質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

6月から事務員として働いています。
面接のときに最初3ヶ月間は試用期間なので時給制のアルバイトだから社会保険には入れない、正社員になるときに社会保険の手続きをすると言われました。
そのときは、はい、と言ってしまったのですが、採用後にやはり納得がいかなくて社会保険に加入したいことを伝えたのですが(加入しなければならないことも)、会社の規則で決まっているし、私だけ特別扱いはできないからと拒否されました。
そして結婚しているから夫の扶養に入れてもらうことはできないのか?と言われました。
勤務状態は社員と同じで月から金曜、土曜は第二と四が休み、1日8時間働いています。
ただ、早く病院に行かなければならない理由があったので、今は夫の扶養に入れてもらってるのですが。
どういう行動をとれば社会保険に入れたのでしょうか?後々働きにくくなるのが嫌なのであまり強く出られないのですが、何か良い方法はあったでしょうか?
なんだかうまく丸め込まれたようで腹が立ちます。

説明に足りない部分があれば補足します。よろしくお願いします。

A 回答 (7件)

たしかに私の申し上げていることは原則論ではありますが、社会保険事務所の監査がその事業所に入った場合、試用期間も含めて社会保険に適用されることとなります。


これはいくら会社で「内規」を定めていようとも、逃れることはできませんのでご注意下さい。
法にそった「内規」であれば良いのですが、この場合の適用不適用はあくまでも監査に入った社会保険事務所が決めることです。
ちなみに、社会保険事務所の監査で発覚した適用漏れは、最大2年前まで遡って適用とされます。

ご質問の場合は、社会保険に適用しなければならない状況ではないかと判断いたしますが、これは事業主が届出を出さないと適用されません。
無理にでも届出を出させるのならば、「社会保険事務局」に問い合わせをし、監査に入ってもらうしかないのではないでしょうか。もちろん秘密は守られますので、後で気まずくなるという心配はないと思われます。

ただ、kyaezawaさんのおっしゃるとおり、今現在はだんなさんの扶養となっているようなので、病院などに通う際の実害はありませんが、今後社会保険事務所の監査が勤務先の事業所に入った場合は、勤め始めた日からの適用に変更されますので、その分の健康保険料、厚生年金保険料を徴収される場合があります。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

たびたび詳しいご説明ありがとうございます。小さい会社なので、私が言っても監査に入るかどうか・・・
世の中不況でつくづく雇われる方は不利な立場だと不満に思います。仕事に就けるだけましかもしれないですが・・・

お礼日時:2003/07/09 00:07

こんにちは、社労士の岡です。

社会保険の加入条件を満たしているのに加入手続きを取ってくれない会社に対しては「確認請求」という手続きが出来ます。
年金事務所に対して。労働契約書、出勤簿、賃金台帳等勤務状況が分かる物を持参して、強制的に適用を促す手続きとなります。
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho …
2年迄遡及できますが、個人負担分の社会保険料はご本人が負担しなければならないことをご注意下さい。
    • good
    • 4

専門家紹介

岡佳伸

職業:社会保険労務士

特定社会保険労務士&1級FP&キャリアコンサルタントの社会保険労務士岡佳伸事務所、代表の岡です。
助成金・給与計算・年金ならお任せください。また、複雑な社会保険の新規適用も迅速に行います。 企業経営の経験を活かし、起業スタートアップ時の様々なアドバイスを行います。
元厚生労働事務官(元労働局職員)です。ハローワーク職員として3年8か月窓口業務を担当しました。日々、40名以上のお客様の対応を通して様々な事例への対処方法を身に着けております。創業支援、雇用保険を活用した人事設計、クラウド会計支援、各種助成金、キャリアコンサルティング、自己啓発体制作り、公的年金によるライフプラン設計を主に行っております。よろしくお願い致します。
【事業主様向けサービス】
創業支援・クラウド会計、給与(freee連携)・助成金・労働問題(あっせん)・キャリアコンサルティングへの対応も得意です。お気軽にご相談下さい!!
【個人のお客様向けサービス】
障害年金受給支援・雇用保険各種手続き・労災認定・労働問題相談、あっせん申請、各種就職支援、キャリアコンサルティング承ります。お気軽にご相談下さい!!

