうか???

 以上何かの参考になれば 幸いです。

 kcmn608973さん こんばんは

 ルイガノCCTと言うシクロクロスに乗っている者です。

 期待されている(1)~(3)に付いてですが、まず段差に付いても石畳についても言う程一般のロードバイクと差は無いと思います。特に石畳については、例えばツールドフランス等の本場のレースを見てもお解りの通り問題なく走っていますから、走り方・コツの問題なんだと思います。ただし一般の23C等の細めのタイヤを履いたバイクですとリム打ちパンクを避けるために限界ギリギリ一杯の高圧の空気をタイヤに入...続きを読む

Qシクロのなんちゃってロード化

今シクロpoprad乗ってます。ロードが欲しいけど買う金はありません。
そこで、シクロのタイヤ23cにかえることで、
トップスピードはだいたい何km/h速くなるのか?
またロードのレースに出るのは間違ってるのか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はシクロクロスとロードを持っているので、質問に答えさせていただきます。
シクロクロスは、32cから28cを経由して現在は前輪23c後輪25cという変則的な構成にしています。

質問に対する回答ですが。
まず、「23cだとトップスピードがどれくらい上がるか?」とのことですが、非常に回答しにくいです。
元々シクロクロスで40km/h出せる人もいれば、20km/h前後の人もいるでしょう。
簡単に「10km/h上がります」等の回答はできません。
感覚的には「ギアが1枚軽くなったような印象」であり、トップスピードには、さほど影響はないように感じます(軽い負荷で走れるので、長距離を楽に走れるようになります)。

「ロードのレースに参加するのは間違ってるのか?」について。
別に問題ないのではないでしょうか?
クランクがアウター46Tと小さめなのが若干ネックになりそうですが、48Tや50Tのコンパクトクランクでレースに出てる人も居ますからね。
実際、アウタートップでケイデンス100を維持できれば48km/h出るのですから、ご本人のポテンシャル次第では良い結果を残せるかも知れません。
ただし。
同じ脚力の場合は、ロードの方が明らかに有利です。
私個人で言えば、シクロとロードでは巡航速度が5km/h程度違います。
重量(私の場合、3kgほど違います。坂道で顕著に差が出る)とホイール(高速度の維持)の影響が大きいように感じます。

以上。
なにかの参考になれば幸いです。

私はシクロクロスとロードを持っているので、質問に答えさせていただきます。
シクロクロスは、32cから28cを経由して現在は前輪23c後輪25cという変則的な構成にしています。

質問に対する回答ですが。
まず、「23cだとトップスピードがどれくらい上がるか?」とのことですが、非常に回答しにくいです。
元々シクロクロスで40km/h出せる人もいれば、20km/h前後の人もいるでしょう。
簡単に「10km/h上がります」等の回答はできません。
感覚的には「ギアが1枚軽くなったような印象」であり、トップスピード...続きを読む

Qロードレーサーとシクロクロスで履けるタイヤの太さの違いは?

キャリパーブレーキのロードレーサーと、カンチブレーキのシクロクロスでは履けるタイヤの太さにはどれほど差があるのでしょうか?

街乗りしかしないため、シクロクロスを買ったとしてもセミスリックに履き替えます。
どうしても車道から歩道に入らなければならない時の段差越えや、車道走行中のとっさの凹み越えに神経を使うのが苦手なので、エアボリュームのあるタイヤでガンガン走りたいのですが、ロードレーサーで履ける限界のタイヤの太さと、シクロクロスで履く太いタイヤではやはりそこらへんの安心感は違うものでしょうか?勿論空気圧管理は現在でも人並みにやっています。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ロード車は極力空気抵抗を減らしたいので『前面投影面積』を小さく作ります。また、極力軽くしたいので無駄な材料を使わない様サイズ的にもギリギリで作られています。なのでコンフォート向けでない『割と本気な』ロード車は本当にクリアランスが少ないのでフロントフォークの『内モモ』の部分やチェーンステーの付け根の内側がかなりタイトになっています。普通23Cまでは問題なく入りますが、車種によっては25Cでもタイヤサイドを擦ってしまう物があります。これは車種によってまちまちですので希望車種が決まりましたらその都度確認して頂く他ありません。コンフォート系やエントリーモデルなら28C位までは何とか、車種によって32Cがどうかな?って感じでしょうかねえ。

