貴族の子息の扱いについて

世界名作劇場には様々な貴族が登場しますが、貴族の子供に対する周囲の扱いが違っているシリーズが有りまして質問いたします。

UKの「小公子セディ」では、セディはドリンコート伯爵の孫であり跡継ぎです。周りからも「若君」と呼ばれ、大人は教師であろうと「恐縮」し敬語を使い、子供はセディの身分を知ったとき「すごいな・・・」と言われます。

しかし、オーストリア(オーストリィ)の「トラップ一家物語」では、トラップ男爵の子どもたちは周りの子供と普通に話しますし、教師などの大人も普通の子供に叱るのと同じように叱ります。

伯爵と男爵という違いはあれど、同じ貴族の子供なのに扱いが違うのはなぜでしょうか。

また、ご存知であればUK(イングランド・スコットランド)でいう「公爵」「侯爵」「伯爵」「子爵」「男爵」の違いと、ヨーロッパ大陸の「公爵」「侯爵」「伯爵」「子爵」「男爵」の違いも教えていただければ幸いです。

A 回答 (2件)

地域と時代によるモノではないですかね。


UKは立憲君主国、と言うことは王様(今は女王様だが)がいて、その臣下としての貴族階層がいる。
いわば現役の貴族。

一方のオーストリアは、第一次大戦後に王制(帝政)が廃止されて、共和国になった。
王様がいない以上、その家臣としての貴族階層は存在し得ない。
まそれでも、時代背景として革命で世の中が変わるまでは男爵という貴族だったこと、当然、所領として大きな所有地があるなど、ただの一般市民とは当然異なる。

その辺の階層に関する違いが、そういった台詞使いに現れているのでは無いでしょうか?
ま、所詮お話の世界なので、ストーリー展開上の配慮も当然あるでしょうし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

確かにUKは今現在でも王がいますね。
で、オーストリィは王がいませんね。

>所詮お話の世界なので、ストーリー展開上の配慮も
>当然あるでしょうし。
おっしゃるとおりです・・・。

お礼日時:2010/06/09 21:24

おはなしだから



爵位は一応位とあるように順位はあるけど爵位を持つ貴族の家系だからといってみんな裕福じゃない。
それぞれの経済的に含めた地位がまたある。
いまだ貴族が残るイギリスでも没落貴族はフリーター並みに食えてない。
また世襲されるものは次男坊は日本と同じように無駄飯食いである。
それでも貴族の付き合いというのがあって、そうした世界に振り回されるのが嫌な人が単身外国に飛び出し自活しようとしたりする人も近代たくさんいる。大体がアメリカとか。
人によっては財産を分けてもらって事業を開く。
長兄が急死し跡取りが無かった場合、呼び戻されたりもするw
小公子とかは、そういう例。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

オランダだったかベルギーだったが忘れましたが、普通に会社勤務している貴族もいるとか聞きました。
現代は、貴族制度に縛られていろいろな問題があるんですね・・・。

お礼日時:2010/06/09 21:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QUKに観光ビザで滞在中(UK入国拒否経験有)。ヨーロッパ他国に遊びに行けますか?

現在イギリスに観光ビザで滞在しています。
以前にイギリス入国拒否経験が2回あるので、今回はビザを取らなくては入国できないということで事前に東京の英国大使館で取得して入国しました。(有効期限は1月中旬まで)

11月に4日間バルセロナに旅行したいのです。
また、UKのビザ終了日にイギリスを出国するのですが、KLMの飛行機を利用するので、日本への帰国前にアムステルダムでストップオーバーして、オランダ、ドイツなど周辺国を2週間旅行する予定です。
以前の入国拒否のスタンプがパスポートに残っている為に、スペインやオランダに入国拒否されてしまうということはありますか?