詳しくはこちら

お問い合わせ先

090-2981-3641

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

naosan1229さんは公務員さんなんでしょうね、きっと。


民間企業に勤めていれば、そんな正論だけで物事は片付きませんよ。
ぜひ、社会保険事務所の監査を広めてあげてください。
日本中の中小企業に一斉監査が入る日を楽しみにしていますよ。
社会保険事務所では人手が足りなくなり、税金を使って職員を増やすんでしょうね。
中小企業では、社会保険料倒産なんていうことが起きるんでしょうね。
まぁ、その結果として雇用環境は更に悪化するんだろうと思います。

中小企業の中には、何ヶ月経っても社会保険に入れないなんてことも珍しくないんですよ。
多少の試用期間くらいどこでもやってますよ。(ちょっと乱暴かな?)
事実、社会保険事務所に通知されても「指導」くらいで終わりです。
それで済むからやってるのではなく、その方が企業の実態に即しているからです。

あとはhirorin3さんの判断ですね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

現実的なご意見ありがとうございます。従業員十数名の小さい会社なので、おっしゃるとおり「指導」くらいで終わりそうです。ただ、試用期間といっても、前任者との引継ぎ期間が2週間くらいで、今私と同じ内容の仕事をしている人は他にいないんです。この状況で3ヵ月の試用期間は長いのではと、思ったのですが。がまんするしかなさそうですね。
でも、辞めるときには社会保険事務所にもう一度言ってみようかと思います。

お礼日時:2003/07/08 23:53

先の3つの回答は、いずれもその通りです。



法的には、事業主は試用期間中でも、アルバイトであってもご質問の勤務状況では、社会保険に加入させる義務があります。
しかし、3番の回答も現実的です。

解決方法は、あくまでも法的に処理したいなら、社会保険事務所に申し出て、社会保険事務所から会社に勧告をしてもらうことです。

ことを荒立てないようにするなら、3ケ月間ガマンをすることです。

「後々働きにくくなるのが嫌なので」ということは、結論が出ているようですね。

現在は、ご主人の扶養になっているとのことですから、実害は有りません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。3ヶ月間がまんするしか無いようですね。

お礼日時:2003/07/08 23:31

No.2の話は原則論ですね。


もちろん正論ですが、中小企業が労働基準法や社会保険のルールをすべてしたがっていたら、また関係官庁がこのようなことを100%の実施をさせるための指導を始めたら、おそらく日本経済は歯車が狂ってしまうのではないかと思います。

会社の立場から言えば、支出を抑えたいのと短期間で退職した場合の煩雑さを考えれば、3ヶ月の試用期間は決して法外なものではありません。
(私が勤務している会社でも同様の内規を定めました)

冷たいようですが、ここはガマンしたほうがいいですよ。
どうしてもガマンできないようであれば、別の会社を探すべきだと思います。
総務人事の責任者としてのアドバイスです。
    • good
    • 4

健康保険法上では「試用期間」というものは存在しません。

正社員と同じような勤務実態や、正社員の4分の3以上の勤務実態がある場合は、健康保険や厚生年金保険に加入しなければなりません。
ただ、これはあくまでも、事業主が届出を出さないといけないのです。届出を出さなければ健康保険にも厚生年金保険にも適用されることはないでしょう。

ご質問の場合、健康保険や厚生年金保険に加入しなければならなかったようですね。
この場合は、各都道府県にある「社会保険事務局」に問い合わせをしてみましょう。
事業所に対する調査権を持っているので、徹底的に調べてくれます。
ただし、あなただけでなく、あなたと同様に勤務されている他の人も、健康保険などに加入しなければならなくなります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

1度社会保険事務所に問い合わせて状況を説明したことがありますが、あまり相手にされませんでした。すごく忙しそうで早口で言われましたし・・・
丁寧な説明ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/08 23:23