ときにここで回答しておきながら質問するのもナンですが、No,2の方にお聞きしたい事が。インチ表記のタイヤはタイヤが太くなるとリム径が小さくなる、とありますがウチではママチャリサイズの27インチリムに27x1・1/4でも27x1・1/2でも27x1・3/8でも入ります。またMTBでも26x1,25でも26x1,75でも26x2,1でも同じリムに入ります。つまり『タイヤの太さが変わってもリム径は同じ』なんですがNo,2さんの自転車はタイヤの太さが変わるとリムサイズが変化するのでしょうか?また、ブレーキの位置も同じリムなら再調整が必要だった事が無いのですがNo,2さんはその都度再調整するのですか?私が今まで認識していたのは『タイヤが太くなると外形も大きくなる』という事だけで『リムが小さくなる』という認識はまったく有りませんでした。お客さんに訊かれた時に答えられないと困るので参考になる文献も探しましたが見つからず大変気になったのでこの場をお借りしてお答え頂ければ幸いです。

ロード車は極力空気抵抗を減らしたいので『前面投影面積』を小さく作ります。また、極力軽くしたいので無駄な材料を使わない様サイズ的にもギリギリで作られています。なのでコンフォート向けでない『割と本気な』ロード車は本当にクリアランスが少ないのでフロントフォークの『内モモ』の部分やチェーンステーの付け根の内側がかなりタイトになっています。普通23Cまでは問題なく入りますが、車種によっては25Cでもタイヤサイドを擦ってしまう物があります。これは車種によってまちまちですので希望車種が...続きを読む

Qロードバイクってそんなに違うのですか?

ロードバイクってそんなに違うのですか?

ビアンキのCIELOに乗っております。
まだ購入して二ヶ月経たないほどの初心者ですが毎週末80キロくらい楽しく乗っています。

いくつか質問があるのですが

まずはタイトルにあるように
1.ロードバイクはそんなにも違うものなのでしょうか?
他の方が乗っているのをみると・・・

良いな~~速いな~ドロップハンドル格好良いな~!!

と漠然と思ってしまうのですが、果たして今の自分が買ってしまっても乗りこなせるのか、
宝の持ち腐れにならないのか?といろいろ考えてしまいます。

私の現状としては、靴はランニングシューズ、服装はジャージで、サイクリングロードで(ギアは前3後ろ7固定)時速30キロ維持、山といえるのか微妙ですが、埼玉の飯能側から正丸トンネルまで時速20キロ位(ギアは前3後ろ5.6.7の選択)でヒイヒイ良いながら走っている位のへたれなレベルです・・・。


この状況でシューズや、ウェア、車体を揃えたとするとどの程度まで速くなるんでしょうか?
さして変わらないから今のままもう少し鍛えた方が良いのでしょうか?

2.買うならロード?シクロは駄目?
いろいろ見ているのですが、正直23Cといった細いタイヤはなんか心配です(笑)
まだタイヤの違いによるスピードの差を実感してないこともあると思いますが、
ドロップハンドルが良いな!格好良いな!といった思いが強いので、
とりあえずドロップハンドルだし、28C位の太いしとタイヤで歩道も走れて安心だなと思い
シクロクロスが良いのかな?と思ってしまっていますが

シクロクロスとロードバイクはやっぱり雲泥の差なのでしょうか?

3.始めたばかりで正直メンテ等々さっぱりです、空気入れるくらいが関の山、シティサイクルのパンク修理くらいはやったことありますが、もう少しお手入れの勉強がしたいです。

おすすめのサイトや書籍があれば良い機会ですので教えていただけませんか?

たくさんありますがお答えいただける範囲でかまいませんのでご教授よろしくお願いします。

ロードバイクってそんなに違うのですか?

ビアンキのCIELOに乗っております。
まだ購入して二ヶ月経たないほどの初心者ですが毎週末80キロくらい楽しく乗っています。

いくつか質問があるのですが

まずはタイトルにあるように
1.ロードバイクはそんなにも違うものなのでしょうか?
他の方が乗っているのをみると・・・

良いな~~速いな~ドロップハンドル格好良いな~!!

