現在、中学3年生の娘が高校生になってから海外へ留学したいと考えています。そのため留学に力を入れている高校を考えています。その際、親に知識がありませんが、今からどのような準備が必要でしょうか?また、自費の場合どのような留学がお勧めで費用は、どのくらい準備すべきか?短期では意味が無いから最低1年必要とかの情報意見ありましたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

留学がお子様にとって高校生活のすべてとなることはないでしょうから、個人的な意見では留学に力を入れている学校にそれほどフォーカスされなくてよいと思います。

但し、交換留学の1年間ですと話は別ですので、交換留学制度のある学校に絞ったほうがよいでしょう。

オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、イギリス、アメリカ、カナダといろいろ書き込みを見ますが、この先のお子様の人生がまだどうなるか分かりませんので、普通にまずは日本の高校に入ることをお勧めします。

フィジーに留学して帰国子女枠ということも書かれていますが、自己都合で留学されての帰国子女枠で大学受験できる大学は限られていますので、これはやめられたほうがよいでしょう。
    • good
    • 18

フィジーにあるフリーバード学園という高校に入学するとう道もありますよ。


来年の1月から日本人の入学は可能になるということで凄く話題になっています。
この高校を卒業すればフィジー政府認可の高校卒業資格を取得することも可能で、
海外の大学はもちろん、帰国子女枠として日本の大学を受験できるという道もあるとのことです。
寮に滞在した場合、1年間で123万円で生活できるそうです(授業料、滞在費、食費込み)
中学生の進路先としてはもちろん、高校留学や編入も出来るそうですよ♪

私自身フィジー留学経験者で約半年、語学学校に通っていました。
よく言われていますが、留学は本当に自分次第なので期間よりも中身だと思いますね。
1年間行っても私より喋れない人はたくさんいましたし、3ヶ月でもかなり伸びている人もいました。
目的によっても異なりますが本格的に英語を勉強し、話せるようになりたいのであれば、
やはり1年間は行くことをオススメします。
ただ、海外の生活を体験してみたい、外国人の友達が欲しいという目的であれば
2、3週間で十分だと思います。

お子様の目的を明確にしてあげ、その目的を達成するには何をしたらいいか考えたとき、
何がどのくらい必要なのかがより見えてくるのではないかと思います。


私はアメリカやオーストラリア、カナダといった物にあふれている国よりも
物は何もないけれど夢や希望、笑顔に溢れているフィジーが生活をするにあたって
非常に良いと思います。

参考までにフリーバード学園のURL載せておきますね♪
http://www.spfb.jp/
    • good
    • 14

私は6週間の短期の留学でしたがだいぶ自分に自信をもてるようになりました。


本人次第だと思います。
英語が凄く得意な子でも人と話すのが苦手なら1年行っても出来るようにならないです。
英語が苦手でも人と話すのが好きなら2週間くらいでもだいぶ出来るようになります。
私は行く前はクラスで英語がほぼ最下位だったのに帰ってきてから英語が好きになり真剣に勉強をして今は5番くらいまでになりました。
娘さんが行きたいと思っているのなら行かせてあげるべきです。
絶対行ったほうがいいです。
親はすごく行っている間は心配しますが全然英語が通じなくても普通に楽しく生きていけます。
私はジェスチャーばっかりで話してました。
英語の勉強をしたりの準備をしなくても大丈夫です。
帰ってきてからその留学が楽しければ勝手に勉強しはじめると思うし将来の事も考えるようになると思います。
ニュージーランドは日本人の留学生が多いらしいです。
日本人は少ないほうがいいのでなるべく日本人がいない英語圏に行かせてあげてください(値段はだいぶ高くなりますが・・・)。
行くなら絶対1年の方がいいです。
私は6週間のイギリスのホームステイで学校に通って200万くらいかかりました。
もう一つのカナダの3週間は50万くらいかかりました。
妹は3週間のオーストラリアで40万でした。
お小遣いが6週間で18万くらいで3週間は10万くらいでした。
カードに振り込んでもらっていたので夢のように使ってしまいました。
お小遣いは行く前にしっかりいっておいたほうがいいです。
親は行っている間は心配するので私は振り込んでと電話しまくって今のうちにと値段も見ずに色んなものを買ってしまいました。
これは絶対気をつけたほうがいいです。
あとカメラは絶対いります。
なるべく写真がたくさん入るようなSDカードを用意したほうがいいです。
写真はしょうもなくても記念になります。
あと日記を細かくどんなことでも書いたほうがいいです。
私は最初のほうはやったこと全てを書いていたのですが途中でめんどくさくなって1日1行とかになっていました。
それは後悔したのでめんどくさくても書くように言っといてあげたほうがいいです。
行く場所は私のおすすめは高いけれどイギリスがいいです。
日本人が少ないし人が優しいです。
20メートルくらいはなれていてもドアを持って待っていてくれたりします。
でも何処に行ってもその場所は気に入ると思います。
帰ってきた後は1回はホストと出来るならあわせてあげたり電話をかけさせてあげたりしてください。
帰ってきてから半年くらいは本当に寂しいです。
日本が嫌いになるくらいです。

