アコースティックギターの弦のピンの構造ですが、これは何回も弦を交換していると、木製のピンの穴がだんだん緩んでいって、いずれギターごと交換する必要があるのではないでしょうか。
たまに、ピンを使わない構造のアコギを見ますが、こっちの方が合理的な設計に見えるのですが、
ほとんどのアコギが、ピンで留める形式を採用しているのには、音が良くなるなどの、ユーザーにとってのメリットがあるのでしょうか。
それとも、買い替え需要を狙った、メーカー側の都合でしょうか。

A 回答 (2件)

どういうアコースティックギターを想定されているのかが、はっきりわかりませんが、一般的なアコギならブリッジエンド(孔のある所)は木製で、ピンは「木よりも柔らかい」プラスチック製のものを使っています。


ですから、仮にピンが差し込んでユルユルになったとしても、孔が広がっての事ではなく「ピン側が痩せて」のことで、ピンを交換すれば問題ないはず(ピンには弦が通る溝が切ってあり、また使っているプラスチックの材質上からも、経年で少し痩せて径が微妙に細くなります)。

また、ピンが弦を留める構造上、弦がきちんと張られている状態ならピンの基部に力がかかるので、ピンそのものはユルユルでも弦が張ってあればブリッジエンドに強く引っかかって、ピンが勝手に抜けるようなことは無いです(抜けるとしたら、弦の張り方の失敗です)。

弦のボールエンドを孔の中に突っ込んでピンで留めるのは、むしろ弦の張力が木製部材の1点のみに集中して、そのために本体側を痛めることがないように、ブリッジ全体に張力を分散するための仕組みです。
ブリッジ部品に頑丈な金属製の部品を使えるエレキギターでは、ブリッジ部品自体が「堅く耐久性がある」ので、ブリッジに直接ボールエンドを留める様になっていますが。

ということで、ブリッジの木部よりピンの方が柔らかいですから、弦交換だけでブリッジの孔が使用に耐えないほど広がってしまう・・・ということは無いように、材質での工夫がされています。

それでも、長年使っていれば様々な理由でブリッジが傷む事はありますが、よほど安物のアコースティックギターでなければ、ブリッジだけの交換は可能です。
まぁプロ技術者でないとできないので、それ相応の費用はかかりますが。ある程度高いギターなら交換の方が安上がりです。
また、ブリッジ交換代が元値の半値するくらいの安いギターなら、通常使用でブリッジ交換が必要なほど痛む前に、本体そのものが使い物にならなくなりますから、ブリッジ孔が原因で買い換えるハメになる・・・なんてことは、まずあり得ないほど希でしょう。

長年アマチュアシーンで音楽やってますが、「ブリッジ孔が馬鹿になった」という話自体、30年間で1回聞いた事あったかな? くらいですし、「ブリッジ孔が原因でギターを買い換えた」なんて話は聞いた事がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な説明で分かりやすかったです。
>張力を分散するための仕組み
合理的な理由があって納得できました。

ギターの方は祖父の遺品ですが、つくりが安っぽいのでおそらく安物だと思われます。とりあえず買い替えの方向で行こうと思います。

お礼日時:2010/06/12 13:55

言っている事は分かる。

俺20年以上前のギター何かざらに有るけど穴が緩んでと言う経験はないな。今回弦交換した奴はピンの先端が折れてて交換したけどメーカーが違ってチューニングが滅茶苦茶狂うな。そんな程度だよ
木は伸縮しているので例え加工されても余程の事が無い限り大丈夫だし交換したと言う話は33年ギター弾いてるけど馴染の楽器屋さんでも聞かない。基本はピンだけどOVATIONが最初にピンじゃない方式をしたと記憶している。OVATIONとタカミネは技術協力しているので同じやり方している。何でギターの殆どはピン式かは俺も不明だけどこれの方が止めやすい固定しやすいからだと考える。通常のピン式とその他で音に関しては然程差異は全く無いし問題も無い。メーカの都合はコスト的な事だと考えます。ユーザー側にとってのメリットはピン
の場合一々ピン抜かなければならないと言うピン式の面倒くささとタカミネやOVATIONの様にピン無の楽さ但し
ピン無の場合もかなり注意しないといけない部分が有るそれは弦張る時ですが。

この回答への補足

ありがとうございます。ギターは祖父の遺品で、ピンは金属製のものとプラスチック製のものが3つずつ使われていました。祖父の扱いが雑だったようで、ピンをとめる木には、抜くときについたと思われる傷が結構ついていました。とりあえずだめもとでプラスチックピンを使ってみます。駄目だったら買い替えですよね。ピンなしは弦の根元に負担がかかりやすく、チューニングの際巻きすぎると切れる、伸びる、といったあたりでしょうか?(予想です)とりあえず次はピンなしギターを買ってみようと思います。ありがとうございました。

補足日時:2010/06/12 13:49
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエレキギターの弦とアコースティックギターの弦の違い

あるサイトで、「アコースティックギターに
エレキギターの弦を張ってもよい」と書いてあるのを
見かけました。

エレキギターの弦は押さえるのに力がいらず、
チョーキングなどもやりやすいのですが、
アコースティックギターに張ったとき、どんな
デメリットがあるのでしょうか?

アコースティックギター特有の、ストロークしたときの
ジャキッとした音や、そもそも音の鳴りなど
基本的な部分が違うような気もするのですが……

まぁ、それは「一度試してみればわかる」こと
だろうと思うのですが、よくよく考えてみると、
そもそもアコースティックギターとエレキギターの
弦の違いって何ですか?

素材?それとも太さ……?