と漠然と思ってしまうのですが、果たして今の自分が買ってしまっても乗りこなせるのか、
宝の持ち腐れにならないのか?といろいろ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。(はじめまして)
ロード、買ってみればいいと思いますよ。
私も、最初通勤用にクロスバイクを買いましたが、2年ほど乗ってロードに乗り換えました。
少し走り始めると、もっと速く走りたくなるものです。
そうなると、クロスバイクでは限界がありますからね。

ロードは高いイメージがありますが、ピンキリです。
そりゃ、凝り始めたらキリがなく、総額100万以上するのもありますが、クロスから乗り換える初めてのロードで、10万円以下のでいいと思いますよ。
それでも、十分ロードらしさは味わえると思います。
かくなる私も、その道を辿ってきました。(1台目はFELTのモデルチャンジ前49,800円!でした。今は、もうちょいいいのに乗ってますが)

で、それでも楽しくてもっといいのが欲しくなれば、どんどん行けばいいわけです。
際限なく広がってますから(笑)

近所の自転車ショップの店長が書いてるロードバイクに対する見方です。
これ、個人的に気に入ってて、ロード購入検討者にいつも読ませてます(笑)
ご参考に…。

以下、引用文。(関西弁お許しを。文章も多少古いです。)

ロードレーサーは何か誤解されてると思うのです。まず名前の「レーサー」がだめです。別にレースする人はそれほど多くはありません。そしてドロップハンドルで誤解されます。「こんなん乗って競争するわけやないし」とか良く言われます。また細いタイヤも誤解されます。「こんなに細いタイヤやったらすぐパンクするやろ?」これも誤解です。
もちろん今まで普通にクロスバイクやマウンテンバイクが「普通のスポーツ自転車」だと思っている方ならロードレーサーが「異様なもの」に見えるのは間違いありません。ですが舗装路を最高に軽くラクに走る事が出来るのはロードレーサー!!なのは間違いありません。
どうもロードですと「速く」走らなければならないと思ってる方がおられるかもしれませんが「遅く走っても」こんなに軽く走る事が出来るものは他にありません。実は少し前まではロードレーサーでツーリングをお勧め出来ない理由がありました。それはアルミフレームの乗り心地が「最悪に悪かった」からです。過去形で書いたのはそれまでのアルミフレームは「単に軽いから」アルミを使っていただけでしたが研究が進み現在は「とても乗り心地の良い」アルミフレームがあるからです。
本来ロードレーサーに限らずスポーツ自転車はクロモリフレームが普通でしたが今となっては貴重な存在です。クロモリなら素材(鉄)自体の振動吸収能力がありますのでほとんど乗り心地は悪くないものばかりでした。本当にレースに使うようなものでもかなり良い感じに出来ていたものでした。
何故乗り心地にこだわるかと言えば振動をほとんど吸収しないアルミフレームのガチガチのロードレーサーに乗っていたらとてもじゃないが長距離は乗れないです。10キロ程度の通勤通学でも毎日憂鬱になるくらいに最悪です。
(中略)
で、最初の問題を解決していませんでした。
ドロップハンドルはフラットバーハンドルに比べて持つ所がたくさんあり姿勢を色々変える事が出来ますのでツーリングで長距離を走ればいかにラクかがわかります。ブレーキレバーが遠いから恐い!と言う方はフレームサイズが合っていればハンドルステムの交換やハンドルの角度調整程度で調整出来ます。またブレーキのかけ方も3日乗れば慣れるでしょう。
細いタイヤでもちゃんと空気を入れておけばつまらない「リム打ちパンク」はほとんど起こりません。が、ロードレーサーの細いタイヤは高圧(7~8気圧)なのでそれに対応するポンプが必要です。もちろん最低限「段差では腰を少し浮かせて車輪に体重が乗らないように」気をつけるのは言うまでもありません。最初に付いているタイヤ(23c程度)が慣れても恐ければ25cや28cのものに交換すればもっと安定感は増すでしょう。
以上のように舗装路を走るにはマウンテンバイクやクロスバイクよりももっとラクで長距離も心地良く走る事が出来るロードバイクがある事をお忘れなく。
とにかく一度ロードに乗ってみて下さい!!
まさに目からウロコがボロボロ落ちる事は間違いありません。

以上、転用文。

どうですか?
これで、決心がついたのでは?(笑)

こんばんは。(はじめまして)
ロード、買ってみればいいと思いますよ。
私も、最初通勤用にクロスバイクを買いましたが、2年ほど乗ってロードに乗り換えました。
少し走り始めると、もっと速く走りたくなるものです。
そうなると、クロスバイクでは限界がありますからね。

ロードは高いイメージがありますが、ピンキリです。
そりゃ、凝り始めたらキリがなく、総額100万以上するのもありますが、クロスから乗り換える初めてのロードで、10万円以下のでいいと思いますよ。
それでも、十分ロードらしさは味わえる...続きを読む

Qクロスバイクかシクロクロスどっちを買うか迷ってます。。

初めてスポーツタイプの自転車を購入しようと考えています。
できるだけ軽快にスピーディーにそして長時間走るのに適したものを探しています。
ただ走行中の段差、悪路、水溜りなんかにもある程度対応していて安全なものがいいと思ってます。