文章がごちゃごちゃしててごめんなさい。
参考になれば嬉しいです。
他にも聞きたいことがあれば何でも聞いてください。
    • good
    • 19

豪州に数年在住しています。

それ以外にも海外在住経験があり、わが子も大阪の高校からNZへ留学させたことがあります。

一番いいのは、学科もしくはコース全体でカナダなり豪州なりNZなりへ1年間留学する課程を組んでいる高校へ進学することです。国際学科、英語科、国際コース、いろんな呼称はありますがお住まいになっている地域にいくつかはあるのではないでしょうか。さらにいうならば、そういうコースや学科を設置して数年以上たっていて、ずっと同じ国に生徒を送り込んでいる学校をお勧めします。もし通学範囲内にそういう学校がないのであれば、留学は高校卒業後にでもしておいて、短期の語学研修などのある学校をお選びになるほうがいいですよ。期間は1年は必要で、それ以下であればあまり意味はないでしょう。(もちろん、海外を見る、という程度の意味はありますが)

学校として留学制度を持っている高校であれば、費用は(最近いくらかかるかは知りませんが)生活指導やメンタルケアも含めてやってもらえますし、後から余分な費用がかかることもまぁ、ありません。そうではなくて個人で業者を通じての留学、というのは高校生にはほとんどメリットはないと思いますよ。実際豪州在住ですと、日本の高校生と接する機会も多いですし、友人宅がホームステイ先を引き受けているので何人もの高校生を見てきましたが、無理に私費で来て、それに見合うだけの成長を遂げている子供はまぁめったにいません。本当の意味の留学(留年逃避とかではなく)をしたいなら期間は最低でも1年は必要でしょう。

親の準備は特に必要ありません。他の高校生と比べれば相当高い学費が必要ですが、これははっきりいって今からでは間に合いません。(借金してまで留学させるのはナンセンスのきわみです)ご本人がしっかり意思を固めることと、他の方も書いているようなNHKの英語番組なりで少しでもいいので英語を勉強されることですね。
    • good
    • 3

 私は英会話や英検、TOEICを受ける人を教えています。



 「高校で留学したい」と言う相談はよく受けます。
 で、私は「高校留学はやめた方がいい。 大学で留学しても、遅くはない!!」といいますし「高校での留学は交換留学の方がいい」とも付け加えます。
 なぜなら、もし海外の高校に入れなければ、中卒となってしまい、就職や進学に大きく影響します。
 また、海外の高校に入れなくて、日本へ戻って来て、日本の高校へ入る(通信制の高校へ入るのが大半!!)人も大勢みてきました。

 で、日本の高校へ入って在籍したまま留学するのでしたら、札幌聖心女子学院高校が留学に力を入れていますよ(北海道在住なので、北海道の学校でスミマセン)。
 一度資料を取り寄せてみたり、問い合わせてみるといいでしょう。
 あと英語科のある高校へ入るのもいいでしょう(函館の遺愛女子高校もいいでしょう)。
 
 また、大使館に問い合わせて、留学に関する資料を送ってもらうのもいいですし、大使館主催の留学フェアーに行かれるのも、いいでしょう。
 
 参考までに下にオーストラリア大使館の留学の部門のHPのアドレスを書いておきます。
 
 かなりキツイ事を書きますが、留学すると、お嬢さんや先生が学校で日本語でおこなっている事が全て英語となります。
 授業も、宿題も板書も英語、質問も友人との会話も英語となります。
 お嬢さんの英語力、大丈夫ですか(オーストラリアの高校の先生からペーパー版のTOEFLで400点位必要と言われました)。

 ですから、今からお嬢さんにはNHKの英会話番組を視聴されることをおすすめします。
 また、TOEFL、TOEIC(お嬢さんは中学生なので初心者、初級者向けのTOEIC Bridgeをおすすめします)英検を受験される事もおすすめします。
 
 お嬢さんの留学、かげながら応援してます。
 お嬢さんに「留学、かげながら応援してますと言っていた」とお伝えくださいませ。

 乱文で失礼します。

参考URL:http://www.study.australia.or.jp/
    • good
    • 10

高校生交換留学の経験なので、高校生の私費留学については分かりませんし、ご質問の的を得ているかどうか、自信ありませんが。

。。

息子が、高校2年生の時に、交換留学に行きました。
ミッション・スクールで、学校がアメリカの高校と独自で交換留学を実施していました。
交換留学に行くのは2年生の9月からで、期間は1年間したが、1年生の12月に希望者への説明会があり、参加資格は、その時点で、英検3級(中学卒業程度?)に合格している事でした。
息子は、英検は受験していましたが、未だ結果が出ていないので、説明会への参加資格はありませんでした。
でも、本人は、友達の何人かが交換留学するので、自分も行きたいと言う強い希望がありました。