イギリスの観光ビザに関してはMULTなので、ビザの期間内であれば何回でも出入国できるということは、英国大使館に確認しました。
問題はスペイン入国の際なのです。。
あるイギリス人入国管理官は「イギリスに再入国を果たした時点で、以前の2つの入国拒否のスタンプは消えたも同然だから大丈夫。」と言われました。でも、きっとそれはイギリスへの入国を念頭に置いての話だと思います。

スペインの入国審査の際、UK入国拒否のスタンプを入国審査官が見て、スペインで入国拒否されてしまったらどうしよう。とそれが心配です。
そうなると、当然アムステルダムでのストップオーバーもできなくなってしまうでしょう。

オランダへの入国は可能だろうが、スペインの入国は困難だろう。ということならスペイン旅行は諦めようと思います。

もし、オランダもスペインも入国困難となると、私は外国への旅行は今後無理だということになるのでしょうか?
それとも現在のパスポートが終了して、新しいパスポートになったら大丈夫だということでしょうか?
イギリスで入国拒否をされてから、その辺の問題にとても悩まされています。


ご回答参考の為、イギリスに入国拒否された過程もお知らせいたします。
入国拒否は2回とも2005年です。
一番最初のイギリス入国はオーストラリアからイギリスに飛びました。
オーストラリアで、1年オープンの航空券を購入し、復路の日付は何回でも変更可能ということで、9ヶ月先の日付を入力されました。
これがイギリス入国の際に問題になりました。入国審査官が私の彼(イギリス人)に電話で話し、復路の日付をすぐに変更する。という条件で入国できました。
イギリスに入国して4ヵ月目、フランスに友達がいるので、バスと船を利用し会いに行きました。
入国拒否を受けたのはフランスからイギリスへ帰るとき、ドーバー海峡を渡る前にイギリスの入国審査があるのです。
私は日付を変更したという証明書を航空会社から送ってもらい、それとイギリスから日本への復路の航空券を見せました。しかし、入国させてもらえませんでした。
理由は、何度も海外に長期滞在しているから(ワーキングホリデーに3回行きました)、最初の入国でもらったスタンプでは滞在期間が残り2ヶ月ですが、今回イギリスに入国するにあたって6ヶ月のスタンプをもらい、さらに6ヶ月間滞在すると思われたこと。
30歳にもなるのに、日本に職をもっていないこと。(日本社会では長期休暇は暗黙の了解で認められないため退職した。自分は帰国すればすぐに仕事が見つかるということは説明しました。)
何度も海外で長期滞在しているので、日本に帰りたくないんだろう。などです。
すべて私に当てはまらないのですが、入国審査官がこのように勘違いして思い込んでしまったために入国拒否されました。

彼がフランスまで向かえに来てくれ、今度は飛行機でイギリスに帰りました。
今回もやはり入国拒否されてしまいました。
理由は、1度入国拒否を受けたら、2度目の入国はビザがないと無理。ということです。
そして、私のパスポートには3日間の間に入国拒否マークが2つになってしまいました。

入国拒否を受けたままでは、イギリスはおろか、どこの国にも入国させてもらえないと聞き、1年後東京で観光ビザを取り、現在イギリスに滞在しています。

ご回答よろしくお願いいたします。

現在イギリスに観光ビザで滞在しています。
以前にイギリス入国拒否経験が2回あるので、今回はビザを取らなくては入国できないということで事前に東京の英国大使館で取得して入国しました。(有効期限は1月中旬まで)

11月に4日間バルセロナに旅行したいのです。
また、UKのビザ終了日にイギリスを出国するのですが、KLMの飛行機を利用するので、日本への帰国前にアムステルダムでストップオーバーして、オランダ、ドイツなど周辺国を2週間旅行する予定です。
以前の入国拒否のスタンプがパスポ...続きを読む

Aベストアンサー

>入国拒否を受けたままでは、イギリスはおろか、どこの国にも入国させてもらえないと聞き

アメリカとか全然別の国なら関係ないと思います。
(何か聞かれるぐらいはあるのかな??)
EUだとどの程度共有されるのか、されないのか??