ネットで調べてみるとクロスバイクはロードバイクとMTBのちょうど中間なので僕の条件にあっていると思うのですが、ドロップハンドルでちょっとした悪路にも対応しているものを探しているんです。
そこでシクロクロスってものがあるのがわかったんですが、悪路には対応しているみたいだけど、どのくらい軽快にスピーディーに走れるのかが気になります。
タイヤが結構太いって言われていますが、どなたか性能の差についてご存知の方教えて頂けないでしょうか。
性能がクロスバイクと変わらないのであればシクロクロスにしようと思ってます。
現在気になっているのが『SPECIALIZED / TC Sport』です。
http://garage-takaido.com/rcmd_xbike.html
このタイプはシクロクロスになるようです。

またもしロードバイクで悪路にも対応しているものや、クロスバイクと呼ばれるものでドロップハンドルになっていておすすめの自転車などがありましたら是非教えて頂けるとありがたいです。。
要はドロップハンドルになっていてクロスバイクの要素を兼ね備えている自転車を探しているんです。。
よろしくお願い致します。

初めてスポーツタイプの自転車を購入しようと考えています。
できるだけ軽快にスピーディーにそして長時間走るのに適したものを探しています。
ただ走行中の段差、悪路、水溜りなんかにもある程度対応していて安全なものがいいと思ってます。

ネットで調べてみるとクロスバイクはロードバイクとMTBのちょうど中間なので僕の条件にあっていると思うのですが、ドロップハンドルでちょっとした悪路にも対応しているものを探しているんです。
そこでシクロクロスってものがあるのがわかったんですが、悪路には対...続きを読む

Aベストアンサー

 masasi11さん こんばんは

 #3です。

 ビアンキのルポにほぼ決まりとの事ですね。実は私、今は07モデルのルイガノCCT(シクロクロス車)をツーリングに使っているんです。このCCTを買う時にルポとで悩みました。そしてルポと似ている構造のバイクに乗っている関係で、少しはルポの事も解ります。そう言う経験上を踏まえて書きますね。

 まず私がCCTとルポでCCTを選んだ理由ですけど、単なる「色が気に入らない」と言う事だけなんです。CCTとルポとの違いですけど、メーカー以外にはCCTに比べてワンランク上のディレーラーを使っているのがルポなんです。ですから単純な性能だけで選べば、CCTよりルポの方が性能は上だと思います。CCTよりコストパフォーマンスが高いのがルポと言う事ですね。しかし07モデルでは車体カラーを選んだとしてもハンドルバーテープやサドルの何処かに「チェレステカラー」と呼ばれるビアンキ独特の緑色っぽい色を使っていたんです。この色が私の大嫌いな色だったんです。シートやバーテープを他の色の物に変えたら良いんじゃないかと言う意見も頂いたのですが、嫌いな色を使った部品を取り付けた経験のある自転車には乗りたくないと考えて、ディレーラーでは悩みましたけどCCTを購入しました。カタログでしか見た事が無いのですが、08モデルには「チェレステカラー」を使った部品を使ってないカラーバリエーションが有りますから、08モデルで選ぶなら、間違いなくルポにしたでしょう。

 ルポを含めたシクロクロス車は、本来シクロクロスレース用のレーシングバイクなんです。したがってシクロクロスと言うレースに無関係な(別な言い方をしたら車重を重くして速度を出し難くする)部品は付いていません。ですからルポをツーリングに使う場合、リアキャリアを装着しないと荷物を積む事が出来ません。その時に注意して欲しいのが「リアキャリア固定用のダボ穴」が有るかどうかです。07モデルのルポには「リアキャリア固定用のダボ穴」が有るのですから、多分08モデルのルポにも多分有るだろうと思います。その点は確認して下さい。「リアキャリア固定用のダボ穴」が無かったらリアキャリアはシートポスト固定用の物しか使えなくなりますから、積載重量が限られて来ます。そのダボ穴が有れば、例えばミノウラ「MT-800N」(http://www.minoura.jp/carrier/mt800n/mt800n.htm)等の十数Kgの荷物を積載出来てサイドバックも装着可能なツーリング向けのリアキャリアが装着可能になります。私はこの「MT-800N」をリアキャリアに使っています。