そこで、交換留学コースがある英会話学校に聞いたところ、高校生の交換留学の斡旋だけでも出来ますとのことで、ここから交換留学に行けました。
この英会話学校は、アメリカのNPOの交換留学の斡旋団体経由で毎年留学生を送り込んでいました。

費用についてですが。。。
アメリカ留学先の高校の授業料は免除で、ホームスティ先もボランティア(生活費無料)で、面倒を見てもらいました。
ですから、基本的には、斡旋団体に払い込んだ費用で済みました。

斡旋団体に払い込んだ費用は、
・本人のアメリカ往復の費用(含:往復航空券等)
・日米の斡旋団体の斡旋料(事務手続き代等)
・本人へ斡旋団体経由で払われるお金(小遣い&昼食費等用)
等々の合計金額を一括して日本側の斡旋団体(英会話学校)に支払いました。
金額は、斡旋団体によっても違うのではないかと思いますし、最新のものをインターネットで調べてみて下さい。

高校生交換留学の期間は、1年間と決っています。
日本の大学受験の事を考えると、高校2年の9月から3年の5~6月位まで留学していると、なかなか難し事でもあるかも知れません。
1年間は長すぎると判断されると、夏休みや春休みの期間に、英会話学校等に数週間のホームステイを兼ねて行くと言う事も出来ると思います。

私費留学の場合には、もっと自由度があるのではないかと思いますし、ご本人の実力さえあれば、プレップ・スクール(進学校)等にも行けるのではないかと思います。
また、私費留学の場合の費用については、留学先の地域や学校によって、授業料や生活費等が違ってくると思いますので、地域は何処で、学校はどのようなタイプの学校が良いのか等希望要件を絞り込んで置く必要があるのでは。。。と思います。
高校生の私費留学を取り扱っている斡旋団体に当たれば、サンプルを教えてもらえるのではないでしょうか??
ただ、私費留学で高校3年間等と長期にわたる場合は、円と外貨の為替変動に影響される場合もあるかも知れませんが。。。

今から準備して置く事と言ったら。。。
ご本人は、語学の力を付けておく事に尽きると思いますが、食事を始めとする異文化や環境の違いに対する適応力が付けられると良いのではないかとも思います。
親御さんは、費用の準備以外でしたら、海外の手の届かないような所にいる子供さんへのサポート方法等も考えておくと良いかも知れません。
このご質問もその一環と思いますが、関連情報を沢山収集されると良いと思います。
情報収集は、書店へ行けば、高校交換留学関連の雑誌や本が置いてありますし、斡旋団体のホーム・ページでも情報は得られます。

男の子でもそうですが、特にお嬢さんですと、ホームステイ先がきちんとした家庭を紹介してくるような信頼できる斡旋団体を見極める事も大切だと思います。
斡旋団体等で開催している高校交換留学生募集の説明会等を、早めに、覗いて置くのも良いかも知れません。

ざっと検索しただけですが、例えば、斡旋団体はこんな所もありますよ。
参考になれば良いですが。。。
・AFS:http://www.afs.or.jp/jpn_ja/view/5878
・IPEE:http://www.piee.jp/
・AISE:http://www.aise.gr.jp/
・WYS:http://www.wys.gr.jp/
・STS:http://www.stsjapan.com/index.html
・AYUSA:http://www.ayusajapan.org/
・IF:http://www.if-jc.jp/
等々
    • good
    • 4

高校留学には交換留学(1年間限定)と私費留学(通常卒業を目指した複数年の進学留学)があり、どちらを選ぶかで準備も経費も異なります。



一番簡単なのは、交換留学制度を持つ(日本の)高校に進学することだと思います(選抜試験に受かれば学校がすべて手配してくれるので、これがもっとも安心・経済的な留学でしょう。ただし1年間のみ)。
高校に交換留学制度がない場合は、民間団体の交換留学制度を利用することになりますが、経費も選考試験も団体によって基準が異なります。

私費留学(卒業留学)の場合は、準備も経費負担も個人です。留学というより進学(海外の高校を卒業する)なので、入学審査(海外の学校に出願する)があり、親の長期に渡る経済支援能力、親御さんの英語能力もある程度は求められます。お子さんが準備すべきことは、入学審査に受かるべく、中学までの成績を上げること、推薦してくれる中学の先生を探すこと(推薦状が2,3通必要)、英語能力判定試験を受けること(TOEFL、SSAT、SLEPなど)などなどです。
アメリカの場合は、学費・寮費(私費留学は寮制学校に限る)で年間300~400万円はかかります。

以下のサイトをご参考までに一読されることをお勧めします。
http://www.jasso.go.jp/study_a/oversea_info_25.h …
    • good
    • 5

お住まいの地域がわかりませんが・・・。



例えば京都ですと「京都橘高等学校」http://www.tachibana-hs.jp/02_education/abroad.h …には1年間留学するコースがあります。(友人の娘さんが行ってました)

高校にこのようなコースがある学校や、交換留学生などの制度がある高校もありますので進路担当の先生に聞かれるほうがよいかなと思います。

(普通科や商業科と同じように)英語科などがある高校を調べられても・・・。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学受験の偏差値を高校受験の偏差値に変換するとどのようになりますか?