ご存じかもしれませんが、欧州にはシェンゲン協定という出入国協定があります。
英国はシェンゲン非加盟、スペイン、オランダ、ドイツは加盟国です。
たとえばオランダで入国審査をしてドイツで出国するとか、パリの空港で入国審査をしてスペインを旅行してパリに戻って出国、のようなことになってますから、シェンゲンエリア内では情報共有しているのでしょう。
陸路移動したことがないので、どの程度パスポートコントロールがあるのかわかりませんが。
No.1の方のお話だと全然チェックがないわけじゃないみたいですね。
http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/euro.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1877593.html


読むところでは、スペインの出入国管理は従来は緩いようで、観光資格でオーバーステイしている日本人もいるようです。
再入国も普通に出来ちゃったという話がありましたが、テロがあってから以降はどうなっているかわかりません。
(職務質問で発覚すれば不法滞在で強制退去だそうです)
あくまでもご参考に。
http://www.jp-spain.com/17.html

>オーストラリアで、1年オープンの航空券を購入し、復路の日付は何回でも変更可能ということで、9ヶ月先の日付を入力されました。

日本国籍の人のビザなし滞在期間は最長6ヵ月ですから、なんで9ヶ月先なの、ということだったんでしょうね。

滞在回数や期間によってはクレームが付くことはあるようですね。
英国はうるさいので有名ですし。
ただの短期観光客ならたいてい大丈夫なんですが・・・・。
  ↓
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa650955.html

>入国拒否を受けたままでは、イギリスはおろか、どこの国にも入国させてもらえないと聞き

アメリカとか全然別の国なら関係ないと思います。
(何か聞かれるぐらいはあるのかな??)
EUだとどの程度共有されるのか、されないのか??

ご存じかもしれませんが、欧州にはシェンゲン協定という出入国協定があります。
英国はシェンゲン非加盟、スペイン、オランダ、ドイツは加盟国です。
たとえばオランダで入国審査をしてドイツで出国するとか、パリの空港で入国審査をしてスペインを旅行してパリに戻っ...続きを読む

Q「サウンドオブミュージック」のトラップ邸宿泊

今度7月にオーストリアに行くのですがその際のザルツブルグの宿で、トラップ邸(Leopoldskron城)に宿泊出来ると聞いたので宿泊したいのですが、
スイートは満室でしたので、ダブルルームを予約しようかと思っています。ですが、ダブルルームは別館とのブログ情報がありました。
別館に泊まっても城内には入れるかの情報がなかったので、ご存知の方おられましたら教えてください。

Aベストアンサー

私は宿泊はしていないのですが、お庭に入れていただきました。
このお屋敷はザルツブルグ・ゼミナールという団体が所有していて、主なる目的は、セミナーやカンファレンス、パーティや祭典に使われることが多いようで、空いている時に、ホテルとしての予約を受け付けてくれるようです。
本館=トラップ邸(Leopoldskron城)はスイートのみ
新館=右側のピンク色のセミナーハウスはツイン・ダブル
になっていて、基本的には新館宿泊者でも本館に入れてもらえるそうですし、朝食はトラップ邸のほうで取れるそうです。
ただ、時に、本館を全館貸切にしてパーティ等の会場にすることがあるらしく、その場合は入場に制限がされる可能性があります。
私が訪問した時(夕方)は、運悪く、パーティが始まりかけていて正装したお客様が集まりだしており、本館の内部には入れてもらえませんでしたが、素敵なお庭でサウンドオブミュージックのシーンが思い出されて、素晴らしい経験でした。
是非、宿泊されることをお勧めします。

Qフランス人は「お高い」とか「傲慢」「冷たい」などのイメージがある人が多いみたいですが、何故ですか?

フランス人は「お高い」とか「傲慢」「冷たい」などのイメージがある人が多いみたいですが、何故ですか?
また実際のフランス人は、本当にそんな人が多いんですか?

Aベストアンサー

イメージの元凶の話をすると
ヨーロッパの中でも大国だったから、です。

いま英語が世界を席巻して、フランス語はほとんど使われなくなっていますが、20世紀中庸までは英語よりもフランス語のほうが国際語として格が上だった時期があります。

当時は「英語は実用的に植民地も多いし通じる人が多い言語」でありフランス語は「植民地も多く、また文化的・技術的な発信地である言語」でありました。

今でいうと、英語と言ってもアメリカ英語のほうが「文化的・技術的な発信地」とされるように、20世紀の中盤まではフランス語はかなりの大国であり情報の発信元であったのです。