 長距離ツーリングではハンドルバックがあれば凄く便利です。例えば財布や地図・デジカメ・汗拭きタオル等のちょっとした小物を収納出来て便利です。しかし吊るしのままのルポでは、ハンドルバックを装着させる事が出来ません。それはルポ等の多くのドロップハンドル装着車は、STIと言うシフト・ブレーキレバー兼用のレバーを採用しているからなんです。STIを採用している車種の場合、シフトレバーが左右のレバーの内側に向けて出ている関係で多くのハンドルバックが装着不可能なんです。そこで「変速バナナ」と言う部品を使ってシフトワイヤーを逃がす事でハンドルバックが装着可能になります。この方法で私は「トピーク ツアーガイド ハンドルバー バッグ」(http://www.topeak.jp/bag/bag163.html)をハンドルに取り付けています。
 masasi11さんは「補助ブレーキがついているのでクロスバイク的な形でも乗れるのかな」と記載していますが、ツーリング目的でハンドルバックを装着した場合補助ブレーキは物凄く使い難くなり「物理的に装着してあるだけ(飾り)」と考えた方が良いでしょう。それとハンドルバックを装着しない場合でも元々のメインブレーキより制動性(効き)の弱い補助ブレーキですから多用は禁物だと私は考えています。補助ブレーキとは、ドロップハンドルのトップ部分を持って運転している時でもブレーキを掛けられる程度の物で決して使い勝手は良い物では有りません。ですからドロップハンドルは元々フラットバーハンドルと形状も違い特性も違いますから(フラットバーハンドルはタイヤを地面に押し付けてタイヤのグリップ力を強くして走るのに効果的なハンドルで、ドロップハンドルはそう言う使い方には不向きなハンドルです。)、幾等補助ブレーキが有るからってクロスバイクと同様な使い方は難しいと考えた方が良いでしょう。私のCCTに補助ブレーキが有るのですが、結果的に邪魔と考えて外しました。

 以上でお解りになったかと思いますけど、ルポを買われてもツーリングで荷物を積んで走る場合は色々な工夫をしないとならない事がお解りになったかと思います。まずは「リアキャリア用のダボ穴」があるかどうかが、ツーリング目的で使えるかどうかですから、購入前に確認して下さい。それとルポをツーリングで使い易くする為にはハンドルバックを装着すると良いと思うのですが、「変速バナナ」でシフトワイヤーを逃がさないとハンドルバックが装着出来ないです。それと身長も182と大きい様ですからサイズ的に調整が必要かもしれません。以上の事を総合して、ショップで色々相談しながら改造してもらって購入すると良いでしょうね。

 以上何かの参考になれば幸いです。

 masasi11さん こんばんは

 #3です。

 ビアンキのルポにほぼ決まりとの事ですね。実は私、今は07モデルのルイガノCCT(シクロクロス車)をツーリングに使っているんです。このCCTを買う時にルポとで悩みました。そしてルポと似ている構造のバイクに乗っている関係で、少しはルポの事も解ります。そう言う経験上を踏まえて書きますね。

 まず私がCCTとルポでCCTを選んだ理由ですけど、単なる「色が気に入らない」と言う事だけなんです。CCTとルポとの違いですけど、メーカー以外...続きを読む

Qクロスバイクで段差を乗る超えられるタイヤ幅はそのくらい?

ママチャリからクロスバイクに乗り換えようとしている初心者です。
タイヤ幅が細いと段差を乗り越えたときにパンクしやすい or リムが曲がると聞きました。どのくらいの太さがあれば車道・歩道の段差乗り越えに耐えるものなのでしょうか?

クロスバイクを買ったら休日に多摩川沿いサイクリングロードをゆっくりと20~30km走るのが主用途になるのですが、たまには最寄りの駅へ買い物にも出かけます。その時は歩道を走ったり、歩道と車道の段差をクリアしなければならない場合がでてきます。

クロスバイク初心者用ですと、タイヤサイズは700×28Cとか32Cのようですが、28Cでも段差乗り越えは問題ないでしょうか?

今のところ購入候補としては、
・Specialized Sirrus 700×28C
・TREX 7.3FX 700x32C  
ですが、28Cと32Cでは段差乗り越え具合はどうなんでしょうか?
一概に何ミリだから大丈夫、ダメということでもないでしょうが・・・
目安でもあれば助かります。
   

Aベストアンサー

言われている通り一概には言えません。

私は長距離向けロード(タイヤ700X23C)を近所の足にも使っていて、たまに歩道を走りますが、段差によるパンクは経験したことがありません。
ちなみに、普通の軽快車(ママチャリ)でも、自転車を趣味にしてから5年間。一度木片が刺さってパンクしてのみで、段差でのパンクはありません。

空気圧の管理をしっかりして、段差の乗り越え方の基本ができていればタイヤの細さは心配ないと思います。

文章だとうまいこと言えないのですが、大げさに言うと
段差が来たら腰を浮かせてハンドルから力を抜く(または軽く引く)、前のタイヤに荷重をかけないようにして、前のタイヤが越えたら、後ろのタイヤに荷重をかけないように、ハンドル側に体重をかけます。

自転車にきちんと乗れていれば、パンクなんてそうそう起こりません。(運もありますが)
たまに街乗りMTBでパンクしている人も見かけますからね・・・

まぁ一言アドバイスするとすれば、クロスバイクなら太さに大差ないから大丈夫。それでもパンクしたら乗り方がうまくない。

Qシクロクロスの優位性って?