大学は、高等学校に比べ比較的頭の良い人たちが受験するため、偏差値は全体的に底上げされています。
日本の大学で最も偏差値の高い大学(学科別)は「東京大学・理科III類」で、偏差値は81だそうです。
僕の志望する高校の偏差値は66と低いので驚いてしまいました。

大学の偏差値を高等学校の偏差値に変換するとどれぐらいの数値になるのでしょうか。
参考までに、大学の偏差値でいう50、60、70、80は高校の偏差値でいういくらぐらいなのでしょうか。

Aベストアンサー

この手の話題では詳しい方がたくさんいらっしゃいますので
私のは、あくまで一般論として参考にして頂けたら光栄です。

その高校で、のらりくらりしていると
高校偏差値-(5~10)の大学が志望校になりやすいと言われています。

66ということで、学校の試験前適度に勉強していれば
関東圏ならばMARCHレベル、赤点組みは日東駒専レベルでしょう。

その高校のトップの生徒は
東大などの難関国公立を狙えるレベルだと推測されます。
現役MARCH蹴り、浪人して早慶という人が多そうなイメージです。


偏差値は目安なのでそこまで気にする必要はありません。
大学入試は偏差値ではなく、点数で合否が決まりますので。

進学校なのでこれから模試を何度も、受けられると思います。
その結果で高校偏差値を下回ってしまったら、勉強が足りないと
自覚し勉強に励むと良い刺激になると思われます。

Q個人で留学準備か、大学院に所属して留学準備か

質問よろしくお願いします。

私は現在修士2年で、今年修了です。
就職は決まっていませんが、留学をしてもう1度大学院に入り直すのを希望しています。

今までは、アメリカの大学院を希望していましたが、
大学院の先生(担当教授ではない)からは、専門にしたい地域(日本人はあまりいないかもしれません。)の大学院に行く方が良いかもしれないとアドバイスをもらいました。

専門地域の大学院の状況を個人的に調べて、2年ほど働いてお金を貯めた後、28歳で行く事を考えていましたが(現在25歳)、

私がまだ研究を続けたいと希望している事を知った、別のゼミの教授からドクターからでもゼミに来て良いと言われました。(その教授は私が海外へ行こうとしている事は知りません。)

しかし、やはりこのまま修了して留学準備を始める方が良いと考え、親に報告したところ、
せっかく誘ってくれた先生がいるなら、大学院に所属していた方が、大学院に在籍しているというバックグラウンドは、出願する際に身元保証的な事で有利に働くのでは?や、推薦書の関係で良いのでは、と言われました。
あと、フリーターではもう25歳なので良くない事や、2年モチベーションが続くか、など心配されました。

そう言われると、学問的な所属がある方が良いかなとも思いますし、
出願手続きの際に、色々便利かもと思います。
しかし、ドクターは、所属先が欲しいからなどといった理由でいられる甘いモノとも思いません。

でも、大学院に所属している方が、留学する際に良いでしょうか?
また、例えば留学斡旋会社などが手を出していないような国の大学院に、個人的に手続きして留学する事は難しいでしょうか。

質問よろしくお願いします。

私は現在修士2年で、今年修了です。
就職は決まっていませんが、留学をしてもう1度大学院に入り直すのを希望しています。

今までは、アメリカの大学院を希望していましたが、
大学院の先生(担当教授ではない)からは、専門にしたい地域(日本人はあまりいないかもしれません。)の大学院に行く方が良いかもしれないとアドバイスをもらいました。

専門地域の大学院の状況を個人的に調べて、2年ほど働いてお金を貯めた後、28歳で行く事を考えていましたが(現在25歳)、

私がまだ研...続きを読む

Aベストアンサー

個人でアメリカの大学院に留学しているんですが、そんなに難しく考える必要はないと思いますよ。私の場合はアメリカの大学からの進学なので、少し違うかもしれませんが、自分がどうやったのかだけ。

どういった方向で探すのかにもよりますが、私の場合は専攻と自分の学力を総合した上で決めました。誰か「この教授の下で勉強したい!」というのなら別ですが、やりたい勉強ができればどこでも良いのならば、意外と簡単に行けます。学校自体は、研究するために留学したいそうなので、googleでgraduate school and programで検索すれば大学院検索エンジンがいくつかでてきますから、専攻で絞ればいくつか候補は出てきますし、その中から興味のある学校のHPにアクセスしてもいいですし、資料を取り寄せてもいいと思います。

