源氏物語の「六条御息所」のくだりについて誰か解説してください。
「夕顔」「葵上」との絡みを含めて。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この方は巻名になっていないので、位置付けとエピソードということでしょうか。

記憶で申し上げますと、光君は葵の上と結婚した頃もう、御息所の恋人になっています。御息所は、光君の心があちこちにあることにもの思いが深まり、あげく生霊となって、光君が夕顔と忍び逢っているところに現われて夕顔を死なせてしまいます。また、葵祭の見物で、葵の上との車争いに負けたのち、夕霧を出産したばかりの葵の上をとりころします。前後は忘れましたが、御息所は娘の、後の秋好中宮が斎宮となるのに付き添って都を離れ、戻ってきた後亡くなりますが、紫の上が亡くなるときも現われたりします。
正確なところは、以下のアドレスか、
http://www.sainet.or.jp/~eshibuya/
の、学術的なリンクでお確かめ下さい。

参考URL:http://www.oap.ne.jp/~spring/
    • good
    • 0

初心者向けサイトです。

解説がとっつきやすくお勧め。
詳しい方だったらごめんなさい。
「夕顔」と「葵」を読んどけばとりあえず知りたいことはOKでしょう。
源氏物語で検索をかけると、学術系サイトから軽いものまでやまほどあるので
ご自分にあったものを探されてください。

参考URL:http://www.honjo.ne.jp/hp2/shinozaki/genji-index …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報