 新しい自転車を購入していろんなところに走りに行ったり、ネットでいろいろ情報を仕入れているのですが、シクロクロスのポジションというか、ロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイク、ランドナーと比べた場合の優位性がいまいち良く分かりません。
 多くの車種がある中でシクロクロスを選ぶだけの優位性はあるのでしょうか?
 逆にシクロクロスの弱点もあれば教えてください。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 shimojoさん こんばんは

 ルイガノのCCTに乗っている者です。

 シクロクロスとは、「ロードバイクのオフロード走行が出来る特殊バージョン」と考えると解り易いと思います。ですから標準状態のシクロクルシでも装備等ロードバイクとの数々の違いが有ります。
 シクロクロスは冒頭で記載した通りオフロード走行用のロードバイクですから、泥んこ道(程度問題ですけど・・・)を走る事もあるわけです。その為タイヤは30C以上の太目のタイヤを履いています。そしてブレーキに泥が詰まって作動しなくなるのを避けるために「カンチブレーキ」を使っています。又クランクやフロントディレーラー・チェーン等に泥が詰まって作動が可笑しくならない様に、ロードバイクよりクランク・BB回りの取り付け位置が高めに設計されています。と言う特長が有り、ロードバイクの苦手なオフロード走行を可能にするための装備が施されています。この装備(特に太目のタイヤ)のおかげで、シクロクロスをツーリング用のバイクとして使う方も多いんです。
 ツーリングは時と場合によっては多目の荷物を積んで走る可能性が高いですよね。ロードバイクは元々荷物を積んで走る事を前提に考えている車種では無い事と、例えリアキャリアを装着しても23C位の細いタイヤを装着しているロードバイクでは安定性が悪いんです。シクロクロスの場合は30C以上の太目のタイヤを履いていますから、荷物積んでの走行時でも安定性が良いと言う特長が有ります。したがってツーリング目的でのシクロクロスを使う方は増えています。
 ランドナーについては、ハンドルに装着しているレバーがブレーキレバーだけでSTIではない為、フロントにも荷物を積み易い構造をしているのでより大量の荷物を運ぶ事が可能です。したがってシクロクロスよりよりツーリングには適している車種と思います。しかし現在では「絶滅危惧車種」と言われていて車種が少なく有っても値段的に高価なため、低価格でのツーリングバイクを求める方にはシクロクロスの方が人気が高いんです。
 私の場合は写真撮影の足としてシクロクロスを選択しました。理由は写真機材を積んでの走行でも安定性が良い為です。

 シクロクロスの特長は、そのまま欠点でも有ります。タイヤが30Cより太いため舗装路では思うほど速度は出ません。それとカンチブレーキを採用している為、ロードのキャリバーブレーキより制動性は弱いです。この制動性は慣れの問題で少し早めにブレーキングすれば良いのですけど・・・・。

 以上私なりに纏めてみました。何かの参考になれば幸いです。

 shimojoさん こんばんは

 ルイガノのCCTに乗っている者です。

 シクロクロスとは、「ロードバイクのオフロード走行が出来る特殊バージョン」と考えると解り易いと思います。ですから標準状態のシクロクルシでも装備等ロードバイクとの数々の違いが有ります。
 シクロクロスは冒頭で記載した通りオフロード走行用のロードバイクですから、泥んこ道(程度問題ですけど・・・)を走る事もあるわけです。その為タイヤは30C以上の太目のタイヤを履いています。そしてブレーキに泥が詰まって作動しな...続きを読む

Qクロスバイクのタイヤ幅変更(25Cか28C)

スコットのエントリーモデルSUB40というクロスバイクに乗ってます。
週末に30~50km程度のポタリングが主な用途ですが、
たまには100km前後のツーリング大会に参加したいと思ってます。