3ヶ月待つべきだと思います。


3ヶ月間は夫の扶養におとなしく入って、4ヶ月目から出るべきだと思います。今の世の中、会社も支出を抑えたいので、社会保険は会社と折半で支払うことはご存知だと思います。試用期間の人間が長く続くかもわからないし、規則に同意した以上従わないと組織の結束が崩れてしまいます。よほどのことがない限り規則の例外は認められないと思います。どこの会社でも
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やはり待つしか無いんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/08 23:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会保険の手続きをしてくれない会社

すみません、教えてください。

個人企業に1年前に正社員として入社しました、週2日休みで(忙しい時は週1日休み)、朝8時から夜6時まで仕事しています。会社規模は小さいですが、社会保険などは完備しています。

何度も社長に交渉しましたが、社会保険はなかなか入れてくれないです。

知り合いから年金事務所に相談してみたらってアドバイスしてくれました。

最悪クビになってもいいですので、年金事務所に相談して、社会保険に入れて貰いたいと考えています。

こちらでお聞きしたいのは、年金事務所に相談したら、どう処理してくれますか?本当に社会保険に入って貰えますでしょうか?もし会社は払いたくないですって言うたら終わりでしょうか?

Aベストアンサー

他に入っている人がいるなら、適用事業所なんですね。
社会保険に入る人が増えれば会社負担も増えますので、なかなか入れてくれないのかも知れません。(違法ですが)
年金事務所に相談されてもそこまで強制力はないでしょうが、それがきっかけで調査が入ったりするともちろん従業員の社会保険加入状況も調べられます。
そうなれば、社員として入社しているならその時点まで遡って加入することになる可能性があり、当然本人負担額も1年分発生します。
まぁ、会社にはこれ以上加入できない状況が続くなら年金事務所に相談します、と言ってみるのも一つの手かも知れません。

Q正社員なのに厚生年金と健康保険に入れてもらえない

半年前、募集要項に「社会保険完備」と記載されていた有限会社に、入社しました。
先日、社長から「弁護士さんに聞いたらまだ保険加入させなくても大丈夫って言われたから、厚生年金とかには入れない」といわれました。
厚生年金と国民年金を比べると、もらえる年金額が違いますよね。この先昇給も望めないことがわかったので、最近
将来のことを考えて、転職しようか悩んでいます。
小さな会社だと、正社員なのに厚生年金と健康保険に入れてもらえない待遇が多いのですかね?

Aベストアンサー

法人と5人以上雇用する個人事業主は、社会保険への加入は義務です。
有限会社とのことですので、当然ながら義務となります。

この関係の専門家は、弁護士ではなく社会保険労務士です。
"弁護士"というのは口からでまかせのように感じます。

社会保険だと、年金の掛け金が大きいので将来受け取れる額も大きく、
健康保険も会社が半額負担する上に、傷病手当金制度など手厚くなっています。
サラリーマンの特典ともいうべきものです。

経営者側としては、社会保険料を負担したくないなどという言い訳があると思います。
しかしそれは経営者の勝手な言い分であり、なにしろ違法であり、
経営者ではなく、労働者である質問者さんは、それにつきあう・理解を示す必要は、ないのです。

法令遵守・労働者の権利保護といった基本的なところが欠けているようですので、
可能ならば早めに見切りをつけたほうがいいと思います。

Q社会保険(厚生年金・健康保険)がない会社に内定が決まりました。

社会保険(厚生年金・健康保険)がない会社に内定が決まりました。

さらに、雇用保険、労災保険もありません。

私は、先月に大学を卒業し、ようやく就職が決まった矢先いざ就職先で話を聞いてみるとこういった待遇の
悪さが発覚しました。

仕事は確かに自分の興味のある、やりがいのある仕事です。
ただ、老後など将来のことを考えると不安でしょうがありません。

国民年金、国民健康保険に自分で加入しつつ働こうかとも考えておりますが、厚生年金と比べ何倍も貰える額も変わってきます・・・。

就職難の中、ようやく見つけた自分のやりたい仕事。
正直大学3年から始めた2年間の就職活動で疲れきっており、また1から職歴もなしに就職活動を始めるとなると気が重いです。