そのため、フランス人はとても自国に対して誇りをもっていました。フランス人からすれが英語は「フランス語を教えてやって豊かになった言語」です。実際に百年戦争の前後に大量のフランス語が英語に流れ込んでいます。英語とフランス語を比べると同じ単語、似たようなスペルがあることに気がつくと思いますが、そのほとんどがフランス語由来です。イギリスの現在の王朝も元はフランス王朝の流れを汲んでいますので、そういう意味でもフランスはイギリスを格下に見下していました。(もっとも英国から見ると、一時フランスを占領しているので、英語がフランス語を飲み込んだ、と言いますけどね)

イギリスを格下に見下せる、ということは第2次大戦前の世界では「全世界を見下せる」ということに等しかったのです(当時アメリカは新興国で野蛮で文化はない、とされていたのはヨーロッパの共通認識です)

こういう歴史的な経緯から、フランス人は自国にものすごく誇りをもっています。日本の周辺で言えば中華文明を誇った中国に似ているいえば分かりやすいでしょうか。

インターネットの黎明期まではフランス語はそれほど英語に浸食されておらず、またネット社会を見越していろいろな技術用語をフランス語化しようとしましたし、ネットをいち早く取り入れるために、ミニテルなども開発しました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%86%E3%83%AB

1980年代までのフランスは確かに文化大国であったのです。

それがインターネットが普及するとドンドン英語に押されていきます。アメリカが強力な文化発信基地となったのも実はネットが普及したからです。今ではフランスはファッションと料理ぐらいしか発信力を保っておらず、経済的にも英語の実用性が高まっているといえます。

こういう経緯があるので実際に1980年代までに成人した50代前後よりも上の世代は、かなりフランスに誇りをもっているでしょう。英語を話せない人もこの世代より上になると多くなっていきます。彼らが英語を知っていても使いたがらないのは「イギリスがライバル」だからです。

しかし、40歳前後から下は、最初からネットのある世界で暮らしているので、英語というかアメリカの発信力に負けていることは知っていて、英語を使うことにも抵抗は少ないといえます。かれらの憧れは「アメリカ」だからでしょう。

ということで、イメージの源は上記に書いた通りですが、今はそれほどプライドが高い人は多くありません。でも50歳ぐらいから上のおじさん世代には気を付けてください。

イメージの元凶の話をすると
ヨーロッパの中でも大国だったから、です。

いま英語が世界を席巻して、フランス語はほとんど使われなくなっていますが、20世紀中庸までは英語よりもフランス語のほうが国際語として格が上だった時期があります。

当時は「英語は実用的に植民地も多いし通じる人が多い言語」でありフランス語は「植民地も多く、また文化的・技術的な発信地である言語」でありました。

今でいうと、英語と言ってもアメリカ英語のほうが「文化的・技術的な発信地」とされるように、20世紀の中盤までは...続きを読む

QUK、アイルランドでのWi-Fi受信ポイントについて

UK、アイルランドを旅行予定ですが、iPhoneでWi-Fi受信によるWEB利用をしたいと思っています。
(1)UKは受信ポイントが多いと聞いていますが、無料Wi-Fiを手軽に使えるでしょうか?またアイルランドではどうでしょうか?
(2)ホテル、カフェなどにポイント有り、との事ですが普及度はどのくらいでしょうか?グレードが高くなくてもツーリストホテルならばワイヤレス環境があるのかどうか?マクドナルド、スターバックス以外ではどんなカフェで受信できるか?など具体的な情報を知りたいです。
(3)ソフトバンクBBのモバイルポイントは当地にあるのか?もしある場合無料利用できるのか?それとも現地から日本まではソフトバンクのパケット課金がなされるのか?

なおUKはロンドン、アイルランドはダブリン中心の旅行です。

Aベストアンサー

ロンドンでは、Macの何店舗かでFree WiFiのサービスをしています。
リンクを貼っておきました。
Dublinでは、Freeの所を見つけるよりは、O2のプリペイドのWiFiカードを1枚かって、利用しました。街の至る所にアクセスポイントがあったので、かなり便利でしたよ。