標準タイヤはコンチネンタル・スポーツコンタクト700×37Cと太めのを履いてます。
現状、特に不満も無く乗っていますが、タイヤ・チューブの交換程度のことで、
変わったなぁ~と体感できるのであれば、パンク修理の練習も兼ねて自分でやってみようと思います。

・スポーツ車らしく、見た目もう少しすっきりしたい。
・少しでも軽く、楽に走りたい。

そう考えだすと、上り坂にさしかかって急激な減速感はタイヤ幅のせいなのかな?
と思えてしまうのです。

ホイールは700×25Cまで対応できるようですが、この際一気に25Cまで細くしてしまうのは冒険でしょうか?
ジャイアントのエスケープ標準の28Cぐらいの方が無難でしょうか?
37Cからだと28Cも25Cもそれほど変わりませんでしょうかね・・・
なにかしらアドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

http://alexrims.com/product_detail.asp?btn=4&cat=4&id=88
このリムです。ALEX SUB
622×17です。

17mm内幅の1.4倍が最小タイヤ幅ですので
24cが最細タイヤサイズになるリムですね。

ポタリングの走行箇所がわからないので
的確にはいえません。
もし。
歩道をのんびり走るとかであれば
25cは全く勧められません。

空気圧管理が大変!というのは
端的にいえば、
週末ポタリング?の前に、
必ず空気圧点検して継ぎ足さなければならないのが25cタイヤといえます。
28cであれば2週くらいはもつでしょう。
細いタイヤというのはその分高圧にしないといけなくなりますし
その性で圧が抜けやすく、抜けた状態で乗るとパンクする。
ましてや歩道上などであれば一発でチューブが即死する。
そう言う事になります。

また。
上り坂にくるといきなり速度が落ちるのは簡単な理由です。
=ケイデンスが低い状態で漕いでいるから。
下り坂が終わるところで90rpm以上で漕いでいれば
ギアチェンジをしても、そんなにいきなり速度が落ちる事はありません。

タイヤは無関係です。
タイヤで速く成る事はほぼありません。

試しに今のタイヤで限界まで高い空気圧で乗ってください。
それが28cの走行感ですよ。
それよりももっと堅く軽くしたのが25c。

歩道を走らないのであれば28c以下は非常にふさわしいタイヤです。

http://alexrims.com/product_detail.asp?btn=4&cat=4&id=88
このリムです。ALEX SUB
622×17です。

17mm内幅の1.4倍が最小タイヤ幅ですので
24cが最細タイヤサイズになるリムですね。

ポタリングの走行箇所がわからないので
的確にはいえません。
もし。
歩道をのんびり走るとかであれば
25cは全く勧められません。

空気圧管理が大変!というのは
端的にいえば、
週末ポタリング?の前に、
必ず空気圧点検して継ぎ足さなければならないのが25cタイヤといえます。
28cであれば2週くらいは...続きを読む

Qロードバイクでのヒルクライムは楽ですか?

MTBのギア(クロスバイク)とロードバイクのギア比はコンパクトクランクとかであっても、一番軽いやつでも倍くらい違いますが、
ロードのほうがヒルクライムがしやすいと聞くのですが本当ですか?

自分はMTBのギアを使用しているクロスバイク+トゥクリップ(車重のみ11キロ)ですが、前28×後32(ギア比0.9)ぐらいを結構良く使います。それとその一つ上
 激坂でなくても長い坂では体力消耗の為に・・

こんな自分でもロードバイクだと倍のギア比でも軽く登れるんでしょうか 

ヒルクライムは、重さが大事なのは理屈で分かるんですが
ロードは車体が軽い、タイヤなど抵抗などが軽いとは思いますが それでもクロスとの違いはせいぜい3キロほどですね

レースで乗るのではなくツーリング派なのでロードでも荷物は3キロぐらいは持つと思います。 
クロスバイクでいつもの装備3キロをもたずに、ヒルクライムで試してみたのですが使うギアも体力的にもたいした違いはありませんでした。

ちなみに膝を痛めているので重いギアや立ち漕ぎは基本的にしません。
※ロードバイクに興味があるので、お暇な方でいいのでご意見お聞きしたいです。

MTBのギア(クロスバイク)とロードバイクのギア比はコンパクトクランクとかであっても、一番軽いやつでも倍くらい違いますが、
ロードのほうがヒルクライムがしやすいと聞くのですが本当ですか?