母子家庭で母も高齢のため自分が家計を支えていかなくてはいけません。
自分自身もうつ病を患い、投薬治療しながらの生活です。

会社名は伏せますが、本社とは別にある小さな営業所です。
会社も強制保険で義務であるはずの雇用保険、社会保険にも加入していないため、不信感を持ってしまっています。社員のことを大事に考えてくれているのであれば、こういったことも本来しっかりしているはずなのではないだろうか・・・と。

実際に会社の人柄もよく、尊敬できる人間ではあります。入社前なのにとてもよくしてくれます。厳しく指導もしてくれます。
ですがその会社の待遇の部分がどうしても不安で。

会社を紹介してくださった方にも会社の方にもここまでしてもらって、いざ「やっぱりやめます」というのが恐ろしくてしょうがありません。


少ない情報量ではありますが、私はどうすればいいのでしょうか・・・。
この会社はやはり辞めておくべきなのでしょうか。

社会保険(厚生年金・健康保険)がない会社に内定が決まりました。

さらに、雇用保険、労災保険もありません。

私は、先月に大学を卒業し、ようやく就職が決まった矢先いざ就職先で話を聞いてみるとこういった待遇の
悪さが発覚しました。

仕事は確かに自分の興味のある、やりがいのある仕事です。
ただ、老後など将来のことを考えると不安でしょうがありません。

国民年金、国民健康保険に自分で加入しつつ働こうかとも考えておりますが、厚生年金と比べ何倍も貰える額も変わってきます・・・。

就職難の中、...続きを読む

Aベストアンサー

litium555 さん内定おめでとうございます^^

私の息子の働いている職場も従業員が30名以上いて株式会社という名目だけで社会保障は無く、就職を決める際、株式会社だから社会保障は充実しているだろうと安心してたのですが、、、中身が無くがっかりでした。。。
本当なら労働基準法に罰せられるのでは?と思うのですが、、、国の管理体制は甘過ぎです。。。

中小企業というか零細企業は会社事態が社会保障を半分持つとなると人件費に食われてしまいやって行けれないというのが現状なのでしょう。。。
社会保障がある会社だと、正社員を少しでも減らし、パートやバイト雇用を重視しながら、何とかやれるみたいな。。。状態なのではないでしょうか。。。


まずは、、、

● 国民年金に加入(厚生年金がないのですから、法律上強制的に入らなくてはなりません)

  ・老後の安心・将来設計を考え、現状では、国民年金に上乗せ+付加年金・又は、国民年金と年金基   金。。。(少しでも割引が効き、お得な前払いや年額前払い等もよりの役所か社会保険事務所等で   詳しくお聞きになり決められると良いですよ。。。)

  ・ちなみに息子は、独身貴族なので将来の事をそこまで見据えていなく、私達親が二十歳から国民年   金は年払いで掛けて働く様になって給料が安定したら強制的に付加年金手続きをしました。。。
   400円位+で貰える額が○(5倍?)倍増えるからです。。。
   年金基金の方がお勧めですが、、、自分で掛けるとなると小遣いは減るし、今は守るべき家族もい   ないので本人の若さゆえ認識の無さで勧めても気がないのです。。。
   厚生年金みたいに最初から給料天引きなら良いのですが。。。(国の改善ありきですわ^^;)

  ・他にお勧めは民間の生命保険や銀行の生保やJA等で確定年金があります。。。
   (詳しくお聞きになられ加入されると良いのでは?)

  ・私個人的考えではlitium555さん 独身でまだこれから就職されるのですから、貯蓄をコツコツと   されれば良いのでは?!守るべき家族が出来た時に家族が困らない様に生命保険等に加入と      か。。。国民年金に加入していれば、もしかの時は子が18歳までは保障されますよ(年額○万)

●国民健康保険加入

●労災や失業保険がないので、それに担う生保の掛け捨ての傷害保険・収入保障の保険等に詳しく生命保険等に色々な保険会社等でセールスレディー等にお聞きになられ損の無い様に吟味され加入されれば良いのでは?ないでしょうか。。。

将来の事見据え考えてみえるからすごいですね。。。
若い子だとなかなか厚生年金だの健康保険だの考えない人多いですもの。。。
だし、給料からの天引きが多く手取りが少なくなるからと「ブーブー」言う人が多い中、感心です。。。

 
>仕事は確かに自分の興味のある、やりがいのある仕事です。
ただ、老後など将来のことを考えると不安でしょうがありません。

>この会社はやはり辞めておくべきなのでしょうか。

●派遣社員やなかなか正社員でなく就職が決まらないご時勢の中、ご自分に興味がありやりがいがある仕事でしたら、取り合えず働いてみても良いのでは。。。
老後や将来って、、、まだ若いのですから、、、いつでもやり直しは効くでしょうし、あまり先の先心配までしていたら心や体がいくつあっても足りません。。。
若くても明日、、、何が起こるかわからないし。。。(天災や事故・病気・・・極端かな?;ごめんなさいね。。。)

自営業者や零細中小企業での働いている人達は皆、不安だらけでなんて。。。生きてられなくなってしまいます。。。
心配御無用とは言いませんが、、、その様に貯蓄やそれに担う保険等に加入すれば良いと思いますよ。。。
あまり保険に固執するのも良くないですが、、、先立つ物はとにかく自由になる貯蓄だと思います。。。

無理せず方の力抜いて。。。「何とかなるさ、、、人生。。。よ^^。」
余談ですが、、、ちなみに私も自営業者で厚生年金ではないし安定した共済年金が羨ましいと常ずね思っております。。。
真面目に国民年金を掛けておりますが、全く国民年金を掛けてないのに老後、国から援助を受け生活保護者の方が受け取る額が多いなんて、、、おかしい矛盾した国の管理体制にあきれますが、、、自分の身は自分で守る体制も忘れてはいけません。。。
全てを人任せせず、、、銀行(金融機関)・保険会社にもアンテナを張り、知識を広げましょう。。。^^
私の考えで、、、少しでも参考になれば嬉しいですが。。。失礼しました。。。

litium555 さん内定おめでとうございます^^

私の息子の働いている職場も従業員が30名以上いて株式会社という名目だけで社会保障は無く、就職を決める際、株式会社だから社会保障は充実しているだろうと安心してたのですが、、、中身が無くがっかりでした。。。
本当なら労働基準法に罰せられるのでは?と思うのですが、、、国の管理体制は甘過ぎです。。。

中小企業というか零細企業は会社事態が社会保障を半分持つとなると人件費に食われてしまいやって行けれないというのが現状なのでしょう。。。
社会保...続きを読む

Q会社が社会保険に加入しようとしないんです・・・

私の勤める会社が、経費がかかるとの理由で社会保険に入ろうとしません。10人程度の小さな有限会社なのですが、私の住む役所の保険年金課の加入指示を受けてもまったく加入しようとしません。本来、強制加入のはずですが、どうしたらいいものでしょうか。専門家の方のご意見、又はこのような悩みをお持ちの方、ご回答お待ち申し上げております。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

強制加入といっても罰則などもなく、実際の強制力は皆無です。実際、年金制度、健康保険制度は破綻寸前にあることは、社会問題化しています。制度の仕組み自体も実際の雇用・労働形態に即しておらず、矛盾が大きいです。私が属す業界でも大きい会社なのにかかわらず社会保険未加入の会社もけっこうあります。
 もちろん未加入が良い、という事ではなく、あくまで経営者の経営判断と労働者との意思疎通ではないでしょうか?(ウチは加入してます)
 労働者全体が社会保障制度を求めていれば、経営者としては何らか措置をとらなけてば、貴重な労働力を逃がしてしまうことになります。何らかの措置として、社会保障制度ではなく、退職金の上乗せとか団体生命保険とか言って来る可能性だってありえます。
 国民健康保険と政府管掌保険の差は一般家庭においてそんなにおおきくありません。
 厚生年金にしたって相互扶助ですから、実際入金した額がもらえる訳でもありません。
 経営者に未加入の理由を聞いたことがありますか?
なぜ加入しなければならないのか、加入するとどういうメリットがあるか、勉強されることをお勧めします。
 ウチは、労使間の協議で加入を決定しました。
 要は自分の生き方、働き方を決めるのは自分自身です。納得できるよう話し合うことが重要ではないでしょうか。
 

