あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

口蹄疫は農産物や鳥や虫によって広がら無いのでしょうか?
東国原知事が補償、補償とお金の事ばかり心配していたり、種牛をわざわざ
移動禁止区域から特別処置といて移動し、移動先で種牛が発症したり、
もたもたしている間に、現在は50Kmも離れた都城で新たに口蹄疫が見つかり、
拡大が心配されています。
そこで、口蹄疫は農産物や鶏やハエによって広がら無いのでしょうか?
もし広がるとしたら、何故規制しないのでしょうか?(ハエは別)
蹄疫は農産物や鳥や虫によって広がら無いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

日本以外では鳥や獣、昆虫なども汚染を拡大すると考えているようです。


日本では現在の対応を見る限り、考えていないと思います
対応策をみても、小型の散布機で人海戦術で対応しています
隣の韓国では発生後直ちに超大型の防除機を数億円かけて導入し
汚染した畜舎やその周辺を徹底的に消毒しています。そのおかげで現在韓国では
汚染の拡大が止まっています。この防除機280馬力のディーゼルエンジンで強力な風を作り出し
150メートル先まで消毒液を散布できるのだそうです。
韓国はユーロ諸国の口蹄疫の対応を学習したのだと思います。
それに引きかえ日本ではすべて後手後手で対応してます。
日本の行政の能力不足の人災でしょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね、韓国の対応をテレビで見ていると、大型の自動で動く自動車消毒装置や大型の防除機を、
使っていましたよね。 何故知事は見習う事をしないのでしょうね、
今朝のニュースで3市が増え県外にも飛び火しそうですね。
振り返れば、中国から韓国に口蹄疫が広がった段階で知事はバラエテーなんかに出てないで、
危機管理対策を考えて置くべきですよね。
もうこの段階では、出荷物流の禁止、入るものは危険区域外までで、その荷物は危険区域内の車両に詰め替える必用がありますね。 周辺県でも韓国並みの装置が必用ですね。
回答有難うございます。

お礼日時:2010/06/11 08:28

野鳥の羽とかについたウイルスによって離れた場所で感染することはあるようようです。


人の服や持ち物に付着したウイルスでも感染します。
また、風で移動する場合もあります。
この場合、地上で60キロ、海上では250キロ以上、ウイルスは死なずに移動すると考えられています。

よって農産物や鳥での感染拡大は十分ありえます。
では、今回対策をしているかは、判りませんが、法令上、人、物、野鳥の監視は行う必要があります。
しかし、罰則規定や、実施方法の規定はありません。

感染した家畜を殺処分する事に関しても法律では、保険所が殺処分を命令出来るとしているだけで強制権はありません。
さらに飼育業者への補償も全く考慮されていませんでした。
この為、飼育業者は保険所の命令を拒否することが可能でした。
よって宮崎県知事権限では、強制的に殺処分することが出来ない為、東国原知事は、強制権と補償が出来るよう特例措置か法改正を国に求めていたのです。

その為、国は強制権の法改正と補償を決めましたが赤松氏が根拠のない補償額を言ったので宮崎県として殺処分が出来ないとなりました。
さらに当初、国は埋却地の提供を拒否していました。
*埋却地にするとその土地は5年間、開拓、開墾、転売が禁止される為、資産価値が下がるとの理由。
その後、全額補償と土地提供が決まりましたが、既に決定が遅すぎた為、ここまで拡大したようです。

-----------------------
ちなみにEUでは、口蹄疫の発生地域への立ち入りは防疫班を除きマスコミを含め全て禁止されます。
*日本では、飼育業者が許可すればマスコミは感染場所まで立ち入っている。
また、車の移動もEUは、全車、全体消毒ですが、日本では、飼育業者、防疫班の車だけが全体消毒で他は消毒マットの上を通過となっています。
さらに信じられない事に飼育業者の車が全体消毒を拒否しても全く問題がありません。
*感染元の飼育業者の車が消毒無し他地域へ移動している可能性も否定できないそうです。
*だってそうでしょ、塩素系の消毒じゃ車痛むし、ヤダなと思う人は沢山いるはず。

って事で飛び火はあたりまえです。
さらに上記に上げた法改正も2年間限定です。
2年後は強制権が補償が無くなります。
つまり、2年後以降また、口蹄疫が発生すると今回と同じ事が起きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Sigurd__iLlさんは口蹄疫に詳しいのですね。 回答有難う御座います。
強制権が無いとは知りませんでした。 しかし、英国や韓国の例、北海道の緊急対応を見ても、
殺処分は当たり前なのに、権限が無いからと言って、東国原知事は国に求めるだけで、
ぐずぐずしていたのでしょうか?
危機感が無さ過ぎを感じます。

お礼日時:2010/06/10 19:06

小鳥やハエなどによって運ばれる可能性は否定できません。

また敷藁の乾燥片が風で飛ぶことも考えられます。超法規的に短期間に感染動物を殺処分・埋却処分するしか感染拡大を防ぐ方法はありません。

埋却地が見つからないから感染動物を殺処分できないという問題に直面していると報道されていますが、知事が国から全額補償を求めて埋却を先延ばししているような報道も見受けられますが、今回の口蹄疫感染拡大は家畜の法定伝染病の拡大なので非常に深刻な事態と受け止めなければなりません。自衛隊の協力を得て、また菅総理の陣頭指揮の下で国家的災害として感染拡大防止に当たるべきレベルの問題です。何か危機意識が感じられません。

昨年のインフルエンザの時は、人が感染するということで大騒ぎをしました。口蹄疫は人に感染しない、しかし人がウイルスを運ぶ可能性は高いのですが、関心がもう一つです。内閣交代ばからいが報道されて、口蹄疫感染ニュースが報道されない日もあり、報道関係者の注目度も低いようです。

しかし口蹄疫は畜産農家が直接影響を受けますが、最終的には消費者である国民の動物性食品の確保に影響を与える大事な問題であることを肝に銘じるべきと考えます。

この回答への補足

質問の最後の行はミスです。 済みません。
農産物、鶏の移動に関しての記述が無いのですが・・・

補足日時:2010/06/10 15:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

知事が埋め立てを遅らせたとの報道があるのですか、初めてしりました。
回答を寄せて頂き有難う御座います。

お礼日時:2010/06/10 15:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング