お酒好きのおしりトラブル対策とは

監察医になるには
最近、監察医という仕事に興味があるのですが、それになるにはどうすればよいのでしょうか。
医学部に行き、2年研修医をして、法医学教室に行く・・・というところまでは分かったのですが・・・。
生活できるぐらいの収入を得るには何年ぐらいかかるのか、そもそも法医学教室ってなんなのか(大学にある事ぐらいは分かるのですが・・・)が、分かりません。
その他にも監察医になるために必要な事などあれば、おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

何はともあれ医学部に進んで医者になる事が条件です。

医学部に行けば講義で法医学がありますから、授業を受ければよく理解できます。

平たく言えば、亡くなった人の死因を突き止める仕事です。通常は人は病気で、主に病院で亡くなりますが、その原因を詳しく調べるのは病理医の仕事です。

病気で死んだかどうか判らない人(異状死:水死体や孤独死など)の死因を突き止めたり、死亡時間を推定したり、犯罪の可能性があるかどうか判断したりします。これに関する研究をするのが法医学です。

監察医も同様な事をしますが、行政解剖と言って普通に医者に看取られて亡くなった場合以外のケースの死因を検討します。犯罪性がある場合は司法解剖となります。

ただ監察医は東京と大阪などに限定された制度で、あとは大学の法医学教室が業務を担当します。神戸もだったかな。名称は違いますがやることはほぼ同じです。監察医の名称にこだわる必要はないでしょう。一般的には法医学者ですね。

収入は開業医とは異なりますが、普通に暮らせます。心配いりません。
研修医になった時点で普通に暮らすには困らない程度の収入はありますよ。贅沢はできませんが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。
監察医にこだわらず、とりあえず、医学部目指して頑張ります!

お礼日時:2010/06/12 21:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q監察医について

僕は監察医になりたくて、現在医学部に入るため勉強しています。

監察医になるためには医学部に入るのが確実な条件だと思っていますが、少し分からないことがあるので質問させてください。

監察医として働いてお給料が頂けるまで、大学に入ってから通算何年かかるのでしょうか?

(1)医学部の修業年限は6年で、そのあとすぐに監察医として働けるのか。
(2)それとも大学院に進学しなければならないのか。
(3)↑で言う大学院とは法医学教室のことなのか。
(4)大学院〈法医学教室?)に進学するとしたら何年間勉強するのか。

これらのことをご存知の方は、どうかご回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

法医学者というのは博士を持った経験豊富な方たちです。
最初の回答で大学院=法医学教室とはいえないと書きましたが、医学大学院は各専門部で分かれてあり、その中の法医学を専門とする部門が法医学教室と呼ばれています。
医学院には医学部の方のみならず、薬学・理学など、さまざまな部から編入して研究される方も多いです。

教室にはやはり、大学卒業後院生として入られ、研究をされ博士を取り運がよければそのまま院に助教授として残るか、他の大学院から仕事のオファーがくるかのどちらかとお思います。

法医学教室の院生は年に3人いれば多い方です。多くの方は院を卒業後臨床医に戻ります。
大学での司法・行政解剖の多いところとなると最初に書いた5都市を除くといいです。(山口大は年間80体と聞いています。月平均6~7体ですか?多分全国の中でも多い方に入るのでは?)
多くの症状を見ることはできますがその分忙しいかもしれませんね。
私から言えるのはこれくらいです。

まずは医学部!!頑張ってください!!応援してます!

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報