強制加入といっても罰則などもなく、実際の強制力は皆無です。実際、年金制度、健康保険制度は破綻寸前にあることは、社会問題化しています。制度の仕組み自体も実際の雇用・労働形態に即しておらず、矛盾が大きいです。私が属す業界でも大きい会社なのにかかわらず社会保険未加入の会社もけっこうあります。
 もちろん未加入が良い、という事ではなく、あくまで経営者の経営判断と労働者との意思疎通ではないでしょうか?(ウチは加入してます)
 労働者全体が社会保障制度を求めていれば、経営者としては何...続きを読む

Q社会保険に入れてくれない会社

今年の2月1から試用期間3か月ということで入社したのですが、いまだに厚生年金、社会保険どころか雇用保険、労災にも入れてもらえず困っています。もちろんこちらからもお願いしています。フルタイムアルバイト?のような感じです。労働時間、休みは正社員と同じです。仕事内容も同じです。1か月4~5日休み。1日休憩時間込9時間労働です。色々調べましたが間違いなく法律にひかかっていると思います。こんな会社とは見切りをつけて辞めたほうがいいのでしょうか?性分上争うのはいやです。今はやりのブラック会社というやつでしょうか?いいアドバイスおねがいします。

Aベストアンサー

社保料引いておいて入らないなら、そりゃ悪質ですわ。入らないなら引けないし、引くなら入らなきゃ。
未加入というより賃金未払いですね。そのぐらい悪質だと、かなり強く言わないと入らない、払わないと思いますよ。

Q社会保険の健康保険証が未だに届きません…

お世話になります。

10/1付けで現在勤めている会社に転職いたしました。
社会保険に加入出来るということで、入社日に社労士の方に保険の手続をしていただいたのですが、今日になっても健康保険証(社会保険・政府管掌)が届かなくて困っています。

社労士の方の話によりますと、健康保険は郵送で手続したそうなのですが、例の年金問題で人手不足で保険証の手続の対応が遅れているとのことでした。

転職前から定期的にかかっている病院があるため、治療が受けられなくて困っています。最悪の場合は自費で支払っておいて、保険証が届いてから清算して貰えばいいのでしょうが、かかっている病院が複数ありまして(内科・眼科・整骨院等、個人のクリニックにかかっています)その度に実費で支払うのも私にとっても病院側にとっても手間になります。

そこで、皆様にお伺いしたいのですが、

1)皆様の周囲で、私のように健康保険が届かないといったようなことが起こっているのを聞いたことがありますか?

2)私はこれまで窓口での手続しか経験が無かったのですが、その際は健康保険証が即日交付されていました。郵送手続だとこれ位時間がかかっても仕方ないのでしょうか?

3)こういったことのクレームは社会保険事務所に申し立てればよろしいのでしょうか?(他に適切な機関があるのでしょうか?)

些細な情報でも構いませんので、アドバイスをよろしくお願いいたします。

お世話になります。

10/1付けで現在勤めている会社に転職いたしました。
社会保険に加入出来るということで、入社日に社労士の方に保険の手続をしていただいたのですが、今日になっても健康保険証(社会保険・政府管掌)が届かなくて困っています。