受験したい学校が決まれば、受験要綱を確認します。大抵の学校はHPに受験要綱が書いてありますし、留学生用のオフィスもありますから、そこにメールするのもありです。学校側が要求するのはどこも似たようなものなので、TOEFLのスコア、GREのスコア、大学卒業時の成績証明書、推薦状2、3通、進学を希望する理由のエッセイ、金融状況確認書、パスポートのコピーくらいです。これらは全て英語で作成してください。(パスポートを除く)

出願したら、GREを受験します。(受験が先でも公式の成績証明書を送付すればOKな場合もあります。)受験できる回数は1年に最大5回、1ヶ月に最大1回です。ただ、月末に受けて、次の月初めに受験することも可能です。Gスコアは受験直後に教えてもらえます。なので、不安ならば1度受けて得点を確認した後に出願してもOKです。

後は結果が出るまで待つだけです。

特にどこかに所属していなくても不利にはならないと思いますが、2年も学問から離れて大丈夫かな?とは思いますし、奨学金の制度もアメリカでは充実しているので、その辺も検討してみるといいと思います。また、構内でならばF1ビザでも働けます。

これはアメリカの学校に留学する場合なので他の地域に留学なさるのならば当てはまりませんが・・・。
ただ、留学希望の地域の言語が使えるのならば、意外と簡単に個人で行けると思います。

個人でアメリカの大学院に留学しているんですが、そんなに難しく考える必要はないと思いますよ。私の場合はアメリカの大学からの進学なので、少し違うかもしれませんが、自分がどうやったのかだけ。

どういった方向で探すのかにもよりますが、私の場合は専攻と自分の学力を総合した上で決めました。誰か「この教授の下で勉強したい!」というのなら別ですが、やりたい勉強ができればどこでも良いのならば、意外と簡単に行けます。学校自体は、研究するために留学したいそうなので、googleでgraduate school and p...続きを読む

Q高校のときの偏差値と大学の偏差値は関係ありますか?

高校のときの偏差値と、大学のときの偏差値はおんなじですか?
最終的には、教員採用試験に合格したいのですが、いまから、高校の偏差値を70にあげるのと、大学にいくために、高校の勉強に比重を置いたほうがよいのか。
高校の偏差値を上げることに意味はあるのか
教えてください。

Aベストアンサー

> 高校のときの偏差値と、大学のときの偏差値はおんなじですか?

違います。
大学に行くのは高校生の半数です。
高校受験の偏差値は、中学生のほぼ全員が受けた模試の結果からはじき出されますが、大学受験の偏差値は、ほぼ上位半数の中のいずれかの層(模試によって違う)が受けた模試の結果から弾き出される物です。
簡単に言うと、高校受験の偏差値50は中学生全体の真ん中あたり。
それに対して大学受験の偏差値50は、高校生全体の上位1/4の位置かもしれません。
偏差値60(って模試によって違うけれど)の大学に偏差値60の高校から行こうとすると、不可能ではないけれど厳しいものがあります。
高校の偏差値が50を下回ると、一般入試でまともな大学に行くことは困難だと思います。
高校は中学と違って、学力レベルで行き先が変わります。
高校のレベルによってやっている勉強も変わります。
中学の勉強すらできていないような低偏差値高校では、中学の勉強の延長線上にある、まともな進学校の高校の勉強には入れません。
従って、中学の復習をしつつ、高校の勉強をしていくことになります。
大概レベルが下がるほど不勉強な者が増えますので、授業のペースも上げられるはずがありません。
レベルの低い高校ほど高校の授業内容は薄くなることでしょう。

> 高校の偏差値を上げることに意味はあるのか

あるに決まっています。
中学校の勉強すらできないような教員はダメ教員です。
ただし、重箱の隅のような問題や高一の内容の問題なら、教員になるのであれば不要でしょう。
(医学部に行くというのならそれでもやるべきでしょうが)
東京で言うなら日比谷高校のような独自問題であれば、できれば解いて欲しいとは思います。
まぁあれならできなくても後でがんばれば、とは思いますが。

中学の勉強と高校の勉強は全くの別物ではありません。
当然、中学の勉強は高校入試のためにあるわけでもありません。
例えば、高校でJリーグの下部組織に入ります、というのであれば、中学の勉強と高校年代でのサッカーとどちらに比重を置けば良いでしょうか、という質問は可能かと思います。
しかし、勉強であれば、中学の延長がまともな進学校の勉強で、それが大学受験の内容です。
中学の勉強をサボるということは、100m走でわざわざスタートラインのずっと手前からスタートするようなことです。
頭の良い奴、つまり足の速い奴は、スタートラインの先からスタートしているかもしれないのに。
足の速い奴が先にいるのですよ。
あなたの足が同等に速くても、理屈の上では追いつけません。
中学でサボってレベルの低い高校に行くということは、わざわざ進路を狭めるか、わざわざよけいな苦労をしに行くことです。

ただし、どういう教員になるかによって、難易度が変わってきます。
超難関進学校に行く必要があるのかないのか、とか、国立中堅大学に普通に入れる高校になら行く必要があるとか、それはいろいろです。
あなたの学力レベルも判りません。
その辺りは明確にしておいた方が良いです。
例えば、中学の教員になるのに東大に毎年50人入れるような高校に行く必要はないかもしれません。

> 高校のときの偏差値と、大学のときの偏差値はおんなじですか?

