今では8000m防水って言う腕時計まで売られていますが、それだけ気密性が高く、外からの圧力に強いって事ですよね。

それならば、富士山などの圧力の低いところに行ったらその気密性の高さによって、内部から割れてしまってもおかしくありませんよね?外圧の上昇に強くすれば、内部の空気の膨張に弱くなるはずですから。
でも、そんな事例聞いたことがない。何故なのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

例えば、恐ろしいぐらいの水圧が掛かる水族館の大水槽。


特に大阪の海遊館の大水槽なんてのはものすごいと思います。
ところが、水を抜いたからといって内側にガラスが割れるなんてことはないですよね。要するに、外圧に強いというよりも、構造体として強固と考えてみてはいかがでしょう?
もし仮に、腕時計内部に常時それだけの与圧を掛けていれば、危険極まりないですよね。小型圧力容器を腕に巻いてるようなものですから、何かの衝撃で爆発しますよ(笑)。
時計屋さんではないので、確信は出来ませんが間違いはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。そう考えると納得がいきます。

考えてみると、時計がスプレー缶みたいな耐圧の形をしているかというとそうでもありませんね。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/04 15:59

機密性が高いからだと思います。



機密性が高いと言う事は,外部の気圧(水圧)変化が中まで伝わらないって事ですよね。

でしたら,「圧力の低いところに行っ」ても圧力の低下が内部に伝わらないため,「内部の空気の膨張」は起こらないと思います。

なお参考 URL によると,防水腕時計の防水は主として,構造のつなぎ目(ガラスと ケースの間,ケースと裏蓋の間,ケースとリュウズの間,など)からの水の浸入を防いでいるようです。

参考URL:http://www.kt.rim.or.jp/~watch/wfq133.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q断熱膨張と熱膨張はどう違う?

雲のでき方を調べていて、

空気が暖められる→膨張→上昇→温度が下がる→雲

でいいと思うのですが、
「暖められる→膨張」 が熱膨張で、
「膨張→温度が下がる」が断熱膨張だと書かれていました。
これって熱膨張してから断熱膨張するってことでしょうか?
なんか矛盾しているような気がします。

断熱膨張と熱膨張はどう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

ちょっと例えで考えてみましょう。
体育館に50人の生徒がいます。
おやつを配ったら元気を出して体育館いっぱいに動き回るようになりました。
一人一人を分子と考えて、エネルギーを与えて運動量が増えて膨張したようなものです。これが熱膨張です。

今度は強制的に体育館の中を走り回らせました。
外からエネルギーを貰っていないので、自分たちのエネルギーを使って走り回って疲れてしまいました。
エネルギーを与えずに無理やり膨張させたので、運動するために自分の内部にあるエネルギーを使ってしまって、温度が下がったのです。これが断熱膨張です。

ちょっと大ざっぱな話ですみません。

Q 強磁性 と、反強磁性

 強磁性 と、反強磁性
 鉄は、強磁性 で、 ヘマタイト という 鉱石は、反強磁性 らしいです。
 とちらも 磁石には くっつくのですが、字の意味は逆ではないか と思います。
 この2つの違いを、解りやすく教えて頂けないでしょうか?

  宜しく御願いします。

Aベストアンサー

工業的な価値はマグヘマタイトが高く、装飾的価値はヘマタイトの方が高いと思います。

Q気密容器(ペットボトルなど)に打ち水効果はありますか?

水を詰めたペットボールに栓をして密閉し、直射日光の当たるベランダに夏の間置いておきました。
密閉したボトルでも打ち水効果(気化熱で温度を下げる)は期待できるのでしょうか?どうやらボトルの内壁に水滴がついているのが確認できましたが、それが役にたっているのかどうか...

Aベストアンサー

<どうやらボトルの内壁に水滴がついているのが確認できましたが、それが役にたっているのかどうか...>
内壁水滴は、日中高温になって発生した水蒸気が夜間冷却して水滴になったものでしょう。水の飽和蒸気圧は高温では高く(水をより多く蒸発できる)、低温では低いこと(水をより少なくしか蒸発できない)が原因です。
なお、ペットボトルの中では、多分直射日光がさして暫くは、僅かに蒸発するので打ち水効果?で僅かに温度上昇は抑えられものと思います。その代わり、夕方には逆に水蒸気が凝縮して、温度降下が抑えられます。ペットボトルを地球の大気圏まで大きくすれば気象現象に近づくのではないでしょうか。大変面白い発想ですね。

Qブタジエンゴムの膨張

今日注射器で薬(ヨード化ケシ油脂肪酸エチルエステル)を吸引したら、注射器のガスケット(黒いゴムの部分:ブタジエンゴム)が膨張してしまいました。
それでこの薬は注射器での使用は推奨していないことを知ったのですが、この現象は何故おきたのでしょうか?化学反応?
知っている人がおられましたら教えてください。

Aベストアンサー

ヨード化ケシ油脂肪酸エチルエステルについてよく知りませんので、正確には分かりませんが、現象から見ると、その液体はブタジエンゴムとの親和性が良いため、ブタジエンゴムに吸収されやすいからと思われます。ブタジエンゴムに液体が入りますから、その分、ゴムは膨張する訳です。

Q断熱膨張と温度

高圧の気体水素を 1気圧の大気圧へ断熱膨張させます、 温度を14ケルビンまで下げて 水素を液化するには 何気圧必要でしょか。
トヨタのミライは800気圧の水素タンクだと聞いてますが気化しないのでしょうか。

比熱比 y=1.4 途中加熱は無しとします 、
高圧の水素の 圧力を計算したいのですが よろしくお願いいたします
(再度質問内容を訂正して提出します)

Aベストアンサー

T1V1^(γ-1)=T2V2^(γ-1) ですから、

T1 = 273+20=293, V1 は室温20での体積です。
断熱膨張した時の温度 14 °K、その時の体積は高圧の時の
x倍に増加しているとすれば V2=xV1 となります。
これらとγ=1.4 を式に代入すると、

293*V1^0.4 = 14*(xV1)^0.4 =14*x^0.4*V1^0.4となります。

これをxに付いて整理すると、

x^0.4 = 293/14 ⇒ Logx =2.5Log(293/14)=3.3018

従って x =2004 倍(気圧)となります。

えらい高圧と思います。最近計算ミスが多いので注意して
見てください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報