どなたかご存知の方、お教えください。
それと、実際に「自分はアコースティックギターに
エレキギターの弦を張って使っているよ」
という方のご感想も伺いたいです。

Aベストアンサー

アコギの弦は、生音が美しく響くように設計されています。

エレキの弦は、PUを通した時に美しく鳴るように設計されています。

ですから、エレキの弦をアコギに張っても美しく響かないときもあるし、アコギの弦をエレキに張ったらいまいちだったということはよくあることです。これは素材の違いと考えて下さい。
もちろんその逆に、エレキ弦をアコギに張ることで良い響きが得られるというケースもあるかと思います。

次に太さですが、これはアコギ、エレキともに009-042~014-058あたりの幅でいろいろな商品がありますから、一概にエレキが細くアコギが太いというわけではありません。ただ、平均的にはエレキは010-046を中心として使われることが多く、アコギは012-054を中心に使われることが多いというだけです。

ただ、エレキ、アコギに関わらず、ギターと弦の相性は、個体差のみならずギタリストの好みによるところが大きいので、弦交換の都度いろいろなブランドのいろいろな太さの弦を試してみることをお勧めします。

まあヒントとしては、アコギの場合、大まかに分けてブロンズ、フォスファーブロンズ、クライオ、コーティングといった種類があります、またエレキの場合、ニッケル(ラウンドワウンド)、ステンレス(ラウンドワウンド)、ハーフラウンド、フラットワウンドなどがありますので、いろいろ試してみて下さい。

私も40年近くギターを弾いてきて、一応定番の弦を決めてはいるものの、新製品は続々出てきますので、それらをチェックするのも楽しみの一つとなっています。

アコギの弦は、生音が美しく響くように設計されています。

エレキの弦は、PUを通した時に美しく鳴るように設計されています。

ですから、エレキの弦をアコギに張っても美しく響かないときもあるし、アコギの弦をエレキに張ったらいまいちだったということはよくあることです。これは素材の違いと考えて下さい。
もちろんその逆に、エレキ弦をアコギに張ることで良い響きが得られるというケースもあるかと思います。

次に太さですが、これはアコギ、エレキともに009-042~014-058あたりの幅でいろいろな...続きを読む

Qギターの弦を交換して3日しか経っていませんが、1~3弦が黒くなってきたので弦交換したほうがいいですか

ギターの弦を交換して3日しか経っていませんが、1~3弦が黒くなってきたので弦交換したほうがいいですか?

Aベストアンサー

3日くらいなら、まだ、全然変えなくても大丈夫です。

但し、使用頻度や状況にはよりますけれど。

頻繁に、ライブで2時間くらいのステージをこなしていれば、変えた方が良い。
弦自体は、張ってすぐよりも何日か少したってからではないと、安定した物にはならないと思います。

Qアコースティックギターの弦

ギター初心者です。

恐れ多くも、マーチンのギターを買いました。

弦が錆びてきたので張り替えたいのですが、どの弦がいいのかわかりません。

ギターに適した弦のメーカー名、商品名を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どの弦がいいかは、あなたの好みによるので、とりあえずお店へ行って、自分で買ってきてみては?
使ってみて、自分で判断してください。

ちゃんとアコースティックギター用と書いてありますから。500円くらい以上の値段のを選べば、安すぎて不安ってこともないでしょう。

Qアコースティックギターの弦について

ギター初心者です。アコースティックギターの弦について質問です。

○いつも弦交換のときに必ず5弦だけが切れてしまいます。
 どうしてでしょうか?弦の質や弦交換の仕方がまずいからでしょうか。

○弦交換の仕方が良く分かりません。どうすればよいでしょうか?

○切れにくい弦でおすすめの弦ありませんか?

○チューニングの仕方がいまいちよくわかりません。

たくさんの質問ですが、ギターをやっている方どうか回答お願いします。

Aベストアンサー

チューニングには何を使っていますか?
チューナーでやると、うっかり締めすぎて切れるっていう事が頻繁に有りました。
音叉でチューニングする様になって、それはなくなりましたよ。

私なりのチューニング方法は
音叉を膝で叩く、歯で咥える→ハーモニクスを出してウォンウォンと聞こえる波長を、音叉の波長に合わせていく。
こんな感じですね。
一見、初めての方には難しく感じるかも知れませんが、これが一番正確で簡単です。
トライしてみて下さい。

Qアコースティックギターの弦の張り替え

お世話になります。
オークションで中古のアコースティックギター(エレアコ)を購入しました。
弦が錆びていたので、張り替えたいのですが、アコースティックは初めてでして、やり方が分りません。
白いプラスティック製のピンが刺さっていますが、あれを抜くのでしょうか?
弦ごと引っ張って抜くのでしょうか?
それとも何かピンを抜く専用の道具があるのでしょうか?
素人の質問で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

既に回答が寄せられているように、弦を緩めてから、そのピン(ブリッジピン)を抜いて弦を外し、ボールエンドをそこに突っ込んでからブリッジピンを差し込んで弦を固定し、弦を張り替えます。

ピン抜きについては、くぎ抜きのような形状のものやもっと機械的な機構を持つものなど、数種類のものがあります。 これらは楽器店で取り扱っていますし、ネット通販でも取り扱っていますね。 Pickboyのものは、キーホルダー状になっている釘抜きみたいな物で、大体300円前後で買えるでしょう。 ブリッジピンのセットを買ったときに、おまけでついてくることもあると思います。
とりあえず、「ブリッジピン抜き」という言葉で検索してみると良いと思います。 複数のページ(通販ページ含む)が見つかるでしょう。

参考まで。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報