違います。
大学に行くのは高校生の半数です。
高校受験の偏差値は、中学生のほぼ全員が受けた模試の結果からはじき出されますが、大学受験の偏差値は、ほぼ上位半数の中のいずれかの層(模試によって違う)が受けた模試の結果から弾き出される物です。
簡単に言うと、高校受験の偏差値50は中学生全体の真ん中あたり。
それに対して大学受験の偏差値50は、高校生全体の上位1/4の位置かもしれません。
偏差値60(って模試によって違うけれど...続きを読む

Q長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか? 先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘

長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか?

先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘いも色々学ばせてもらいました。
そこで考えたのが、「長期留学(1年~)の前に短期留学をして、留学の具体的なイメージを掴む」というものです。

正直、大学の留学センターに聞け、というような質問なのですが、留学経験者の方の生きた意見を聞いてみたいです。

ちなみに、長期留学は勿論TOEFLスコアなどが必要なもの、短期留学は初心者の語学留学的なものをイメージして頂くと助かります。

Aベストアンサー

長期留学の前の語学留学は、短期でも、有効でしょう。

大学2年の夏から、留学(転学)した人で、春休みに大学付属?のESL(英語学校)で英語を学び、異文化や学校の雰囲気に慣れて来て、長期留学で成功した人が居ますよ。

また、イギリスの大学で、交換留学を受入れている教授の話では、
・英語が流暢にコミュニケーション出来る。
・異文化に適応出来て、早く地元の生活に慣れる。
等の事が出来る学生は、留学に成功して帰ると言っていました。

短期でも、事前の語学留学は、長期留学への予行演習になると思います。
唯、費用と時間が掛かりますから、目的を良く弁えて、行かれると良いでしょう。

Q通っていた高校の全国偏差値(宮城県)

いつもお世話になっています。
今回は通っていた高校の全国偏差値について知りたいと思って質問します。
宮城県の県内トップ高校の県内偏差値が68で、県内トップの高校の全国偏差値が69とか70でした(当然かもしれないですが、開成とか灘とか慶応より低い)。こういうサイトhttp://momotaro.boy.jp/やこのサイトhttp://002.momo7.com/では県内トップ校の全国偏差値が出ているのに、自分が通っていた高校の全国偏差値は出ていません。ちなみにその通っていた高校の県内偏差値は、58でした(55とか59と出す塾会社もあり)。

質問ですが、自分が通っていた高校の全国での偏差値は、いくらなのでしょう?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学院榴ヶ岡ですね。私は当時「学院榴ヶ岡(←昔は男子校だった)=ナンパ高校」というイメージだったので、受験を回避しましたね(笑)が、結果的に工大高校(俺の頃は電子高と呼ばれ、男子校でった)は学院榴ヶ岡よりもさらにナンパ高校でしたね(爆)まぁここは余談ですがね。

本題に入りまして、学院榴ヶ岡は首都圏では中堅校に入りますね。おおよそ偏差値55相当はありますからね。偏差値的に学院榴ヶ岡は泉高校や富谷高校よりは上なんですがな、何故か泉高校の滑り止めにしている方がいますね。

なぜそうなのかというと、首都圏には「日東駒専」という言葉があります。これは、「日(=日大)東(=東洋大)駒(=駒沢大)専(=専修大)」の頭文字をとってそういいますが、東北学院大学のレベルがこの「日東駒専」と同じだからです。この上のレベルの大学の総称を「MARCH」といい、「M(=明治大)A(=青山学院)R(=立教)C(=中央大)H(=法政大)」の頭文字をあらわしています。これらに準ずる大学の附属高校は偏差値65を越しています。MARCHよりも日東駒専はレベルが下なんですよ。だいたい日東駒専附属高校は上は400点フラット(=宮城野高校や仙台向山レベル)のレベルの日大付属で、下が杉並区の専修大附属や駒澤大学附属高校は、300点フラット(=仙高や利府高、泉松陵高レベル)で入れてしまいます。

だから、日東駒専レベルの附属は中堅に入ります。まぁ大まかにいうと学院榴ヶ岡は「中の上」に入るでしょうね。法政大附属高校だと「上の下」に所属します。これは仙台の私立では例えられませんからねぇ。公立だと法政とどっこいどっこいなのが「二女」でしょうね。