社労士の方の話によりますと、健康保険は郵送で手続したそうなのですが、例の年金問題で人手不足で保険証の手続の対応が遅れているとのことでした。

転職前から定期的にかかっている病院があるため、治療が受けられなくて困っています。最悪の場合は自費...続きを読む

Aベストアンサー

都内で社労士事務所に勤務しています。
今、政府管掌、いわゆる社会保険事務所での取得の際、保険証の即日発行がなくなりました。窓口預かりとなり、後日、保険証と取得届の確認通知書が郵送されますが、これに時間が1週間~3週間ほど見てくださいと、社会保険事務所から言われています。ですので、郵送でのやり取りも同様の時間がかかると思われます。
どうしても、病院にかかる場合、会社から、資格取得証明書を発行していただいたらどうでしょうか?定期的にかかっているクリニックでしたら、社会保険が切り替わったことを告げて、資格取得証明書で保険証の代わりをしてもらい、後日新保険証を提示する旨を伝えたらいかがでしょうか。

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Q国民健康保険より社会保険の方がメリットが多いのですか?

こんにちは。
お聞きしたいのですが、国民健康保険より社会保険の方がメリットが多いのでしょうか?そんなに違いがあるのでしょうか?

変えれるものなら社会保険にしたほうが良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じぐらいの収入なら、国保だと、保険は国保、年金は国民年金に入らなければならず、負担感としては、国保と国民年金の方が大きいように思います。

社会保険に同じ収入で入れば、掛け金の半分は会社負担だし。
それと、下でも書いておられますが、傷病手当などもあります。
事業主でなければ、失業すれば、ある程度の期間入っていれば、失業保険ももらえますし。

自営で自分で社保にして入っても、失業保険などはないですけども。

Q年収が130万円を超えてしまった場合のペナルティについて

現在無職の主婦です。昨年の1月から、主人の健康保険組合の被扶養配偶者になっています。
昨年の1月~12月の派遣社員としての収入が、通勤手当を含めると130万円を超えてしまいました。総収入は148万円になります。
妊娠を機に3月末で仕事は辞めたので、現在は無職の状態です。

派遣会社の担当さんの話だと、通勤手当は収入に含まないので、大丈夫ですよ~と聞いていたので、今まで特に深く考えもせず、脱退の手続き等何もして来ませんでした。

先日、主人の会社から『健康保険の被扶養配偶者の確認のお知らせ』という通知が来た為、ふと不安になり、主人の健康保健組合に上記の内容を説明して確認した所、健康保険の収入には、通勤手当も含まれるので、本来なら11月の時点で健康保健から脱退する手続きをしていなければならないことが判明しました。

そして、今まで脱退の手続きをして来なかったペナルティとして、
「今後1年間は主人の健康保険に入れることはできない。」ときつく言われてしまいました。

私の知識不足でこのようなことになってしまったので、過去に遡って主人の健康保険組合を脱退をし、既に給付を受けてしまった医療費の支払いをしなければならないのは自業自得でしょうがないと納得しています。
ただ、『今後1年間は健康保険に加入できない』というのはどうしようもないことなのでしょうか・・・

色々自分でも調べてみたのですが、主人の会社での立場や、自分自身の
不注意でこのようなことになってしまったことを思うと、恥ずかしく、どこに相談したらいいのかわかりません。

自業自得なのでどうしようもないとは思うのですが、とても動揺しています。
あと2ヶ月で出産になる為、今から働きに出るわけにもいかず、今後の出産費用や産まれてくる子供の健康保険代、私の国民年金保険料なども考えると、不安で仕方がありません。

どなたか、アドバイスがありましたら、よろしくお願いいたします。

現在無職の主婦です。昨年の1月から、主人の健康保険組合の被扶養配偶者になっています。
昨年の1月~12月の派遣社員としての収入が、通勤手当を含めると130万円を超えてしまいました。総収入は148万円になります。
妊娠を機に3月末で仕事は辞めたので、現在は無職の状態です。

