レーザー光線による目の治療
レーザー光線は目に入れてはいけないといわれています。
目の治療(網膜剥離や近視矯正)に使うレーザー光線は目に入っても危険のない波長を
使うのでしょうか。
それとも光彩には入らないように使用するのでしょうか。
どなたか知識をお持ちの方教えていただければ助かります。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

レーザを目に入れてはいけないのは、角膜や網膜などが傷つくからです。


レーザによる目の治療は、いわば光という「メス」による外科手術です。
刃物を振り回すと意図しない部分を傷つけてしまうので危ないが、外科医は必要最小限の部分にメスを当てて切り取ることにより治療するのと同様、レーザ治療も目に必要最小限の傷をつけて治療します。

レーザに限らず、光が物質に吸収されれば熱に変わります。
ある閾値を超えると、照射された部分が熱変性します。
可視光は角膜や硝子体などには吸収されませんが、網膜には吸収されます。(だからものが見える。)
網膜は視界の中心部を除いて、多少視野が妨げられても脳が勝手に補完してくれるので、網膜剥離などの治療には可視域のレーザ光を照射して、網膜を焼き付けます。

一方、ナノ秒未満の短いパルスの高出力レーザ光が吸収されると、熱が周りに伝わる前に、照射された部分が吹き飛びます。
角膜は可視光には透明ですが、紫外線はよく吸収します。(だから雪山ではサングラスが必要)。
なので角膜治療には、紫外域の短パルスレーザ光を照射して、角膜を削り取ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

semikuma様
 今まで感じていた多くの疑問が解決し本当に勉強になりました。
網膜はく離の治療とは可視域のレーザー光(網膜に吸収される)を網膜に照射し
熱変性により剥離した部分を焼きつける。
一方角膜治療には紫外線域(角膜に吸収される)の短パルスレーザー光を照射し
照射された部分を削る。
眼球の部分によって吸収する光の波長が異なり、さらにそれらの出力を調整する
ことにより眼球の治療を行うことが分かりました。
大変ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/11 09:38

網膜はく離にてレーザー治療を受けましたが


要するにはく離部分を焼き付けているわけで
目にダメージはあると思います。

虹彩に入らないように、まぶたを
強制的に開かれまばたきできないようにし、
一点を見つめるよう指示されたまま
見える状態での施術なので
結構きつかったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

root16様
 早速のご回答感謝いたします。
実際経験なさった方からのご回答は大変貴重なもので
深く納得できます。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/10 10:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽光線の中の物を温める波長

どなたか詳しい方、ご存知の方ご教示ください。
添付の様な画像を見つけましたが、太陽光に含まれる光の成分で
物を温める波長はどのあたりの波長でしょうか?
物とはこの場合、クリーム色の車のボンネットだとした場合です。

Aベストアンサー

グラフが小さくて見づらいのですが、このグラフはちょっと変です。波長の単位がμmになっていますが、nmの間違いではないか、と思います。

それはともかく、350あたりの波長から可視光(紫)になり、700あたりの波長の光が赤になります。それよりも波長の長い光が赤外になるのですが、どの波長の光も物体(とくに黒い物体)に当たり吸収されると最終的にほとんど熱になります。なので、黒い物体だと、それを温める波長は全部ですね。
クリーム色の車のボンネットだと、クリーム色に相当する波長の光が多く反射され、それ以外はあまり反射していない(吸収されている)ことになります。クリーム色は幾つかの波長の光が混ざっています(どの波長は分かりませんが)。

あまり反射していないとは言っても、その波長の光が全部吸収されて無反射であるわけではありませんから、これだけでは反射/吸収の程度は分かりませんね。白(可視光が全部反射している)よりも光のエネルギーが多少は吸収されている、って感じでしょうね。

赤外線は暖かいというイメージがありますが、それは可視光よりも皮膚の奥まで光のエネルギーが入り込む(内部から温まるような感じがする)からです。

なお、真夏(気温35℃)の直射日光の下に車を置いておくと、車のボンネットの温度は88℃(黒)、70℃(白)になるという実測データがあります。クリーム色だと推定で75℃って感じでしょうね。窓を閉め切った車内は最高温度57℃/平均温度51℃(黒)、同47℃/52℃(白)です。

グラフが小さくて見づらいのですが、このグラフはちょっと変です。波長の単位がμmになっていますが、nmの間違いではないか、と思います。

それはともかく、350あたりの波長から可視光(紫)になり、700あたりの波長の光が赤になります。それよりも波長の長い光が赤外になるのですが、どの波長の光も物体(とくに黒い物体)に当たり吸収されると最終的にほとんど熱になります。なので、黒い物体だと、それを温める波長は全部ですね。
クリーム色の車のボンネットだと、クリーム色に相当する波長の光が多く反射...続きを読む

Qレーザー光線が広がらない理由

レーザー光線が広がらないのはコヒーレントだからという説明を目にしますが、コヒーレントだとどうして広がらないのでしょうか?
太陽光やテレセントリック光学系の平行光が広がらない理由と、レーザー光線が広がらない理由とは、どのような関係にありますか?
レーザーポインタ等の光学系は、どのような考え方でできているのでしょうか?