仙台でいう二女と仙台向山や泉館山が、首都圏でいう進学校と中堅校の境目といえるでしょうね。

学院榴ヶ岡ですね。私は当時「学院榴ヶ岡(←昔は男子校だった)=ナンパ高校」というイメージだったので、受験を回避しましたね(笑)が、結果的に工大高校(俺の頃は電子高と呼ばれ、男子校でった)は学院榴ヶ岡よりもさらにナンパ高校でしたね(爆)まぁここは余談ですがね。

本題に入りまして、学院榴ヶ岡は首都圏では中堅校に入りますね。おおよそ偏差値55相当はありますからね。偏差値的に学院榴ヶ岡は泉高校や富谷高校よりは上なんですがな、何故か泉高校の滑り止めにしている方がいますね。

なぜそう...続きを読む

Q中2です。女子です。 海外への短期留学について質問です。 私は短期留学をしたい!と思ってるわけでもな

中2です。女子です。
海外への短期留学について質問です。

私は短期留学をしたい!と思ってるわけでもないのですが、ちょこっっっとだけ興味があったので留学の会社(?)にパンフレットをもらいました。

そこで質問ですが、留学したら中学は学校がある間出席停止になるのでしょうか?

中学生で留学は早いよ〜と思ってる方いると思いますが、行く気はゼロに近いですので。笑

よろしくお願いします

Aベストアンサー

「出席停止」というのは、感染症の流行などの理由で、学校側から「出席してはいけません」という対応のことですね。
あなたの場合、学校の都合ではなく自分の都合で勝手にやることなので、ただの「欠席」です。
あなたの通っている中学校が公式に認めている交換留学制度でない限り、留学している間は「中学校を欠席して、勝手に海外に行っている」状態になります。
なので、たいていは出席に影響が出にくい春休み・夏休み・冬休みを利用して短期留学に行くことが多いです。
もし、高校や大学での留学を考えている場合でも、一緒です。高校や大学が公認している交換留学制度を利用しない限り、欠席または休学扱いとなって、数ヶ月程度の留学だとしても、授業の出席日数が足りなくて留年につながったりします。

Q同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部 立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部 関西学

同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部

立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部

関西学院高等部(偏差値69)→関西学院大学国際学部

関西大学高等部(偏差値68)→関西大学法学部


上記の高校から大学へ内部進学するのと


山城高校(偏差値62)→同志社大学法学部、立命館大学法学部

大阪国際大和田高校(偏差値59)→関西大学法学部、関西学院大学国際学部

上記の高校から一般入試で大学に進学するのでは、入学者の学力はどちらが上になるのでしょうか?


よく内部進学者は外部受験者より劣るなどと言われますが、有名大学附属高校はどこもかなりの高偏差値です。上記の例で見ても高校受験時の偏差値では10以上の差があります。

大学受験の勉強を一切していないと偏差値10は埋まると思いますか?附属高校は受験勉強をしないだけで英語や一般教養レベルの勉強はその分やっています。

高偏差値の附属高校からの内部進学者と偏差値が中レベルの高校からの一般入学者、学力が高いのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

大学入学時の学力で言えば、(一般入試の)外部入学者の方が圧倒的に上です。
内部進学は高校時代、受験勉強せずに、受験勉強以外に重点を置いて、学校教育がなされているからです。

例えば、山城から関関同立に現役合格するとすれば、それはかなり受験勉強しているという証です。

この問題、中学や小学校ではいかがでしょうか?
関学の小学校はかなりの高偏差値超難関校です。
しかし、12年間にわたって、一切受験勉強をしません。同志社もそうです。
但し、立命館小学校は、小学校入学者のみで12年間、ひたすら受験勉強を行い、決して立命館大学ごときへの進学が許されません。

Q高校私費留学するとき留学団体に頼む必要は?

高校の世紀留学を考えているものですが、
留学団体の企業に払う費用がもったいない気が
しなくありません。留学団体に頼む必要性はどれくらい
あるのでしょうか。両親はあまり英語は得意ではないのですが、
自力で行うことはかなり無難なことでしょうか。

Aベストアンサー

我が家の場合はまったく個人でやりました。

まずは「高校留学」に関する参考本(本屋に行けばたくさんあります)やネットサイトで基礎知識(日本との教育制度の違い、出願方法など)を調べた上で、業者(斡旋業者)の「無料説明会」にはできるだけ参加し(利用はしませんでしたが)、最終的にはYahooアメリカ(ネット)から私立高校を一つずつ洗い出して自分(子供)の個性と希望に合う学校を選び出しました。手続きもすべて志望校のサイトに載っているので、要求される試験を受けたり、わからない点は相手の学校の留学生担当官と直接やり取りをしながら、願書をそろえて出願しました。

これまでに知り合った高校留学生の親御さんは、ほとんどが自力で手続きしていましたが、やはり海外経験があるか英語力がある程度(完璧ではありませんが)ある方々でした。熱心なご家庭では、学校選びの段階で渡米してキャンパスビジット(学校訪問)もしていたようです。