派遣会社の担当さんの話だと、通勤手当は収入に含まないので、大丈夫ですよ~と聞いていたので、今まで特に深く考えもせず、脱退の手続き等何もして来ませんでした。

先日、主人の会社から『健康保険の被扶養配偶者の確認のお知...続きを読む

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養については所得税と健康保険との二つの面があり、この二つがごっちゃになり誤解が多いようです。
所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。
しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。
「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。
これは非常にわかりにくい定義なのです。
まずこれは所得税のように1月から12月の1年間ということではありません、具体的に言うと月単位で考えてください、その月の給与に12(向こう1年ですから12ヶ月ということです)を掛けて130万円を超えるか否かということです。
例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。
そしてその状態が続けばその間は扶養のままです。
しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。
つまり過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません、あくまでもその月にどれくらい収入があったかということであり、それが続く見込みであるということです。
別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。
すると20万円×6(6ヶ月)=120万円になります。
するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。
1月に20万の給与をもらえば20万円×12(今後向こう1年で12ヶ月)=240万円と計算して、1月については今後向こう1年間の見込みは240万円となり扶養になれません。
そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。
そして7月になると無職で無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます。
もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。
するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。
1月は140万円×12=1680万円の見込みですから扶養になれませんが、2月は無職無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます、過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません。
さて以上のことが一般的で多くの健保が取っている解釈です。

>派遣会社の担当さんの話だと、通勤手当は収入に含まないので、大丈夫ですよ~と聞いていたので

非課税限度内の通勤手当や雇用保険の失業給付などは非課税ですので、税金の処理の面では考慮しないくてもかまいません。
恐らくその担当の方は税金の面と健康保険の面をごっちゃにしているのでしょう。

>主人の健康保健組合に上記の内容を説明して確認した所、健康保険の収入には、通勤手当も含まれるので

一方健康保険では通勤手当も雇用保険の失業給付も収入とカウントされます。
その上でどこまでが扶養になるかは上記のように、各健保組合では独自に規定を決めることが出来るので必ず夫の健保に確認してからでないと問題がおきます。
政管健保と大多数の組合健保等を初めとした一般的に多くの健保では上記のように「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません。
ただ繰り返しますが各健保組合では独自に規定を決めることが出来るためにごく一部の健保ではその年のそれまでの収入や前年の収入を基準とすることがあります。
ですからかならず夫の所属する健保組合に確認することが大事です。

>本来なら11月の時点で健康保健から脱退する手続きをしていなければならないことが判明しました。

恐らくそういう規定の健保組合なのでしょう。

>そして、今まで脱退の手続きをして来なかったペナルティとして、
「今後1年間は主人の健康保険に入れることはできない。」ときつく言われてしまいました。

これもそういう規定の健保組合なのでしょう。

>私の知識不足でこのようなことになってしまったので、過去に遡って主人の健康保険組合を脱退をし、既に給付を受けてしまった医療費の支払いをしなければならないのは自業自得でしょうがないと納得しています。
ただ、『今後1年間は健康保険に加入できない』というのはどうしようもないことなのでしょうか・・・

健保組合がそういう判断を下したのならそう従わざるを得ないでしょう。
また遡って扶養の資格を取り消されるとなると、今後国民健康保険に入るとなるとその資格を取り消された時点から保険料を請求されると思います。
しかし保険が適用されるのは手続きをした時点からになりますので、健保組合に返還する金額については全て自己負担になると思います。
またいつの時点で扶養に再度認定されるのかを健保組合にきちんと聞いて、その時期が来たらすぐに申請を出して扶養に戻ることです。

>あと2ヶ月で出産になる為、今から働きに出るわけにもいかず、今後の出産費用や産まれてくる子供の健康保険代、私の国民年金保険料なども考えると、不安で仕方がありません。

生まれてくるお子さんについては健保組合は扶養と認めると思いますよ、一応質問者の方のこの問題とは別ですから。
ただ国民年金も資格を取り消された時点からの保険料の支払になるでしょうね。

大変お気の毒ですが、健保組合の決定であれば如何ともし難く、以上のようになると思われます。
起こってしまったことをくよくよしても仕方ありません、現実は現実として受け入れることです(といっても難しいでしょうが)。
出産と言う大事が控えているのですから、そのような気持ちでいることはよくないと思います。
気持ちを切り替えて丈夫なお子さんを生んでください。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養につ...続きを読む

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング