当社は粉体事業を営んでいますが、このたび新製品を開発し、
市場へ投入しようとしています。その際、生産ラインが順調に
動くように、開発部のメンバーがラインに入り、工程設計や変更
を行なっています。また実際少量ですが稼動させて、製品も完成
しています。
こういった場合、開発部のメンバーの労務費等費用は製造原価として
算入し、製品や仕掛品の評価計算に組み入れなければならないもの
でしょうか?
もしくは、このような作業も試験研究の範囲とみなして、一時費用
としてよいのでしょうか?

以上よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

開発部メンバー労務費のうち、試作品でなく製品を生産しているラインの工程設計や変更は製造原価に算入すべきでしょう。

但し、試作ラインから生産ラインへの切り替え時の判断は難しいと思います。やはり、市場に製品として出すものを作る時点からの開発部の工程変更等の労務費は製造原価に算入せざるをえないと判断します。私の会社では過去の税務調査から、開発部メンバーの業務内容を新製品開発か既存ラインの改善かに分けて、かかわった日数や時間を部員の作業日報に記録しています。この計算により中間・期末には労務費の一部が製造原価に算入・調整されます。なお、試作研究のラインから実際の生産ラインに徐々に変っていく場合において、バリデーション(評価)作業は当然、試験研究の範囲としてよいとおもいます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMRI費用

一般的にMRIを撮る場合、費用はいくらくらいかかるのでしょうか。
保険証は国保です。

Aベストアンサー

私の場合、胸のMRIをとったのですが、3割負担で9000円くらいだったかな?撮影する箇所によって違うかもしれませんので、ご参考までに。

Qゲームの開発費用は研究開発費?

携帯ゲームの開発を行っていますが、取引先とはロイヤリティ契約のため、
ゲームが採用されなければ売上になりません。
開発費用は外注に委託していますが、
この場合、ゲーム開発の費用は、研究開発費になるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1の追加です。

「販売費及び一般管理費」の研究開発費として処理できます。

QMRI検査でかかる費用

来月、左肩の手術をするために、今週MRIの検査を受けることになりました。実は今月の初めに左肩をMRIで検査したのですが、今回は右肩と比較するために両肩を検査するらしく検査時間も倍かかると言われました。

それで気になったのですが、費用のことです。
実は、手術前で検査、検査でけっこうお金がかっかってしまっているので、やはり費用のことが気になって仕方ありません。

前回の時が、健康保険の適用で6千円くらいだったんですが、両肩となるとやはり費用も倍かかるといいうことでしょうか?

Aベストアンサー

MRIやCTの算定区分は、頭、体、四肢の3分類で、同じ区分の中でしたら別に算定されませんから左右両方でも増額はありません。

Q自社商品を現場費用にどう組み入れれば??

どうも簿記が自分でもよく分かっていません・・・。

建設業を行っており、基本的には建設会計を導入していますが、自社で、空気清浄機だけ商品を購入し、客先に販売しています。
仕入・売上・棚卸高で処理したいのですが、この空気清浄機を現場事務所等に置き、工事原価で処理したいのですが、どんな仕訳をきっていいのか、混乱しています・・・。

どなたか宜しければお願いします。

また、先日、この空気清浄機を客先に贈答として持って行ったのですが、これもどう処理したらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

備品費(工事原価)/商品ではないでしょうか?
贈答品では、接待交際費/商品ですね。

QMRI検査の費用について

原因不明の頭痛に悩まされていて、MRIを受けることになりました。
この検査の費用はいくらぐらいなのでしょうか?
また健康保険は使えるのでしょうか?

Aベストアンサー

私も同じ症状で2ヶ所のクリニックでMRI検査を受けました。
1ヶ所はMRIのみ7000円位、もう1ヶ所はMRIとMRA(血管像)で1万円程でした。どちらも保険適応で初診料など含んでいます。

Q工業簿記の”仕掛品””製品”勘定について教えてください

よろしくお願いします。
簿記の試験対策をしている間はあまり気にならなかったのですが、
”仕掛品””製品”という勘定は、資産?費用?なのでしょうか?

製品はおそらく資産勘定に当たると思うのですが、仕掛品は費用なのでしょうか?

しかし、月末仕掛品などは、資産っぽいし・・・。

でも、仕掛品10万が完成品になったとしたら

製品 10万  仕掛品 10万

となりますよね?

これは資産勘定が資産勘定に振り返られてる?

そんなことはないですよね。

費用が減って資産が増えてるならわかるのですが。

仕掛品勘定は、材料費など、費用勘定を集める集合勘定なのでしょうか?


教えてください。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

仕掛品も製品も資産です。貸借対照表を見てください。どちらも流動資産に計上されています。
>これは資産勘定が資産勘定に振り替えられてる?
そのとおりです。未完成品である仕掛品から完成品である製品に振り替える仕訳です。なぜ「そんなことはない」と考えるのでしょうか。現金で備品を購入するなど、資産から資産に振り替えられるのはよくあることです。

>費用が減って資産が増えてるならわかるのですが。
この考え方のほうが私にはわかりません。費用と資産では投下資本の意味合いが全く違います。なお、経営サイクルの考え方からすれば、投下資本は
資本⇒資産⇒原価・費用⇒収益⇒資本(利益)⇒資産・・・
と循環するのであって、費用が資産になることは普通は無いと思います。

>仕掛品勘定は、材料費など、費用勘定を集める集合勘定なのでしょうか?
集合管上という言葉もはじめて聞きました。仕掛品は無から製品完成に至る製造過程において発生する原価を積み上げる勘定です。質問で材料費を「費用」と表現していますが、材料費は原価の一要素であり、原価と費用は別の概念です。混同してはいけません。

仕掛品も製品も資産です。貸借対照表を見てください。どちらも流動資産に計上されています。
>これは資産勘定が資産勘定に振り替えられてる?
そのとおりです。未完成品である仕掛品から完成品である製品に振り替える仕訳です。なぜ「そんなことはない」と考えるのでしょうか。現金で備品を購入するなど、資産から資産に振り替えられるのはよくあることです。

>費用が減って資産が増えてるならわかるのですが。
この考え方のほうが私にはわかりません。費用と資産では投下資本の意味合いが全く違います。...続きを読む

QMRIの費用・・・

足の痺れが4~5日続いているので、整形外科に行ってMRIを撮ってもらおうかなと思うのですが、
大体いくら位の費用がかかるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

私も足の痺れで腰のMRIを撮りました。
レントゲンは1500円くらいなのでMRIならちょっと高くて3000円くらい?と思っていたら、8000円取られました。びっくり、高いですね。
他の病院で首のMRIも撮ったことがあります。こちらは5000円でした

Q製品原価計算 減価償却費の算入方法

ある機械があり、その機械の1年間の減価償却額が100,000円だとします。その機械を使って、5,000本/年間の製品を生産するとすると、
その減価償却費の製品原価への算入方法は、単純に100,000円/5,000本=20円/本と考えて良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

固定予算を使うか、変動予算を使うかということになります。
固定予算は事前の生産計画と販売計画からマックスの数字を予測して稼働率を出します。この稼働率を出すのに人間の有効稼働率も考慮に入れます。人間は機械でないので就業時間を決めたり、二交替、三交替で稼動しても100%は通常えられないですから。(その理由の多くは、人間は就業時間を100%働き続けることはできないですから。例えば8時間の実労働があっても実際の作業時間は4時間程度、あとは手待ち、移動、段取り、掃除などなので有効稼働率は50%程度、頑張って働いて60%未満というところです。)
変動予算は季節的に稼働率が変わるのが事前に予測できる場合、在庫管理などの理由からも採用されるものです。機械の稼動状況によって変化する科目を計算させて、単位原価が一定になるように考えられているものです。

Q8歳の猫のMRI検査費用

下痢で病院に行った所、腎臓の片方が異常に大きい、また
胸部に心臓が見えにくいほどの陰がある。大学病院を
紹介します。と、言われました。人間とはあまりに費用が
違うと思うのですが、いったいどれくらい用意していけば
良いのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
昨年都内の大学病院で我が家の猫のMRIを撮りましたが、
4万2千円でした。
その前に初診料とレントゲンで約2万円、
ちなみに背骨の手術が14万5千円でした。
初診のさい、治療費がどれぐらいかかるか訊きてもいいと思います。
ご参考までに…

追記:国立と私大ではじゃっかん違うようです。
うちは国立でした。

Q利益の資本組み入れ

はじめてです、質問の要領を得ないかもしれませんがどうか宜しくお願いします。

増資について書かれた本を読んでいたところ、利益の資本組み入れをした場合、税務上は資本積立金の減少となり、資本積立金が増資額より少なかった場合資本積立金がマイナスになるとのことですが、
だとしたら、会社の規模を表す資本等の金額は増資前と変わらないってことでしょうか。
例えば、もともとの資本金が1千万円資本積立金が0円の会社が1千万円の利益の資本組み入れをした場合、
資本金    2千万
資本積立金 △1千万
----------
合計     1千万
==========

つまり、地方税の均等割の額や寄付金の限度額計算になんら影響なしってことでいいのでしょうか?
増資してもしなくても変わらないって、いまいち納得いかないんですが。

それと、みなし配当とされた時代は別表四の記載が必要だったのが、改正で不要になったんでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
ご指摘の通り資本等の金額には影響しません。

会計上は
当期未処分利益1,000万/資本金1,000万と処理しますが、
法人税ではその1,000万は所得税の精算を受けていないので、利益積立金額の減少をみとめません。

よって税務上の仕訳は
資本積立金額1,000万/利益積立金額1,000万となり、もともとの資本積立金額が1,000万未満であればマイナスとなります。資本金の取扱いは会計上も税務上も全く同じなので、しわ寄せが資本積立金額にきてるわけです。

13年(確か)改正で利益の資本組入れは「社外流出」ではなくなり、別表4への記載はありません。所得計算に影響を与えませんので別表5(一)の1と別表5(一)の2との間で調整の処理をするだけです。

また、みなし配当の規定のうち、利益の資本組入れにかかるものについては廃止されました。鬼のような規定でしたからね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報