もしご両親や周囲の方で留学経験がなかったり英語にまったく自信がない場合は、業者の助けを借りることもいいかと思います。
(特に海外のサイトを読みこなせないと「学校選択」の部分が一番大変かもしれません)

ただしその場合は、決して業者任せにしないこと。必ず「自分が主体的に調べて、疑問点を専門家に聞く」、「業者がいったことは鵜呑みにせずに、多方面から自分で調べて確認する」というスタンスで行かないと危険です。場合によっては、まったく個性の合わない学校にやらされてしまったり、日本人だらけの学校を進められたり(このケースは多いです。業者といえど、全米の学校を知っているわけではなく、自分の実績のある学校しかつかんでいないからです)する場合があります。

希望を出して、自分の能力と希望に合った学校を数校紹介してもらったら、必ず自分で調べて自分で決めることが必要です。辞書を引き引きでも、親子で学校の公式HPを丹念に読んだり、過去に在校していた日本人学生を探して話を聞くなど、慎重に調べてください。
(もっとも、どうしても合わなければ途中で転校することも可能です)

高校の場合は、入学後も親の出番が多いですから、親御さんにも頑張ってもらって学校の先生と直接話し合う(メールや電話でも)ことも必要になってきます。業者を頼るのは、あくまでも入学まで(あるいは学校が決まるまで)で、その後は自力で乗り切る気持ちが必要だと思います。(高額を出して在米中もサポート、などという謳い文句には乗らないほうがいいと思いますよ)。

基礎知識として次のサイトをご覧になってください。
http://www.jasso.go.jp/study_a/oversea_info_27.html (JASSO)
また、アメリカの寮制学校は年に一回日本にリクルートに来ます(10月後半)直接学校の担当官と話し合う良いチャンスで、たくさんの留学希望者(親子)が訪れています。
http://www.schools.com/ (TABS)

我が家の場合はまったく個人でやりました。

まずは「高校留学」に関する参考本(本屋に行けばたくさんあります)やネットサイトで基礎知識(日本との教育制度の違い、出願方法など)を調べた上で、業者(斡旋業者)の「無料説明会」にはできるだけ参加し(利用はしませんでしたが)、最終的にはYahooアメリカ(ネット)から私立高校を一つずつ洗い出して自分(子供)の個性と希望に合う学校を選び出しました。手続きもすべて志望校のサイトに載っているので、要求される試験を受けたり、わからない点は相手の学校の留学生...続きを読む

Q至急!高校 偏差値

偏差値が36の公立高校の普通科と、同じ偏差値36の公立高校の園芸科や服飾科などは入試でとる点数は同じですか?

私のところで、偏差値36の普通科があり、先生が230ぐらいでいけると言っていて、同じ偏差値36の園芸科や服飾科は120から150あればいけると言っていました。 偏差値が同じなのにどうしてだろうと思いました。
だれか回答お願いします。

Aベストアンサー

偏差値というのはIQのような「絶対値」ではなく「相対値」です。
ですから同じ点数をとっても皆が高得点をとった科目と
皆が得点が低かった科目とでは偏差値は違ってきます。

Q短期留学に必要な英語力

今年の夏休みにオーストラリアで短期留学したいと考えています。考えているのは学校で申し込むものです。
内容は案内によると、週3回大学付属の語学学校で英語学習、週2回は主題別学習、週末は自由行動です。
主題別学習は、フードマーケットを見学してお菓子づくりを学んだり、果樹園などを訪れたりします。
宿泊先はホームステイです。
このような内容なのですが、やはり英会話はある程度できたほうがいいのでしょうか?今全くの初心者で、これから英会話のレッスンを受けるのは決まってるのですが夏までにはそんなにのびないですよね?
来年にしようか今年行けるか迷っています。
最後に、留学の目的は海外で生の英語にふれ、自分の英語力の無さを実感し帰国後の英語学習に生かすことです。

Aベストアンサー

他の方も言われているように、私も今年行った方が良いと思います。
私も学校のプログラムでアメリカのオレゴン州に短期留学した経験がありますが、心配していたよりも自分の英語力の無さは気になりませんでした。
語学学校の先生もホストファミリーも、私の拙い英語での表現を根気良く聞いてくれましたし、逆に私が相手の言っていることを理解できなかった場合は易しい英語で言い換えてくれました。受け入れる側としても最初から高い英語力を期待しているわけではありませんから大丈夫ですよ。わからない時は遠慮せずに正直に伝えることが大事だと思います。
ただ、まず最初にホストファミリーに会った時の自己紹介と感謝の言葉は考えておきましょう。あとは体の不調を訴えたり、電車やバスの乗り方や道に迷った場合の尋ね方なんかを知っておくといいと思います。それ以外はなんとかなるもんですよ。
私もこの経験が英語をもっと勉強したいという意欲に繋がりました。alpandes102kahさんにとっても、すばらしい経験になるはずです。
頑張って下さいね☆


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報