Aベストアンサー

半導体レーザを使ったレーザポインタの光が広がらないなのと、大出力のガスレーザの光が広がらないのは理由が違います。

半導体レーザの光はかなり広がっています(出射光の半値全角は20度×45度くらい)。レーザポインタでは、この光をレンズでコりメートして、ほぼ平行になるようにしています。実際、レーザポインタの中には、半導体レーザとレンズ間の距離を微調整できるものがあって、これを変えると光が広がります(調整して広がりが最小になるようにする)。

一方ガスレーザ等の光はもともと広がりが小さいです。

半導体レーザとガスレーザで広がりが異なるのは、主として、出射端での光の直径(ビームスポットサイズ)が非常に異なるからです。半導体レーザのビームスポットは直径数マイクロメートルと非常に小さいのに対して、ガスレーザはその1000倍もの大きさがあります。小さいビームスポットから出た光ほど広がりやすい(回折広がりによる)ので、半導体レーザの光はかなり広がってしまいます。

半導体レーザもガスレーザも、互いに平行に置かれた鏡の間(共振器)を光が増幅されながら往復することで、レーザ発振している点では同じです。多重反射の間に、鏡の反射面と垂直な方向以外の向きを持つ光は同じ位置に戻ってこないので増幅されず、垂直な方向に進む光だけが選択的に増幅されます。その結果、共振器内部の光は反射面と垂直な方向に進む光だけになります。反射鏡の反射率は100%ではないので、反射鏡の裏面にも光は透過しますが、この透過光がレーザの出力になります。半導体レーザでは、共振器内部では光は平行なのですが、ビームサイズが小さいので、反射鏡の裏面から外部に出たところで広がってしまいます。

ここ(http://www.anfoworld.com/lasers.html)にレーザの構造と発振の原理や、広がりについても詳しく書かれています。

半導体レーザを使ったレーザポインタの光が広がらないなのと、大出力のガスレーザの光が広がらないのは理由が違います。

半導体レーザの光はかなり広がっています(出射光の半値全角は20度×45度くらい)。レーザポインタでは、この光をレンズでコりメートして、ほぼ平行になるようにしています。実際、レーザポインタの中には、半導体レーザとレンズ間の距離を微調整できるものがあって、これを変えると光が広がります(調整して広がりが最小になるようにする)。

一方ガスレーザ等の光はもともと広がりが小さい...続きを読む

Qレーザー光線は真空中でも

光の通り道を横から見ることはできない。
光は何かに反射して、初めてそれを見ることが出来る。…と理科で習いました

我々がよく目にする、光のスジは空気中のチリや水分に反射して拡散しているから見えるのですね。。

従って宇宙空間などでは、その光の通り道は端からは見えないわけです。。

で、質問なのですが、レーザー光線を使って空間や、スクリーン等にあてることにより、光の面を構成したり、空間を飛び交う光の軌線を演出するのがレーザーライトショーですね。

これはやはり、空気中のチリに反射しているのですか?もし、宇宙空間でレーザーショーをやったとして、はやり光のスジは見えるのですか?

見得るということは“チリ”が有ってこそ、なのでしょうか?

Aベストアンサー

真空中では光は散乱しませんので、光を横から見ることはできません。宇宙空間でも#1様の指摘どおり、ごく希薄なチリや分子があり、散乱が完全にゼロではないですが、あってもきわめてわずかだと思います。
もし、宇宙空間でも肉眼で観察できるほどの散乱が起こるのであれば、夜の空は暗くないはずです(いたるところ、太陽光が通過しているので)。

Qレーザー光線の太さについて

工業加工用のCO2レーザーの、集光レンズを取り外して発射した場合、レーザー光の太さは最大どのくらいの大きさなのでしょうか?
丸裸の状態でなら直径5cmほどになるという説を耳にしましたが、そんなに大きくなるのでしょうか?
実際に実験してみるわけにも行かなくて、困っています。どなたか詳しい方、いたら教えてください。

Aベストアンサー

>工業加工用のCO2レーザーの、集光レンズを取り外して発射した場合、レーザー光の太さは最大どのくらいの大きさなのでしょうか?

集光用レンズだけでなく他にもレンズが入っていることがあります。
もし、純粋にレーザーだけ取り出しますと、TEA CO2レーザ(TEA=Transversely Excited Atmospheric)だとかなり大きいです。出力が大きいものは電極間距離も長く、2~3cm程度のビームサイズ(円形ではない)になることも珍しくありません。
なお、レーザー光は進行するとこの場合広がりますので離れたところでは5cm以上のサイズにはなるでしょう。

Q強力なレーザー光線を透明なガラスに向けて撃つと…

殺傷能力があるほど強力なレーザー光線(SFでいうレーザー銃のようなもの)を
透明なガラスに撃つと、
普通の光のように、ガラスにダメージを与えずに透過しますか?
それともガラスを粉々にしますか?

Aベストアンサー

極めて強力な場合は壊れます。
レーザーによる電界の強さが周囲の媒質の絶縁耐圧を超えると絶縁破壊を起こします。

http://www.nsg-ntr.com/column/adventure/adventure16.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報