自分はMTBのギアを使用しているクロスバイク+トゥクリップ(車重のみ11キロ)ですが、前28×後32(ギア比0.9)ぐらいを結構良く使います。それとその一つ上
 激坂でなくても長い坂では体力消耗の為に・・

こんな自分でもロードバイクだと倍のギア比でも軽く登れるんでしょうか 

ヒルクライムは、重さが大...続きを読む

Aベストアンサー

6です。
ロードレーサーでゆっくり走るのは別に邪道でも何でもありません。
初心者や体力に自信のない方がとてつもなく速く走れるわけもなく、またレーサーの雰囲気を楽しまれる方も大勢います。
普通は、乗っているとだんだん強くなります。

ショップなどで、正しいポジションやペダリング技術などを教えてもらうと良いでしょう。
サドルが低い、高い、ハンドルの位置が変、がに股、登りで両足で踏んでいる、栄養補給、給水方法等、自分で気が付かない事も結構あります。

後ろのギヤは、アレは標準でメーカー(シマノとか)にはもっと大きいロー側が用意されています。MTB用としてです。基本的に同じ物。
リヤメカをMTB用のものを使えば、使用可能だと思います。
そこら辺はショップで相談してください。

ヒルクライムのレースでは、速く走れるから使います。
MTB用のフレームの方が速いとなれば、それを使う人もいるでしょう。

Q長距離ツーリングに使ってはいけない自転車

以前この項目で「長距離ツーリングに使う自転車」について質問させていただいたのですが、逆に使ってはいけない(使いにくい、サポートが悪い、あの店で買ったらダメなど)ような自転車があれば教えていただきたいと思います。

車種や、会社、ショップなど教えてください。

Aベストアンサー

 tuffaさん こんばんは

 世の中にはスーパーやホームセンターで売られている1万円で十分おつりがくるママチャリで日本一周をする兵もいますから、長距離ツーリングに適してない自転車は存在しないのかもしれません。と言う事を前提に置いて説明しますね。

 長距離ツーリングで一番考えがいとならない事が、ツーリング先での故障です。故障が起こった段階で修理出来ないとその時点でツーリングはおしまいになってしまいます。一番多い故障は、タイヤのパンクです。tuffaさんもご存じと思いますけど、まともなスポーツサイクルは「クイックリリース式」と言う方式でホイールがフレームに固定されています。したがって前後のホイールをフレームから外して再度取り付けるのに、慣れた人だったら10分位で可能なんです。それに比べ俗称ママチャリと呼ばれているシティーサイクルの場合は、ホイールを外すのにブレーキを外して等結構厄介なんです。ですからタイヤの中のチューブに亀裂が起こってのパンク等でチューブ交換をする場合、まともなスポーツサイクルは替えのチューブを持ってさえいれば簡単に短時間で交換が可能ですけど、ママチャリの場合は色々な道具を使って時間をかけてばらして交換する事になります。と言う事を考えただけでもママチャリでの長距離ツーリングは避けた方が良いでしょうね。

 後は「MTBルック車」等と言って2万円位の低価格でスポーツバイクの雰囲気だけを味わえるスポーツバイクの形状をしたママチャリが売られています。そう言う自転車ですと、部品も値段なりの部品しか使ってなくて長距離走行に耐えられない場合も多々あります。そう言う自転車は主にホームセンターやネット通販専門店で販売されています。ですからそう言うショップでの購入は避けましょう。もちろんそう言うショップでもきちんとした自転車を販売しているショップも多々ありますから、値段とメーカーで選ばれたら良いと思います。
 自転車の車類にもよりますけど、5万円位以上の価格でまともな自転車屋さんで販売している車種なら、本当の意味での長距離ツーリング向けかどうかはさておいて長距離走っても問題がない車種が沢山売られています。何処で買うにしてもそう言う自転車を買われたら良いと思います。

 #2さんには物凄く申し訳ない事を言う様ですけど、保存状態や走行距離にもよりますけど4年使っていたら「いつパンクしてもおかしくないですよ」と自転車屋さんに言われても致し方がないでしょう。そんなにタイヤをケチって使わない方が良いと思います。安全の為にもね。パンクしないまでもタイヤの本来の性能では走れないでしょうから・・・・。

 以上何かの参考になれば幸いです。

 tuffaさん こんばんは

 世の中にはスーパーやホームセンターで売られている1万円で十分おつりがくるママチャリで日本一周をする兵もいますから、長距離ツーリングに適してない自転車は存在しないのかもしれません。と言う事を前提に置いて説明しますね。

 長距離ツーリングで一番考えがいとならない事が、ツーリング先での故障です。故障が起こった段階で修理出来ないとその時点でツーリングはおしまいになってしまいます。一番多い故障は、タイヤのパンクです。tuffaさんもご存じと思いますけど、ま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報