参考URL:http://www.mcdonalds.co.uk/restaurants/restaurant-locator.shtml

QUKかヨーロッパからサウジアラビア航空を利用された方に質問

イングランド北西部に在住しておりまして、この夏、夫婦(子供なし)でスイスに行こうと思っております。
最寄空港からジュネーブへの直行便は、Liverpoolからのイージージェットか、
Manchesterからのサウジアラビア航空のみで、どっちにするか迷っています(価格は後者が安い)。イスラム圏でもエミレーツなどは豪華なイメージがあるけれど、こう安いには訳がありそうですし。
周囲にサウジアラビア航空を利用したことがある人が居なくて、
使い心地が判らないので、経験者の方に、(BAやヨーロッパの他社、エジプトエアー等と比較して)良い点悪い点を教えて頂きたいのです。
特に、安全性と、荷物の扱い(持込制限の厳しさと無くなる確率)、チェックインカウンターとアテンダントがちゃんと仕事してくれるか(ダブルブッキングなどが頻発してないか)、機内の清潔度が気になります。
フライト時間は短いので、お酒が飲めなくても、機内食が出なくても、音楽や映画が無くても、シートが狭くても、その点は我慢できると思います。時間の遅れなどもヨーロッパ他社程度ならOKです。

Aベストアンサー

飛行機に乗るのが趣味でして、色々なエアラインを利用したことがあります。
残念ながらサウジアラビア航空にはまだ乗った経験ありませんが、中東系のエミレーツやカタール、エジプト航空に乗ったことがあります。アジア系、欧州系航空会社にも色々あるように、中東系といってもひとくくりには出来ませんので、サウジアラビアについては語ることが出来ませんが、一つの意見として読んでいただければと思います。

中東系のエミレーツ、カタールなどは最新(10年以上使用してるものはまずない)の機材を使用していますし、機内も綺麗です(一部の機材は古いですがそれでもJALの同じ機材と比較してもより新しいものを使用しています)両方とも過去に死亡事故を起こしたことがない会社です。
エジプト航空は路線によって機内が綺麗だったり汚かったり、使用機材が新しかったり古かったりするのでどれに当たるかは運です(他社もだいたいそんなものですがw)ただ、事故は結構起こしています。
british airwaysの保有機材もエアバスは使用年数が少ないですが、ボーイングは10年以上使用しています。今年頭に事故が起きてしまいましたけどね。
ルフトハンザは全体的に特に新しい機材というわけではありませんが、機内は綺麗ですし安全性は高いと思います。
エールフランスは事故が多いというイメージがあったのですが、最近ですと3年前にカナダでパイロットエラーの事故(オーバーラン)を起こしていますね。
サウジアラビア航空は過去に起こした事故もAFやJALよりは少ないようですね。機材によって20年以上使用しているものもあるようですが、JALにもこの程度使用している機材があるようですから、そう考えればちょっと安心なのでは?
それに比べeasyjetはというとまだ5年程度の機材ですから、機内は綺麗だと思います。


荷物の扱いについてですが、乗り換えの場合無くなる率も上がると思いますが、直なら問題ないと思いますよ。無くなったとしても、航空会社というより空港職員の責任かと思います。
また、どの航空会社でもダブルブッキングはしています。事前にキャンセルする人もいるので、それを見込んで座席以上の予約を取っているのが普通ですね。

同じ中東でもエミレーツやカタールではビールもワインも普通に飲めますけど、サウジアラビアの会社ではお酒は出ないかもしれませんね。機内食に関しては、LCCではない限り、でないということは無いと思います・・・。また、機内食は同じ航空会社でも、出発地によって味が若干変わります。イギリスからのケータリングなら機内食も美味しいはずです。

イギリスのコンサルタント会社skytraxのサイトによると、サービスや乗り心地などに関しては、Easyjetもサウジも同じような評価です。

EASYJET
http://www.airlinequality.com/Airlines/U2.htm

サウジアラビア航空
http://www.airlinequality.com/Airlines/SV.htm

サウジアラビア航空を利用した客の批評がこちらで読めます
http://www.airlinequality.com/Forum/saudia.htm

飛行機に乗るのが趣味でして、色々なエアラインを利用したことがあります。
残念ながらサウジアラビア航空にはまだ乗った経験ありませんが、中東系のエミレーツやカタール、エジプト航空に乗ったことがあります。アジア系、欧州系航空会社にも色々あるように、中東系といってもひとくくりには出来ませんので、サウジアラビアについては語ることが出来ませんが、一つの意見として読んでいただければと思います。

中東系のエミレーツ、カタールなどは最新(10年以上使用してるものはまずない)の機材を使用して...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報